チーズ作り

2ヶ月熟成させたチーズ(またチーズその4)

2015年6月27日

チーズに生える色々なカビ(またチーズその3) の続き

第2弾これは、2ヶ月熟成させた自家製チーズ第2弾です。
袋から取り出して様子を見てみましょう。

カビがポツポツまたカビがポツポツと生えてきました。
この青カビは、ダメなカビなので取り除きます。

もう食べなくてもダメなカビである事くらい分かりますよ。(笑)

このチーズは、3ヶ月熟成を目標としてましたので、本当はあと1ヶ月熟成させたいのですが、これ以上保存しても、必ずカビが生えてくるので、熟成を終了させて食べてしまうことにします。

そのまま食べるまずは、そのまま食べてみます。

おお、以前より美味しくなってる!!

白カビチーズ系っぽい香りと深みがあります。
まだ少し若いような気がしますが、もう十分に美味しいです。

ちなみに、このチーズは、水分38%です。
オランダのゴーダチーズは、同程度の水分量で、熟成期間が2ヶ月~1年です。
私の自家製チーズも2ヶ月の熟成ですから、ゴーダチーズの熟成期間が短いものと同じレベルになったのかな?と思います。

ゴーダチーズは、熟成させるときに、表面をロウやフィルムでコーティングしています。
自家製チーズも、ゴーダチーズのように何かで表面をコーティングする事が出来たら、カビの心配なく長期熟成できそうです。
それができたら、いよいよ日本の何処の家庭でも作れるチーズのスタイルが確立できるのではないでしょうか?

言いすぎかな…?

ポテトのチーズ焼き自家製チーズで、ポテトのチーズ焼きを作りました。

チーズは、焼いてもとろけませんでした。
とろけないチーズなので、ポテトとチーズは口の中で調和せずに、独立して味を主張してます。
あまりポテトと一緒に焼いた意味が無いかもしれませんが、焼いたチーズだけで食べると、これまた美味しいです。
表面がこんがり茶色く色付き、香ばしくなり、まるでスモークチーズの表面みたいで、なかなか良い味出してます。

チーズパンチーズパンを焼きました。

パンの中にサイコロのチーズが入ったものを作ろうとしたのですが、パン生地にチーズを混ぜるときに、チーズが潰れるので、そのまま潰して練り込みました。
だから、チーズ練りこみパンです。

これがウマイ!

家族に大好評でした。
8歳の息子は「また作ってね。」と言ってくれましたが、このパンを作るには、まずチーズから作らなければいけないのだよ~。
このチーズを作るためには、ヨーグルトの水を切り、乾燥に1ヶ月、熟成に2ヶ月、合計3ヶ月必要で、それ以外にもカビとの戦いがあり、そうやすやすと作れる物じゃないのだよ~。

また息子は、私のせいでチーズはヨーグルトから作られると思っているみたいですが、ヨーグルトからチーズを作るのは、極めて稀なんです。
チーズは、その歴史からして、牛乳に凝固材を入れて作るのがスタンダードな作り方なのです。
私が、日本の一般家庭で作れるチーズを目指した結果、このような特殊な作り方になってしまいました。
果たして、この作り方を一般の人がやるか?と言われると大いに疑問ですが、過去に誰もやったことの無い領域だと思うので、何か大発見があるかも知れません。
このまま突き進もうと思います。

第1弾と第3弾さて、こちらは2ヶ月熟成させた自家製チーズ第1弾と第3弾です。
これらは順調で、今のところカビの気配はありません。
このまま半年間熟成させるつもりです。

続き 自家製の6ヶ月熟成チーズが美味しくできました(またチーズその5)

家庭でのチーズ作り まとめ

ウクレレ

DIY

2022/1/12

ウクレレのブリッジ故障をゼラチンで修理する方法

ウクレレのブリッジ故障をゼラチンで修理する方法 趣味でやってるウクレレのブリッジが剥がれてしまいました。修理は、単純にブリッジを接着すれば済むのですが、接着剤に、あのゼリーを作るゼラチンを使う方法をご紹介します。これは5000年以上昔から行われてきた木工技術を応用した物です。そして、無事に修理できましたが、最後に衝撃の事実が発覚しました。 【目次】1.ブリッジが剥がれる2.楽器に木工用ボンドは使いません3.楽器用の接着剤4.今回使用する接着剤は?5.修理開始6.ゼラチンで接着する6−1.1日経過7.弦を張 ...

ReadMore

舞茸で肉を溶かす

その他の漬物・発酵

2021/12/29

舞茸のタンパク質分解酵素で肉を溶かして出来たものは…?

舞茸のタンパク質分解酵素で肉を溶かして出来たものは…? 舞茸にはタンパク質を分解する(プロテアーゼ)という酵素が含まれています。だから舞茸で肉を溶かす事ができます。実験の結果、予想外の事が起こりました。 【目次】1.舞茸のタンパク質分解能力は凄い2.舞茸で肉醤を作れるのでは?3.腐らないようにするには?4.実験開始5.思い切って方向転換6.お味は?7.今回の実験で分かった事8.動画で説明 舞茸のタンパク質分解能力は凄い 以前から、舞茸にタンパク質分解酵素が含まれているという事は、知識としては知ってました。 ...

ReadMore

自家製タコサラダ

たれ・ソース・ドレッシング

2021/12/21

タコサラダの作り方 あのスパイスを使うと激ウマになる!

タコサラダの作り方あのスパイスを使うと激ウマになる! 激ウマのタコサラダをご紹介します。手作りのドレッシングに、後述するスパイスを入れるのが決め手になります。何年もかかって、この味を出せるようになりました。 【目次】1.まずはタコサラダドレッシングを作る1–1.タコサラダドレッシングの材料1–2.スパイスの説明と入手方法1–3.タコサラダドレッシングの作り方2.こんな物をご紹介(これもオススメ)3.タコサラダを作る3–1.タコサラダの材料3–2.タコサラダの作り方4.タコサラダの完成5.まとめ6.動画で説 ...

ReadMore

沸騰した牛乳に卵を注ぐ

チーズ作り

2021/12/13

沸騰したミルクに卵を注いでチーズができるのか?

沸騰したミルクに卵を注いでチーズができるのか? 海外の動画で、沸騰したミルクに卵を注いでチーズを作るという動画があります。 果たして、本当にそんな方法でチーズを作る事ができるのでしょうか?実際に動画にある通りのレシピで試してみようと思います。 【目次】1.こんな動画です2.チーズの材料3.では実践!4.チーズの味と作ってみて分かった事5.再挑戦!6.チーズとホエーの重さを計る7.チーズの味と2回作って分かった事8.まとめ9.動画で説明 こんな動画です https://www.youtube.com/wat ...

ReadMore

年間ランキング2021

その他

2021/12/1

年間ランキング2021「低温調理」と「酢玉ねぎ」が上位に

年間ランキング2021「低温調理」と「酢玉ねぎ」が上位に 12月になりました。2021年も、あとわずか。今回は、初の試みで、年間ランキングを発表したいと思います。 当ブログは2012年に始まって、コツコツと記事を書いてきました。おかげさまでもうすぐ10年です。通算で1000記事は書きましたが、初期の記事は内容が薄いものが多く、そういった記事は統廃合されたりして、2021年12月1日現在で405記事あります。その中で、2021年に最も読まれた記事のベスト10を発表したいと思います。 それと、後半には、平均ペ ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-チーズ作り