クリームチーズの作り方 特別な道具や材料がなくても簡単に作る方法

      2017/09/12

クリームチーズは、特別な道具や材料がなくても、どこの家庭でも簡単に作る事が出来ます。
チーズ作りに関心を持っている人は多いのですが、「チーズ作りは難しい」という先入観があって、実際に挑戦する人は少ないです。
ところが、クリームチーズは本当に簡単に出来るのです。

そのことをお伝えするために、過去にクリームチーズの作り方について書いた事がありましたが、貧弱な記事だったので、あまり読んでもらえてません。
過去のクリームチーズの記事:クリームチーズの作り方

過去の記事と重複する部分もありますが、パワーアップして分かりやすいように書いたつもりですので、これを読んで是非ともご家庭でのクリームチーズ作りに励んでいただきたいと思います。

スポンサーリンク




クリームチーズの作り方

クリームチーズの材料手作りクリームチーズの材料は、牛乳・生クリーム・ヨーグルトです。
銘柄にこだわりはありませんが、材料を選ぶにあたって、いくつか注意する点があります。

【クリームチーズの材料を買うときの注意点】
・牛乳は生乳100%のものを使用しましょう。低温殺菌牛乳なら、なお良いです。
・ヨーグルトは、生乳100%のものが理想ですが、別に生乳100%でなくてもいいです。
・生クリームは無添加のものを使用しましょう。植物性のホイップはダメです。
【材料】
牛乳 400ml
生クリーム47% 400ml
ヨーグルト 大さじ1

この分量で脂肪分40%のクリームチーズが約500g完成します。

【工程】
1.乳脂肪分たっぷりのヨーグルトを作る
2.乳脂肪分たっぷりヨーグルトの水を切る
3.完成

工程を見ていただくと分かるように、クリームチーズを作るのは簡単です。

乳脂肪分たっぷりのヨーグルトを作る

クリームチーズの材料を入れる材料を混ぜて、適当な容器に入れます。

40℃のお湯に入れ発酵させる材料を入れた容器ごと40℃の湯に入れて放置しておきます。
湯は次第に冷めますが、別にいいです。
今は夏ですから、湯が冷めたらそのまま常温で置いておけば勝手にヨーグルトになってます。
冬でしたら、暖房の効いた部屋に3日くらい置いておけばヨーグルトになるでしょう。

温度管理に自信のない方は、ヨーグルトメーカーを使うと安心ですよ。

24時間後

ヨーグルトの完成固まりました。
その証拠に、傾けても垂れません。

乳脂肪分たっぷりヨーグルトの完成です。

乳脂肪分たっぷりヨーグルトの水を切る

ヨーグルトの水分を切るあザルに手拭を広げてヨーグルトをぶちまけます。
軽く蓋などをかぶせて、冷蔵庫で2日間くらい置きます。

2日後

クリームチーズの完成水切りヨーグルトになりました。
これでクリームチーズは完成です。

300g以上の水分が抜けたので完成したクリームチーズの量は500g弱です。

早速手作りのクリームチーズを試食する

クリームチーズと梅ジャムのカナッペルヴァンにクリームチーズと梅ジャムを塗っていただきます。

さっぱりして新鮮で美味しいです。

フレッシュなヨーグルトの香りが活きています。
市販のクリームチーズの大半は加熱殺菌されているので菌が死滅してますが、手作りのクリームチーズは善玉菌が活きています。
そのために爽やかで健康にも良いです。

ところで、このクリームチーズは、やけにあっさりした口当たりなので、おかしいなと思い、脂肪分を計算してみると、約23%でした。

クリームチーズの脂肪分は、本来なら40%くらいなんですが…

 

しまった!配合間違えた。

 

うっかりしてました。
ちゃんと計算せずに作ってました。

これはこれで、あっさりした味で、別にいいのですが、本物のクリームチーズではありません。

最初に紹介したレシピは、正しい本物の脂肪分40%のクリームチーズが完成する配合に変えてありますのでご安心ください。
参考までに、今回の間違った配合も紹介しておきます。

【あっさりクリームチーズの材料 今回作った量】
牛乳 600ml
生クリーム47% 200ml
ヨーグルト 大さじ1

この分量で脂肪分23%のクリームチーズが約500g完成します。
まあ、要するにクリームチーズを手作りすると、配合によって好きなように脂肪分を調節する事ができるので、カロリーが気になる方は低脂肪の配合をされると良いでしょう。

自家製クリームチーズでカップティラミスを作る

ティラミスってのは、今回作って分かりましたが、手間隙かかるお菓子ですね。
私は20年くらい前に、小林カツ代さんの簡単レシピで作った事がありました。
その簡単なイメージが記憶にあったので、自家製クリームチーズを使って手軽にカップティラミスを作ろうと考えていましたが、とんでもない。

スポンサーリンク

ティラミスの材料

【スポンジ生地】
薄力粉 90g
卵 3個
砂糖 70g
なたね油 15g

【チーズクリーム】
卵黄 3個分
砂糖 60g
水 25ml
クリームチーズ 250g
生クリーム 100g
卵白 3個分
砂糖 50g
レモン汁 大さじ1
ラム酒 大さじ1

【コーヒーシロップ】
エスプレッソ 90ml
砂糖 70g

【他】
ココアパウダー

スポンジを焼く

スポンジケーキまず、前日にスポンジを焼いておきます。
スポンジを焼いておくって時点でちょっとハードル上がりますね。

卵3個に砂糖を3回に分けて加えながら泡立て、ふるった薄力粉を3回に分けて加えながら混ぜ、なたね油を加え混ぜ、型に流し入れ170℃のオーブンで40分焼きました。
スポンジの焼き方を詳しく知りたい方は、適当にググッてください。

慣れると簡単に作れますよ。

チーズクリームを作る

卵黄を泡立てる卵黄と砂糖と水を湯煎にかけながら泡立てます。

クリームチーズを練っておくクリームチーズを練っておきます。

卵黄を加え混ぜる練ったクリームチーズに、泡立てた卵黄を2回に分けて入れ、混ぜます。

生クリームを加え混ぜる泡立てた生クリームを入れて混ぜます。

メレンゲを作る卵白に砂糖を3回に分けて加え、メレンゲを作ります。

メレンゲを加え混ぜるメレンゲを2回に分けて加え、混ぜます。

チーズクリームの完成レモン汁、ラム酒を加え混ぜたらチーズクリームの完成です。

コーヒーシロップを作る

コーヒーシロップエスプレッソに砂糖を加えて溶かします。
エスプレッソは濃い方が美味しいです。

我が家にはエスプレッソの機械が無いので、ペーパードリップにて30gのコーヒー豆で90mlの濃ゆ~いコーヒーをゆっくり抽出しました。

仕上げ

スポンジをサイコロ状に切るスポンジをサイコロ状に切ります。

カップティラミスを仕上げる切ったスポンジをカップに敷き詰める。
スポンジにコーヒーシロップをしみ込ませる。
チーズクリームを入れる。
茶漉しでココアパウダーをふりかける。
冷蔵庫で一晩冷やせば完成。

カップティラミスの完成

カップティラミスカップティラミスです。

カップでなく瓶に入れてもおしゃれです。
我が家にはこれにピッタリな瓶が1個しかなかったので1個だけ瓶入りを作って友人にお裾分けしたら、夫婦で取り合いになったそうです。

他に、鮭フレークが入ってた瓶なら残ってたので、それに入れたらもう1個渡せたのですが、雰囲気が出ませんからね。

カップティラミスをいただくあっさり軽やかで美味しいです。
これに使ったクリームチーズは、配合を間違ったあっさりクリームチーズだったのですが、暑い夏に食べるには、あっさりクリームチーズも良かったです。

濃厚なクリームチーズで作る、喉が詰まるような濃厚なティラミスというのも美味しいですが、夏にはあっさりも有りかな。
…と、配合ミスを正当化しておきましょう。

家庭でのチーズ作り 目次ページ

スポンサーリンク




 - チーズ作り, その他のスイーツ