鮭の燻製と ささ身の燻製

      2017/08/17

今回は、オーソドックスな、鮭の燻製に挑戦です。

何故、鮭なのかと言うと、理由は、美味しそうだからです。

という訳で、北海道の紅鮭を買ってきました。
塩味が付いているので、表面の水分を拭き取るだけで、下ごしらえ無しで使えます。

また、冷蔵庫にささ身が余っていたので、これも燻製にする事にしました。
表面に塩とコショウを塗りつけて1時間ぐらい置いて、表面の水分を拭き取れば下ごしらえ完了です。

炭とスモークウッドをセットする蓋付きバーベキューコンロに、火の熾った炭と、スモークウッドをセットします。

鮭とささ身を焼く鮭とささ身を網に乗せ、蓋をして、約10分蒸し焼きにします。

裏返す10分後、鮭とささ身の表面に染み出した水分を拭き取って、裏返して、蓋をして、また10分蒸し焼きにします。

焼けた美味しそうに焼けました。

仕上げに、鮭の皮を、炭火でパリッと焼きます。

これで完成。
1日置いて味を落ち着かせてから食べます。

鮭の燻製と ささ身の燻製では、頂きましょう。

鮭は、確かに燻製の味がしますが、期待したほどの美味しさでは無かったです。
子ども達には不評でした。

ささ身は、これまた確かに燻製の味がします。
まるでロースハムのような味わいです。

この味の変化は、ちょっと驚きでしたが、別段美味しい訳でもありません。
子ども達には、鮭よりも不評でした。

スポンサーリンク

燻材にさくらを使用しましたが、食材に合わせて燻材を見直す必要があるかもしれません。

あと、香辛料も上手に合わせて使う必要がありそうです。
それにしても、煙による味の変化は、他の調理法では考えられない劇的な変化なので、やはり面白いです。

まだまだ極めますよ~。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

スポンサーリンク




 - 燻製