燻製 肉料理

本格鶏ハムに挑戦!

2015年8月25日

鶏ハム作りに挑戦です。

いきなり話は脱線しますが、ロースハムとボンレスハムは、何が違うかご存知でしょうか?
もう10年以上も前の話ですが、私はこの違いが分からずに、伊藤ハムのお客様相談室に電話をして聞いた事があります。

その回答は、ロースハムは、豚ロースを使ったハム、ボンレスハムは、豚モモ肉を使ったハムで、使用している部位が違うと丁寧に答えてくれました。

そして、話は戻るのですが、ハム作り初挑戦なので、まだ上手に作れるかどうか分からないので、まずはリーズナブルな鶏ムネ肉で挑戦してみようと思います。
鶏ハムは、よく簡単に作れるレシピが公表されてますが、私はその正反対を行く本格的な豚ロースハムを作る工程で作ってみます。

◆本格的な鶏ハムの作り方

〈材料〉
鶏ムネ肉 約1kg
塩 大さじ3
砂糖 大さじ1
コショウ 適当
タイム 適当
月桂樹 1枚
〈燻材〉
サクラのスモークウッド 適量
ピート粉末 サクラのスモークウッドに対して2割くらいの量
〈工程〉 所要時間4~5日
塩漬け→2日
塩抜き→1時間
冷蔵庫で乾燥→半日
常温に戻す→1時間
50~60℃で熱乾燥→1時間
50~60℃で燻製→2時間
休ませる→1時間
70~75℃でボイル→1.5時間
冷蔵庫で寝かせる→1日
完成!

鶏ムネ肉まず、鶏ムネ肉を買ってきました。
3枚合わせて約1kgです。

◆塩漬け→2日

塩漬けするムネ肉の皮をめくってタッパーに入れ、塩・砂糖・コショウ・タイム・月桂樹を入れる。

揉みこむ塩を揉みこんで溶かします。
完全には溶けませんが、全体に行き渡れば良いです。
これを冷蔵庫に入れ、1日経ったら裏返し、もう1日、合計2日置きます。

2日後2日経過しました。

◆塩抜き→1時間

塩抜き大き目の容器に水を張って塩を抜きます。
時々水を替えます。

味見する塩抜きが完成したら、端をちょっと切って、加熱して味見します。
塩が濃いと感じたら、ちょうど良いと感じるまで塩抜きを延長します。
今回は、塩抜き1時間で味見して、少し塩辛かったので、さらに15分塩抜きして味見したらOKでした。
ハーブが効いて、この時点でも十分に美味しかったです。

◆冷蔵庫で乾燥→半日

乾燥クッキングペーパーで表面の水分をふき取ってから冷蔵庫でラップをせず半日置きます。

◆常温に戻す→1時間

常温に戻す冷蔵庫から出して、常温に戻します。

紐で縛る紐で縛ります。
縛り方が分からなかったので、適当にグルグルに巻きました。
2枚を合体させて1本に、もう1枚は、そのまま1本にしました。

◆50~60℃で熱乾燥→1時間

熱乾燥蓋付きバーベキューコンロに炭を1個だけ燃やして肉を乾燥させます。

蓋をして1時間蓋をすると、内部の温度が50~60℃になっているはずですが、計ってないから分かりません。

◆50~60℃で燻製→2時間

煙をセットサクラのスモークウッドを点火して、その上にピート粉末を振りかけます。

肉をセット肉をセットする。

蓋をして2時間蓋をして2時間。

2時間後色が付きました。

◆休ませる→1時間

休ませる色だけでなく、しっかりと スモーキーな香りもします。

ラップで包むラップを2重にして包みます。

◆70~75℃でボイル→1.5時間

ボイルお湯の温度が高くなると、肉が硬くなるので温度計必須です。
ガスコンロの火を極弱火にして蓋をしたら、放っておいても72℃くらいをキープしました。
ラップで包んだのは、肉の旨味が抜けてしまわないようにするためです。

水で冷ますボイルが完了したら水で冷まします。

◆冷蔵庫で寝かせる→1日

寝かすラップをはがして、冷蔵庫で1日置いたら完成です。

◆完成!

鶏ハムスライスして、そのまま食べてみます。

うまい!!

本当にスモーキーなハムになっています。
あの鶏ムネ肉がこんなに変身するなんて…
パサパサで大味の鶏ムネ肉が、これがしっとりハムになっています。
驚きの変化です。

ハムエッグハムを使った料理ということで、ハムエッグを作ってみました。
味は普通のハムエッグです。
しかしちゃんとハムの味してます。

どうでもいい事かもしれませんが、卵は双子でした。

ポテサラハムたっぷりのポテサラ。
普通にハムたっぷりのポテサラの味です。
ちゃんとハムの味してます。

ハムサンドハムたっぷりのハムサンド。
ハムが活かされて美味しいです。

鶏ハムは、素材が鶏ムネ肉なのに、ロースハムのような味に感じられました。
コストパフォーマンスに優れています。

けど、安い素材が美味しく変身したとはいえ、スモークの香りは良かったのですが市販のハムを凌駕するほどの味ではありませんでした。
これを豚ロースで作ったら、失神するほど美味しいハムが出来るのではないでしょうか。

やってみるしかありませんね~。

手作りしたりんご酢

2021/3/30

りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】

りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】 りんご酢は、りんご果汁を発酵させて作る発酵食品です。ここでは、りんご果汁をうまく醗酵させてりんご酢を作る方法をご紹介します。 【目次】1.りんご酢を作る流れ2.シードルを作る2ー1.シードルの材料2ー2.シードルを仕込む2ー3.アルコール発酵について2ー4.発酵期間について2ー5.シードルのアルコール度数について2ー6.シードルの完成3.前編のまとめ4.動画で説明 ↓以下は後編をお楽しみに5.りんご酢を仕込む6.りんご酢の完成7.りんご酢の味 お酢のできる原理な ...

ReadMore

フルーツサンド

スイーツ パン系

2021/3/22

フルーツサンドの作り方と美味しく作る5つのコツ

フルーツサンドの作り方と美味しく作る5つのコツ 最近流行りのフルーツサンドを作ってみようと思います。フルーツサンドは、断面にフルーツがドカって見えてあれがとても美味しそうに見えますね。手作りする際は、断面が綺麗に見えるように作るのはもちろんですが、さらに踏み込んで、もっと美味しく作る5つのコツをお伝えします。 そして今回は、フルーツサンドの進化系であるキューブ型のフルーツサンドを作ってみようと思います。 【目次】1.フルーツサンドの材料2.パンの耳を切り落としておく3.フルーツの下拵えをする4.生クリーム ...

ReadMore

モンティクリスト

パン系

2021/3/15

モンティクリストを作ってみた

モンティクリストを作ってみた カナダ生まれのサンドイッチ、モンティクリストを作ってみます。 モンティクリストとは、フレンチトーストに、ハムとチーズを挟んで焼いたものです。 カナダ生まれの料理ですから、そこにメープルシロップをかけて食べるのですが、それが甘じょっぱくて、たまらないとの評判を聞きまして、早速作って食べてみようと思います。 【目次】1.モンティクリストの材料2.モンティクリストの作り方3.モンティクリストの完成!その味は?4.まとめ5.動画で説明 モンティクリストの材料 【モンティクリストの材料 ...

ReadMore

自家製ブラータチーズをプチトマトと共に

チーズ作り

2021/3/2

ブラータチーズの作り方 幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるが、お家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました!

ブラータチーズの作り方幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるがお家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました! ブラータというのは、イタリア語で「バターのような」という意味で、細かく割いたモッツァレラチーズと生クリームを合わせて、さらにそれをモッツァレラチーズの皮で包んだ物です。作るのに手間がかかる事と、その製造の難易度の高さから、幻のチーズと呼ばれています。その幻のチーズを手作りすることができました。これを読めばブラータチーズの作り方が分かります。 【目次】1.ブラータチーズとは2.【余談】ブ ...

ReadMore

鉄鍋棒餃子

ダッチオーブン・スキレット 麺料理

2021/2/19

スキレットで鉄鍋棒餃子を焼く|鉄鍋棒餃子のルーツについても考える

スキレットで鉄鍋棒餃子を焼きます。スキレットは鉄で出来ているので、スキレットで棒餃子を焼けば鉄鍋棒餃子になります。鉄鍋棒餃子のルーツを探り、ご家庭で本場中華の味を簡単に楽しめるレシピをご紹介します。 【目次】1.鉄鍋棒餃子は中華料理では無い!?2.中国にある細長い餃子3.日本での鉄鍋棒餃子の始まり4.ターリャンフォシャオが鉄鍋棒餃子のルーツで無いと考える根拠5.本当の鉄鍋棒餃子のルーツ6.3種類の皮で鉄鍋棒餃子を焼く7.餡の材料7−1.餡の作り方8.棒餃子を包む8−1.餃子の皮で包む8−2.春巻きの皮で包 ...

ReadMore

-燻製, 肉料理

© 2021 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5