花桃の実を食べる

      2017/06/11

花桃の実これは、家から歩いて3分ほどの所にあるビルの、小さな植え込みに桃の木がありまして、それの実です。

この桃の木は、春に綺麗な花を咲かせます。
そして9月に入った頃に、実がボトボトと落ちて、道を汚しています。

せっかく実ったのに、道を汚すだけの運命なんて可哀相じゃありませんか。
何とか有効に利用できないかと思い、試しに1つ、もぎ取ってきました。

一般には、綺麗な花を咲かせる花桃の実は、食べられないと言われております。
けど私は、同じ桃なのだから、食べられるのではないだろうか?と疑ってみました。
実際に食べてみるまで分からないじゃないですか。

食べてみたちょっと食べてみました。

あ、桃だ。

桃の味がします。
桃だから桃の味がして当然ですが、ちょっと驚きです。

果物として売られている桃に比べると、甘味がなく、美味しくないですが、香りは十分桃の香りで、間違いなく桃の味がします。
すももも桃も花桃も桃のうちですね。

何のこっちゃ。

甘味が無いなら、砂糖で甘味を足してジャムにしたら美味しくなるでしょう。
ならば、もっと沢山採ってきてジャムを作ろうではありませんか。

これで道を汚す実が有効利用できます。

そして次の日、例の桃の実を採取に行きました。

 

ですが…

 

あれれ~!?

 

キレイさっぱり実が無くなってるではありませんか!!
誰かが、ジャム用に収穫したのか?

いや、それはあまり考えにくい。(笑)

おそらく、落ちた実が道路を汚すので、実が落ちる前に、ビルのオーナーか誰かが、取り除いたのでしょう。

いやこれは、計算外。

さて、どうしよう。

スポンサーリンク




花桃の実を探す

桃林京都御苑の桃林へやってきました。

ここには、桃の木がたくさん生えています。

2013年3月の桃林この画像は、2013年3月に撮影したものです。

春にはこのように、桃の花が満開になります。

私の撮影技術のせいで、あまり美しく写ってませんが、実際は、この世の物と思えないほど美しい世界です。
そしてこれらは、綺麗な花を咲かせる花桃ですから、この実を食べようなんて思う人はあまり居ないでしょう。

誰も実を採ろうとはしていません。
だから私の採り放題ですね。

フフフ…

桃の実あれ!?

桃の実あれれ!?

もう干乾びて、キ○タマみたいになってる~!!

これはまた計算外。
収穫のタイミングは、完全に終わっていて、残念ながら、収穫できませんでした。
近所の桃は、食べごろだったのですが、こちらは、種類が違うみたいですね。

調べてみると、花桃にもいろいろ種類があり、このように完熟する前に干乾びてしまう物もあれば、食べられる物など、色々あるみたいです。
照手桃という品種が食べられる花桃のようです。

スポンサーリンク

どんな桃でも、実には毒は無いようです。
種には青酸系の毒が含まれているという話もありますが、完熟した桃なら毒は抜けています。
ってか桃の種を食べる人はあまり居ないでしょう。

私は桃の木を見ても品種は分かりませんが、桃の実が生っている今この時期なら、桃の実を見て判断できますね。

 

さて、食べられる花桃を探していたのに、京都御苑には無さそうです。

どうしようかな。

川端団栗の歩道次に、川端団栗下がったところの歩道にやって来ました。

この辺にも桃の木が何本かあります。
もちろん綺麗な花を咲かせる花桃の木です。

花桃の実お!!

ありました。
この辺りの桃の木には、食べごろの実が幾つも生っていたので、無事にゲットできました。

収穫した花桃の実僅かですが、状態の良いものだけ収穫しました。

ピンポン玉より一回りくらい大きな実で、桃の良い香りがします。
これでジャムを作りましょう。

桃ジャムを作る皮をむいた実を刻んで鍋で煮込みます。

煮詰める砂糖は甜菜糖を使い、自然な甘さに仕上げました。

桃ジャム完成適当なビンに入れて完成~♪

ラベルのアンズジャム「アンズ」の部分を「桃」に修正しました。

桃ジャムをパンに付けていただくパンに付けていただきます。

ちゃんと桃の香りがして、甘酸っぱくて美味しいです。

ジャムにしてみると、売られている桃と比べても、全く遜色無いです。
今まで、花桃の実は、食べられないと言われていて、私もそう思ってましたが、ジャムにすると美味しく食べられる事が分かりました。

何でも、試してみるまで分かりませんね。

スポンサーリンク




 - その他の果実