世界料理研究会 麺料理

焚き火で鉄鍋餃子を焼く 第9回世界料理研究会(前編)

2016年3月28日

第9回世界料理研究会が京都市右京区にある宇津峡公園で行われました。

今回の主な研究テーマは、焚き火の炎でスキレットを使って餃子と炒飯を作る事です。

餃子は、もちろん皮から手作り。
それを焚き火で焼いたらどんな事になるでしょうか。

世界料理研究会も、その名に恥じず、とうとう中華料理にまで手を出す事になりました。
ちなみに餃子の本場である中国では、餃子といえば茹でた餃子しかありません。
焼いたものは、鍋貼(ゴーティエ)と言って、餃子とは別の料理となります。
日本で餃子と言えばご存知の通り、ほとんど焼き餃子の事を言います。
日本の中華料理は、独自の進化を遂げて、本場中国の中華料理とは違う料理になってるのですね。
その焼き餃子も、今まで何度も研究して、紹介してきました。

●餃子の焼き方にこだわり、普通のフライパンでなくスキレットで焼きました。
スキレットで餃子を焼く

●さらに、皮の作り方、具の配合までこだわり、スキレットで焼き、餃子の道を極めました。
手作り餃子を極める

今回は、さらに火力までこだわり、焚き火で焼きます。
焚き火の炎で焼いたら、ガスの炎よりも、もっと美味しくなるはずです。

火を起こすまずは火起こしです。
スノーピークの焚火台Lで薪を燃やし、その上にユニフレームのチャコスタ(火おこし器)に炭をセットして乗せます。
これで焚き火と炭火の準備が同時に出来ます。
焚き火は、餃子と炒飯のために、炭火はバーベキューをするために使います。
炭は火がつきにくいものですが、こういった道具があると簡単に火がつきますよ。

スキレットに餃子を並べるユニフレームの10インチスキレットを熱して油をひき、家で仕込んでおいた餃子を並べます。

スタンダード餃子餃子の中身は、鶏肉とキャベツとニラを配合したスタンダードなものですが、その配合は極め尽くしたものになってます。

レシピは 手作り餃子を極める をご覧ください。

餃子に少し焦げ目を付ける餃子に軽く焦げ目が付くまで焼きます。

片栗粉を水で溶いて餃子にかける片栗粉小さじ1を、水100mlで溶き、餃子にかけて…

蓋をして蒸し焼きにするすぐに蓋を閉めて中火で5分くらい蒸し焼きにします。
焚き火で中火と言っても、なかなか加減が難しい。

今回準備した薪は、とても太くてゆっくりと燃えるタイプだったので、弱火でじっくりと燃えるばかりでした。
中火から強火への調整は、杉の葉を燃やす事によって調整しました。

そして、5分くらい蒸し焼きにすると、水分が飛んで、最初はグツグツという音だったのがジュウジュウに変わってきます。
さらに水分が飛ぶと、ジュウジュウがチリチリという音に変わります。
その音が変わりかける頃に…

スキレットの蓋を外す蓋を開けます。

水分を飛ばす残っている水分が蒸発し、餃子の隙間に見えている羽根の部分に、こんがり焦げ目が付いてきたら焼き上がりです。

皿を裏返して乗せるお皿を逆向きに被せて

ひっくり返す手で押さえながらスキレットごとひっくり返します。

スキレットを外すスキレットを外すとこの通り。
見事に餃子がお皿の上に乗っています。

焚き火で焼いた餃子こんがりパリパリ熱々ジューシーに焼きあがりました。

こりゃ絶品!

何個でも食べられるぞ!
しかし参加者が10名だったために、1人1個か2個食べただけで無くなってしまいました。

ナスと厚揚げの餃子を焼くすぐに次の餃子を焼き始めます。

ナスと厚揚げの餃子次の餃子は、ナスと厚揚げの餃子です。

<材料 35個分>
豚ミンチ 100g
ナス 300g
厚揚げ 1枚
塩2g
醤油 大さじ1
ショウガおろし 小さじ1
味噌 大さじ1
ゴマ 大さじ1
ごま油 大さじ1
片栗粉 大さじ1

こんがり焼きあがった餃子パリッと焼きあがりました。

焚き火で焼いたナスと厚揚げの餃子こんがり最高の焼き加減。
味は、非常にあっさりしてます。
そもそも餃子でスタンダード以外の味を楽しめるなんてあまり無いですよ。
手作りするからこその楽しみですね。

その後も餃子を焼き続け、70~80個くらい仕込んでいた餃子は、全て食べ尽くされました。
ちなみに、餃子における焚き火の炎とガスの炎の違いは、あまり分かりませんでした。

どちらでも美味しかったから、それで良しという事にしておきます。

続き 焚き火で炒飯を作る 第9回世界料理研究会(後編)

ドクダミ生春巻

京都御苑の野草

2021/6/16

ドクダミのおすすめの食べ方5選

ドクダミのおすすめの食べ方5選 ドクダミは、あの独特な匂いのため、敬遠する方も居ますが、昔から十薬(じゅうやく)と呼ばれ薬草として親しまれていました。また、ベトナムでは食材として食べられています。 今回は、これを食材として注目したいと思います。ドクダミは、あの匂いのために、扱いを間違うと、とんでもなくマズイ料理になるでしょう。しかし、上手に使いこなすと食材としてとても個性的な魅力を発揮します。 どうしても匂いがダメで食べる事ができないという方も、お茶にすれば飲めるはずです。ドクダミ茶も健康効果が期待できま ...

ReadMore

小松菜のぬか漬け

その他の漬物・発酵

2021/6/9

小松菜のぬか漬けは美味しいだけでなく腸活もできるのでオススメ

小松菜のぬか漬けは美味しいだけでなく腸活もできるのでオススメ 腸内環境を改善してくれるぬか漬け。小松菜は、下漬けをしてから、本漬けをするという2段階の漬け方をするとめちゃくちゃ美味しくなります。これを読めば小松菜の美味しい漬け方が理解できますよ。 【目次】1.家で漬物を漬けるメリット2.下漬け(塩水に漬ける)3.漬物石がない場合4.下漬けにかかる時間は6〜24時間程度5.下漬け完了6.本漬け(糠に漬ける)7.本漬け完了8.小松菜のぬか漬け完成9.まとめ10.動画で説明 ぬか漬けといえば、まずキュウリですけ ...

ReadMore

2年放置した糠床

その他の漬物・発酵

2021/6/2

2年以上放置した糠床を復活させることはできるのか

2年以上放置した糠床を復活させることはできるのか 糠漬けを食べると腸内環境を改善させることが期待できます。ところが、我が家では糠床を毎日かき混ぜるのが面倒で、2年間も放置してしまいました。2年間も放置した糠床はどのような状態になっているのでしょうか。そして、糠床は復活できるのでしょうか? 【目次】1.糠漬けを放置した理由2.家で糠漬けを漬ける事の意義3.2年以上放置した糠床4.糠床を復活させる4−1.2日後4−2.また2日後(復旧開始から4日後)4−3.さらに4日後(復旧開始から8日後)4−4.さらに2日 ...

ReadMore

オタール・エクストラ・青陶器

未分類

2021/5/27

コニャックのオールドボトルを愉しむ 簡単なコルクを折らない開栓方法もご説明します

コニャックのオールドボトルを愉しむ 簡単なコルクを折らない開栓方法もご説明します オールドボトルとは、ボトル詰されてから10年以上経ったボトルの事です。 今回は、ボトル詰めから30年以上経ったコニャックのオールドボトルを2本ご紹介します。 30年以上経ったボトルになると、コルクが風化してボロボロになり、ブランデー成分が固まってコルクと瓶がへばり付き、開栓が非常に困難になりますが、コルクが折れない開栓方法もご紹介します。 【目次】1.今回ご紹介するオールドボトル2本1−1.カミュ・ナポレオン・エクストラ1− ...

ReadMore

戻した干しナマコ

その他の料理

2021/5/19

高級食材干しナマコの戻し方とオイスターソース炒めの作り方

高級食材干しナマコの戻し方とオイスターソース炒めの作り方 珍しい中華料理の高級食材である干しナマコを料理します。料理法も普通の食材と違う独特な食材なのです。 【目次】1.干しナマコとは2.干しナマコの戻し方2−1.12時間後2−2.さらに12時間後(戻し始めから24時間経過)2−3.さらに12時間後(戻し始めから36時間経過)2−4.さらに12時間後(戻し始めから48時間経過)2−5.さらに12時間後(戻し始めから60時間経過)2−6.さらに12時間後(戻し始めから72時間経過)2−7.さらに5日経過(戻 ...

ReadMore

-世界料理研究会, 麺料理

© 2021 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5