パン系 鴨川の野草

セイタカアワダチソウあんぱんの作り方

2022年7月19日

セイタカアワダチソウあんぱん

セイタカアワダチソウあんぱんの作り方

皆様は、セイタカアワダチソウをただの雑草だと思ってませんか?
セイタカアワダチソウは食べる事ができるのですよ。
しかも、美味しいのです。
さらに、驚くことに、薬効も期待できます。

セイタカアワダチソウについては、過去記事で詳しく述べました。

今回は、セイタカアワダチソウは美味しい食材であるという前提で、セイタカアワダチソウのあんぱんを作ります。

セイタカアワダチソウが美味しい食材であるという認識が、まだ出来てない方は、まずは、上記の過去記事をご覧になって、認識を新たにしてから当記事を読んでいただければと思います。

【目次】
1.まずはセイタカアワダチソウを摘んでくる
2.セイタカアワダチソウの下ごしらえ
3.セイタカアワダチソウあんぱんを作る
4.セイタカアワダチソウあんぱんの味
5.まとめ
6.動画で説明

まずはセイタカアワダチソウを摘んでくる


ここは、京都の鴨川です。

ここにもセイタカアワダチソウは生えてます。
河川敷でなくても何処でも生えてるので、好きな所で採取してください。


セイタカアワダチソウの採取シーズンは6月〜7月頃です。
この頃は、まだ伸びきっておらず他の野草に紛れてあまり目立ちませんが、その気になったらすぐに見つかります。


先端の若い葉の部分を摘み取ります。


2〜3分で一盛りのセイタカアワダチソウを収穫できました。

セイタカアワダチソウの下ごしらえ


鍋にお湯を沸かし、セイタカアワダチソウを2分くらい茹でます。


お湯を捨てます。


しばらく水にさらします。


水分を絞って、包丁で適当に細かく切ってからすり鉢でペースト状になるまですり潰します。

これで下ごしらえの完了です。

セイタカアワダチソウあんぱんを作る

セイタカアワダチソウあんぱんの材料(9個分)
強力粉 250g
砂糖 20g
塩 5g
バター 20g
水 110ml
セイタカアワダチソウペースト 50g
ドライイースト 3g
あんこ 400〜500g


パン生地はホームベーカリーに捏ねてもらいます。
あんこ以外の材料を入れてセットしました。

ホームベーカリーがパン捏ねと1次発酵まで済ませてくれます。


パン生地が出来上がるまでの間、あんこを丸めておきます。

あんぱん1個あたり、およそ60gになるようにあんこを丸めました。


ちなみに、あんこは自家製です。


パン生地が出来たら、9等分にして丸めます。

パン生地全部の重さが450g程度だったので、9等分すると1個あたり50g程度の重さになりました。


パン生地を広げて、あんこを乗せます。

ここで気付きましたが、あんこの量が多過ぎで包むのが難しくなってます。
あんこが60gで、パン生地が50gですから、あんこの方が多いのです。
あんこが多ければ、食べた時には美味しいですが、包むのが難しくなります。

あんこがはみ出さないように押さえながら、パン生地を引っ張って伸ばしていきます。


パン生地を引っ張って、生地と生地をつまむように押さえると、くっ付くので閉じることが出来るのですが、生地と生地の間にあんこが挟まるとくっ付かず、閉じることが出来ません。
ちょっと苦戦してます。


何とか閉じることができました。


閉じた面を下にしてオーブン天板に並べます。

これを40℃のオーブンで90分二時発酵させます。


二時発酵完了です。

これを160℃のオーブンで30分焼きます。


焼けました。

セイタカアワダチソウあんぱんの味


では、完成したセイタカアワダチソウあんぱんを食べてみます。


あんこがぎっしり詰まって美味しいあんぱんになってます。

セイタカワアワダチソウの香りは、ヨモギに似てるから、これを知らずに食べるとヨモギあんぱんだと思うでしょう。

ヨモギの香りが甘く柔らかであるのに対し、セイタカアワダチソウの香りは、ガツンと来る強さがあります。

ヨモギは在来種ですから、日本の味という優しい味ですね。
セイタカアワダチソウは、北米原産の植物ですから、北米のダイナミックさがあるような感じです。

どちらも美味しく、あんこに合います。

まとめ

  • セイタカアワダチソウは美味しい食材である。
  • セイタカアワダチソウの採取シーズンは6月〜7月頃。
  • 先端の若い葉の部分を摘み取る。
  • 下処理は2分茹でてから、ペースト状になるまですり潰す。
  • あんこが多いと美味しいけど包むのが難しい。
  • セイタカアワダチソウの香りはヨモギに似てるけど違う。
  • 北米原産らしいダイナミックな香りがある。

動画で説明

動画では、私が出演して全て実演しております。
あんぱんを包む場面などは、動画の方が分かりやすいので、併せてご覧ください。

ドングリコーヒー

コーヒー ドングリ・栗

2022/11/19

ドングリコーヒーの美味しい作り方

ドングリコーヒーの美味しい作り方 ドングリでコーヒーを作る事ができます。ドングリをフライパンで焼いたら出来ますよ。では、詳しく解説していきます。 【目次】1.まずはドングリを拾う2.ドングリを炒ってコーヒーにする3.ドングリコーヒーの豆を挽く4.ドングリコーヒーを淹れる5.ドングリコーヒーの味6.まとめ7.動画で説明 ドングリは、スダジイやマテバシイなどのアクの少ないドングリを使ってください。スダジイとマテバシイが分からない方は前回の記事に詳しく書いてありますので、そちらをご覧ください。 まずはドングリを ...

ReadMore

ドングリパン

ドングリ・栗

2022/11/17

生でも食べられるドングリをご存知ですか?ドングリの最も美味しい食べ方を紹介します。

生でも食べられるドングリをご存知ですか?ドングリの最も美味しい食べ方を紹介します。 ドングリはアクが強くて食べられないイメージがあるかもしれませんが、アクが少なく生でも食べられるドングリもあります。ドングリ料理を何年も研究してきた私が、生でも食べられるドングリを2種ご紹介すると共に、それらの最も美味しい食べ方をご紹介します。 【目次】1.生でも食べられるドングリその1(マテバシイ)2.生でも食べられるドングリその2(スダジイ)3.フライパンで炒って食べるのが手軽4.スダジイのお勧めの食べ方5.ドングリの最 ...

ReadMore

セイタカアワダチソウコーヒー

コーヒー 野草料理

2022/10/27

セイタカアワダチソウの根でコーヒーを作ってみた

セイタカアワダチソウの根でコーヒーを作ってみた セイタカアワダチソウの根でコーヒーを作る事ができるかどうか、実験してみました。何故セイタカアワダチソウの根をコーヒーにしようと思ったのか、そしてどのように作ったのか、出来たコーヒーはどのような味だったのかをレポートします。 【目次】1.セイタカアワダチソウコーヒーを作るまでの話2.セイタカアワダチソウの根を収穫3.セイタカアワダチソウの根をコーヒーにする4.アレロパシーの物質について5.セイタカアワダチソウコーヒーを淹れる6.セイタカアワダチソウラテ7.セイ ...

ReadMore

はも皮ときゅうりの酢の物

その他の料理

2022/10/21

京都の老舗で入手するはも皮で作る酢の物が美味しい(京のおばんざい)

京都の老舗で入手するはも皮で作る酢の物が美味しい(京のおばんざい) 京都に1803年創業のキクカ老舗という蒲鉾屋さんがあります。そこの蒲鉾が絶品であることはもちろん、そこには蒲鉾の副産物である鱧(はも)の皮も売ってます。今回は、鱧の皮で作る酢の物を京都のおばんざいとしてご紹介します。 【目次】1.キク嘉老舗で買い物2.鱧皮ときゅうりの酢の物を作る3.鱧皮ときゅうりの酢の物をいただく4.まとめ5.動画で説明 キク嘉老舗で買い物 ここは京都の鴨川にかかる三条大橋です。 三条大橋から歩いてすぐのところに、蒲鉾屋 ...

ReadMore

台湾産甜麺醤

その他の漬物・発酵

2022/9/28

甜麺醤第2の謎

甜麺醤第2の謎 中国の甜麺醤という調味料は、謎の多い調味料です。甜麺醤を手作りしようと思った事がキッカケで、作り方を調べて行くうちに、いくつもの謎にぶち当たってしまいました。 それらの謎を何年もかかって、とうとう解き明かしました。 今回は甜麺醤の第2の謎についてお話したいと思います。 【目次】1.甜麺醤第1の謎2.甜麺醤第2の謎3.第2の謎の解明4.大麦粉で甜麺醤を作る4–1.はったい粉で試作4–2.はったい粉の甜麺醤を試食4–3.大麦粉で試作4–4.大麦粉の甜麺醤を試食5.まとめ6.動画で説明 甜麺醤第 ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-パン系, 鴨川の野草