パン系 鴨川の野草

セイタカアワダチソウあんぱんの作り方

2022年7月19日

セイタカアワダチソウあんぱん

セイタカアワダチソウあんぱんの作り方

皆様は、セイタカアワダチソウをただの雑草だと思ってませんか?
セイタカアワダチソウは食べる事ができるのですよ。
しかも、美味しいのです。
さらに、驚くことに、薬効も期待できます。

セイタカアワダチソウについては、過去記事で詳しく述べました。

今回は、セイタカアワダチソウは美味しい食材であるという前提で、セイタカアワダチソウのあんぱんを作ります。

セイタカアワダチソウが美味しい食材であるという認識が、まだ出来てない方は、まずは、上記の過去記事をご覧になって、認識を新たにしてから当記事を読んでいただければと思います。

【目次】
1.まずはセイタカアワダチソウを摘んでくる
2.セイタカアワダチソウの下ごしらえ
3.セイタカアワダチソウあんぱんを作る
4.セイタカアワダチソウあんぱんの味
5.まとめ
6.動画で説明

まずはセイタカアワダチソウを摘んでくる


ここは、京都の鴨川です。

ここにもセイタカアワダチソウは生えてます。
河川敷でなくても何処でも生えてるので、好きな所で採取してください。


セイタカアワダチソウの採取シーズンは6月〜7月頃です。
この頃は、まだ伸びきっておらず他の野草に紛れてあまり目立ちませんが、その気になったらすぐに見つかります。


先端の若い葉の部分を摘み取ります。


2〜3分で一盛りのセイタカアワダチソウを収穫できました。

セイタカアワダチソウの下ごしらえ


鍋にお湯を沸かし、セイタカアワダチソウを2分くらい茹でます。


お湯を捨てます。


しばらく水にさらします。


水分を絞って、包丁で適当に細かく切ってからすり鉢でペースト状になるまですり潰します。

これで下ごしらえの完了です。

セイタカアワダチソウあんぱんを作る

セイタカアワダチソウあんぱんの材料(9個分)
強力粉 250g
砂糖 20g
塩 5g
バター 20g
水 110ml
セイタカアワダチソウペースト 50g
ドライイースト 3g
あんこ 400〜500g


パン生地はホームベーカリーに捏ねてもらいます。
あんこ以外の材料を入れてセットしました。

ホームベーカリーがパン捏ねと1次発酵まで済ませてくれます。


パン生地が出来上がるまでの間、あんこを丸めておきます。

あんぱん1個あたり、およそ60gになるようにあんこを丸めました。


ちなみに、あんこは自家製です。


パン生地が出来たら、9等分にして丸めます。

パン生地全部の重さが450g程度だったので、9等分すると1個あたり50g程度の重さになりました。


パン生地を広げて、あんこを乗せます。

ここで気付きましたが、あんこの量が多過ぎで包むのが難しくなってます。
あんこが60gで、パン生地が50gですから、あんこの方が多いのです。
あんこが多ければ、食べた時には美味しいですが、包むのが難しくなります。

あんこがはみ出さないように押さえながら、パン生地を引っ張って伸ばしていきます。


パン生地を引っ張って、生地と生地をつまむように押さえると、くっ付くので閉じることが出来るのですが、生地と生地の間にあんこが挟まるとくっ付かず、閉じることが出来ません。
ちょっと苦戦してます。


何とか閉じることができました。


閉じた面を下にしてオーブン天板に並べます。

これを40℃のオーブンで90分二時発酵させます。


二時発酵完了です。

これを160℃のオーブンで30分焼きます。


焼けました。

セイタカアワダチソウあんぱんの味


では、完成したセイタカアワダチソウあんぱんを食べてみます。


あんこがぎっしり詰まって美味しいあんぱんになってます。

セイタカワアワダチソウの香りは、ヨモギに似てるから、これを知らずに食べるとヨモギあんぱんだと思うでしょう。

ヨモギの香りが甘く柔らかであるのに対し、セイタカアワダチソウの香りは、ガツンと来る強さがあります。

ヨモギは在来種ですから、日本の味という優しい味ですね。
セイタカアワダチソウは、北米原産の植物ですから、北米のダイナミックさがあるような感じです。

どちらも美味しく、あんこに合います。

まとめ

  • セイタカアワダチソウは美味しい食材である。
  • セイタカアワダチソウの採取シーズンは6月〜7月頃。
  • 先端の若い葉の部分を摘み取る。
  • 下処理は2分茹でてから、ペースト状になるまですり潰す。
  • あんこが多いと美味しいけど包むのが難しい。
  • セイタカアワダチソウの香りはヨモギに似てるけど違う。
  • 北米原産らしいダイナミックな香りがある。

動画で説明

動画では、私が出演して全て実演しております。
あんぱんを包む場面などは、動画の方が分かりやすいので、併せてご覧ください。

シロザの料理

その他の野草

2022/8/8

シロザは野草にしておくにはもったいない。栽培して八百屋さんで売ってほしい

シロザは野草にしておくにはもったいない。栽培して八百屋さんで売ってほしい シロザという野草は、栽培して八百屋さんで売ってほしいくらいに美味しいです。今回は、シロザを収穫して3品の料理を作ります。 【目次】1.シロザを収穫する2.シロザの下ごしらえ3.シロザの菜飯4.シロザのおひたし5.シロザとお揚げの味噌汁6.シロザの料理をいただく7.まとめ8.動画で説明 シロザを収穫する 我が家の近くの公園に生えてました。 これがシロザです。 ちょっと葉の部分に白い粉のようなものが付いてるのでシロザと言います。シロザの ...

ReadMore

イノコヅチ

京都御苑の野草

2022/8/1

イノコヅチ(ひっつき虫)の美味しい料理法

イノコヅチ(ひっつき虫)の美味しい料理法 服に種が付く「ひっつき虫」の一種である「イノコヅチ」という野草は、食べることができます。イノコヅチの美味しい食べ方をご紹介します。 【目次】1.イノコヅチを収穫する2.イノコヅチを下処理して胡麻和えを作る3.イノコヅチ茶を作る4.イノコヅチの胡麻和えとイノコヅチ茶の味5.まとめ6.動画で説明 イノコヅチを収穫する 我が家の近所に、このように、イノコヅチが生えている所があります。 調べると、イノコヅチには「ヒカゲイノコヅチ」と「ヒナタイノコヅチ」があるようです。文字 ...

ReadMore

自家製バルサミコ

2022/7/26

バルサミコ酢を葡萄ジュースから作る方法

バルサミコ酢を葡萄ジュースから作る方法 お家で、葡萄ジュースから本格的なバルサミコ酢を作る事ができます。バルサミコは、イタリアのモデナ地方に伝わる、葡萄果汁を醗酵させて作るお酢であり、醗酵食品です。今回は、バルサミコ酢の作り方を発酵初心者の方でも分かるように丁寧にお伝えします。 【目次】1.バルサミコとは2.今回作るバルサミコは3.バルサミコの作り方の流れ4.バルサミコの材料5.工程1.葡萄果汁を煮詰める6.工程2.アルコール発酵させる6–1.アルコール醗酵開始から1日経過6–2.アルコール醗酵開始から5 ...

ReadMore

セイタカアワダチソウあんぱん

パン系 鴨川の野草

2022/7/20

セイタカアワダチソウあんぱんの作り方

セイタカアワダチソウあんぱんの作り方 皆様は、セイタカアワダチソウをただの雑草だと思ってませんか?セイタカアワダチソウは食べる事ができるのですよ。しかも、美味しいのです。さらに、驚くことに、薬効も期待できます。 セイタカアワダチソウについては、過去記事で詳しく述べました。 オトコ中村の楽しい毎日  4 Pocketsセイタカアワダチソウの美味しい食べ方https://otokonakamura.com/seitakaセイタカアワダチソウの美味しい食べ方あの力強い野草のセイタカアワダチソウは、美味 ...

ReadMore

らっきょう漬け

その他の漬物・発酵

2022/7/9

らっきょう漬け 酢を使わずに発酵によって酸味を出す方法 放置するだけで出来ます

らっきょう漬け酢を使わずに発酵によって酸味を出す方法放置するだけで出来ます 酢を使わず発酵によって酸味を出すらっきょう漬けの作り方をご紹介します。水・砂糖・塩を混ぜた漬け汁にらっきょうを漬けて放置するだけです。こんなに簡単なのに発酵による旨味と深い味わいがあり、めちゃくちゃ美味しく漬かります。 【目次】1.らっきょうの下ごしらえ2.漬ける3.漬ける際の注意点4.らっきょうの経過観察4–1.漬けてから5日経過4–2.漬けてから8日経過4–3.漬けてから19日経過4–4.漬けてから33日経過5.1ヶ月熟成発酵 ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-パン系, 鴨川の野草