味噌作り

仙台味噌・西京味噌を仕込む (2015年手前味噌 その2)

2015年1月20日

今年も手前味噌を仕込む (2015年手前味噌 その1) の続き

仙台味噌こちらは、仙台味噌です。

〈材料〉
大豆 1500g
米麴 750g
塩 600g

完成量は5kgくらい。
1年以上熟成させて、来年(2016年)になったら解禁します。

表面に塩をまかない普通は、カビ予防の為に、味噌の表面に塩をまいてからラップをしますが、塩をまくと、ラップが密着せずに、空気が入り込み、逆にカビが生えるのではないかという疑いがあります。

ピタッとラップを密着させる今回は、塩をまかずに、ピタッとラップを密着させてみました。
これでどうなるでしょうか?
夏になったら様子を見てみましょう。

西京味噌こちらは、西京味噌です。

〈材料〉
大豆 100g
米麴 150g
塩 30g

完成量は350gくらい。
まず、2週間常温で熟成させます。
その時点で食べられますが、2週間の熟成では深みが出ないので、更にその後、冷蔵庫で1年熟成させます。
塩分濃度が低いので、常温では、とても1年も持ちません。
なので冷蔵しますが、冷蔵庫でもゆっくり熟成が進むので、1年置いておくと、まろやかで甘く芳醇な仕上がりになります。
そして来年(2016年)正月のお雑煮に使う予定です。
また経過を報告しますね。

続き 天地返し(2015年手前味噌 その3)

りんご酢を仕込んでるところ

2021/4/15

シードルを酢酸発酵させてりんご酢を作る【りんご酢後編】

シードルを酢酸発酵させてりんご酢を作る【りんご酢後編】 りんご酢の作り方【後編】です。 前編では、りんご酢を作る流れ、それからリンゴジュースをアルコール発酵させてシードルを作る所までご説明しました。前編をご覧でない方は、まず前編からご覧ください。 オトコ中村の楽しい毎日りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】https://otokonakamura.com/applevinegarりんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】りんご酢は、りんご果汁を発酵させて作る発酵食品です。ここでは、りんご果汁をうま ...

ReadMore

手作りしたりんご酢

2021/4/15

りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】

りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】 りんご酢は、りんご果汁を発酵させて作る発酵食品です。ここでは、りんご果汁をうまく醗酵させてりんご酢を作る方法をご紹介します。 【目次】1.りんご酢を作る流れ2.シードルを作る2ー1.シードルの材料2ー2.シードルを仕込む2ー3.アルコール発酵について2ー4.発酵期間について2ー5.シードルのアルコール度数について2ー6.シードルの完成3.前編のまとめ4.動画で説明 ↓以下は後編をお楽しみに5.りんご酢を仕込む6.りんご酢の完成7.りんご酢の味 お酢のできる原理な ...

ReadMore

フルーツサンド

スイーツ パン系

2021/3/22

フルーツサンドの作り方と美味しく作る5つのコツ

フルーツサンドの作り方と美味しく作る5つのコツ 最近流行りのフルーツサンドを作ってみようと思います。フルーツサンドは、断面にフルーツがドカって見えてあれがとても美味しそうに見えますね。手作りする際は、断面が綺麗に見えるように作るのはもちろんですが、さらに踏み込んで、もっと美味しく作る5つのコツをお伝えします。 そして今回は、フルーツサンドの進化系であるキューブ型のフルーツサンドを作ってみようと思います。 【目次】1.フルーツサンドの材料2.パンの耳を切り落としておく3.フルーツの下拵えをする4.生クリーム ...

ReadMore

モンティクリスト

パン系

2021/3/15

モンティクリストを作ってみた

モンティクリストを作ってみた カナダ生まれのサンドイッチ、モンティクリストを作ってみます。 モンティクリストとは、フレンチトーストに、ハムとチーズを挟んで焼いたものです。 カナダ生まれの料理ですから、そこにメープルシロップをかけて食べるのですが、それが甘じょっぱくて、たまらないとの評判を聞きまして、早速作って食べてみようと思います。 【目次】1.モンティクリストの材料2.モンティクリストの作り方3.モンティクリストの完成!その味は?4.まとめ5.動画で説明 モンティクリストの材料 【モンティクリストの材料 ...

ReadMore

自家製ブラータチーズをプチトマトと共に

チーズ作り

2021/3/2

ブラータチーズの作り方 幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるが、お家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました!

ブラータチーズの作り方幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるがお家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました! ブラータというのは、イタリア語で「バターのような」という意味で、細かく割いたモッツァレラチーズと生クリームを合わせて、さらにそれをモッツァレラチーズの皮で包んだ物です。作るのに手間がかかる事と、その製造の難易度の高さから、幻のチーズと呼ばれています。その幻のチーズを手作りすることができました。これを読めばブラータチーズの作り方が分かります。 【目次】1.ブラータチーズとは2.【余談】ブ ...

ReadMore

-味噌作り

© 2021 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5