味噌作り

2016年の手前味噌完成。カビ対策の結果も発表。

手前味噌2016これは、今年(2016年)の1月に仕込んだ手前味噌です。
もう9月ですから解禁とします。

仕込んだ量は昨年(2015年)と同じで、完成量は、およそ10kgです。

作り方については、昨年の記事 今年も手前味噌を仕込む (2015年手前味噌 その1) をご覧ください。

作り方は、ほとんど昨年と同じなのですが、味噌の表面のカビ対策だけは、新しい試みをしました。

今年の1月に、味噌を仕込んだ時の様子

味噌を容器に詰めるいつもは、仕込んだ味噌の表面に、カビ防止の為ラップをピタッと貼り付けるのですが、今年は違います。

表面に塩をまくまず、表面に塩を撒きます。

葉蘭を敷き詰める葉蘭を敷き詰めます。
これでカビの発生を防ごうという魂胆です。

葉蘭については 葉蘭 をご覧ください。

化学物質であるラップよりも、こういった葉の方が美味しく出来そうな気がするじゃないですか。
ただ、カビを防ぐ事が出来るのかといえば、結果を見るまで分かりません。

落し蓋をする落し蓋をして

重石を乗せる重石を乗せて

蓋をする蓋をする。

重石を乗せたままだと蓋が閉まらないので、結局重石を外して蓋を閉めました。

そして、8ヶ月経過

8ヶ月熟成した味噌この8ヶ月は、一切味噌の面倒は見ていません。
全くの放置で、一度も蓋を開けていません。

表面に葉蘭を敷き詰めた味噌は、カビの発生を防ぐ事ができたのでしょうか。
それとも、カビだらけになっているでしょうか。
ちょっとした賭けみたいなもので、ドキドキワクワクしながら蓋開けの儀を行います。

蓋開けの儀それでは、蓋に手をかけて…

蓋を外します。

味噌の蓋を開けたジャーン!

 

ん?

 

何か、ヤバそうに見えるんですけど…

 

大丈夫ですかね?

 

落し蓋を取る落し蓋を取りました。

縁の部分にカビが生えているのがわかります。

葉蘭は変な色ですが、腐敗しているような感じではありません。
きっと味噌漬けになって変な色になったのでしょう。

葉を少しめくる葉を少しめくってみました。

 

うわ~。

 

味噌が真っ黒けになって、いかにもヤバイ色ですが、よく見ると腐敗している訳ではなさそうです。
葉蘭と味噌が何かしらの反応をした色なのでしょう。

試しに黒い部分を舐めてみましたが、普通の味噌の味と葉蘭の香りがしました。

大丈夫です。

全ての葉をめくる全て葉をめくりました。

本当にヤバそうな色をしていますが、黒い部分は大丈夫です。
また、白いものは産膜性酵母だと思います。
産膜性酵母は毒ではありませんが、味が悪くなるので取り除きます。

縁の部分に少しカビが生えていますが、ほとんど大丈夫です。

要するに、あまりカビは生えなかったという事で、葉蘭を敷き詰めたのは正解だったと思います。

表面を取り除く縁のカビと表面の黒い部分を取り除きました。
黒い部分は大丈夫とか言いながら、結局取り除いてしまいました。

かき混ぜた約2kgを食べるために取り出して、残りの味噌はかき混ぜて、また寝かせておきます。

ラップをピタッと貼り付けた今度は、表面に塩をまかずにラップをピタッと貼り付けます。
この方法でも、まだ確証は得ていませんが、上手くいけばカビを完全に防ぐ事が出来るはずです。

出来上がった味噌で味噌汁を作る

ホウレン草とお揚げの味噌汁ホウレン草とお揚げの味噌汁。

美味しいです。

たまりません。

やっぱり手前味噌は最高!

2年熟成白たまりの表面

その他の漬物・発酵

2023/1/21

2年間熟成発酵させた白たまりを味わう

2年間熟成発酵させた白たまりを味わう 小麦麹を塩水に漬けて熟成発酵させた調味料を白たまりと言います。白たまりの熟成期間は2〜3ヶ月程度で済むのですが、我が家には2年も熟成させた白たまりがあり、熟成が進みすぎて真っ黒になっています。果たして、どんな味になってるのでしょうか。今回はそれを搾って味わってみようと思います。 【目次】1.白たまりとは2.白たまりの作り方3.工程1:小麦麹を作る3–1.小麦麹を作らずに買っても良い4.工程2:小麦麹を塩水に漬ける5.工程3:熟成発酵6.実は白たまりを仕込むつもりでは無 ...

ReadMore

白菜漬け

その他の漬物・発酵

2023/1/10

放っておくだけ!乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方

放っておくだけ!乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方 乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方をご紹介します。発酵による何とも言えない美味しさがあって、しかも身体に良いのです。 乳酸発酵と言っても何も難しくありません。基本的に放っておくだけです。 これを読めば作れるようになりますよ。 ズボラな人でも作れるように、ジッパー付きの保存袋でできる簡単な作り方をご紹介します。 【目次】1.白菜漬けの材料2.白菜を漬ける3.乳酸発酵させる方法4.乳酸発酵させる時の温度5.8日間放置6.試食7.さらに5日放置8.まとめ9.動画で説明 ...

ReadMore

コーヒーをオーブンで焙煎する

コーヒー

2022/12/24

コーヒー生豆をご家庭のオーブンで焙煎することができる!どのようなオーブンでも均一に焼く方法

コーヒー生豆をご家庭のオーブンで焙煎することができる!どのようなオーブンでも均一に焼く方法 コーヒー豆を、ご家庭にあるオーブンで焙煎することができます。難しくないです。オーブンに入れておくだけでできます。 そして、オーブンで焙煎すると、均一に火が通ります。均一に焼く方法は難しくありません。この記事を読んだら出来るようになりますよ。 自家焙煎はコーヒーを最高に美味しく飲める方法です。是非とも挑戦してみてください。 【目次】1.オーブン焙煎に必要なもの2.オーブンで均一に焙煎する方法3.オーブンによって焼き加 ...

ReadMore

フライパンでコーヒを焙煎する

コーヒー

2022/12/24

誰でもできるコーヒーのフライパン焙煎を詳しく解説します

誰でもできるコーヒーのフライパン焙煎を詳しく解説します コーヒーのフライパン焙煎とは、文字通りフライパンでコーヒーを焙煎する事です。これが簡単で、驚くほど美味しく焙煎できるのです。その方法をご説明します。 【目次】1.コーヒーのフライパン焙煎に必要なもの2.焙煎開始3.フライパン焙煎するとチャフが飛び散る4.焙煎前の生豆と焙煎後の豆を比較5.焙煎したての豆でコーヒーを淹れる6.フライパン焙煎のメリットとデメリット7.コーヒーをブレンドするともっと楽しめる8.均一に焼くには9.まとめ10.動画で説明 コーヒ ...

ReadMore

年間ランキング2022

未分類

2022/12/3

年間ランキング2022 最も多く読まれた記事と、最も長時間読まれた記事

年間ランキング2022最も多く読まれた記事と、最も長時間読まれた記事 2022年もあっという間に12月になりました。昨年から始めて、今回が2回目となる年間ランキングを発表したいと思います。 当ブログは2012年に始まって、コツコツと記事を書いてきました。おかげさまでもうすぐ11年です。 トータルで1000記事以上書きましたが、内容の薄いものや、全く読まれてない記事を統廃合して、ブログ内も新陳代謝しております。そして2022年12月2日時点で433記事あります。 その中で、2022年に最も読まれた記事のベス ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-味噌作り