その他の漬物・発酵

みりんを作る (仕込から経過編)

2015年1月23日

皆様は、料理にみりんを使っていますか?
みりんって意外と高いですよね。
みりんは、ご存知の通りアルコールを含んだお酒ですから、みりんの価格には酒税が含まれています。
そのため、調味料としては少し高いような気がします。
「みりんは高いから砂糖で代用してしまおう。」と思ったりもしますが、しかし、みりんには熟成による味の深みと広がりがありますから、砂糖で調味するより美味しいです。
味を追求するなら、みりんを使うべきです。
けれども、コスト面で考えると、砂糖よりもみりんの方がちょっと高いです。

では、価格の安い「みりん風調味料」を使うのはどうでしょうか?
みりん風調味料は、砂糖や水あめ、化学調味料を上手に配合して、みりんのような風味を再現しているので、みりんとは別物です。
そして、砂糖よりも同レベルのコストで、味は商品により差がありますが、あまり美味しいとは思いません。
だから我が家では、たまにみりんを買い、みりんを切らしたら砂糖で代用、となっています。
みりんを切らしたからと言って、すぐに買うわけでもなく、気が向いたときに買うくらいで、我が家でのみりんの立場は非常に不安定であります。
まるで非正規労働者の雇用状況みたいです。

ですが、みりんは、伝調的な食文化である和食を語るうえでは欠かせません。
また、各種アミノ酸なども含まれて健康にも良いです。

という訳で、みりんを手作りして、新たなる角度からスポットを当ててみましょう。

みりんの作り方

〈材料〉
蒸したもち米 2合
米麴 400g
ホワイトリカー 500g

仕込んだみりん全ての材料を混ぜ合わせると、1500mlの容器に満タンになりました。
たまにかき混ぜて、3ヶ月間熟成させます。
こうしている間に麹がもち米を糖化して甘くなるのです。

そして、3ヵ月経てば、布で濾してさらに長期熟成させます。
熟成期間は、来年の正月のおせち料理に使いたいので、12月下旬に解禁します。
要するに、およそ1年熟成です。

◆2015年2月 仕込んでから1ヶ月経過

2月のみりん特に何の変化も見当たりません。

◆2015年3月 仕込んでから2ヶ月経過

3月のみりん少し上澄みができて、2層になりました。
上澄みは、若干みりんのような色が出ています。

◆2015年4月 仕込んでから3ヶ月経過

4月のみりん上澄みの割合が多くなり、色も濃くなりました。

◆2015年9月 仕込んでから8ヶ月経過

9月のみりんさらに上澄みが多くなり色が濃くなりました。
最初の予定では、仕込んで3ヶ月経過した時点で、布で濾すつもりでしたが、なんとなくそのまま8ヶ月も放置していました。
けど、もう布で濾す事にします。

布で濾したみりん布で濾すと、500mlのペットボトル1本半になりました。
やや白濁の液体です。

濁り成分が沈殿したみりん1日経つと、濁り成分が沈殿して、澄み切りました。
もう、みりん色してますね。

これを、年末(2015年末)まで熟成させます。
続き みりんを作る 完成そして料理編

セイタカアワダチソウ

鴨川の野草

2021/7/24

セイタカアワダチソウの美味しい食べ方

あの力強い野草のセイタカアワダチソウは、美味しく食べる事ができます。セイタカアワダチソウの美味しい食べ方を3種類ご紹介します。ホンマに美味しいですからね。これを読めばセイタカアワダチソウを見る目が変わりますよ。 【目次】1.セイタカアワダチソウについて2.セイタカアワダチソウの効能3.セイタカアワダチソウの採取4.セイタカアワダチソウの味5.セイタカアワダチソウのアク抜き6.セイタカアワダチソウの料理法を考える7.セイタカアワダチソウの白和え8.セイタカアワダチソウのケーキ9.セイタカアワダチソウパン10 ...

ReadMore

中村家の長期熟成発酵食品

その他の漬物・発酵

2021/7/17

長期熟成発酵食品の勧め 中村家秘蔵の発酵食品5種を紹介 7年熟成○○の味に驚愕!

長期熟成発酵食品は微生物の力と時間をかける事によって、食品が思いもよらない変化を遂げるので、面白いです。今回は中村家秘蔵の長期熟成発酵食品5種をご紹介します。 【目次】1.魚醤2.3年味噌3.7年梅干し4.4年酒粕5.4年奈良漬6.まとめ7.動画で説明 魚醤 これは魚醤です。魚醤は魚を原料に作る醤油の事です。 イワシと塩を瓶に漬けて、1年以上放置しておいたら魚醤になります。 これは2021年4月19日に仕込みました。この画像を撮影したのは2021年7月10日なので、仕込んでから、もうすぐ3ヶ月です。 【魚 ...

ReadMore

ワインビネガーのボトル詰め

2021/7/10

材料3つ!超簡単ワインビネガーの手作り

市販の酸化防止剤不使用のワインと、あと2つの材料を容器に入れて放置するだけで、美味しいワインビネガーを作る事ができます。 お酢は、お酒を発酵させて作る発酵食品です。だからお酢を手作りすることができます。 また、完成したワインビネガーを使ったドレッシングの作り方もご紹介します。 これを読めば、ワインを買ってきて、そこからワインビネガーを作る事ができるようになりますよ。 【目次】1.ワインビネガーの材料2.ワインビネガーを仕込む2−1.仕込んでから2日後2−2.さらに1日後(仕込んでから3日後)2−3.さらに ...

ReadMore

自家製柴漬け

その他の漬物・発酵

2021/7/22

京都人が教える柴漬けをお家で漬けるレシピ 乳酸発酵で美味しくできます

京都の伝統的な漬物である柴漬けを、ご家庭で簡単に漬ける方法をご紹介します。乳酸発酵させるから、美味しいだけでなく、腸内環境にも良いですよ。 【目次】1.6月〜8月は柴漬けの季節2.柴漬けの材料3.柴漬けの仕込み4.赤紫蘇漬けを仕込む5.柴漬けを漬けてから4時間後6.漬け始めて1日後7.漬け始めから3日後8.本漬け9.柴漬けの完成10.まとめ11.動画で説明 6月〜8月は柴漬けの季節 柴漬けの柴というのは、赤紫蘇の意味です。ナスとかキュウリとかを赤紫蘇と一緒に漬けて乳酸発酵させた、京都の伝統的なお漬物です。 ...

ReadMore

ワインビネガーを仕込む

2021/6/23

お家で出来るブドウジュースからワインビネガーを作る方法

ワインビネガーを、お家でブドウジュースを発酵させて作る事ができます。赤ワインビネガーと白ワインビネガー両方の作る方法をご紹介します。 【目次】1.ブドウジュースからワインビネガーを作る流れ2.ブドウジュースからワインを作る3.ワインの完成4.ワインビネガーを仕込む4−1.仕込んでから6日経過4−2.仕込んでから8日経過4−3.仕込んでから10日経過4−4.仕込んでから21日経過4−5.仕込んでから31日経過4−6.仕込んでから45日経過5.ワインビネガーの味6.ワインビネガーを作って思った事7.動画で説明 ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-その他の漬物・発酵