その他の野草

庭の雑草オニタビラコを食べる

オニタビラコ1我が家の庭に、このような雑草が、はびこり始めました。
オニタビラコ(キク科)です。
私は雑草も大好きですが、我が家の庭は、銀閣寺の庭のような美しい庭を目指しているので、雑草をはびこらせるわけにはいきません。
だから、仕方ないですが、雑草は抜きます。

オニタビラコ2抜いたやつを単独で撮影。

オニタビラコ3これだけ抜きました。
では、これを食べましょう。
野草の本には、食べられるとは書いてませんでしたが、キク科の植物は、全て食べられると、私は思っています。
この、オニタビラコもキク科なので、もちろん食べられるでしょう。
まず、試しに一枚だけ葉をかじってみましたが、若い葉なので、柔らかく食べやすいです。
クセが少しありますが、野草にクセがあって当然。
野草のクセは個性です。
素材の個性を楽しみましょう。

オニタビラコ4洗って食べられそうな部分だけ集めました。
このまま生でサラダにしてみます。

オニタビラコ5〈オニタビラコのサラダ〉
マヨネーズと塩コショウで味付けして、彩りのためにトマトと、かぼちゃを混ぜました。
ふつうに美味しいです。
このように、野草に着目してみると、庭の草むしりをしても収穫があるのです。
楽しいですね。

イワシのなれずし

その他の漬物・発酵

2020/9/15

イワシのなれずしを作る イワシと塩とご飯を真夏のベランダに1ヶ月放置して作る

イワシのなれずしを作るイワシと塩とご飯を真夏のベランダに1ヶ月放置して作る 滋賀県の名物で鮒寿司という発酵食品があります。鮒寿司は、琵琶湖のニゴロブナと塩とご飯を真夏の熱い時期に漬け込んで熟成発酵させて作ります。 発酵食品が大好きな私も鮒寿司を作ってみたいと思いましたが、ニゴロブナが入手困難なので、代わりにどこでも売っているイワシで作る事にしました。 動画もあります。 動画は、オトコ中村自らが語り、視覚的に分かりやすいので併せてご覧ください。 けど動画は、長ったらしくならないように細かい説明を省略してます ...

ReadMore

自家製カマンベールチーズ

チーズ作り

2020/9/1

カマンベールチーズの作り方 自宅で材料3つで出来る方法

カマンベールチーズの作り方自宅で材料3つで出来る方法 カマンベールチーズを、自宅で材料3つで作る方法をご紹介します。特別な道具とか必要ありません。普通のご家庭にある調理道具があれば作れます。もし道具がなくても100均で揃えることもできます。 この方法を守れば、白カビ菌を失敗せずに育てることができます。 工場で作られる製法とは違います。私が何年もかけて試行錯誤を繰り返し、普通のご家庭で作れる方法にアレンジしました。 ブログの方がより論理的に詳しく書いてあるので、詳しく知りたい方は、このブログをじっくり読んで ...

ReadMore

美味しいビール

ビール

2020/8/26

家で缶ビールを美味しく飲む方法 簡単にきめ細やかな泡を持続させる方法もご紹介します!

家で缶ビールを美味しく飲む方法簡単にきめ細やかな泡を持続させる方法もご紹介します! 厳しい残暑が続きますが、皆様は健やかにお過ごしでしょうか。2020年の夏、私の住む京都は、7月は梅雨が長引き、あまり暑くなかったですが、梅雨が明け、8月に入り本格的な暑さが到来しました。京都は、8月下旬でも連日体温を超える猛暑が続いております。 そんな時はビールがうまいですね。 家で、普通の缶ビールを美味しく飲む為の予備知識をご説明するとともに、美味しく飲むためのとっておきの方法をお伝えします。 動画もあります。併せてご覧 ...

ReadMore

ミックスベリーのゼリー

その他のスイーツ その他の料理

2020/8/18

たこ焼き器を100倍活用する13種のアレンジレシピを紹介!

関西の家庭ならどこにでもあるたこ焼き器、アレンジ次第でものすごく多様な働きをしてくれます。 たこ焼き器を100倍活用する13種のレシピをご紹介します。 【目次】 1.たこ焼き器で焼売(シュウマイ) 2.たこ焼き器でレアチーズケーキ 3.たこ焼き器でプチケーキ 4.たこ焼き器で爽やかグレープフルーツゼリー 5.たこ焼き器でミックスベリーのゼリー 6.たこ焼き器でホットケーキ 7.たこ焼き器であんこ入りホットケーキ 8.たこ焼き器でベーコン&チーズ焼きおにぎり 9.たこ焼き器でシンプルに醤油焼きおにぎり 10 ...

ReadMore

国産豚方ロース塊

低温調理 肉料理

2020/8/11

豚肉の低温調理が美味い!ローストポーク・トンテキ・スペアリブ煮込み・角煮・コンフィ(2020最新版)

以前お伝えした 低温調理が美味しい理由を化学的に考察する の理論を踏まえて豚肉を調理してみます。 その記事を、お読みでない方に結論だけお伝えします。 【前回の結論】60~66℃の範囲で24時間くらい低温調理すれば、だいたいどんな肉でも柔らかく美味しく調理できる。 詳しく知りたい方は オトコ中村の楽しい毎日  1 user低温調理が美味しい理由を化学的に考察するhttps://otokonakamura.com/lowtemper02/前回、ローストビーフと厚切りステーキを低温調理で作り ...

ReadMore

-その他の野草

© 2020 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5