ビール

ビール類の酒税一本化の報道を見て思う事、そしてビール税を回避する方法

ビール類の酒税が統一されるみたいです

ビール類の酒税一本化は32年度から、5年程度3段階で 政府・与党調整 消費者やメーカーに配慮(産経ニュース)

ニュースの内容は、要するに、現在ビール類の350ml缶あたりの税が、ビールは77円、発泡酒は47円、第3のビールが28円というのを、平成32年度から5年ほどかけて55円に統一する。
それから、ビールの定義を見直すという事です。

普通のビールは安くなり、発泡酒と第3のビールは値上げになるという事は分かりますが、それって、どういう意味でしょうか?
ビールの定義を見直す事についての説明は省きます。

ビールが安くなるのはありがたいけど、安さが魅力である第3のビールが高くなるのは困りますね。

しかし、大きな視点で見ると、現在の税制のおかげで、メーカーが味よりも価格を優先するなど商品開発に歪みが生じるために、国際的なビールでの競争力が弱まる恐れがあります。
確かに、こういった税制の歪みは是正していくべきでしょう。

ビール類の税が55円に統一されると、安い第3のビールを飲んでいる消費者は、安くなったビールも飲むでしょうけど、もっと安いチューハイの方にシフトしていくのではないでしょうか。
そんな事を思っていると、こんなニュースが…

日本酒減税、ワイン増税、35円に35年度統一(産経ニュース)

こちらの内容は、要するに、現在350mlあたりの税が、日本酒は42円、ワインは28円、チューハイが28円というのを、平成32年度と35年度の2回に分けて35円に統一するという事です。

日本酒は少し安くなり、ワインとチューハイは少し高くなります。
日本酒とワインについては、ビール類と土俵が違うので説明は省きますが、まあ要するに、安いチューハイを飲んでいる消費者にとっては増税ですね。

しかし安いチューハイは、醸造アルコールや香料、人工甘味料などが主原料で、はっきり言って、ろくでもない原材料で作られてますから、だから安いのですが、メーカーがこういったジャンルの商品開発に力を入れるよりも、品質を重視した商品開発をしてくれる事は歓迎です。

以上を分かりやすくまとめてみました。

お酒350mlにかかる税ビールだけが値下がりで、他は値上がりという事がわかります。
近年は、ビールの消費が減り、第3のビールやチューハイ類の消費が増える傾向にあるので、税収は増えると予想されます。
庶民の立場からするとやはり増税ですね。

 

何や、結局増税かい!

 

…というのが正直な感想です。

増税ではありますが、ビールに関しては減税なので、嬉しいような嬉しくないような気持ちです。

増税か減税かという議論を抜きにして

今までのように安いという理由だけで美味しくない第3のビールやチューハイを飲むという文化を蔓延させるよりも、高くても美味しいビールを飲むという文化を広めた方が、ビールという商品の国際的な競争力を高めるだけでなく、日本人の繊細な味覚を向上させ、日本の食品のブランド力を高め、しいては日本の国力を高める事につながるでしょう。
私が世界最高の品質だと思っている日本のクラフトビール業界にとっては、ビールの減税が、追い風となるでしょう。

なんていい事も書いてみましたが、そもそも日本ではビールにかかる税が高すぎるのです。

アメリカやドイツではビール350mlあたりの税は10円程度なんですよ。
日本のビール税が高すぎるために、メーカーが努力して安い税率でビールのように飲める発泡酒や第3のビールを開発したのに、それに増税するなんてひどいですね。
確かにそれはメーカーによる歪んだ商品開発だったかもしれませんが、その歪みを生じさせたのは高すぎるビール税だったのです。

税金を取らなければ国家がやっていけませんから、税金の事には文句は言いませんが、日本のビール税は世界最高水準です。

高すぎるビール税を回避する方法があります

自分で作ったビールを自分で飲んでも税金はかかりません。

法律では、個人がアルコール分1%以上の酒を作ってはいけない事になっていますが、アルコール分1%未満のビールなら誰でも作って飲む事ができるのです。

手作りビールこれは私が作ったビールです。
誰もが手作りで驚くほど美味しく作る事ができます。

こういったビールの作り方を紹介した記事は、以下をご覧ください。

手作りビール第3弾の結果は?
黒ビールを作ってみた(手作りビール第4弾)

などなど、興味のある方は ビールのカテゴリ にいろいろ書いてます。

これらの記事には、アルコール分1%を超えるビールの作り方も書いてますが、参考にするだけにとどめて、実際に作る場合はアルコール分1%未満で作ってくださいね。

ドクダミ生春巻

京都御苑の野草

2021/6/16

ドクダミのおすすめの食べ方5選

ドクダミのおすすめの食べ方5選 ドクダミは、あの独特な匂いのため、敬遠する方も居ますが、昔から十薬(じゅうやく)と呼ばれ薬草として親しまれていました。また、ベトナムでは食材として食べられています。 今回は、これを食材として注目したいと思います。ドクダミは、あの匂いのために、扱いを間違うと、とんでもなくマズイ料理になるでしょう。しかし、上手に使いこなすと食材としてとても個性的な魅力を発揮します。 どうしても匂いがダメで食べる事ができないという方も、お茶にすれば飲めるはずです。ドクダミ茶も健康効果が期待できま ...

ReadMore

小松菜のぬか漬け

その他の漬物・発酵

2021/6/9

小松菜のぬか漬けは美味しいだけでなく腸活もできるのでオススメ

小松菜のぬか漬けは美味しいだけでなく腸活もできるのでオススメ 腸内環境を改善してくれるぬか漬け。小松菜は、下漬けをしてから、本漬けをするという2段階の漬け方をするとめちゃくちゃ美味しくなります。これを読めば小松菜の美味しい漬け方が理解できますよ。 【目次】1.家で漬物を漬けるメリット2.下漬け(塩水に漬ける)3.漬物石がない場合4.下漬けにかかる時間は6〜24時間程度5.下漬け完了6.本漬け(糠に漬ける)7.本漬け完了8.小松菜のぬか漬け完成9.まとめ10.動画で説明 ぬか漬けといえば、まずキュウリですけ ...

ReadMore

2年放置した糠床

その他の漬物・発酵

2021/6/2

2年以上放置した糠床を復活させることはできるのか

2年以上放置した糠床を復活させることはできるのか 糠漬けを食べると腸内環境を改善させることが期待できます。ところが、我が家では糠床を毎日かき混ぜるのが面倒で、2年間も放置してしまいました。2年間も放置した糠床はどのような状態になっているのでしょうか。そして、糠床は復活できるのでしょうか? 【目次】1.糠漬けを放置した理由2.家で糠漬けを漬ける事の意義3.2年以上放置した糠床4.糠床を復活させる4−1.2日後4−2.また2日後(復旧開始から4日後)4−3.さらに4日後(復旧開始から8日後)4−4.さらに2日 ...

ReadMore

オタール・エクストラ・青陶器

未分類

2021/5/27

コニャックのオールドボトルを愉しむ 簡単なコルクを折らない開栓方法もご説明します

コニャックのオールドボトルを愉しむ 簡単なコルクを折らない開栓方法もご説明します オールドボトルとは、ボトル詰されてから10年以上経ったボトルの事です。 今回は、ボトル詰めから30年以上経ったコニャックのオールドボトルを2本ご紹介します。 30年以上経ったボトルになると、コルクが風化してボロボロになり、ブランデー成分が固まってコルクと瓶がへばり付き、開栓が非常に困難になりますが、コルクが折れない開栓方法もご紹介します。 【目次】1.今回ご紹介するオールドボトル2本1−1.カミュ・ナポレオン・エクストラ1− ...

ReadMore

戻した干しナマコ

その他の料理

2021/5/19

高級食材干しナマコの戻し方とオイスターソース炒めの作り方

高級食材干しナマコの戻し方とオイスターソース炒めの作り方 珍しい中華料理の高級食材である干しナマコを料理します。料理法も普通の食材と違う独特な食材なのです。 【目次】1.干しナマコとは2.干しナマコの戻し方2−1.12時間後2−2.さらに12時間後(戻し始めから24時間経過)2−3.さらに12時間後(戻し始めから36時間経過)2−4.さらに12時間後(戻し始めから48時間経過)2−5.さらに12時間後(戻し始めから60時間経過)2−6.さらに12時間後(戻し始めから72時間経過)2−7.さらに5日経過(戻 ...

ReadMore

-ビール

© 2021 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5