国産原料100%のビールについて語る

      2017/09/08

ビールの原材料は、大麦麦芽とホップと水です。
日本で作られているビールは、水以外の原材料のほとんどを輸入に頼っています。
あの美味しいエビスビールでさえ、輸入麦芽と輸入ホップで作られているのです。

国産の麦芽がレアである事は 国産麦芽100%のビールについて で述べました。

また、国産のホップがレアである事は 国産のホップについて で述べました。

では、麦芽もホップも全て国産のビールというのは、レア中のレアという事です。
私は国産原料100%のビールを飲んだ事がありません。

スポンサーリンク




国産原料100%のビールを売っていないか調べてみました

まるごと国産2014年4月に数量限定発売されていた「サッポロ まるごと国産」
「サッポロ まるごと国産」数量限定発売

今は2017年ですから、もう売ってません。

 

サッポロニッポンピルス2015年12月に数量限定で発売された「サッポロ NIPPON PILS(ニッポンピルス)」
「サッポロ NIPPON PILS(ニッポンピルス)」数量限定発売

これも、もう売ってません。

 

ジャパンスペシャルギフト限定で国産原料100%のスーパードライも出てるみたいです。
アサヒスーパードライ ジャパンスペシャル

厳密に言うと、アサヒスーパードライ ジャパンスペシャルの原料には輸入トウモロコシから作られるスターチも入ってますので、国産原料100%ではありません。

ギフト限定という事みたいなので、アサヒビールのオンラインショップを調べてみましたが、売ってませんでした。
もう販売が終わったのでしょう。

 

和の逸品セブンプレミアム「サッポロ和の逸品」
2017年6月6日発売

 

え!?

 

2017年6月6日発売!?

 

これを書いてるのは2017年9月3日です。
これなら、まだ売ってるのではないか?

セブンイレブンに走る

和の逸品ゲットゲット!!

スポンサーリンク

最寄のセブンイレブンに行ったら、ラスト2本でした。
そして2本買いました。

間に合った。

価格は221円(税込み)
という事は、普通のビールと同じですよね。

和の逸品を飲んでみる

和の逸品を飲むそれでは、いただきます。

 

グビッ!

 

ん…

 

あまり変わらんなぁ…

 

日本の他のビールと大きな違いはありません。
エビスビールに似ているような気がするのと、何となく味が濃いような気がするのと、何となくフローラルなホップの香りがするような気がします。

他のビールとはちょっと違うような気もするけど、あまり変わらないというのが結論。

やはり、普通のビールと同じ価格で差別化を図るのは難しいのでしょう。

価格を気にせずに、国産の良さを発揮させるには、クラフトビールに期待するしかありません。
しかし、国産原料100%のクラフトビールを調べても見つからないのです。
たとえ作っていても、数量限定だったりで入手困難でしょう。

こうなったら自分で作るしかありません。
やはり、自分で作るというオチなんです。

続き:国産原料100%のビールを作る

スポンサーリンク




 - ビール