醤油系

2014年初挑戦の醤油醸造 完成そして火入れ編

2016年1月12日

2014年初挑戦の醤油醸造 仕込みから経過編 の続き

2年熟成醤油これは2年前、2014年の1月に仕込んだ醤油です。

かれこれ2年熟成させましたが、もう解禁です。
あまり醤油の色してないですよね。

そうなんですよ。

蓋を開ける蓋を開けてみると、このようになっています。
醤油っぽい匂いはしていますが、何かちょっと違うような気もします。

中身を見るこのように、大豆は粒の状態で、液体はドロッとしております。
味は、ほとんど醤油ですが、何かちょっと違います。
本来なら、大豆は麹菌が作る酵素の働きで溶けるはずなんですが、溶けてません。
2年も熟成させてこの状態だと言う事は、やはり、豆麹を作る時に納豆菌を繁殖させてしまったのでしょう。

豆麹を作る様子は 豆麹作りに挑戦! をご覧ください。

この 豆麹作りに挑戦! の中で、「豆麹を作る時に温度が30℃を超えると、納豆菌が繁殖する。」と書いているにも関わらず、30℃を超えてから何時間も経過して、最高で34℃まで温度が上がってます。

そりゃあかんわ(笑)

きっと納豆菌にやられたのでしょう。

では、豆麹が、納豆菌にやられるとどうなるのでしょうか?
本来は、麹菌が働いて、たんぱく質を分解させるプロアテーゼという酵素をつくるのですが、納豆菌がそれを阻害して、プロアテーゼがちゃんと作られなくなります。
プロアテーゼが少ない豆麹で醤油を仕込むと、あまりたんぱく質を分解できないので、大豆が溶けないのでしょう。

要するに、旨味の少ない醤油になるという事です。
プロアテーゼの量がゼロならば、全く醤油にならないと思いますが、これは、少しはあったのでしょう。
液体がドロドロして醤油っぽい味がしてますから。

また、豆麹が納豆菌にやられたからと言って、納豆臭の醤油にはなりません。
醤油を仕込んでしまえば、もろみの中は、納豆菌にとって厳しい環境なので、納豆菌の活躍はそれでストップします。

布で濾した醤油とりあえず、少し布で濾してみました。
やはり醤油の色では無いですね。
白濁しているのは、布をギュッと絞ったからだと思います。
自宅用なので、それでも良いです。
ちょっと訳ありですが、正真正銘の2年熟成させた自家製生醤油です。

生醤油は、「きじょうゆ」と読みます。
熱処理していない生の醤油ですから、酵母菌や乳酸菌、または酵素が生きているために、変質しやすく、あまり売ってません。

キッコーマンの生醤油(なましょうゆ)という商品がありますが、あれは熱処理してないので酵素は生きていますが、菌は濾過されて無菌状態なので、ちょっと違います。

生醤油を生卵にかける生醤油を生卵にかけてみました。

たまごかけご飯まずは、たまごかけご飯として頂いてみます。
フレッシュな漬物のような発酵臭がする醤油と言った感じでしょうか。
薄口醤油に味が近いかもしれません。

生醤油うどん生醤油うどん。
茹でたうどんに、生醤油をかけました。

やはり薄口醤油に味が近いです。
濃い口醤油の製法で作ったのですが、薄口っぽく出来ました。
普通の薄口醤油よりも、旨味とフレッシュな香りがあります。
期待していた味とは違いますが、これはこれで、案外美味いです。
これなら捨てなくて済みそうです。

良かった。

火入れ生醤油は、少しだけ残しておいて、残りの醤油は火入れを行います。

80℃~85℃で15分以上保温して、そのまま冷ましました。
火入れを行う事で、殺菌されて、品質が安定します。
また、香ばしい醤油の香りが付き、いわゆる普通の醤油の味になります。

自家製醤油ボトルに詰めて完成です。
色が薄いですが、これは、独自の製法で薄く仕上げたとでも言っておきましょうか。
そんなこんなで、薄口醤油っぽい醤油に仕上がりました。

セイタカアワダチソウ

鴨川の野草

2021/7/24

セイタカアワダチソウの美味しい食べ方

あの力強い野草のセイタカアワダチソウは、美味しく食べる事ができます。セイタカアワダチソウの美味しい食べ方を3種類ご紹介します。ホンマに美味しいですからね。これを読めばセイタカアワダチソウを見る目が変わりますよ。 【目次】1.セイタカアワダチソウについて2.セイタカアワダチソウの効能3.セイタカアワダチソウの採取4.セイタカアワダチソウの味5.セイタカアワダチソウのアク抜き6.セイタカアワダチソウの料理法を考える7.セイタカアワダチソウの白和え8.セイタカアワダチソウのケーキ9.セイタカアワダチソウパン10 ...

ReadMore

中村家の長期熟成発酵食品

その他の漬物・発酵

2021/7/17

長期熟成発酵食品の勧め 中村家秘蔵の発酵食品5種を紹介 7年熟成○○の味に驚愕!

長期熟成発酵食品は微生物の力と時間をかける事によって、食品が思いもよらない変化を遂げるので、面白いです。今回は中村家秘蔵の長期熟成発酵食品5種をご紹介します。 【目次】1.魚醤2.3年味噌3.7年梅干し4.4年酒粕5.4年奈良漬6.まとめ7.動画で説明 魚醤 これは魚醤です。魚醤は魚を原料に作る醤油の事です。 イワシと塩を瓶に漬けて、1年以上放置しておいたら魚醤になります。 これは2021年4月19日に仕込みました。この画像を撮影したのは2021年7月10日なので、仕込んでから、もうすぐ3ヶ月です。 【魚 ...

ReadMore

ワインビネガーのボトル詰め

2021/7/10

材料3つ!超簡単ワインビネガーの手作り

市販の酸化防止剤不使用のワインと、あと2つの材料を容器に入れて放置するだけで、美味しいワインビネガーを作る事ができます。 お酢は、お酒を発酵させて作る発酵食品です。だからお酢を手作りすることができます。 また、完成したワインビネガーを使ったドレッシングの作り方もご紹介します。 これを読めば、ワインを買ってきて、そこからワインビネガーを作る事ができるようになりますよ。 【目次】1.ワインビネガーの材料2.ワインビネガーを仕込む2−1.仕込んでから2日後2−2.さらに1日後(仕込んでから3日後)2−3.さらに ...

ReadMore

自家製柴漬け

その他の漬物・発酵

2021/7/22

京都人が教える柴漬けをお家で漬けるレシピ 乳酸発酵で美味しくできます

京都の伝統的な漬物である柴漬けを、ご家庭で簡単に漬ける方法をご紹介します。乳酸発酵させるから、美味しいだけでなく、腸内環境にも良いですよ。 【目次】1.6月〜8月は柴漬けの季節2.柴漬けの材料3.柴漬けの仕込み4.赤紫蘇漬けを仕込む5.柴漬けを漬けてから4時間後6.漬け始めて1日後7.漬け始めから3日後8.本漬け9.柴漬けの完成10.まとめ11.動画で説明 6月〜8月は柴漬けの季節 柴漬けの柴というのは、赤紫蘇の意味です。ナスとかキュウリとかを赤紫蘇と一緒に漬けて乳酸発酵させた、京都の伝統的なお漬物です。 ...

ReadMore

ワインビネガーを仕込む

2021/6/23

お家で出来るブドウジュースからワインビネガーを作る方法

ワインビネガーを、お家でブドウジュースを発酵させて作る事ができます。赤ワインビネガーと白ワインビネガー両方の作る方法をご紹介します。 【目次】1.ブドウジュースからワインビネガーを作る流れ2.ブドウジュースからワインを作る3.ワインの完成4.ワインビネガーを仕込む4−1.仕込んでから6日経過4−2.仕込んでから8日経過4−3.仕込んでから10日経過4−4.仕込んでから21日経過4−5.仕込んでから31日経過4−6.仕込んでから45日経過5.ワインビネガーの味6.ワインビネガーを作って思った事7.動画で説明 ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-醤油系