野草で七草粥2015

      2016/08/03

今年も、昨年に引き続き、野草で七草粥を作ってみようと思います。
昨年は、春の七草とは何なのかを調べもせずに、適当に7種類の野草を集めたので、本当の七草とは種類が違いすぎて、合っているのはセリだけでした。

昨年の七草粥については、 野草で七草粥 をご覧ください。

本当の七草は、セリ・ナズナ(ペンペングサ)・ゴギョウ(ハハコグサ)・ハコベラ(ハコベ)・ホトケノザ(コオニタビラコ)・スズナ(蕪)・スズシロ(大根)です。

ですが、中でも特に、スズナ(蕪)・スズシロ(大根)など、野生の蕪や大根なんて見たことありませんし、こんなのを見つけるのは極めて困難だと思います。
だから、とりあえず手当たり次第に7種類の野草を集めるのだけれど、昨年よりは、本当の七草に近付けようと思います。

クレソンまず、京都御苑の出水の小川でクレソンをゲット。

セリ同じく出水の小川でセリをゲット。

スイバ同じく出水の小川でスイバをゲット。
ここまでは、昨年と同じです。

シャク京都御苑のバッタガ原で、シャクをゲット。

セイヨウカラシナ鴨川に移動しました。
これは、セイヨウカラシナなのですが、早くも菜の花が咲いています。

鴨川にセイヨウカラシナは、いくらでも生えていますが、私が見る限り花が咲いているのはこれだけでした。
なのでこれをゲット。

ナズナ同じく鴨川でナズナ(ペンペングサ)をゲット。

これは?同じく鴨川にて、お!?

これは、もしや…?

スズシロスズシロ(大根)だ!!

これは珍しい!

野生の大根に出会ったのは初めてです。
これをゲット!

…と言いいたいところですが、こんなに珍しいものを、根から丸ごと採ってしまうと、絶滅してしまうかもしれないので、葉っぱを1枚だけ頂いて、あとは、元の場所に植えておきました。
これが花を咲かせ、種を実らせ、増えてくれると良いですね。

スポンサーリンク

私の春の七草2015さて、7種類揃いました。

セリ・クレソン・スイバ・シャク・セイヨウカラシナ・ナズナ(ペンペングサ)・スズシロ(大根)の7種です。

本当の春の七草は、セリ・ナズナ(ペンペングサ)・ゴギョウ(ハハコグサ)・ハコベラ(ハコベ)・ホトケノザ(コオニタビラコ)・スズナ(蕪)・スズシロ(大根)の7種。

今回は、セリ・ナズナ・スズシロの3種が合っています。
昨年よりかは、少しだけ進歩しました。
それでは、これで七草粥を作ってみます。

七草粥美味しくできました。
やはり野草ですから香りが強いです。

香りが強いから、例えば 「あ、今は、クレソンを食べている。」 とか 「今は、セリを食べている。」 というのが分かるんです。
だから、7種類の味を楽しみながら食べる事が出来ました。

スポンサーリンク




 - その他の野草