チーズ作り

ストリングチーズ(割けるチーズ)の作り方 牛乳と酢だけで簡単に出来ます

2020年12月19日

ストリングチーズ(割けるチーズ)の作り方 牛乳と酢だけで簡単に出来ます

ストリングチーズ(割けるチーズ)の作り方をご紹介します。
材料は牛乳と酢だけで出来ます。
特別な道具も技術も要りません。
普通のご家庭で1時間足らずで作る事が出来ます。

【目次】
1.作り方はモッツァレラチーズとほとんど同じ
2.ストリングチーズ作りに必要な材料と道具
3.ストリングチーズの作り方
3ー1.ここから違う方法
3ー2.ここからまたモッツァレラチーズと同じ方法に戻ります
4.ストリングチーズの完成
5.まとめ
6.動画で説明

作り方はモッツァレラチーズとほとんど同じ

前回モッツァレラチーズの作り方をご紹介しました。
今回のストリングチーズの作り方は、モッツァレラチーズの作り方と、ほとんど同じです。

モッツァレラチーズ作りと内容が重複する部分は、今回はサッと簡単にご説明します。
詳しく知りたい方は前回の記事をご覧ください。

ストリングチーズ作りに必要な材料と道具

【材料】出来上がり140g
ノンホモ牛乳 1リットル
穀物酢 70ml(牛乳の7%)

【必要な道具】
鍋 (牛乳を温める用)
温度計 (牛乳の温度を計る用)
ボウル 2~3個
ザル (チーズを濾す用)
木じゃくしなど 2個 (牛乳を混ぜたりチーズを練る)
やかん (湯を沸かす用)
軍手 (熱いチーズを触るため)
ゴム手袋 (熱いチーズを触るため)

ストリングチーズの作り方

牛乳を63〜65℃まで温める

牛乳を63〜65℃まで温めます。

牛乳に牛乳に酢を加える

酢を加えます。

分離する牛乳

ゆっくり混ぜると牛乳が水分(ホエー)と固形分(カード)に分離してきます。

まとまってきたチーズ

チーズがまとまってきました。

チーズの水分を切る

ザルでこして、水分(ホエー)を切ります。

ボウルにチーズを入れる

ボウルにチーズを入れます。

熱湯を注ぐ

熱湯をチーズが完全に浸かるまで注ぎます。

木じゃくしでチーズを練る

木じゃくしで練ります。

練っているとチーズがある程度まとまってきます。

手でチーズをこねる

手でつかめる程度にまとまってきたら軍手とその上にゴム手袋をはめて手で練ります。

滑らかになって弾力と艶が出てきたチーズ

チーズが滑らかになり、さらに弾力が出てきました。

↑ここまではモッツァレラチーズの作り方と全く同じです。

ここから違う方法

チーズを引き伸ばす

チーズをビョーンと伸ばして、

チーズを折りたたむ

折り畳みます。

ちょっと画像がカメラの枠内に入ってませんよね。

カードを伸ばす

3年前に作った時の画像で説明しますね。

チーズをビヨーンと伸ばす。

折りたたむ

これを折り畳みます。

また伸ばす

この伸ばしては折りたたむというのを5〜6回繰り返します。

ラップの上にチーズを置く

ラップの上に伸ばしたチーズを置いて

転がして整形する

ゴロゴロ転がして、丸く細長く整形します。

ここからまたモッツァレラチーズと同じ方法に戻ります

チーズを氷水に漬ける

氷水で10分くらい冷やします。

チーズを15%の塩水に漬ける

15%の塩水に20〜30分漬けて塩味を付けます。

ストリングチーズの完成

手作りストリングチーズ

食べやすいように4等分にしました。

それでは、これを引き裂きながらいただきましょう。

手作りの割けるチーズを割く

この通り、割けるチーズになりました。

手作りの割けるチーズを割く(その2)

アングルを変えて、ご覧ください。

モッツァレラチーズと同じ材料で同じ作り方ですから、モッツァレラチーズと同じ味です。

という事で、めちゃくちゃ美味しいです。

自分でこのチーズを作ったという喜びに浸りながら、引き裂くという行為を楽しみながらいただきます。

特に、子供達が楽しみながら喜んで食べてくれますね。
子供だけでなく、大人の私も楽しいです。

そして、ワインにも合いますよ。

まとめ

  • ストリングチーズは、モッツァレラチーズの作り方とほとんど同じ。
  • モッツァレラチーズを引き伸ばして折りたたむという作業を5〜6回繰り返す。
  • 味はめちゃくちゃ美味しい。

このようにモッツァレラチーズと全く同じなんですが、チーズを伸ばして折りたたむ事によって、チーズが繊維状に仕上がったのですね。
たったそれだけの違いなのです。
だから、このストリングチーズも、焼いて食べると、モッツァレラチーズと同様にビヨーンと、とろけて伸びるチーズになります。
だから、ピザとか料理にも使えます。

市販の割けるチーズは、必ずしもモッツァレラチーズを原料に作っている訳では無いです。
モッツァレラチーズではないチーズを引き伸ばして繊維状にして作っていたりする場合もあります。
手作りする場合は、モッツァレラチーズで作る方法が最もやりやすく美味しいと思います。

動画で説明

動画ではオトコ中村自らが出演して実践して説明しております。
併せてご覧ください。

家庭でのチーズ作りまとめ

ドクダミ生春巻

京都御苑の野草

2021/6/16

ドクダミのおすすめの食べ方5選

ドクダミのおすすめの食べ方5選 ドクダミは、あの独特な匂いのため、敬遠する方も居ますが、昔から十薬(じゅうやく)と呼ばれ薬草として親しまれていました。また、ベトナムでは食材として食べられています。 今回は、これを食材として注目したいと思います。ドクダミは、あの匂いのために、扱いを間違うと、とんでもなくマズイ料理になるでしょう。しかし、上手に使いこなすと食材としてとても個性的な魅力を発揮します。 どうしても匂いがダメで食べる事ができないという方も、お茶にすれば飲めるはずです。ドクダミ茶も健康効果が期待できま ...

ReadMore

小松菜のぬか漬け

その他の漬物・発酵

2021/6/9

小松菜のぬか漬けは美味しいだけでなく腸活もできるのでオススメ

小松菜のぬか漬けは美味しいだけでなく腸活もできるのでオススメ 腸内環境を改善してくれるぬか漬け。小松菜は、下漬けをしてから、本漬けをするという2段階の漬け方をするとめちゃくちゃ美味しくなります。これを読めば小松菜の美味しい漬け方が理解できますよ。 【目次】1.家で漬物を漬けるメリット2.下漬け(塩水に漬ける)3.漬物石がない場合4.下漬けにかかる時間は6〜24時間程度5.下漬け完了6.本漬け(糠に漬ける)7.本漬け完了8.小松菜のぬか漬け完成9.まとめ10.動画で説明 ぬか漬けといえば、まずキュウリですけ ...

ReadMore

2年放置した糠床

その他の漬物・発酵

2021/6/2

2年以上放置した糠床を復活させることはできるのか

2年以上放置した糠床を復活させることはできるのか 糠漬けを食べると腸内環境を改善させることが期待できます。ところが、我が家では糠床を毎日かき混ぜるのが面倒で、2年間も放置してしまいました。2年間も放置した糠床はどのような状態になっているのでしょうか。そして、糠床は復活できるのでしょうか? 【目次】1.糠漬けを放置した理由2.家で糠漬けを漬ける事の意義3.2年以上放置した糠床4.糠床を復活させる4−1.2日後4−2.また2日後(復旧開始から4日後)4−3.さらに4日後(復旧開始から8日後)4−4.さらに2日 ...

ReadMore

オタール・エクストラ・青陶器

未分類

2021/5/27

コニャックのオールドボトルを愉しむ 簡単なコルクを折らない開栓方法もご説明します

コニャックのオールドボトルを愉しむ 簡単なコルクを折らない開栓方法もご説明します オールドボトルとは、ボトル詰されてから10年以上経ったボトルの事です。 今回は、ボトル詰めから30年以上経ったコニャックのオールドボトルを2本ご紹介します。 30年以上経ったボトルになると、コルクが風化してボロボロになり、ブランデー成分が固まってコルクと瓶がへばり付き、開栓が非常に困難になりますが、コルクが折れない開栓方法もご紹介します。 【目次】1.今回ご紹介するオールドボトル2本1−1.カミュ・ナポレオン・エクストラ1− ...

ReadMore

戻した干しナマコ

その他の料理

2021/5/19

高級食材干しナマコの戻し方とオイスターソース炒めの作り方

高級食材干しナマコの戻し方とオイスターソース炒めの作り方 珍しい中華料理の高級食材である干しナマコを料理します。料理法も普通の食材と違う独特な食材なのです。 【目次】1.干しナマコとは2.干しナマコの戻し方2−1.12時間後2−2.さらに12時間後(戻し始めから24時間経過)2−3.さらに12時間後(戻し始めから36時間経過)2−4.さらに12時間後(戻し始めから48時間経過)2−5.さらに12時間後(戻し始めから60時間経過)2−6.さらに12時間後(戻し始めから72時間経過)2−7.さらに5日経過(戻 ...

ReadMore

-チーズ作り

© 2021 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5