低温調理 肉料理

サラダチキンの味を、ほんの一手間でレベルアップさせる方法

サラダチキンの味を
ほんの一手間でレベルアップさせる方法

サラダチキンの味をほんの一手間でレベルアップさせる事ができます。

ほんの一手間にかかる時間は約2分です。

この方法は、市販のサラダチキンでも手作りのサラダチキンでも、どちらでも使えます。

【目次】
1.手作りサラダチキンについて少し語る
2.フォークを刺して直火で焼く
3.一手間かけたサラダチキンの味
4.まとめ

手作りサラダチキンについて少し語る

自家製サラダチキン

これは手作りのサラダチキンです。

サラダチキンの作り方については以前紹介しました。
低温調理で柔らかく作る方法と、ハーブ味や、カレー味、番外編でぬか味の作り方などを紹介しております。

この記事を書いた後で、もっと簡単な作り方を模索しておりました。

最も簡単な方法は、沸騰寸前のお湯に、ビニール袋に入れたチキンを放り込んで放置するだけという方法です。
これ以上に簡単な方法は無いでしょう。

これでもある程度いい感じに作る事ができますが、冬など室温が低い場合はチキンの内部まで完全に火が通らない場合もあります。

国内産の新鮮な鶏肉なら、内部まで完全に火が通ってなくてもはっきり言って大丈夫です。
けど、それを公式に認めてしまうと、「生でも大丈夫」と拡大解釈されかねません。
だから、公式には完全に火が通ってなければいけないという見解です。

どこまで半生で作るかについては、作る方のお好みと自己責任でお願いします。
ちなみに半生は美味しいです。

より確実に火を通そうと思えば、チキンを放り込んでから、一度冷めたお湯を再加熱するべきでしょう。

また、より柔らかい食感に仕上げたいなら、温度が65℃を超えないように管理すべきでしょう。

フォークを刺して直火で焼く

サラダチキンにフォークを刺してガスコンロで焼く

さて、話はサラダチキンの味をレベルアップさせる方法に戻ります。

サラダチキンにフォークを刺してガスコンロの直火で焼きます。
我が家にステンレスの焼き串が無いためにフォークを使ってますが、ステンレスの焼き串をお持ちの方は串を駆使してください。
強火で片面1分くらい焼きます。

サラダチキンの表面を直火で焼く

裏返して、1分くらい焼きます。
1分というのは目安で、お好みの焼き色になるまで焼いてください。

表面を直火で焼いたばかりの自家製サラダチキン

これで完成です。

一手間かけたサラダチキンの味

表面を直火で焼いた自家製サラダチキン

シンプルにスライスして酢玉ねぎを添えていただきます。

味は、直火の香ばしさが加わってレベルアップしてます。
表面は直火で焼いた為にパサパサですが、パサパサは表面だけです。
中はしっとり柔らかさをキープしているので、全体的にメリハリが利いて柔らかいという印象です。

自家製サラダチキンを使ったコールスロー

コールスローにサラダチキンを混ぜてみました。

マヨネーズと混ぜても、直火で焼いた香ばしさが残っていて、アクセントになってます。

やはり味がレベルアップしてます。

まとめ

  • サラダチキンの最も簡単作り方は、沸騰寸前のお湯に、ビニール袋に入れたチキンを放り込んで放置。
  • 半生のサラダチキンは美味しいけど、食品衛生的には半生を推奨できない。
  • サラダチキンをガスコンロの直火で片面1分裏返して1分焼くと香ばしさが加わり、味がレベルアップする。

という訳で、今回は軽めの内容でした。

ディープな内容を期待してくださっている方には物足りなかったかもしれません。
また何か面白いアイデアなどあれば教えてください。

りんご酢を仕込んでるところ

2021/4/15

シードルを酢酸発酵させてりんご酢を作る【りんご酢後編】

シードルを酢酸発酵させてりんご酢を作る【りんご酢後編】 りんご酢の作り方【後編】です。 前編では、りんご酢を作る流れ、それからリンゴジュースをアルコール発酵させてシードルを作る所までご説明しました。前編をご覧でない方は、まず前編からご覧ください。 オトコ中村の楽しい毎日りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】https://otokonakamura.com/applevinegarりんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】りんご酢は、りんご果汁を発酵させて作る発酵食品です。ここでは、りんご果汁をうま ...

ReadMore

手作りしたりんご酢

2021/4/15

りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】

りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】 りんご酢は、りんご果汁を発酵させて作る発酵食品です。ここでは、りんご果汁をうまく醗酵させてりんご酢を作る方法をご紹介します。 【目次】1.りんご酢を作る流れ2.シードルを作る2ー1.シードルの材料2ー2.シードルを仕込む2ー3.アルコール発酵について2ー4.発酵期間について2ー5.シードルのアルコール度数について2ー6.シードルの完成3.前編のまとめ4.動画で説明 ↓以下は後編をお楽しみに5.りんご酢を仕込む6.りんご酢の完成7.りんご酢の味 お酢のできる原理な ...

ReadMore

フルーツサンド

スイーツ パン系

2021/3/22

フルーツサンドの作り方と美味しく作る5つのコツ

フルーツサンドの作り方と美味しく作る5つのコツ 最近流行りのフルーツサンドを作ってみようと思います。フルーツサンドは、断面にフルーツがドカって見えてあれがとても美味しそうに見えますね。手作りする際は、断面が綺麗に見えるように作るのはもちろんですが、さらに踏み込んで、もっと美味しく作る5つのコツをお伝えします。 そして今回は、フルーツサンドの進化系であるキューブ型のフルーツサンドを作ってみようと思います。 【目次】1.フルーツサンドの材料2.パンの耳を切り落としておく3.フルーツの下拵えをする4.生クリーム ...

ReadMore

モンティクリスト

パン系

2021/3/15

モンティクリストを作ってみた

モンティクリストを作ってみた カナダ生まれのサンドイッチ、モンティクリストを作ってみます。 モンティクリストとは、フレンチトーストに、ハムとチーズを挟んで焼いたものです。 カナダ生まれの料理ですから、そこにメープルシロップをかけて食べるのですが、それが甘じょっぱくて、たまらないとの評判を聞きまして、早速作って食べてみようと思います。 【目次】1.モンティクリストの材料2.モンティクリストの作り方3.モンティクリストの完成!その味は?4.まとめ5.動画で説明 モンティクリストの材料 【モンティクリストの材料 ...

ReadMore

自家製ブラータチーズをプチトマトと共に

チーズ作り

2021/3/2

ブラータチーズの作り方 幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるが、お家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました!

ブラータチーズの作り方幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるがお家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました! ブラータというのは、イタリア語で「バターのような」という意味で、細かく割いたモッツァレラチーズと生クリームを合わせて、さらにそれをモッツァレラチーズの皮で包んだ物です。作るのに手間がかかる事と、その製造の難易度の高さから、幻のチーズと呼ばれています。その幻のチーズを手作りすることができました。これを読めばブラータチーズの作り方が分かります。 【目次】1.ブラータチーズとは2.【余談】ブ ...

ReadMore

-低温調理, 肉料理

© 2021 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5