バンズなしハンバーガーがウマすぎ!おまけに低糖質だからダイエットにも最適!

   

バンズなしハンバーガーがウマすぎ!
おまけに低糖質だからダイエットにも最適!

ダイエットといえば糖質制限ですよね。

糖質制限中は、さすがに甘いものはお休みしなければいけませんが、意外にもたくさんのメニューを食べる事ができます。
普通に食べる楽しみを失う事なく、楽しくダイエットができますね。

ハンバーガーという料理ですが、バンズ(パン)で挟むので、バンズの主成分は糖質なので、ダイエットにはNGなのですが、知人で糖質制限ダイエットを楽しく実践しているJさんの情報によると、低糖質なハンバーガーもあるとの事です。

Jさんに教えてもらった低糖質バーガーの代表例を3つほど紹介したいと思います。

【目次】
1.フレッシュネスバーガーの糖質オフバンズ
2.モスバーガーの【毎月29日限定】にくカツにくバーガー
3.東京にあるシェイクツリーというお店の肉で挟むバーガー「ワイルドアウト」
4.バンズなしハンバーガーを手作りする
5.まとめ

スポンサーリンク




フレッシュネスバーガーの糖質オフバンズ

画像引用元: https://www.freshnessburger.co.jp/menu/hamburger

バンズの小麦粉を食物繊維に置き換えて糖質を削減しています。
フレッシュネスバーガーの栄養成分表 によると、普通のゴマバンズの糖質が26.7gに対して低糖質バンズの糖質は14.7g。
普通のゴマバンズに比べておよそ11.9g糖質が少ない計算になります。
いろんな種類のハンバーガーがありますが、だいたいハンバーガー全体の糖質が30~40gなので、バンズを糖質オフに変えると、それが20~30gになるという事です。
大きな違いはありませんが、確実に11.9gの糖質を減らす事ができます。

まあ、これは軽いジャブのような情報です。

次はストレートな情報。

モスバーガーの【毎月29日限定】にくカツにくバーガー

モスバーガーの【毎月29日限定】にくカツにくバーガー

画像引用元 https://www.mos.jp/menu/detail/010282/

毎月29日(ニクの日)限定メニューで、バンズがパティに変わった、肉で挟んだバーガーを食べられるのです。

これはストレートですね。

モスバーガーの栄養成分情報によると、にくカツにくバーガーの炭水化物は31.5gです。
炭水化物から食物繊維を引いたものが糖質なので、実際の糖質の量はわかりませんが、大して食物繊維は含まれてないでしょうから、結構糖質多いですね。
カツの衣は、モロ糖質ですからね。

それでも、このボリュームで炭水化物が31.5gというのはお値打ちです。
ダイエットメニューと言えるでしょう。

次は、ノックアウト級の情報です。

東京にあるシェイクツリーというお店の肉で挟むバーガー「ワイルドアウト」

シェイクツリーの「ワイルドアウト」

画像引用元: https://buzz-plus.com/article/2015/10/11/shake-tree/

自家製パテでトマトとチーズを挟んだという、ほとんどハンバーグやないか!?というハンバーガー。
栄養成分はわかりませんが、おそらく糖質は10g未満でしょう。
パテをこねる際に、ハンバーグと同様に、つなぎでパン粉を使ったりする場合がありますが、これにはパン粉を使っていないと信じる事にします。

お店は東京にあるので、京都在住の私は、簡単に食べに行くことはできませんが、これはトキメキました。

食べてみたいなぁ。

バンズなしハンバーガーを手作りする

シェイクツリーの肉で挟むバーガー「ワイルドアウト」をマネして、肉で挟むハンバーガーを手作りしてみようと思います。

【材料】
ハンバーグ
目玉焼き
スライスチーズ
トマト
レタス
酢玉ねぎ
ケチャップ
マスタード

材料は適当でいいです。
大切なことは、バンズでなく肉で挟むという事です。

具は、自分が食べたいものをチョイスしました。

手作りされる場合はご自身で好きな具を挟んでください。
ただし、ダイエットが目的の方は糖質の少ない食材で。

ハンバーグをこねる

パテは普通に合挽きミンチでハンバーグを作る要領で作ればいいです。
ただし、つなぎにパン粉を入れない方がいいです。
パン粉はモロ糖質ですから。

パン粉なんか無くてもハンバーグを作るにあたって何の問題もありません。

バーガーパテを焼く

パテを焼きます。
ハンバーグよりも薄く、なるべく円形になるように成型するといいでしょう。
1枚あたり量ってませんが120~150gくらいでしょう。

焼けたバーガーパテ

焼けました。
これで具を挟みます。

バンズなしバーガーを作る

→パテ
→酢玉ねぎ
→ケチャップ&マスタード
→レタス&マヨネーズ
→目玉焼き
→スライスチーズ
→トマト
→パテ

このような順番で積み重ねました。

酢玉ねぎはピクルスの代わりです。
ハンバーガーだからピクルスを使いたいところですが、ピクルスをほんの一切れ欲しいだけなのに1瓶買うのはアホらしいから酢玉ねぎを使いました。

手作りバンズなしバーガー

バンズ無しバーガー。

早速いただこうと思いますが、

分厚い。

これどうやって食べたらいいの?

入れたい具を入れた結果こうなってしまったのです。

ええい!

オトコなら黙ってかぶりつけ!!

手作りバンズなしバーガーにかぶりつく

ガブリとかぶり付きます。

うおっ!!

とんでもなくウマイです!!

そして、とんでもなく食べにくいです!!

一口食べただけで、口の周りも手もベタベタで、もう体裁など気にせず、獣のようにかぶり付くしかありません。

そして、食べたら手と顔を洗いましょう。

味には大満足です。
胃袋も満足してます。

おまけに低糖質なので、ダイエットにもなるのです。
私は痩せ型なので、ダイエットはしてませんが、健康の為に糖質は減らしています。
あと、一応グルテンフリーの食生活を実践しているので、バンズなしというのは非常に魅力的なのです。

いろんな意味で満足でした。

まとめ

  • フレッシュネスバーガーの糖質オフバンズは、普通のゴマバンズに比べておよそ11.9g糖質が少ないので少しダイエット効果がある。
  • モスバーガーの【毎月29日限定】にくカツにくバーガーは、ボリューム満点なのに炭水化物が31.5gと、ダイエット効果がある。
  • シェイクツリーというお店の肉で挟むバーガー「ワイルドアウト」はおそらく糖質10g未満。ダイエットに最適。
  • バンズ無しバーガーを手作りすると、めちゃくちゃ食べ難いけどめちゃくちゃウマイ。

ハンバーガーといえば、ジャンクフードの代表格のように思われ、いかにも健康に悪いイメージがありますが、ポテトとセットにしなければ、バンズなしバーガーは健康食品と言っても大げさではありませんね。

スポンサーリンク




 - 肉料理, グルテンフリー