たれ・ソース・ドレッシング

ピーナッツバターの作り方と美味しいレシピ

ピーナッツバターを家庭で作る場合、すり鉢でピーナッツをすりつぶして作ります。

私は、すり鉢でゴリゴリすりつぶす作業が大好きで、無心になって行うこの作業は、私にとってストレス解消になります。

今回は、「何かすりつぶしたい気分だな~。」と思っていた矢先、家にピーナッツがあることに気づき、ピーナッツバターを作る事にしました。

◆ピーナッツバターの作り方

〈材料〉
殻付きピーナッツ 好きな量

殻付きピーナッツ
100gの殻付きピーナッツを用意しました。
これの殻をむきます。

殻をむいたピーナッツ全部殻をむいたら71gになりました。

殻をむく作業が面倒なら、すでに剥いてあるピーナッツをそのまま使用してもいいですが、その場合少し味が落ちます。

すりつぶすこれをすりつぶします。

すりつぶすドロドロのピーナッツバターになるまで、すり続けます。

すりつぶすのは、楽しいですね~。

お好みで砂糖やサラダ油を加えても良いです。
砂糖を加えると、当然ですが甘くなります。
サラダ油を足すと柔らかくクリーミーになります。

ピーナッツバター出来ました。

原材料は、ピーナッツのみ、超正統派ピーナッツバターです。

ピーナッツバターのトーストパンに塗ってみました。

う~ん。

喉が詰まりそうな美味しさ!!

これぞピーナッツバターだ!!

ピーナッツバターとバナナのトーストこちらは、お勧めの食べ方、ピーナッツバターとバナナのトースト。
パンにピーナッツバターを塗って、バナナを乗せてオーブントースターでカリッと焼きます。

美味しすぎる…(涙)

焼いたバナナがピーナッツとの相乗効果で、落涙物の美味しさです。

ピーナツバターを使ってパエリアを作る

それでは、この勢いに乗って、ピーナッツバターを使ってパエリアを作ってみましょう。

「ピーナッツバターでパエリアって何じゃそりゃ?」と思うでしょう。
もともと、地中海料理では、アーモンドや松の実をすりつぶしたものを料理に加え、コクを出すという方法があるのです。

パエリアの場合、エビとか貝や肉など強い味の出る具が入っていれば、何も加えなくていいのですが、野菜系が主体のパエリアの場合、味のパンチが弱くなるので、アーモンドを加えパンチを効かせるのです。
その場合に使用するアーモンドは、スペイン産のマルコナ種のアーモンドが最高級で、とても美味しいのですが、ちょっと高価です。
また、松の実も高価です。
そこで、安価なピーナッツで代用してみようというのが、今回の作戦です。

◆さつま芋のパエリア

〈材料 1人前〉
米 1/2合(洗っておく)←洗いたくない場合は、無洗米を使う。
熱湯 100ml
サフラン 一つまみ
粉末コンソメ 1g
粉末パプリカ 少々
うす口醤油 5ml
ピーナッツバター 10g
オリーブオイル 大さじ1
ニンニク 1かけ(みじん切り)
鶏ミンチ 30gくらい
塩 少々
コショウ 少々
さつま芋 100gくらい(適当に切っておく)
玉ネギ 50gくらい(適当に切っておく)
白ワイン 少々(日本酒でも可)

〈作り方〉
熱湯にサフランを入れて香りを出す。
そこに粉末コンソメ・粉末パプリカ・うす口醤油・ピーナッツバターを溶かして、スープを作っておく。
フライパンを熱して、オリーブオイル・ニンニク・鶏ミンチ・塩・コショウ・さつま芋・玉ネギ・白ワイン・米の順に入れて炒める。
スープを加え、混ぜて、蓋をして弱火で10分炒める。
最後に、弱火から中火くらいの火力で、チリチリと音が鳴るくらいまで炒め、おこげを作る。
火を止めて10分蒸らして出来上がり。

さつま芋のパエリアさつま芋のパエリア

美味しいな~。

芋の甘味とピーナッツの甘味が溶け合って、地味ですが、美味しいです。
ピーナッツバターは、もっとたくさん入れたほうが美味しいかな。
それと、やはりトマトソースも入れたほうが良さそうです。

では、以上を踏まえて第2段を作ってみましょう。

◆里芋とレンコンのパエリア

〈材料 2人前〉
米 1合(洗っておく)←洗いたくない場合は、無洗米を使う。
熱湯 200ml
サフラン 一つまみ
粉末コンソメ 2g
粉末パプリカ 少々
うす口醤油 10ml
ピーナッツバター 30g
オリーブオイル 大さじ2
ニンニク 1かけ(みじん切り)
鶏ミンチ 60gくらい
塩 少々
コショウ 少々
トマトソース 大さじ1(ケチャップでも可)
里芋 2個 120gくらい(適当に切っておく)
レンコン 80gくらい(適当に切っておく)
玉ネギ 50gくらい(適当に切っておく)
白ワイン 少々(日本酒でも可)

※作り方は、先ほどと同じです。

里芋とレンコンのパエリア里芋とレンコンのパエリア

めちゃくちゃウマい!!

ピーナッツが味のベースとなって、強すぎず、弱すぎず、ちょうど良い主張をして全ての素材を活かしています。
そして、あっさり軽やかなのにパンチが効いてます。
ペロリと食べてしまいました。

もっと食べたいな~。

このレシピは、自信を持ってお勧めできますよ。
もし、スペイン産マルコナ種のアーモンドを使ったら、もう殿堂入りの味でしょうね。
何か、祝い事の時に、それで作ってみようと思います。

などと言っていると、スペイン産マルコナ種のアーモンドの事が気になって仕方がなくなってきた。
知ったような事を言いましたが、実は、まだ食べた事がないのです。

これは買うしかありません。

続き スペイン産マルコナ種アーモンドをパエリアの風味付けに使う

ブドウのタルト

キャンプスイーツ ダッチオーブン・スキレット

2020/9/25

キャンプでブドウのタルトとカレーを作る in 花背山の家

キャンプでブドウのタルトとカレーを作る in 花背山の家 京都市左京区にある花背山の家にやってきました。 私の娘が通う小学校では、5年生は毎年秋に、ここ花背山の家で3泊4日の野外学習があるのですが、今年はコロナの影響で野外学習は中止になりました。 5年生の娘は、中止になってガッカリしておりました。 可哀想なので、娘と娘の友達3人を連れて独自で1泊2日の野外学習にやってきたのです。 という訳で、メンバーは中村家4人と娘の友達3人の計7人でやってきました。 1日目の夜は焚き火でカレーライスを作り、ブドウのタル ...

ReadMore

自家製ガリガリ君

その他のスイーツ

2020/9/21

ガリガリ君を手作りする 意外と簡単にできたのでレシピ紹介します

ガリガリ君を手作りする意外と簡単にできたのでレシピ紹介します 年間4億本も売れている国民的アイス「ガリガリ君」の手作りに挑戦したら意外にも簡単に、本物に匹敵するものができました。その手作りレシピが完成するまでの過程と、完成したレシピをご紹介します。 【目次】1.まずは本物のガリガリ君から学ぶ2.ガリガリ君試作第1弾3.ガリガリ君試作第2弾4.ガリガリ君を手作りするレシピ5.まとめ6.動画で説明 まずは本物のガリガリ君から学ぶ 手作りするのは定番のソーダ味です。 ガリガリ君って、外側のシャーベットみたいな層 ...

ReadMore

イワシのなれずし

その他の漬物・発酵

2020/9/15

イワシのなれずしを作る イワシと塩とご飯を真夏のベランダに1ヶ月放置して作る

イワシのなれずしを作るイワシと塩とご飯を真夏のベランダに1ヶ月放置して作る 滋賀県の名物で鮒寿司という発酵食品があります。鮒寿司は、琵琶湖のニゴロブナと塩とご飯を真夏の熱い時期に漬け込んで熟成発酵させて作ります。 発酵食品が大好きな私も鮒寿司を作ってみたいと思いましたが、ニゴロブナが入手困難なので、代わりにどこでも売っているイワシで作る事にしました。 動画もあります。 動画は、オトコ中村自らが語り、視覚的に分かりやすいので併せてご覧ください。 けど動画は、長ったらしくならないように細かい説明を省略してます ...

ReadMore

自家製カマンベールチーズ

チーズ作り

2020/9/1

カマンベールチーズの作り方 自宅で材料3つで出来る方法

カマンベールチーズの作り方自宅で材料3つで出来る方法 カマンベールチーズを、自宅で材料3つで作る方法をご紹介します。特別な道具とか必要ありません。普通のご家庭にある調理道具があれば作れます。もし道具がなくても100均で揃えることもできます。 この方法を守れば、白カビ菌を失敗せずに育てることができます。 工場で作られる製法とは違います。私が何年もかけて試行錯誤を繰り返し、普通のご家庭で作れる方法にアレンジしました。 ブログの方がより論理的に詳しく書いてあるので、詳しく知りたい方は、このブログをじっくり読んで ...

ReadMore

美味しいビール

ビール

2020/8/26

家で缶ビールを美味しく飲む方法 簡単にきめ細やかな泡を持続させる方法もご紹介します!

家で缶ビールを美味しく飲む方法簡単にきめ細やかな泡を持続させる方法もご紹介します! 厳しい残暑が続きますが、皆様は健やかにお過ごしでしょうか。2020年の夏、私の住む京都は、7月は梅雨が長引き、あまり暑くなかったですが、梅雨が明け、8月に入り本格的な暑さが到来しました。京都は、8月下旬でも連日体温を超える猛暑が続いております。 そんな時はビールがうまいですね。 家で、普通の缶ビールを美味しく飲む為の予備知識をご説明するとともに、美味しく飲むためのとっておきの方法をお伝えします。 動画もあります。併せてご覧 ...

ReadMore

-たれ・ソース・ドレッシング

© 2020 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5