たれ・ソース・ドレッシング

マヨネーズを作る

2016年2月19日

前回の記事 米酢を作る 完成編 で紹介した通り、マヨネーズを作ろうとしましたが、失敗してしまいました。

マヨネーズ作りなんて、簡単だと思い込んでたので、何も予習もせずに作りました。
それがいけなかったのですね。

その後、反省して作り方を調べてみると、すぐに失敗の原因が分かりました。
前回は、卵を冷蔵庫から取り出して、すぐに使いましたが、これが大きな間違いでした。

使用する卵黄は常温にしなければいけません。
卵黄に含まれるレシチンという物質が油を乳化させるのですが、レシチンが18℃前後のときが最も乳化作用が強く、10℃以下だと乳化作用が弱まり、失敗します。
そのために、卵黄は常温にしておくべきです。
ですが、卵は食品衛生的な観点から冷蔵保存すべき(夏は絶対に)なので、冷蔵保存しておいた卵を、使用する直前に、お風呂の温度くらいのお湯で温める事にします。
他にも注意すべき点がいくつかありますが、それは作りながら説明します。

◆失敗しないマヨネーズの作り方

〈材料 全て常温で〉
卵黄 1個
マスタード 小さじ1
塩 小さじ1/2
サラダ油 120g
酢 12g
砂糖 1g

常温の卵黄常温の卵黄です。

塩を入れる塩を入れます。
塩の作用によって、卵黄の粒子が細かく分解され、粘度の高い乳化液になるので、最初に入れます。

マスタードを入れるマスタードも入れます。
マスタードは入れなくても良いのですが、マスタードには乳化を安定させる働きがあるそうなので、確実に成功させるため入れることにします。

よく混ぜるよく混ぜます。
まだ油を入れてませんが、この段階でしっかり混ぜておかなければいけません。
油を少し入れた段階で乳化してなければ、後から一生懸命まぜても乳化する事はありません。
最初が勝負です。

少し油を入れて混ぜる油を少しずつ入れて混ぜます。
油を一気に入れると失敗するみたいなので、少しだけ入れて混ぜました。

ん?

どうかな?

もう少し油を入れてみよう。

少しずつ油を入れて混ぜるあれ?

 

乳化してない!

 

前述したとおり、この段階で乳化してなければ、後から油を足しても高速で混ぜても乳化しません。
最初が勝負なのです。

勝負に…

 

負けてしまいました。

 

トホホ…

卵黄・塩・マスタード・酢気を取り直してもう一度挑戦。
先ほどは、マスタードが冷たかったので、マスタードも電子レンジで3秒くらい温めて常温にしました。
それと、先ほどは油を入れる前に卵黄・塩・マスタードの3つを混ぜてましたが、今度は酢も加えて卵黄・塩・マスタード・酢の4つを混ぜる事にします。
原理はよく分からないですが、酢も一緒に混ぜた方が乳化しやすいみたいです。

卵黄・塩・マスタード・酢の4つをよ~く混ぜる卵黄・塩・マスタード・酢をよ~く混ぜます。

油を少し注いで混ぜる油を少し注いで混ぜます。

少しずつ油を足しながら混ぜる少しずつ油を足しながら混ぜます。

マヨネーズになってきたどうやら上手くいったみたいです。
もうマヨネーズに見えますよね。

どんどん油を足していくどんどん油を足していきます。

しっかりマヨネーズになったしっかりマヨネーズになりました。
最後に砂糖1gを入れて完成です。

キャベツに付けて試食記念すべき初マヨネーズ。

キャベツに付けて試食します。
市販のマヨネーズに比べて卵黄の味が濃いです。
どちらかと言うと、市販のマヨネーズの方が美味しいかもしれません。
レシピは、とりあえずマヨネーズにはなりますが、味に関しては、まだ改善の余地があります。

瓶に入れて保存先ほど作って失敗したマヨネーズも、成功したマヨネーズと混ぜると、きちんと乳化してくれるので、一緒に混ぜて瓶に入れました。

マヨネーズトーストトーストにマヨネーズを塗ってみました。

自家製マヨネーズは、市販の物に比べて重たい感じがします。
市販のマヨネーズは機械で混ぜるために油の粒子が細かく、食べると軽い感じがするのですが、手作りの場合、油の粒子が粗く重い感じがするそうです。

ちょっと重たいマヨネーズ、それが手作りの味という事でしょうか。

セイタカアワダチソウ

鴨川の野草

2021/7/24

セイタカアワダチソウの美味しい食べ方

あの力強い野草のセイタカアワダチソウは、美味しく食べる事ができます。セイタカアワダチソウの美味しい食べ方を3種類ご紹介します。ホンマに美味しいですからね。これを読めばセイタカアワダチソウを見る目が変わりますよ。 【目次】1.セイタカアワダチソウについて2.セイタカアワダチソウの効能3.セイタカアワダチソウの採取4.セイタカアワダチソウの味5.セイタカアワダチソウのアク抜き6.セイタカアワダチソウの料理法を考える7.セイタカアワダチソウの白和え8.セイタカアワダチソウのケーキ9.セイタカアワダチソウパン10 ...

ReadMore

中村家の長期熟成発酵食品

その他の漬物・発酵

2021/7/17

長期熟成発酵食品の勧め 中村家秘蔵の発酵食品5種を紹介 7年熟成○○の味に驚愕!

長期熟成発酵食品は微生物の力と時間をかける事によって、食品が思いもよらない変化を遂げるので、面白いです。今回は中村家秘蔵の長期熟成発酵食品5種をご紹介します。 【目次】1.魚醤2.3年味噌3.7年梅干し4.4年酒粕5.4年奈良漬6.まとめ7.動画で説明 魚醤 これは魚醤です。魚醤は魚を原料に作る醤油の事です。 イワシと塩を瓶に漬けて、1年以上放置しておいたら魚醤になります。 これは2021年4月19日に仕込みました。この画像を撮影したのは2021年7月10日なので、仕込んでから、もうすぐ3ヶ月です。 【魚 ...

ReadMore

ワインビネガーのボトル詰め

2021/7/10

材料3つ!超簡単ワインビネガーの手作り

市販の酸化防止剤不使用のワインと、あと2つの材料を容器に入れて放置するだけで、美味しいワインビネガーを作る事ができます。 お酢は、お酒を発酵させて作る発酵食品です。だからお酢を手作りすることができます。 また、完成したワインビネガーを使ったドレッシングの作り方もご紹介します。 これを読めば、ワインを買ってきて、そこからワインビネガーを作る事ができるようになりますよ。 【目次】1.ワインビネガーの材料2.ワインビネガーを仕込む2−1.仕込んでから2日後2−2.さらに1日後(仕込んでから3日後)2−3.さらに ...

ReadMore

自家製柴漬け

その他の漬物・発酵

2021/7/22

京都人が教える柴漬けをお家で漬けるレシピ 乳酸発酵で美味しくできます

京都の伝統的な漬物である柴漬けを、ご家庭で簡単に漬ける方法をご紹介します。乳酸発酵させるから、美味しいだけでなく、腸内環境にも良いですよ。 【目次】1.6月〜8月は柴漬けの季節2.柴漬けの材料3.柴漬けの仕込み4.赤紫蘇漬けを仕込む5.柴漬けを漬けてから4時間後6.漬け始めて1日後7.漬け始めから3日後8.本漬け9.柴漬けの完成10.まとめ11.動画で説明 6月〜8月は柴漬けの季節 柴漬けの柴というのは、赤紫蘇の意味です。ナスとかキュウリとかを赤紫蘇と一緒に漬けて乳酸発酵させた、京都の伝統的なお漬物です。 ...

ReadMore

ワインビネガーを仕込む

2021/6/23

お家で出来るブドウジュースからワインビネガーを作る方法

ワインビネガーを、お家でブドウジュースを発酵させて作る事ができます。赤ワインビネガーと白ワインビネガー両方の作る方法をご紹介します。 【目次】1.ブドウジュースからワインビネガーを作る流れ2.ブドウジュースからワインを作る3.ワインの完成4.ワインビネガーを仕込む4−1.仕込んでから6日経過4−2.仕込んでから8日経過4−3.仕込んでから10日経過4−4.仕込んでから21日経過4−5.仕込んでから31日経過4−6.仕込んでから45日経過5.ワインビネガーの味6.ワインビネガーを作って思った事7.動画で説明 ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-たれ・ソース・ドレッシング