グルテンフリー生活を2ヶ月続けてみた体調の変化

      2018/04/04

2018年2月3日からグルテンフリー生活を始めておよそ2ヶ月が経過しました。
グルテンフリー生活を送ろうと思ったキッカケや、始めてから2週間の食事内容と体調の変化について、詳しくは以下をご覧ください。

今日から2週間グルテンフリーを実践してみます。2018年2月3日の宣言
2週間のグルテンフリー生活で食べたものと体調 前半1週間の記録
2週間のグルテンフリー生活で食べたものと体調 後半1週間の記録

スポンサーリンク




私にとっての大きな変化

それまでアトピー性皮膚炎で全身にステロイド剤を塗っていたのですが、グルテンフリー生活を始めてから2週間足らずでステロイド剤が不要になりました。
この変化は、あまりにも分かりやすくて驚きでした。

また、色素沈着していた顔の皮膚が入れ替わって、複数人から顔が白くなったと言われました。
思わぬ美白効果もあったという事です。

アトピー性皮膚炎で悩んでいる方は、1度は2週間のグルテンフリー生活を試してみることをお勧めします。
グルテンフリー生活は、基本的にタダですから、試してみても損はありません。
食費が少し高くなるかも知れませんが、民間療法の高い薬や食品を買うことを思えば大した事ありません。

その他のアレルギーや、原因不明の体調不良などでお悩みの方も、1度でいいから2週間のグルテンフリー生活を試してみることをお勧めします。
これが、何万円もする高額な健康食品を食べ続けると効果があるというなら簡単に勧められません。
ですが、繰り返しますが、グルテンフリー生活は、基本的にタダなんです。
そして、いつでも止められます。

グルテンフリー生活を送るにあたっては、家族の理解が必要です。
私の場合、妻にご飯を作ってもらってますから、妻の理解は不可欠です。

また、他人との付き合いで食事を共にする事もあるでしょう。
仕事で他人と食事をする事もあるでしょう。
そんな場合は、小麦でも何でも食べたらいいと思います。
ただし、試しに2週間のグルテンフリー生活を送っている間だけは、適当に体調が悪いとか何とか言って、そういう機会を避けるようにした方が、いいです。
最初の2週間は一切グルテンを口にしない方が、グルテンフリーの効果が分かりやすいです。

そして、グルテンフリーを2週間以上続けた後に、グルテンを食べた時の体調の変化をみると、自分にとってグルテンがどのような影響を与えるのかがよく分かります。

ラーメンを食べる

グルテンフリー生活を始めて3週間経った2月25日(日)に、恩師の先生にラーメンをふるまっていただきました。

久しぶりの小麦製品。
ラーメンの麺は、小麦で出来てますから、小麦の固まりを食べるわけです。
すなわちグルテン豊富な食品を食べるという事です。

グルテンを抜いて体調が良くなった私が、久しぶりにグルテン豊富な食品を食べるとどうなるでしょうか。
またアトピーの症状がぶり返すかも知れません。

いわゆる人体実験ですね。
ちょっと怖いですが、結果がどうなるか興味があります。

 

そして…

 

ラーメンのイメージラーメンを美味しくいただきました。

食べた後、1時間経っても体調に何の変化もありませんでした。
ちょっと眠くなったくらいでしょうか?
いや、これはお腹がいっぱいになったからでしょう。

 

そして…

 

2時間経っても体調に何の変化もありませんでした。

 

そして…

 

3時間経っても体調に何の変化もありませんでした。

 

そして…

 

その日は、体調に何の変化もありませんでした。

ラーメン1杯くらいなら大丈夫か。

 

などと思っていると…

 

ラーメンを食べた翌日

翌日に胸から首から肩にかけて、蕁麻疹のような赤い斑点ができました。
ちょっと皮膚がザワザワします。
ステロイド剤を塗らなければ耐えられない程ではありませんが、ちょっと不快です。
やはり皮膚に変化が出ました。

それが、食べてから2日後には薄くなって、3日後にはほとんど消えて、4日後には完全に消えました。

食べた直後は何ともありませんでしたが、1日経ってから皮膚に変化が出て、4日後に消えました。

天ぷら・生麩の田楽を食べる

グルテンフリー生活を始めて1ヶ月経った3月3日(土)京料理のお店で食事会がありました。
和食ですから基本的に小麦を使った食品は少ないのですが、いただいた幕の内弁当の中には、天ぷらと生麩の田楽がありました。

天ぷらの衣は小麦粉で出来てます。
それよりも、生麩が問題です。
生麩というのは、小麦からグルテンを取り出して、それを蒸したものです。
生麩は、言わばグルテンの固まりです。
味は美味しいですが、私にとっては最も食べたくない食べ物ではないでしょうか。

スポンサーリンク

据え膳食わぬは男の恥。
美味しくいただきました。

また1日経ったらアレルギー症状が出るのでしょうか?

助っ人参上!

新タカヂア錠新タカヂア錠!!

新タカヂア錠とは、1894年高峰譲吉博士によって麹菌から発見されたタカヂアスターゼという消化酵素を含んだ消化酵素剤です。
すぐれたでんぷん・タンパク質消化作用があるので、食後にこれを飲むと食べたものの消化吸収に役立ちます。

食品アレルギーは、多くの場合、未消化のタンパク質が腸から吸収されることによって起こります。
ですから、こういった消化酵素剤によってタンパク質の一種であるグルテンの消化力をアップさせる事が出来たらアレルギー症状を軽減できるのではないでしょうか。
そういう期待を込めて、これを食後に飲みました。

助っ人の効果は?

タカヂア錠のおかげかどうか分かりませんが、翌日のアレルギー症状は、ラーメンを食べた時よりも軽かったです。
ラーメンのグルテン含有量と、天ぷら&生麩のグルテン含有量は違いますから、単純に症状が軽かったからと言ってタカヂア錠のおかげと断定は出来ませんが、少しは効果があったと思います。

少なくとも、気休めになります。

本気でタカヂア錠の効果を調べたいなら、先日と全く同じラーメンを食べた後にタカヂア錠を飲んで、体調の変化を比べてみないといけません。
けど、あまりラーメンを食べる気にはなりません。
だって後で苦しみますから。
軽い苦しみですけどね。

そんな訳で

家での食事では、私は小麦製品を絶対に口にしません。

ただし、醤油とビールはOKとしています。

醤油は原材料に小麦が使われていますが、製造過程で発酵しているので、ほとんど成分も変わっているでしょう。
醤油を食べたからといって体調を崩したことはありません。

また、ビールは大麦を原料に作られています。
大麦も小麦ほどではありませんが、少しグルテンが含まれてます。
ビールの製造過程で、大麦に含まれるたんぱく質はほとんど取り除かれる事と、発酵という過程を経ている事から、これもOKとしています。
ビールの無い人生なんてつまらないですから。

ダイエット効果もあった

また、私の影響で、妻もグルテン摂取量が激減しました。
妻も以前はパン好き、パスタ好き、麺好き、ケーキ好き、スナック菓子好きでした。
それが、私と共にご飯と味噌汁を中心とした食生活に切り替わりました。
パンを絶ち、パスタを減らし、麺はグルテンフリー麺に切り替え、ケーキは程ほどにして、スナック菓子も減らしました。

すると、最近お腹がやせて、スカートがゆるくなったと言っています。

これは本当です。
私が証人です。

妻は、完全グルテンフリーではありません。
ゆるいグルテンフリーですが、それでもダイエット効果がありました。

パンが好きで、やせたいと思っているそこの貴女。
ゆるいグルテンフリーでもダイエット効果がありますよ。

最後に

ところで私は、グルテンを食べた直後は何ともありませんでしたが、1日経ってから皮膚に変化が現れました。
これはきっと遅延型食物アレルギーなのだと思われます。
遅延型食物アレルギーに関して色々調べたので、その事は、また改めて書きますね。

続き:遅延型食物アレルギーについて

スポンサーリンク




 - 食と健康