今日から2週間グルテンフリーを実践してみます。2018年2月3日の宣言

      2018/04/04

今日(2018年2月3日)から2週間グルテンフリーを実践してみようと思います。

スポンサーリンク




私とグルテンと健康について

私は、子供の頃から30代前半まで毎日朝食にトーストを食べてました。
朝はトーストで始まるという人生をずっと過ごしてました。

健康面は、幸いにも良好で大病も無く、あまり風邪もひきませんでしたが、アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎を持ってました。
アレルギー性鼻炎は、大人になるとほとんど症状が出なくなりましたが、今でもたまに出ます。
アトピー性皮膚炎は、大人になって現在もステロイド軟膏で症状をコントロールしてます。

30代前半の頃(今から10年近く前)小麦が体に悪いという話を聞きまして、試しに1週間だけ朝食のパンをご飯(白米)に変えてみました。
朝食を変えただけです。
昼食や夕食は、何を食べたか覚えてませんが、普段通りだったので、麺類とか小麦製品も食べたでしょう。
それでも、1週間経ったら、明らかに肌の調子が良くなってたのです。
アトピーの症状が少しだけですが改善されました。

その時以来、小麦を食べる量を減らす事になりました。
毎朝のトーストは、ご飯に切り替わりました。
週に1回程度、日曜日の朝とかは、パンを食べるとか、そんな具合に小麦を食べる量を減らしました。

その後、自分の体調と食べた物の関係を振り返ってみると、小麦が主となる食べ物(パン・パスタ・うどんなど)を1食だけ食べるくらいなら特に何も起こりませんが、続けて食べると鼻が詰まる事が分かりました。
私にとって鼻が詰まると言うのは、アレルギー性鼻炎の症状が出るという事です。
これは、小麦がアレルギーの原因となっている可能性が大きいと思います。

また、体の異変の感じ方ですが、国産小麦はそれほどの変化を感じませんが、輸入小麦を食べるとすぐに鼻が詰まります。
お好み焼き粉で作ったお好み焼きや、たこ焼き粉で作ったたこ焼きなども強い鼻づまり効果を発揮します。
菓子パンも鼻づまり効果が強くて、しかも即効性があります。
マクドナルドは鼻づまりだけでなく、食べた直後に皮膚が痒くなります。

パスタも輸入小麦で作られていますが、パスタは小麦の品種が違うためか、それらに比べるとマシです。

輸入小麦はあまり食べない方が無難

まあそんな訳で、自分の体験から、輸入小麦は、あまり食べない方が無難だなぁと感じてます。
輸入小麦は、遺伝子組み換えの可能性が否定できない事と、収穫後の輸送時に農薬を使用して、それが必ず残留してますから、そもそも小麦が良い悪いとか言う以前に問題があります。

国産小麦なら食べてもいいですが、それでも頻繁には食べない方がいいだろうと感じてます。

だから国産小麦でも、小麦が主となる食べ物(パン・うどんなど)は、なるべく食べないようにしました。
パンや麺類を食べるなら国産小麦を使って手作りするようにしました。
小麦が主ではないけど、小麦をある程度使っている食べ物(餃子・カレー・天ぷらなど)は、特に小麦の原産地まで気にせずに食べてました。

グルテンフリーに挑戦しようと思ったキッカケ

よく考えると、国産小麦も小麦に違いありません。
また、カレーにも小麦が入っているのです。

そして、私は小麦を食べると何らかのアレルギー症状が出るという事が体で証明されているです。
もしかしたら、検査で陽性と出ないレベルの、軽い小麦アレルギーなのかも知れません。

最近になって、小麦の健康に対する悪影響について書かれた本を数冊読みました。
詳しい内容はそれらの本に譲りますが、それらの本の主張で共通する事は、小麦を食べるのを止めると、原因不明の体調不良などが改善され、とにかく体調が良くなる事です。

小麦アレルギーの人なら、小麦を控える方が良いのは当然です。
しかし、小麦アレルギーと関係なくても、小麦を食べるのを止めると体調が良くなるという事が本では主張されてます。

スポンサーリンク

じゃあ、試しに2週間グルテンフリーを実践してみよう。
と思いました。

グルテンフリーでよく話題になる人物

テニス選手のジョコビッチが、グルテンフリーを実践した事によって、世界でそこそこの選手から、世界1位の選手になった話は有名です。
また、モデルのミランダ・カーも、グルテンフリーが美容とダイエットに効果がある事を証明しています。

もし、三流サラリーマンの私がグルテンフリーを実践したら、何らかのパフォーマンスがアップして、ジョコビッチのように世界1位とまでは言いませんが、二流サラリーマンくらいにレベルアップできるかも知れません。

まずは2週間グルテンを絶ってみます

小麦が少しでも含まれている食べ物は一切食べないようにします。
小麦だけでなく、麦と名の付く穀物は、オーツ麦以外には全てグルテンが含まれているので食べないようにします。
オーツ麦は大丈夫なので、オートミールは食べる事が出来ます。

麦芽から作った自家製ビールビールは大麦で作りますから微量ですがグルテンが入ってるかも知れません。
とりあえず2週間だけは、大好きなビールも絶つ事にします。
麦茶もダメみたいです。

澄み切った醤油また、醤油の原材料に小麦が使われています。
とりあえず、今使っている自家製の醤油は、原料に小麦でなくはったい粉(裸麦)を使ったので、小麦に比べてグルテンの量が圧倒的に少ないので、自家製醤油なら使用可とします。
本気でごく微量たりともグルテン摂取を禁止するなら自家製醤油でもダメですが、ごく微量なら許容範囲とします。

それでは、これから2週間の食事と体調について順次発表していきますね。

続き:2週間のグルテンフリー生活で食べたものと体調 前半1週間の記録

スポンサーリンク




 - 食と健康