未分類

iPadで無料でRAW現像するアプリはSnapseed一択で決まり!

2020年4月3日

iPadで無料でRAW現像するアプリはSnapseed一択で決まり!

iPad Proを使い始めて3日が経ちました。

私が今まで使っていたパソコンでは、メモリが少なくRAW現像に時間がかかりすぎるので、デジカメの中で現像した物をパソコンに取り入れて、jpgを編集していました。
しかしiPad Proなら、RAW現像なんてお手の物でしょう。

どんなアプリで現像すれば良いのかと探していたら、いいアプリがありました。

グーグルのSnapseedです。

【目次】
1.RAWとは何?
2.撮影デジカメはNikon D3300
3.では、RAW現像をやってみましょう
3-1.自動
3-2.晴れ
3-3.曇り
3-4.シェード
3-5.電球
3-6.蛍光灯
3-7.フラッシュ
3-8.カラー選択ツール
4.調整
5.フィルター
5-1.Portrait
5-2.smooth
5-3.pop
5-4.Accentuate
5-5.faded glow
5-6.Morning
5-7.Bright
5-8.Fine art
5-9.Push
5-10.Structue
5-11.Silhouette
6.現像する
7.他にもいろいろなメニューがある
8.RAWと言えばホワイトバランス ホワイトバランスと言えば夜の風景
9.おまけ デフォルトの写真アプリでRAWを開くと
10.最後に一言

RAWとは何?

RAWの事をご存知ない方のために超簡単に説明します。
一般に写真は、jpgという形式で保存しますが、RAWとは撮影したそのままのデータで、jpgになる前の段階のような物です。
要するに、RAWだとjpgよりも画像編集の可能性が広がるという事です。

けど、RAWのままだとプリント出来ませんし、スマホで見る事も出来ませんし、ウェブ上にアップしても見ることが出来ません。
プリントしたりスマホやウェブで見られるようにするには、RAWをjpgに変換しなければいけません。
それをRAW現像と言います。

昔フィルムカメラの時代には、写真をプリントする事を現像と言いましたが、今ではRAWをjpgに変換する事を現像と言います。

普通にスマホで撮影するとjpgでしか保存されません。
デジカメで撮影すると、RAWとjpgどちらか、もしくは両方で撮影する事ができます。

そしてRAWはjpgの倍くらい容量があります。
だから何枚も何枚も撮影してたら結構な容量になります。

ま、超簡単に説明するとそんな感じです。

というわけで、RAWは面倒なのです。

面倒だから良いデジカメを持っているけどjpgで撮っているという人も居ます。

しかし、私はそれを上回る画像編集の可能性の広がりがあると感じているので、わざわざRAWを現像するのです。

撮影デジカメはNikon D3300

Nikon D3300

Nikon D3300
私の愛用しているカメラはNikon D3300。
ちょっと古く、一眼レフとしては最も低スペックですが、腐っても一眼レフです。
スマホのカメラ機能にはまだまだ負けません。

またファインダーをのぞいて撮る感覚は、いかにも写真を撮っている感じがして面白く、この感じは一眼レフの醍醐味と言えるでしょう。

そして、こういったデジカメではRAWで撮る事ができるのです。

撮影した画像は、カードリーダーを使ってiPadに取り込んでいます
iPad Proは、USB-C端子でデジカメと直接接続してデータを取り込む事もできます。

では、RAW現像をやってみましょう

桜が満開なので、桜をRAWで撮影してみました。

Snapseedで開いてみます。

Snapseedで開いたRAW画像

こんな画面になりました。
画面下部のホワイトバランスという所を選択します。

ホワイトバランスを調整

いろいろなホワイトバランスが選択できます。
これで好きな色味にする事ができます。
順番に一つずつ試してみましょう

自動

自動

「自動」を選択。
これは、アプリの判断で自動的に調節された物です。

ちょっと黄色っぽい色になりました。

晴れ

晴れ

「晴れ」を選択しました。
晴天下で撮影した時に、これを選択すると最適な色味になりますが、あくまで目安です。

ちょっと全体的にピンクっぽい色になりました。

曇り

曇り

「曇り」を選択しました。

これを撮影した時は、曇りではあるけれど、雲の隙間から太陽の光が差し込んでいた。
という状態でした。

これもイマイチな色ですね

シェード

シェード

「シェード」を選択。

シェードとは、晴天の日陰という事です。

これもイマイチですね

電球

電球

「電球」を選択。
これは電球の明かりで撮影した場合に選択します。

自然光で撮影した画像に使うと真っ青になります。

蛍光灯

蛍光灯

「蛍光灯」を選択。

自然光で撮影した画像に蛍光灯を選択しても、合う訳がありません。

フラッシュ

フラッシュ

「フラッシュ」を選択。

もちろん自然光で撮影したものには合いません。

カラー選択ツール

カラー選択ツール

「カラー選択ツール」を選択。
虫眼鏡みたいなツールを動かして真っ白な色を選択すると、それを基準に色味を調節します。

いろいろ試してみましたがこの画像に関しては、ホワイトバランスは触らないほうが良かったです。
けど、RAWで撮影したからこそ、これだけホワイトバランスをいじる事ができます。
jpgだとここまではできません。

調整

調整

あと細かな調整もできます。

RAWの段階で調整すると、あまり画質が下がりません。

jpgを調整すると、調整の度合いにもよりますが、画質が下がる事があります。

フィルター

次にフィルターを選びます。
ホワイトバランスで納得のいく色にならなかったので、フィルターに頼ることにします。
フィルターと言えばインスタグラムにいろいろなフィルターがありますよね。
フィルターひとつで画像の雰囲気がガラッと変わるので重宝します。

ちなみにフィルターはjpgでも調節できるので、もうRAWである事の優位性はありません。

Portrait

ポートレートのフィルターを適用

「Portrait」を選択。

人を撮影した時に最適なフィルターです。
これは風景なので最適ではありません。

Smooth

smooth

「smooth」を選択。
滑らかという意味ですが、少しぼかして滑らかな色の変化になっています。

Pop

Pop

「pop」を選択。
少し明るく色が強調されたようです。

Accentuate

accent

「Accentuate」を選択。
色が強調されて、画像が明るく、桜の色や緑の色とか分かりやすく、なんか良くなりました。

Faded glow

色あせた輝き

「faded glow」を選択。
色あせた輝きという意味です。

思い出の世界みたいな色になりました。

Morning

morning

「Morning」を選択。
明るく、そして下半分が黄色くなりました。

Bright

bright

「Bright」を選択。
色が薄く、明るくなりました。
消えてしまいそうな思い出の世界みたいですね。

Fine art

Fine art

「Fine art」を選択。
モノクロです。

Push

Push

「Push」を選択。
教科書に載ってる昔の写真みたいです

Structure

Structue

「Structue」を選択。
明るく鮮明なモノクロです。

Silhouette

Silhouette

「Silhouette」を選択。
江戸末期に撮影された写真みたいになりました。

フィルタは以上です。

現像する

結局、ホワイトバランスは触らず、Accentuateのフィルタだけを使うことにします。

チェックマークを選択

右にあるチェックマークを選択。

共有マークを選択

次に共有マークを選択。

エクスポートを選択

エクスポートを選択すると、現像完了です。

幻想した画像

これが現像された画像です。

他にもいろいろなメニューがある

いろいろなメニュー

他にも右側の鉛筆マークを選択すると、いろいろなメニューが出てきます。

私個人的には、ホワイトバランスとフィルタ以外は、切り抜きをよく使います。
その他はほとんど使いません。

基本的に画像編集は、アプリにお任せでやっています。
素人の私が画像をいじるよりも、アプリの方が上手にやってくれるからです。

RAWと言えばホワイトバランス ホワイトバランスと言えば夜の風景

先ほど紹介した画像は、RAWの優位点であるホワイトバランスの編集が必要なく、jpgでも編集可能なフィルタだけかけて現像しました。
これではRAW現像の面白さが分からないので、今からRAWならではの楽しみ方を紹介します。

夜の風景を撮影すると、ホワイトバランスのいじり甲斐があるのです。

夜桜

夜の桜です。
夜空とうっすらピンクの桜という色です。

白っぽい夜桜

これが白っぽい桜になりました。

オレンジっぽい夜桜

ちょっとわざとらしいけどオレンジっぽいピンクの桜になりました。

ピンクな夜桜

桜の色が強調されました。

美しい夜桜

桜の色が程よく強調されました。
これが一番好みです。

snapseed

こんな訳で、夜の撮影は、RAWじゃなければ面白くないです。
そしてRAW現像は、グーグルのSnapseedというアプリがお勧めです。

おまけ デフォルトの写真アプリでRAWを開くと

デフォルトの写真アプリで開いたRAW画像

デフォルトの写真アプリでもRAWを開く事ができると聞いたので、試しに開いてみました。

こんなふうになりました。
画像がボケてますね。

デフォルトの写真アプリでは、このように、まともにRAWを開く事が来ません。

最後に一言

そんな訳で、今ではiPadでRAW現像が簡単に出来てしまう時代になってしまいました。
ちょっと昔は、デジカメの画像はパソコンで編集が当たり前でしたから、デジカメはパソコンの周辺機器という認識でした。

しかし、iPad ProはUSB-Cで他の機器との接続ができるので、パソコンの周辺機器でも何でも使えますね。

iPadを買ったばかりでiPadネタを連発しましたが、次からは料理画像を紹介したいと思います。
けど、iPad活用ネタも、もしかすると続編が出るかも知れません。

りんご酢を仕込んでるところ

2021/4/15

シードルを酢酸発酵させてりんご酢を作る【りんご酢後編】

シードルを酢酸発酵させてりんご酢を作る【りんご酢後編】 りんご酢の作り方【後編】です。 前編では、りんご酢を作る流れ、それからリンゴジュースをアルコール発酵させてシードルを作る所までご説明しました。前編をご覧でない方は、まず前編からご覧ください。 オトコ中村の楽しい毎日りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】https://otokonakamura.com/applevinegarりんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】りんご酢は、りんご果汁を発酵させて作る発酵食品です。ここでは、りんご果汁をうま ...

ReadMore

手作りしたりんご酢

2021/4/15

りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】

りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】 りんご酢は、りんご果汁を発酵させて作る発酵食品です。ここでは、りんご果汁をうまく醗酵させてりんご酢を作る方法をご紹介します。 【目次】1.りんご酢を作る流れ2.シードルを作る2ー1.シードルの材料2ー2.シードルを仕込む2ー3.アルコール発酵について2ー4.発酵期間について2ー5.シードルのアルコール度数について2ー6.シードルの完成3.前編のまとめ4.動画で説明 ↓以下は後編をお楽しみに5.りんご酢を仕込む6.りんご酢の完成7.りんご酢の味 お酢のできる原理な ...

ReadMore

フルーツサンド

スイーツ パン系

2021/3/22

フルーツサンドの作り方と美味しく作る5つのコツ

フルーツサンドの作り方と美味しく作る5つのコツ 最近流行りのフルーツサンドを作ってみようと思います。フルーツサンドは、断面にフルーツがドカって見えてあれがとても美味しそうに見えますね。手作りする際は、断面が綺麗に見えるように作るのはもちろんですが、さらに踏み込んで、もっと美味しく作る5つのコツをお伝えします。 そして今回は、フルーツサンドの進化系であるキューブ型のフルーツサンドを作ってみようと思います。 【目次】1.フルーツサンドの材料2.パンの耳を切り落としておく3.フルーツの下拵えをする4.生クリーム ...

ReadMore

モンティクリスト

パン系

2021/3/15

モンティクリストを作ってみた

モンティクリストを作ってみた カナダ生まれのサンドイッチ、モンティクリストを作ってみます。 モンティクリストとは、フレンチトーストに、ハムとチーズを挟んで焼いたものです。 カナダ生まれの料理ですから、そこにメープルシロップをかけて食べるのですが、それが甘じょっぱくて、たまらないとの評判を聞きまして、早速作って食べてみようと思います。 【目次】1.モンティクリストの材料2.モンティクリストの作り方3.モンティクリストの完成!その味は?4.まとめ5.動画で説明 モンティクリストの材料 【モンティクリストの材料 ...

ReadMore

自家製ブラータチーズをプチトマトと共に

チーズ作り

2021/3/2

ブラータチーズの作り方 幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるが、お家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました!

ブラータチーズの作り方幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるがお家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました! ブラータというのは、イタリア語で「バターのような」という意味で、細かく割いたモッツァレラチーズと生クリームを合わせて、さらにそれをモッツァレラチーズの皮で包んだ物です。作るのに手間がかかる事と、その製造の難易度の高さから、幻のチーズと呼ばれています。その幻のチーズを手作りすることができました。これを読めばブラータチーズの作り方が分かります。 【目次】1.ブラータチーズとは2.【余談】ブ ...

ReadMore

-未分類
-

© 2021 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5