パエリア

スペイン産マルコナ種アーモンドが美味しすぎるのでいろいろ作ってみた

スペイン産マルコナ種アーモンド製菓材料通販の クオカ で、スペイン産マルコナ種アーモンドを入手しました。

これは、日本であまり流通してないものです。
楽天でもアマゾンでも見つからず、いろいろ探した挙句にクオカで見つけました。

500g入り1680円、送料630円、合計2310円(消費税5%込)で購入。

高いですね~。

この、スペイン産マルコナ種アーモンドは、非常に風味豊かでコクがある、世界最高のアーモンドです。
これを使ってお菓子を作れば、味のレベルが格段に上がる事は、間違いなしです。

また、先日の記事 ピーナッツバターの作り方と美味しいレシピ で、紹介したとおり、地中海料理でコクを出すためにも使用します。

日本で輸入されているアーモンドのほとんどが、カリフォルニア産です。
カリフォルニア産でも十分に美味しいのですが、スペイン産マルコナ種アーモンドは、もう全然違う美味しさです。
私は、今までこれを食べた事が無く、本物の味をどうしても知りたかったので、高いですが思い切って買いました。

まずは、少し試食してみましょう

ローストしたアーモンドオーブントースターで少し焦げ目が付くくらい焼いてみました。

冷ましてから頂きます。

味は、期待通りの美味しさです!!
クリーミーで濃厚で風味豊かでコクがあります。

マルコナアーモンドをパエリアの風味付けに使う

先日は、パエリアの風味付けに、これの代用としてピーナッツを使用するレシピを紹介しましたが、今回は、本物のマルコナアーモンドを使って同じものを作ってみましょう。

さつま芋のパエリア

〈材料 2人前〉
米 1合(洗っておく)←洗いたくない場合は、無洗米を使う。
熱湯 200ml
サフラン 一つまみ
粉末コンソメ 2g
粉末パプリカ 少々
うす口醤油 10ml
マルコナアーモンド 20g(炒ってすりつぶしておく)
オリーブオイル 大さじ2
ニンニク 1かけ(みじん切り)
鶏ミンチ 60gくらい
塩 少々
コショウ 少々
トマトソース 大さじ1(ケチャップでも可)
さつま芋 200gくらい(適当に切っておく)
玉ネギ 100gくらい(適当に切っておく)
白ワイン 少々(日本酒でも可)

〈作り方〉
熱湯にサフランを入れて香りを出す。
そこに粉末コンソメ・粉末パプリカ・うす口醤油・アーモンドを溶かして、スープを作っておく。
フライパンを熱して、オリーブオイル・ニンニク・鶏ミンチ・塩・コショウ・トマトソース・さつま芋・玉ネギ・白ワイン・米の順に入れて炒める。
スープを加え、混ぜて、蓋をして弱火で10分炒める。
最後に、弱火から中火くらいの火力で、チリチリと音が鳴るくらいまで炒め、おこげを作る。
火を止めて10分蒸らして出来上がり。

さつま芋のパエリアさつま芋のパエリア

美味し~い!!

ピーナッツバターを使用した時よりも、味が軽やかで上品になってます。

確かに本物の味!

美味しいものを食べた喜びと、作った喜び、そして本物を知った喜び、これはたまりませんね~。

けど、案外ピーナッツバターで作った物も美味しいです。
普段は、ピーナッツバターを使って、いざという時はマルコナアーモンドを使う、というように使い分けるのも良いかも知れません。

さて、アーモンドは、500g入りを買ったので、まだまだ残っています。
せっかくだから、アーモンドを使ったお菓子にも挑戦してみましょう。

小麦粉不使用アーモンドクッキー

最高に美味しいスペイン産マルコナ種アーモンドを使って、いろいろとお菓子を作ってみましょう。

修道院のお菓子 [ 丸山久美 ]
価格:1512円(税込、送料無料)

スペイン産マルコナ種アーモンドを使ったお菓子を作るに際して、参考にしたのがこの本です。
スペイン修道女の伝統的なレシピが載っていて、アーモンドのレシピもたくさん載っています。
レシピには、わざわざ(マルコナ種)とアーモンドの品種を指定してある程、レシピの内容は徹底しています。
日本人の口に合うかどうかは別として、本物のスペイン修道女のレシピ本だと思います。

本に書いてあるレシピでアーモンドクッキーを作る

〈材料 約20個分〉
アーモンドパウダー(マルコナ種)100g
粉砂糖 80g
卵白 2個分
バニラエッセンス 少々
アーモンド(ホール・マルコナ種)20個

※本に書いてある通りの分量です。

アーモンドをすりつぶすまず、アーモンドをパウダーになるまで、すり鉢ですりつぶします。

すりつぶしたアーモンドパウダーになりました。

材料を混ぜるアーモンドパウダー・粉砂糖・卵白・バニラエッセンスを混ぜます。
すると、生地がべちゃべちゃになってしまいました。
小麦粉20g(分量外)を混ぜ、少しだけ生地をしっかりさせました。

天板に並べるクッキングシートに、スプーンですくって20個分並べました。
本には、手で丸めて並べると書いてありましたが、生地が柔らかすぎて手で丸められませんでした。

アーモンドを押し込むアーモンドを押し込みます。

焼けた本には「180℃のオーブンで15分」と書いてありましたが、20分焼きました。
それでもなんか、焼き足りない感じですね。

再度焼きました更に、オーブントースターでカリッと焦げ目を付けました。
こんがり美味しそうに焼けました。

しかし!

実際は、ふにゃっと湿ったクッキーに仕上がりました。
味は、「アーモンドエッセンスを入れたのか?」と、思うほど濃厚なアーモンドの香りが口に広がり、美味しいはずですが、ふにゃ~っとした食感で台無しになってます。

これがカリッとしてたらどんなに美味しい事か。
原因は、レシピ本に書いてある通りに卵白2個分を入れたのだけれど、卵がL寸だったために、それが多すぎたのでしょう。

分量を見直して再挑戦!

◆アーモンドクッキーの作り方(中村式)

〈材料〉
アーモンドパウダー(マルコナ種)50g
粉砂糖 40g
卵白 20g
バニラエッセンス 少々
アーモンド(ホール・マルコナ種)13個

※今回は、すり鉢ではなくグラインダーでアーモンドパウダーを作りました。

再挑戦アーモンドパウダー・粉砂糖・卵白・バニラエッセンスを混ぜます。
クッキングシートを敷いた天板に、手で丸めて並べて、アーモンドを押し込みます。

きれいに焼けました200℃のオーブンで18分焼きました。
今度は、こんがりカリッと焼きあがりました。

アーモンドクッキー美味しい!!

小麦粉は一切使用していない、とことんアーモンドを堪能できるクッキーに仕上がりました。
マルコナアーモンドばかりの、とても贅沢なクッキーなので、軽はずみには食べられません。
心して頂く事にします。

スペイン修道院のケーキタルタ・デ・サンディアゴ

タルタ・デ・サンディアゴとは、「聖ヤコブのケーキ」という意味で、スペインガリシア州のサンディアゴ・デ・コンポステーラという町の修道院で生まれた、伝統的なお菓子です。
表面に、粉砂糖で聖ヤコブの十字の型を取ります。

タルタ・デ・サンディアゴこのようなケーキです。

画像は、どこかのサイトから拝借しました。
これも、マルコナアーモンドをたっぷり使います。

タルタ・デ・サンディアゴの作り方

〈材料〉
アーモンドパウダー(マルコナ種) 80g
砂糖 60g
卵L寸 1個
レモンの皮すりおろし 1/4個分
シナモンパウダー 小さじ1/3

材料を合わせる全ての材料をボールに入れます。

混ぜる混ぜます。

型に流す型に流します。

焼けた190℃のオーブンで20分焼きました。

これを冷まして型から外し、粉砂糖で十字架のマークを付けます。

本来ならそうするのですが…

ところが…

タルタ・デ・オトコ中村ほんの遊び心で「オトコ中村」とやってみたのですが…

これで、「タルタ・デ・オトコ中村」と言いたかったのですが…

ちょっとセンス無いなあ…

素直に十字架のマークにしておけば良かったかも?

タルタ・デ・オトコ中村味は、濃厚で美味しいです。

アーモンドが濃厚で、レモンの香りも濃厚で、シナモンの香りも濃厚です。
近頃は、あっさりしたお菓子が多いですが、これは、濃いお菓子です。

ポルボロン

ポルボロンは、スペイン・アンダルシア地方で生まれた、クッキーのようなお菓子で、クリスマスには欠かせないそうです。

口の中に入れると、ほろっと崩れる独特の食感で、溶けないうちに「ポルボロン、ポルボロン、ポルボロン」と3回唱えると、幸せが訪れると言われております。
小麦粉を炒ってグルテンを破壊する事によって、ほろっとした食感を出すみたいなのですが、わざわざそんな事しなくても、小麦粉の代わりに米粉を使ったら良いんじゃないの?
と思いまして、米粉を使ってみることにします。

ポルボロンの作り方

〈材料〉
米粉 50g(上新粉でも可)
アーモンドパウダー(マルコナ種) 50g
粉砂糖 50g
バター 30g(柔らかくしておく)
ラード 20g(パーム油で代用しました)
シナモンパウダー 少々

混ぜる全ての材料を混ぜます。

冷やす棒状にまとめてラップでくるみ、冷凍庫で1時間くらい冷やします。
冷え固まったら、1cmくらいの厚さに切って、クッキングシートを敷いた天板に広げ、焼きます。

焼けた170℃のオーブンで18分焼きました。

これを冷まして粉砂糖をふります。

ポルボロンポルボロンの完成。

口に入れたらちゃんとほろっと崩れますよ。

米粉を使うのは正解でした。

口の中でほろっと崩れ、溶けて無くなり、軽やかなアーモンドとバターの幸せな余韻が残ります。
想像していたよりもずっと美味しいです。

…と言うよりも、気を失いそうなくらい美味しいです。

奇跡の美味しさです。

最後に

マルコナアーモンドを使ったら、まともに作りさえすれば、何を作っても美味しかったです。

きっと素材が良かったのでしょう。
やはり、マルコナアーモンドはすごい!

イワシのなれずし

その他の漬物・発酵

2020/9/15

イワシのなれずしを作る イワシと塩とご飯を真夏のベランダに1ヶ月放置して作る

イワシのなれずしを作るイワシと塩とご飯を真夏のベランダに1ヶ月放置して作る 滋賀県の名物で鮒寿司という発酵食品があります。鮒寿司は、琵琶湖のニゴロブナと塩とご飯を真夏の熱い時期に漬け込んで熟成発酵させて作ります。 発酵食品が大好きな私も鮒寿司を作ってみたいと思いましたが、ニゴロブナが入手困難なので、代わりにどこでも売っているイワシで作る事にしました。 動画もあります。 動画は、オトコ中村自らが語り、視覚的に分かりやすいので併せてご覧ください。 けど動画は、長ったらしくならないように細かい説明を省略してます ...

ReadMore

自家製カマンベールチーズ

チーズ作り

2020/9/1

カマンベールチーズの作り方 自宅で材料3つで出来る方法

カマンベールチーズの作り方自宅で材料3つで出来る方法 カマンベールチーズを、自宅で材料3つで作る方法をご紹介します。特別な道具とか必要ありません。普通のご家庭にある調理道具があれば作れます。もし道具がなくても100均で揃えることもできます。 この方法を守れば、白カビ菌を失敗せずに育てることができます。 工場で作られる製法とは違います。私が何年もかけて試行錯誤を繰り返し、普通のご家庭で作れる方法にアレンジしました。 ブログの方がより論理的に詳しく書いてあるので、詳しく知りたい方は、このブログをじっくり読んで ...

ReadMore

美味しいビール

ビール

2020/8/26

家で缶ビールを美味しく飲む方法 簡単にきめ細やかな泡を持続させる方法もご紹介します!

家で缶ビールを美味しく飲む方法簡単にきめ細やかな泡を持続させる方法もご紹介します! 厳しい残暑が続きますが、皆様は健やかにお過ごしでしょうか。2020年の夏、私の住む京都は、7月は梅雨が長引き、あまり暑くなかったですが、梅雨が明け、8月に入り本格的な暑さが到来しました。京都は、8月下旬でも連日体温を超える猛暑が続いております。 そんな時はビールがうまいですね。 家で、普通の缶ビールを美味しく飲む為の予備知識をご説明するとともに、美味しく飲むためのとっておきの方法をお伝えします。 動画もあります。併せてご覧 ...

ReadMore

ミックスベリーのゼリー

その他のスイーツ その他の料理

2020/8/18

たこ焼き器を100倍活用する13種のアレンジレシピを紹介!

関西の家庭ならどこにでもあるたこ焼き器、アレンジ次第でものすごく多様な働きをしてくれます。 たこ焼き器を100倍活用する13種のレシピをご紹介します。 【目次】 1.たこ焼き器で焼売(シュウマイ) 2.たこ焼き器でレアチーズケーキ 3.たこ焼き器でプチケーキ 4.たこ焼き器で爽やかグレープフルーツゼリー 5.たこ焼き器でミックスベリーのゼリー 6.たこ焼き器でホットケーキ 7.たこ焼き器であんこ入りホットケーキ 8.たこ焼き器でベーコン&チーズ焼きおにぎり 9.たこ焼き器でシンプルに醤油焼きおにぎり 10 ...

ReadMore

国産豚方ロース塊

低温調理 肉料理

2020/8/11

豚肉の低温調理が美味い!ローストポーク・トンテキ・スペアリブ煮込み・角煮・コンフィ(2020最新版)

以前お伝えした 低温調理が美味しい理由を化学的に考察する の理論を踏まえて豚肉を調理してみます。 その記事を、お読みでない方に結論だけお伝えします。 【前回の結論】60~66℃の範囲で24時間くらい低温調理すれば、だいたいどんな肉でも柔らかく美味しく調理できる。 詳しく知りたい方は オトコ中村の楽しい毎日  1 user低温調理が美味しい理由を化学的に考察するhttps://otokonakamura.com/lowtemper02/前回、ローストビーフと厚切りステーキを低温調理で作り ...

ReadMore

-パエリア

© 2020 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5