その他のスイーツ

話題のダッチベイビーに挑戦!スイーツにアレンジもできます!

2015年3月30日

ダッチベイビーとは、「オリジナルパンケーキハウス」 というアメリカの老舗パンケーキチェーン店で出されている看板メニューの一つです。
パンケーキの一種で、生地の端が異様に盛り上がる形状が特徴です。

ダッチベイビー画像は、 オリジナルパンケーキハウス のサイトから拝借しました。

そのアメリカのオリジナルパンケーキハウスというお店なんですが、日本にも2013年に吉祥寺に1号店、2015年3月に原宿に2号店がオープンして、連日大盛況との事。
その2013年の日本出店がキッカケとなり、日本でも看板メニューのダッチベイビーが話題になっています。

「じゃあ、ダッチベイビーを食べに東京へ行ってみようか。」
と言いたいところですが、まずは自分で試作してみる事にします。
作り方は、検索すればいくらでもヒットします。

このような本も出ています。
ちょっと書店で立ち読みしましたが、分かりやすくて良い本です。
買わなくてスミマセン。

とりあえず、色々調べた結果、私が作ったレシピを紹介します。

◆ダッチベイビーの作り方

〈材料 1人前〉
薄力粉 35g
牛乳 50ml
卵 1個
塩 1つまみ
砂糖 1つまみ
バニラエッセンス 1ふり
バター 10g

※バターが手に入らない場合、風味は落ちますがサラダ油でも代用可能です。

〈材料 トッピング〉
レモン汁 お好みの量
粉砂糖 お好みの量

予熱するガラスの耐熱容器を入れてオーブンを220℃に余熱します。

本当は、スキレットを使ってオーブンで焼くのですが、オーブンに入るサイズのスキレットが家に無いので、ガラスの耐熱容器で代用します。
耐熱容器は、100均のグラタン皿でもOKです。

材料を混ぜる余熱している間に、バター以外の材料を混ぜます。
生地は、常温にしておきます。
牛乳や卵を冷蔵庫に入れていた場合は、人肌くらいまで加熱します。

バターを溶かす余熱できた容器にバターを入れます。
バターがバチバチと沸騰しながら溶けていきます。

生地を流し入れるバターが溶けたら生地を流し込み、220℃で20~25分焼きます。

焼いてる様子を見るちゃんとあの独特な形状に焼きあがるか心配なので、様子を見てみます。

5分経過焼き始めて5分経過。
ほんの少し膨らみましたが、まだまだです。

10分経過焼き始めて10分経過。

おお!!
端の方がモリモリと膨らんできました。

15分経過焼き始めて15分経過。
まだまだ膨らんで、膨らみ続けています。

20分経過焼き始めて20分経過。
まだ膨らんでいます。

焼き上がり焼き始めて22分で取り出しました。
見事に端の部分が盛り上がってますね。

ダッチベイビー自作ダッチベイビー。
粉砂糖とレモン汁をかけていただきます。

断面端の部分はシュー生地みたいにサクッとしていて、底の部分は厚いクレープのようです。

レモン汁と粉砂糖の量にもよりますが、さっぱりとして新感覚なパンケーキという印象です。
シューにも似てクレープにも似ているので、次はちょっとアレンジしてダッチベイビーでスイーツを作ってみることにします。


この、端が盛り上がる形状を活かして、中央部分にカスタードクリームを詰め込んでイチゴを飾り、タルトのようにしてみようと思います。

ダッチベイビー前回紹介したレシピの2倍量で、直径22cmのガラス容器で焼きました。

しっかりと端の部分が勢い良く膨らみ、ダッチベイビーらしく焼けました。

冷めたダッチベイビー冷めると、低くなりましたが、タルトの型としては十分ですよね。
では、中に詰め込むカスタードクリームを作ります。

◆カスタードクリームの作り方

〈材料〉
砂糖 70g
卵 1個
薄力粉 40g
牛乳 200ml
バター 10g
ブランデー 大さじ1
バニラエッセンス 2ふり
生クリーム 100ml

卵と砂糖を混ぜる砂糖と卵を混ぜる。

薄力粉を加え混ぜる薄力粉を加え混ぜる。

火にかけながら混ぜる牛乳を少しずつ加えて混ぜ、火にかけて加熱しながら混ぜる。
直火だから焦げないように注意しましょう。
直火でなく、ガラスの耐熱ボウルを使って電子レンジで加熱してもOKです。

火を止め、バターを加えるカスタードクリームらしく、しっかりと固まってきたら火を止めて、バターを加え混ぜる。
そして、完全に冷まして、冷蔵庫で冷やします。
この時点で、一応カスタードクリームと呼べるものが完成してるのですが、ここに生クリームを加えるのと加えないのとでは、美味しさのレベルが違うので、私は加えます。

生クリーム生クリームは、しっかりと泡立てます。

生クリームを加え混ぜる生クリーム・ブランデー・バニラエッセンスを加え、混ぜます。

カスタードクリームこれでカスタードクリームの完成。

イチゴイチゴは洗ってヘタを取り、水分を拭き取ります。

カスタードを詰め込む型にカスタードクリームを詰め込みます。

イチゴを敷き詰めるイチゴをびっしり並べます。
そして、アンズジャムでコーティングして、粉砂糖を端に飾り付けて完成です。

ダッチベイビーのイチゴカスタードダッチベイビーのイチゴカスタード。

誕生日ケーキちなみにこれは、息子の8歳の誕生日ケーキになりました。

ダッチベイビーをタルト型として使うには、まだ少し改良の余地があります。
息子は「ビスケット生地で作ったほうが美味しいね。」と言ってました。

なかなか言いやがる。
けど、喜んでくれたので、とりあえず良しとしておきます。

手作りしたりんご酢

2021/3/30

りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】

りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】 りんご酢は、りんご果汁を発酵させて作る発酵食品です。ここでは、りんご果汁をうまく醗酵させてりんご酢を作る方法をご紹介します。 【目次】1.りんご酢を作る流れ2.シードルを作る2ー1.シードルの材料2ー2.シードルを仕込む2ー3.アルコール発酵について2ー4.発酵期間について2ー5.シードルのアルコール度数について2ー6.シードルの完成3.前編のまとめ4.動画で説明 ↓以下は後編をお楽しみに5.りんご酢を仕込む6.りんご酢の完成7.りんご酢の味 お酢のできる原理な ...

ReadMore

フルーツサンド

スイーツ パン系

2021/3/22

フルーツサンドの作り方と美味しく作る5つのコツ

フルーツサンドの作り方と美味しく作る5つのコツ 最近流行りのフルーツサンドを作ってみようと思います。フルーツサンドは、断面にフルーツがドカって見えてあれがとても美味しそうに見えますね。手作りする際は、断面が綺麗に見えるように作るのはもちろんですが、さらに踏み込んで、もっと美味しく作る5つのコツをお伝えします。 そして今回は、フルーツサンドの進化系であるキューブ型のフルーツサンドを作ってみようと思います。 【目次】1.フルーツサンドの材料2.パンの耳を切り落としておく3.フルーツの下拵えをする4.生クリーム ...

ReadMore

モンティクリスト

パン系

2021/3/15

モンティクリストを作ってみた

モンティクリストを作ってみた カナダ生まれのサンドイッチ、モンティクリストを作ってみます。 モンティクリストとは、フレンチトーストに、ハムとチーズを挟んで焼いたものです。 カナダ生まれの料理ですから、そこにメープルシロップをかけて食べるのですが、それが甘じょっぱくて、たまらないとの評判を聞きまして、早速作って食べてみようと思います。 【目次】1.モンティクリストの材料2.モンティクリストの作り方3.モンティクリストの完成!その味は?4.まとめ5.動画で説明 モンティクリストの材料 【モンティクリストの材料 ...

ReadMore

自家製ブラータチーズをプチトマトと共に

チーズ作り

2021/3/2

ブラータチーズの作り方 幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるが、お家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました!

ブラータチーズの作り方幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるがお家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました! ブラータというのは、イタリア語で「バターのような」という意味で、細かく割いたモッツァレラチーズと生クリームを合わせて、さらにそれをモッツァレラチーズの皮で包んだ物です。作るのに手間がかかる事と、その製造の難易度の高さから、幻のチーズと呼ばれています。その幻のチーズを手作りすることができました。これを読めばブラータチーズの作り方が分かります。 【目次】1.ブラータチーズとは2.【余談】ブ ...

ReadMore

鉄鍋棒餃子

ダッチオーブン・スキレット 麺料理

2021/2/19

スキレットで鉄鍋棒餃子を焼く|鉄鍋棒餃子のルーツについても考える

スキレットで鉄鍋棒餃子を焼きます。スキレットは鉄で出来ているので、スキレットで棒餃子を焼けば鉄鍋棒餃子になります。鉄鍋棒餃子のルーツを探り、ご家庭で本場中華の味を簡単に楽しめるレシピをご紹介します。 【目次】1.鉄鍋棒餃子は中華料理では無い!?2.中国にある細長い餃子3.日本での鉄鍋棒餃子の始まり4.ターリャンフォシャオが鉄鍋棒餃子のルーツで無いと考える根拠5.本当の鉄鍋棒餃子のルーツ6.3種類の皮で鉄鍋棒餃子を焼く7.餡の材料7−1.餡の作り方8.棒餃子を包む8−1.餃子の皮で包む8−2.春巻きの皮で包 ...

ReadMore

-その他のスイーツ

© 2021 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5