チーズ作り

モツァレラチーズと熟成チーズ作り (チーズ作りその2)

2012年11月5日

さて前回は、日本の一般家庭にあるものでチーズを作ってみようと、チーズ作りを始めました。

話は、またモツァレラチーズと中長期熟成チーズの続きから始まります。

まずはモツァレラチーズ

40度で発酵まず、モツァレラチーズ作りを紹介します。
チーズの素(とりあえずチーズの素と呼びます)を、40度の湯煎で約2時間発酵させます。
2時間経過したら、発酵は、完了しているはず。

80度の熱湯80度の熱湯を準備します。
モツァレラチーズは、80度のお湯の中で揉むらしいです。
80度のお湯の中に手を突っ込んで揉むのか?
そんなの熱くて、できるわけ無いぞ!
そんなら、どうすんねん?
そこまで考えずにお湯を沸かしていた。

80度の熱湯に入れる試しに、一つまみだけお湯に入れてみた。
チーズの素が完全に80度まで温まったら、取り出して、指で伸ばしてみます。
発酵が進んでいれば、とろけるチーズのようにビヨーンと伸びるらしい。

取り出す取り出しました。
指でつまんだら

熱っ!!

グシャっと潰れました。
失敗。
その後、もう1時間ぐらい40度で発酵させてから、80度のお湯につけてみましたが、再度失敗。

モツァレラチーズ作りは、いったん保留。
とりあえずチーズの素は冷蔵庫で保管されました。

 

そして…

 

1週間経過

チーズにカビ?あれ!?
表面に何か生えてる。
蓋を開けた瞬間に、プーンとチーズ臭も漂ってきた!

白カビか?

白カビなら大歓迎です。
モツァレラ作りからカマンベール作りへと方向転換です。
いや、微妙にピンクのようなオレンジのような色だけど、大丈夫かな?

とりあえず味見。
うん、確かにカビの生えている付近は、カマンベールチーズっぽい。
逆にカビの生えていない部分は、まだ熟成がが足りない味。

もう少しこのまま様子を見てみよう。

更に4日経過

白カビチーズ?カビは殖えているが、白くない。

チーズ臭も強くなってきた。

チーズ嫌いの人なら、もう逃げ出すくらいです。
カビが白くないのが、少し気がかりだが、味見をしてみると、カビの部分のほうが、チーズらしい味がする。

白カビならぬ、ピンクカビチーズか?

これは新発見かも!?
もう少し様子を見よう。

次に中長期熟成チーズ

重石を乗せて水を切るさて、こちらは中長期熟成チーズ。
水きりヨーグルトに重石を乗せて、もっと水分を切ります。

水を切ったチーズ重石を乗せてから1日経過。
ぺったんこになりました。

手で持てる硬さ手で持てるくらいの固さです。
では、このまま熟成させてみましょう。

常温で1週間置きました。

カビ発生お!?

表面に何か生えているぞ!

たぶんカビだと思います。
チーズ臭もしています。
少し味見をしてみると、本格的なチーズらしい味になってきています。
これも、もうしばらく様子を見てみよう。

ワインと一緒に試食様子を見るといっても、もう我慢できなくて、少し食べることにしました。

モツァレラチーズの出来損ないと、中長期熟成チーズの2種類のチーズを、それぞれ4分の1ずつ、ワインと一緒に試食しました。
確実にチーズの味はしているが、熟成がまだ足りないです。
ワインと一緒に食べるには、まだ物足りない。
もっと熟成させてみますね。

続き 白カビっぽい塗るカマンベールができた (チーズ作りその3)

家庭でのチーズ作り まとめ

2年熟成白たまりの表面

その他の漬物・発酵

2023/1/21

2年間熟成発酵させた白たまりを味わう

2年間熟成発酵させた白たまりを味わう 小麦麹を塩水に漬けて熟成発酵させた調味料を白たまりと言います。白たまりの熟成期間は2〜3ヶ月程度で済むのですが、我が家には2年も熟成させた白たまりがあり、熟成が進みすぎて真っ黒になっています。果たして、どんな味になってるのでしょうか。今回はそれを搾って味わってみようと思います。 【目次】1.白たまりとは2.白たまりの作り方3.工程1:小麦麹を作る3–1.小麦麹を作らずに買っても良い4.工程2:小麦麹を塩水に漬ける5.工程3:熟成発酵6.実は白たまりを仕込むつもりでは無 ...

ReadMore

白菜漬け

その他の漬物・発酵

2023/1/10

放っておくだけ!乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方

放っておくだけ!乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方 乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方をご紹介します。発酵による何とも言えない美味しさがあって、しかも身体に良いのです。 乳酸発酵と言っても何も難しくありません。基本的に放っておくだけです。 これを読めば作れるようになりますよ。 ズボラな人でも作れるように、ジッパー付きの保存袋でできる簡単な作り方をご紹介します。 【目次】1.白菜漬けの材料2.白菜を漬ける3.乳酸発酵させる方法4.乳酸発酵させる時の温度5.8日間放置6.試食7.さらに5日放置8.まとめ9.動画で説明 ...

ReadMore

コーヒーをオーブンで焙煎する

コーヒー

2022/12/24

コーヒー生豆をご家庭のオーブンで焙煎することができる!どのようなオーブンでも均一に焼く方法

コーヒー生豆をご家庭のオーブンで焙煎することができる!どのようなオーブンでも均一に焼く方法 コーヒー豆を、ご家庭にあるオーブンで焙煎することができます。難しくないです。オーブンに入れておくだけでできます。 そして、オーブンで焙煎すると、均一に火が通ります。均一に焼く方法は難しくありません。この記事を読んだら出来るようになりますよ。 自家焙煎はコーヒーを最高に美味しく飲める方法です。是非とも挑戦してみてください。 【目次】1.オーブン焙煎に必要なもの2.オーブンで均一に焙煎する方法3.オーブンによって焼き加 ...

ReadMore

フライパンでコーヒを焙煎する

コーヒー

2022/12/24

誰でもできるコーヒーのフライパン焙煎を詳しく解説します

誰でもできるコーヒーのフライパン焙煎を詳しく解説します コーヒーのフライパン焙煎とは、文字通りフライパンでコーヒーを焙煎する事です。これが簡単で、驚くほど美味しく焙煎できるのです。その方法をご説明します。 【目次】1.コーヒーのフライパン焙煎に必要なもの2.焙煎開始3.フライパン焙煎するとチャフが飛び散る4.焙煎前の生豆と焙煎後の豆を比較5.焙煎したての豆でコーヒーを淹れる6.フライパン焙煎のメリットとデメリット7.コーヒーをブレンドするともっと楽しめる8.均一に焼くには9.まとめ10.動画で説明 コーヒ ...

ReadMore

年間ランキング2022

未分類

2022/12/3

年間ランキング2022 最も多く読まれた記事と、最も長時間読まれた記事

年間ランキング2022最も多く読まれた記事と、最も長時間読まれた記事 2022年もあっという間に12月になりました。昨年から始めて、今回が2回目となる年間ランキングを発表したいと思います。 当ブログは2012年に始まって、コツコツと記事を書いてきました。おかげさまでもうすぐ11年です。 トータルで1000記事以上書きましたが、内容の薄いものや、全く読まれてない記事を統廃合して、ブログ内も新陳代謝しております。そして2022年12月2日時点で433記事あります。 その中で、2022年に最も読まれた記事のベス ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-チーズ作り