その他の料理

こんにゃく芋からこんにゃくを作る

2013年12月12日

こんにゃく粉でこんにゃくを作る
こんにゃくゼリーを作る
の続きです。

今までの作り方では、こんにゃく粉からこんにゃくを作りましたが、今回は、生のこんにゃく芋からこんにゃくを作ってみましょう。

こんにゃく芋この、ゴツゴツした物体、これが、こんにゃく芋です。
見た事ありますか?
私は、実物を見るのは初めてです。
完成したこんにゃくなら、何処にでも売っていますが、原料のこんにゃく芋となると八百屋にもスーパーにも売ってませんから、珍しいですね。
これは、楽天で購入しました。

こういう商品です。

こんにゃく芋1kgが886円で、これは安いと思いますが、プラス送料680円で、合計1566円。

安いのでしょうか?高いのでしょうか?

私は安いと思いますよ。

こんにゃく素材の入手に関しては、こちらのショップがお勧めです↓
下仁田 ぜいたく庵 楽天市場店

こんにゃく芋実際は、1.2㎏くらい入っていました。

計算上は、これで約5㎏のこんにゃくを作る事が出来ます。
いきなり5kgもこんにゃくを作っても処理に困るので、まずは、この手に持っているこんにゃく芋1個で作ってみます。

生芋こんにゃくの作り方

〈今回の生芋こんにゃくの材料〉
こんにゃく芋1個(520gくらい)
水 1700ml
水 100mlと水酸化カルシウム4gを混ぜたもの

洗ったこんにゃく芋まずは、こんにゃく芋をゴシゴシ洗い、泥を落とします。
脳みそみたいですね。

すりおろす皮は、剥いても剥かなくても良いです。

これをすりおろします。
手が荒れるので、手袋を着用したほうが良いです。
ちなみに皮を剥くと白いこんにゃくが出来るみたいです。

混ぜるすりおろして、そのまま放置したらすぐに固まるので、すぐに水に入れて混ぜましょう。
水の上に、直接おろし金を持ってきて、すりおろしたものが、水の中に落ちるようにします。
水の中に落ちても、すぐに混ぜないと固まるので、すりおろしては混ぜる、すりおろしては混ぜる…という要領でやります。

全部すりおろしたら、よく混ぜて、1時間くらい放置します。

固まった1時間後、固まってきました。
これを練ります。

練る練ったところに水酸化カルシウムを溶かした水を加えて、更に練ります。

腕の筋肉をフルに使ってよく練りましょう。

適当な型に入れる適当な型に入れて30分くらい放置します。

切る30分くらいすると固まるので、好きな大きさに切り、茹でます。

ゆでるアクが浮いてくるので、1回茹でこぼすか、アクをすくった方が良いと思います。
30分くらい茹でたら出来上がり。

切りそろえたこんにゃく形を切りそろえました。

てっさ風刺身こんにゃくてっさ風刺身こんにゃく。

ふわふわして美味しいこんにゃくです。
生の芋から作ったので風味が良いような気がします。
てっさの真似をして薄くスライスしましたが、こんにゃくとしては、もう少し厚い方が美味しいです。

そして、これを食べた後、舌と喉にチクチク突き刺さるような刺激を感じました。

アクです。
しかも、このアクがキツイ。
口の中の刺激が治まるまで1日かかりました。
生のこんにゃく芋は、ものすごくアクがきついです。
だから、すりおろす時も手袋をするのです。
手の皮も負けるくらいのアクなのです。
もし、生で食べたりしたら、即刻嘔吐かもしれません。

生芋こんにゃくは、しっかりアク抜きが必要

完成したこんにゃくを、再び30分ほど茹でるとアクが抜けて本当に美味しくなりました。

2㎏のこんにゃくが完成しましたが、子ども達がこんにゃく好きなので、順調に消費しております。
変わったこんにゃく料理を考えていますが、今のところ特に目立ったものは開発できていません。
中途半端に技術を駆使して変わったものを作るよりも、そのまま煮物・汁物の具にするのが一番美味しいと思われます。
寒くなってきたので、細長く切って、こんにゃくヌードルとして、鍋やスープの具にするのがお勧めです。

最後に、一つだけこんにゃくの変わった料理法を発見したの紹介します。

こんにゃくのぬか漬け

ぬかに漬ける表面の水分をキッチンペーパーなどで吸い取ってから、ぬかに漬けます。
夏なら1日、冬なら2日くらいで漬かります。

2日間漬けましたこれが2日間漬けた物です。

ぬかを洗い流していただきましょう。

こんにゃくのぬか漬けこんにゃくのぬか漬け。

うん、おいしい。

見た目には普通のこんにゃくですが、味は正真正銘のぬか漬けです。
こんにゃくなのだけれど、あの、ぬか漬け独特の酸味と塩味が効いていて、ご飯のお供に良いですね~。

こんなのって売ってないですよね。
売ったら売れるかもしれません。

ドクダミ生春巻

京都御苑の野草

2021/6/16

ドクダミのおすすめの食べ方5選

ドクダミのおすすめの食べ方5選 ドクダミは、あの独特な匂いのため、敬遠する方も居ますが、昔から十薬(じゅうやく)と呼ばれ薬草として親しまれていました。また、ベトナムでは食材として食べられています。 今回は、これを食材として注目したいと思います。ドクダミは、あの匂いのために、扱いを間違うと、とんでもなくマズイ料理になるでしょう。しかし、上手に使いこなすと食材としてとても個性的な魅力を発揮します。 どうしても匂いがダメで食べる事ができないという方も、お茶にすれば飲めるはずです。ドクダミ茶も健康効果が期待できま ...

ReadMore

小松菜のぬか漬け

その他の漬物・発酵

2021/6/9

小松菜のぬか漬けは美味しいだけでなく腸活もできるのでオススメ

小松菜のぬか漬けは美味しいだけでなく腸活もできるのでオススメ 腸内環境を改善してくれるぬか漬け。小松菜は、下漬けをしてから、本漬けをするという2段階の漬け方をするとめちゃくちゃ美味しくなります。これを読めば小松菜の美味しい漬け方が理解できますよ。 【目次】1.家で漬物を漬けるメリット2.下漬け(塩水に漬ける)3.漬物石がない場合4.下漬けにかかる時間は6〜24時間程度5.下漬け完了6.本漬け(糠に漬ける)7.本漬け完了8.小松菜のぬか漬け完成9.まとめ10.動画で説明 ぬか漬けといえば、まずキュウリですけ ...

ReadMore

2年放置した糠床

その他の漬物・発酵

2021/6/2

2年以上放置した糠床を復活させることはできるのか

2年以上放置した糠床を復活させることはできるのか 糠漬けを食べると腸内環境を改善させることが期待できます。ところが、我が家では糠床を毎日かき混ぜるのが面倒で、2年間も放置してしまいました。2年間も放置した糠床はどのような状態になっているのでしょうか。そして、糠床は復活できるのでしょうか? 【目次】1.糠漬けを放置した理由2.家で糠漬けを漬ける事の意義3.2年以上放置した糠床4.糠床を復活させる4−1.2日後4−2.また2日後(復旧開始から4日後)4−3.さらに4日後(復旧開始から8日後)4−4.さらに2日 ...

ReadMore

オタール・エクストラ・青陶器

未分類

2021/5/27

コニャックのオールドボトルを愉しむ 簡単なコルクを折らない開栓方法もご説明します

コニャックのオールドボトルを愉しむ 簡単なコルクを折らない開栓方法もご説明します オールドボトルとは、ボトル詰されてから10年以上経ったボトルの事です。 今回は、ボトル詰めから30年以上経ったコニャックのオールドボトルを2本ご紹介します。 30年以上経ったボトルになると、コルクが風化してボロボロになり、ブランデー成分が固まってコルクと瓶がへばり付き、開栓が非常に困難になりますが、コルクが折れない開栓方法もご紹介します。 【目次】1.今回ご紹介するオールドボトル2本1−1.カミュ・ナポレオン・エクストラ1− ...

ReadMore

戻した干しナマコ

その他の料理

2021/5/19

高級食材干しナマコの戻し方とオイスターソース炒めの作り方

高級食材干しナマコの戻し方とオイスターソース炒めの作り方 珍しい中華料理の高級食材である干しナマコを料理します。料理法も普通の食材と違う独特な食材なのです。 【目次】1.干しナマコとは2.干しナマコの戻し方2−1.12時間後2−2.さらに12時間後(戻し始めから24時間経過)2−3.さらに12時間後(戻し始めから36時間経過)2−4.さらに12時間後(戻し始めから48時間経過)2−5.さらに12時間後(戻し始めから60時間経過)2−6.さらに12時間後(戻し始めから72時間経過)2−7.さらに5日経過(戻 ...

ReadMore

-その他の料理

© 2021 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5