その他の料理

こんにゃくゼリーの作り方 秘伝「大人のこんにゃくゼリー」もご紹介します

こんにゃくゼリーの作り方 秘伝「大人のこんにゃくゼリー」もご紹介します

あのぷるんぷるんで、食物繊維たっぷりのこんにゃくゼリー。
実は、材料さえ揃えれば、簡単に作る事ができます。

好きなジュースを使って好きな味で作る方法をご紹介します。

【目次】
1.こんにゃくゼリーの材料
1−1.材料についての説明
2.こんにゃくゼリーの作り方
3.大人のこんにゃくゼリーの作り方
3−1.大人のこんにゃくゼリーおまけ
4.こんにゃくゼリー総括
5.おさらい
5−1.材料についておさらい
5−2.作り方のおさらい
6.動画で説明

こんにゃくゼリーの材料

【こんにゃくゼリーの材料】1〜2人前
好きなジュース 150ml
こんにゃく粉 2g
アガー 6g
砂糖 20g
クエン酸 1g(無くても良い)

※クエン酸の代わりにレモン汁を小さじ1/2くらい加えても良いです。

材料についての説明

好きなジュースは、何でもいいです。
リンゴジュースでも、オレンジジュースでも、果汁100%でも10%でもいいです。
コーラでもいいですよ。
ただし、炭酸は作ってる過程で炭酸が抜けて、炭酸じゃないこんにゃくゼリーができ上がります。

基本的にどんなジュースでもOKです。

こんにゃく粉は、こんにゃく芋のこんにゃく成分を、粉に加工して使いやすくしたものです。

サラサラの粉です。

これはスーパーには売ってません。

私は、富沢商店で買いました。
近くに富沢商店がなかったら、ネット通販とかで買ってください。


アガーは、海藻から作られた凝固材です。
寒天とゼラチンの中間で、どちらかというと寒天に近い固まり方をします。

これもサラサラの粉です。

これも、スーパーには売ってません。
私は富沢商店で買いました。
近くに富沢商店がなかったら、ネット通販とかで買ってください。


クエン酸もスーパーに売ってないかもしれないですが、薬局でも売ってるので、手に入りやすいです。

こんにゃく粉とアガーをネット通販で買うのなら、一緒にネット通販で買ってもいいですね。

クエン酸を入れる目的は、酸味を出すだけだから、代わりにレモン汁を小さじ半分程度入れてもいいですよ。


砂糖は、説明いらないですね。

この材料を揃えるのが面倒ですが、ここを乗り越えたらあとは簡単です。


それから、あったほうがいいアイテムとして、ハートのシリコン型です。
これは100均で買ったものです。

何となくこんにゃくゼリーはハート型ってイメージがありまして、これで作ります。

ハート型じゃなくても、シリコン製の型が、完成したこんにゃくゼリーを取り出しやすいからオススメです。

樹脂製の製氷皿でも、こんにゃくゼリーは弾力があるので取り出すのは難しくありません。

型が無くても、平らなバットに冷やし固めて、それを包丁で切るという方法もあります。

こんにゃくゼリーの作り方


まず好きなジュースを用意してください。
これはリンゴジュースです。

電子レンジでジュースを人肌程度まで温めます。
ジュースが冷たいと、コンニャク粉が水分を吸わず、うまく作れません。

ジュースを人肌程度まで温めておく事は重要ですから、忘れないようにしてくださいね。

ジュースに、こんにゃく粉、アガーを入れて一旦混ぜます。
アガーはダマになりやすいので、入れてすぐに混ぜてます。

アガーがダマになっても、次の工程で加熱しますから、加熱したら溶けます。
アガーをすぐ混ぜる事は、それほど重要ではありません。


クエン酸、砂糖を入れて混ぜます。

混ざったら、1時間くらい置いて、こんにゃく粉に水分を吸わせます。
1時間置く事も重要です。


同じ要領で、ブドウジュースでも作ります。


1時間置くと、こんにゃく粉が水分を吸って、ちょっと固まってます。

これを電子レンジで、まずは600wで1分加熱します。

取り出して一旦かき混ぜます。

さらに600wで30秒くらい加熱します。

沸騰しない程度に、温度にして80℃くらいまで温まればOKです。


冷めたら固まるので、熱いうちに型に流し込みます。

これはブドウ味は、ジャムみたいにドロッとしてます。


リンゴ味は、ブドウ味に比べてサラサラしてます。


このまま置いて、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。

室温でも固まるので、食べる事はできますが、冷やした方が美味しいので冷やします。


冷やしたものを型から取り出します。

弾力があって壊れにくいので、簡単に取り出すことができます。


こんにゃくゼリーの完成です。


このように、フォークで刺して食べる事ができます。

こんにゃくの弾力で、そして、りんごジュースとブドウジュースの味が美味しいです。

まさしくこんにゃくゼリーです。

家族もこういう物を作ると喜んで食べてくれます。

私のブログを読んでくださってる方ならご存知だと思いますが、家族は発酵系の食べ物を作ると喜んでくれない場合もあるのです。
喜ばないどころか、恐れられる事もありますよ。

大人のこんにゃくゼリーの作り方

さて、ここまでは子供のこんにゃくゼリーでした。
ここからは、大人のこんにゃくゼリーを2種類作ってみようと思います。

1つ目が、カフェオレのこんにゃくゼリー。
2つ目が、赤ワインのこんにゃくゼリーです。

どちらも売ってませんからね。
自分で作らないと食べられない味ですよ。


コーヒー豆を挽きます。
挽きたての豆はいい香りですからね。


こうやって美味しいコーヒーを淹れました。

これを牛乳と同じ割合で混ぜてカフェオレを作りました。

【カフェオレ味こんにゃくゼリーの材料】
カフェオレ 150ml
こんにゃく粉 2g
アガー 6g
砂糖 20g

材料は、冒頭に紹介した基本の材料からクエン酸を除いたものになります。
カフェオレ味にはクエン酸は入れません。
カフェオレに酸味は必要ないでしょ。

画像は、混ぜていますが、こんにゃく粉の粒が残っています。
気にせず、このまま1時間ほど置いておきます。

【赤ワイン味こんにゃくゼリーの材料】
赤ワイン 150ml
こんにゃく粉 2g
アガー 6g
砂糖 20g
クエン酸 1g

赤ワイン味は、冒頭に紹介した基本のレシピそのままです。
ジュースを赤ワインに変えただけです。

材料を混ぜて、ラップをかけて1時間置いておきます。
ラップをかけたのは、アルコールが飛ぶのを防ぐためです。


カフェオレ味が1時間経ちました。

このように傾けても垂れないくらいに固まってます。
また、少し分離してるように見えます。
こんにゃく粉が牛乳成分を吸い込んでないのかもしれません。
気にせずこのまま温めす。


600wで1分温め、混ぜ、さらに600wで30秒温め、混ぜました。

ドロドロのままです。

これでも大丈夫ですよ。


型に流し込みます。


赤ワインの方も1時間経ちました。

こちらはサラサラです。
傾けても液面は水平を保ってます。


600wで1分温め、混ぜ、さらに600wで30秒温め、混ぜました。


こちらも型に流し込みます。


このまま置いて粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。


冷やし固めたので、型から取り出します。


カフェオレ味のこんにゃくゼリーです。


味はまさしくカフェオレです。
コーヒーの淹れ方からこだわってますから、ちゃんとしたカフェオレの味がしてます。

そして、こんにゃくの弾力。

ん?

これは、はっきり言って違和感です。

微妙です。

う〜ん…

これはあまりお勧めできません。

けど、妻は美味しいと言って食べてました。


赤ワイン味のこんにゃくゼリー。


これは、めちゃくちゃ美味い!

赤ワインの味、ちゃんとアルコールの味がして、そしてこんにゃくの食感。

これは来ました!!

まさしく大人のこんにゃくゼリーです。

満足の味です。

大人のこんにゃくゼリーおまけ

これは過去に作った梅酒のこんにゃくゼリーです。
基本の材料の好きなジュースの部分を梅酒に変えただけです。

コツは、加熱しずぎるとアルコールが飛ぶので、80℃を超えない程度に加熱するといいです。

ワインよりもアルコール度数が高いので、もっと大人の味で、もちろん美味しいです。
食べ過ぎると酔いますよ。

こんにゃくゼリー総括

4種類作りましたけど、全て食感が違いました。
ブドウ味とりんご味の弾力の違いは、こんにゃく粉の誤差もありますが、素材の違いによって、仕上がりの弾力が変わるようです。

材料を加える順番によって弾力が変わるかと思い、例えば、こんにゃく粉を最初に入れて混ぜるとか、最後に入れて混ぜるとか、それも色々試してみました。
しかし、混ぜる順番を変えても仕上がりの弾力は特に変わりません。

材料は、最初にご紹介した基本のレシピが全てに応用できます。
基本のレシピは大切なので、後ほど、もう一度おさらいします。

というわけで、いろんな味でアレンジできますから、ぜひお試しください。

おさらい

色々紹介して、基本の作り方が分からなくなるといけないので作り方についておさらいしましょう。

材料についておさらい

【こんにゃくゼリーの材料】1〜2人前
好きなジュース(飲み物) 150ml
こんにゃく粉 2g
アガー 6g
砂糖 20g
クエン酸 1g(無くても良い)

※クエン酸の代わりにレモン汁を小さじ1/2くらい加えても良いです。

クエン酸やレモン汁などの酸味は、フルーツ系やジュース系の味なら加えたほうが美味しいです。

カフェオレ味など酸味が必要ない場合は入れない方が美味しいです。
酸味を加えるかどうかは、ご自身で判断してください。

これが基本の材料です。

この量だとおよそ1〜2人分なので、必要に応じて2倍3倍で作ってください。

作り方のおさらい

  1. ジュース(飲み物)を人肌程度まで温めておく
  2. すべての材料を混ぜ、1時間置く
  3. 600wの電子レンジで1分加熱し混ぜる
  4. さらに600wで30秒加熱し混ぜる
  5. 熱いうちに型に流し込む
  6. 冷やし固める
  7. 型から取り出す

動画で説明

動画ではオトコ中村自らが出演して説明し、試食してレビューしてます。
動画でした表現できない事もあるので、併せてご覧ください。

こんにゃくゼリー

その他の料理

2021/7/31

こんにゃくゼリーの作り方 秘伝「大人のこんにゃくゼリー」もご紹介します

あのぷるんぷるんで、食物繊維たっぷりのこんにゃくゼリー。実は、材料さえ揃えれば、簡単に作る事ができます。 好きなジュースを使って好きな味で作る方法をご紹介します。 【目次】1.こんにゃくゼリーの材料1−1.材料についての説明2.こんにゃくゼリーの作り方3.大人のこんにゃくゼリーの作り方3−1.大人のこんにゃくゼリーおまけ4.こんにゃくゼリー総括5.おさらい5−1.材料についておさらい5−2.作り方のおさらい6.動画で説明 こんにゃくゼリーの材料 【こんにゃくゼリーの材料】1〜2人前好きなジュース 150m ...

ReadMore

セイタカアワダチソウ

鴨川の野草

2021/7/24

セイタカアワダチソウの美味しい食べ方

あの力強い野草のセイタカアワダチソウは、美味しく食べる事ができます。セイタカアワダチソウの美味しい食べ方を3種類ご紹介します。ホンマに美味しいですからね。これを読めばセイタカアワダチソウを見る目が変わりますよ。 【目次】1.セイタカアワダチソウについて2.セイタカアワダチソウの効能3.セイタカアワダチソウの採取4.セイタカアワダチソウの味5.セイタカアワダチソウのアク抜き6.セイタカアワダチソウの料理法を考える7.セイタカアワダチソウの白和え8.セイタカアワダチソウのケーキ9.セイタカアワダチソウパン10 ...

ReadMore

中村家の長期熟成発酵食品

その他の漬物・発酵

2021/7/17

長期熟成発酵食品の勧め 中村家秘蔵の発酵食品5種を紹介 7年熟成○○の味に驚愕!

長期熟成発酵食品は微生物の力と時間をかける事によって、食品が思いもよらない変化を遂げるので、面白いです。今回は中村家秘蔵の長期熟成発酵食品5種をご紹介します。 【目次】1.魚醤2.3年味噌3.7年梅干し4.4年酒粕5.4年奈良漬6.まとめ7.動画で説明 魚醤 これは魚醤です。魚醤は魚を原料に作る醤油の事です。 イワシと塩を瓶に漬けて、1年以上放置しておいたら魚醤になります。 これは2021年4月19日に仕込みました。この画像を撮影したのは2021年7月10日なので、仕込んでから、もうすぐ3ヶ月です。 【魚 ...

ReadMore

ワインビネガーのボトル詰め

2021/7/10

材料3つ!超簡単ワインビネガーの手作り

市販の酸化防止剤不使用のワインと、あと2つの材料を容器に入れて放置するだけで、美味しいワインビネガーを作る事ができます。 お酢は、お酒を発酵させて作る発酵食品です。だからお酢を手作りすることができます。 また、完成したワインビネガーを使ったドレッシングの作り方もご紹介します。 これを読めば、ワインを買ってきて、そこからワインビネガーを作る事ができるようになりますよ。 【目次】1.ワインビネガーの材料2.ワインビネガーを仕込む2−1.仕込んでから2日後2−2.さらに1日後(仕込んでから3日後)2−3.さらに ...

ReadMore

自家製柴漬け

その他の漬物・発酵

2021/7/22

京都人が教える柴漬けをお家で漬けるレシピ 乳酸発酵で美味しくできます

京都の伝統的な漬物である柴漬けを、ご家庭で簡単に漬ける方法をご紹介します。乳酸発酵させるから、美味しいだけでなく、腸内環境にも良いですよ。 【目次】1.6月〜8月は柴漬けの季節2.柴漬けの材料3.柴漬けの仕込み4.赤紫蘇漬けを仕込む5.柴漬けを漬けてから4時間後6.漬け始めて1日後7.漬け始めから3日後8.本漬け9.柴漬けの完成10.まとめ11.動画で説明 6月〜8月は柴漬けの季節 柴漬けの柴というのは、赤紫蘇の意味です。ナスとかキュウリとかを赤紫蘇と一緒に漬けて乳酸発酵させた、京都の伝統的なお漬物です。 ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-その他の料理