その他の料理

こんにゃくゼリーの作り方

先日の記事、こんにゃく粉でこんにゃくを作るに引き続き、今度はこんにゃくゼリーに挑戦です。

こんにゃくゼリーと言えば、マンナンライフの蒟蒻畑ですね。

あれは美味しいですね~。

妻が大好物で、よく買ってきます。
子ども達も大好きです。

いったいどうやって作られているのでしょうか?
疑問に思ったら作ってみないと気が済みません。
作るといっても、普通のこんにゃくと同じ要領で作ると、こんにゃく臭が気になって美味しくなくなります。
凝固材である水酸化カルシウムを使用すると、こんにゃく臭がするので、凝固材は使用しません。

すっきりとした果汁の味を活かす為に、こんにゃく粉とアガーを併用して固めます。

…と知ったようなことを書いていますが、これは調べた結果をまとめたものです。
上手く出来るかどうかは、やってみない事には分かりません。

あ、大丈夫ですよ。
最後には成功しますから。

こんにゃくゼリーの材料

こんにゃく粉とアガー
アガーというのは、寒天の親戚みたいなもので、海藻から作られたものです。
製菓材料店で手に入ります。
私は、富澤商店で購入しました。
ぷるるんアガー / 100g TOMIZ(富澤商店) 凝固剤 アガー

もし、アガーが手に入らなければ、スーパーに売っているペクチンでも、一応は代用できます。

こんにゃく粉は、あまり売っていないので通販にてどうぞ。
こちらの商品が品質も良く、お買い得なのでおすすめです。

こんにゃく素材の入手に関しては、こちらのショップがお勧めです↓
下仁田 ぜいたく庵 楽天市場店

こんにゃくゼリー作りに挑戦!(第1弾)

〈試作品第1弾の材料〉
好きなジュース 400ml
こんにゃく粉 5g
アガー 10g(ペクチンでも可)
砂糖 20g

試作生温かいジュースに、砂糖・こんにゃく粉・アガーを混ぜて、よ~く混ぜて、1時間くらい放置します。
1時間後、こんにゃく粉が水分を吸ってドロドロになります。
それを沸騰寸前まで温めます。

ガラス容器に入れるそして、ガラス容器に入れました。

リンゴ果汁・みかん果汁・ぶどう果汁の3種で作りました。

これが冷めたら出来上がりです。

ぼよ~んぼよ~ん。

常温でこの状態。

しっかり固まってます。

こんにゃくゼリー第1弾適当な大きさに切りました。

では食べてみましょう。

試食確かにこんにゃくゼリーになっています。

弾力はあるのですが、歯切れがあまり良くなくて食感は、もう一歩かな?
味は、果汁100%のジュースを使用したのですが、甘味が弱く感じました。
次は、こんにゃく粉の割合を増やして歯切れを良くして、さらに甘味と酸味を強くしてみます。

こんにゃくゼリー試作品第2弾

〈試作品第2弾の材料〉
好きなジュース 200ml
こんにゃく粉 3g
アガー 5g(ペクチンでも可)
砂糖 20g
クエン酸 1g(無くても良い)

ハート型で固めるダイソーでハートの型を買ってきました。
ハート形の方がこんにゃくゼリーっぽいでしょ。

でろ~んでろ~ん。

型から出した途端に、見事にハートの形が崩れました。
確かにこんにゃくゼリーなのだけれど、弾力が弱く、歯切れが悪く、これはちょっと失敗。

甘味と酸味も、まだ少し弱いです。
次は、アガーの割合を増やして、甘味と酸味をもう少し強くしてみます。

こんにゃくゼリー試作品第3弾

〈試作品第3弾の材料〉
好きなジュース 150ml
こんにゃく粉 2g
アガー 6g(ペクチンでも可)
砂糖 20g
クエン酸 1g(無くても良い)

作る手順は、最初と変わりません。
生温かいジュースに、全ての材料を混ぜて、1時間くらい放置します。
1時間後、こんにゃく粉が水分を吸ってドロドロになります。
それを沸騰寸前まで温めます。
型に入れて冷ませば出来上がり。

こんにゃくゼリー成功!!

 

美味しい!!プルンとした食感!!

これぞこんにゃくゼリー!!

味も濃厚で、果汁100%だから香りも良い。
家族皆に大好評で、瞬く間に完食!

 

やったー!

 

という事で、以下が決定版のレシピです。

こんにゃくゼリーのレシピ決定版

〈材料〉
好きなジュース 150ml
こんにゃく粉 2g
アガー 6g(ペクチンでも可)
砂糖 20g
クエン酸 1g(無くても良い)
※クエン酸の代わりにレモン汁を小さじ1/2くらい加えても良いです。

1.生温かいジュースに、砂糖・こんにゃく粉・アガー・クエン酸を混ぜて、よ~く混ぜて、1時間くらい置いてこんにゃく粉に水分を吸わせる。
※冷えたジュースに、こんにゃく粉を混ぜると、こんにゃく粉が水分を吸いにくいので、上手く作れません。

2.沸騰寸前まで温め、型に流し込む。
※完全に沸騰させると、上手く固まらないので沸騰寸前というのがポイント。

3.冷めたら完成。
※冷めたら、冷えてなくても常温でも固まります。
けど、冷やして食べると美味しいですね。

梅酒で作ったこんにゃくゼリー

上記のこんにゃくゼリーのレシピ決定版で、好きなジュースの部分を梅酒に置き換えて作った物です。

これは美味い。
本当に梅酒のこんにゃくゼリーです!!

大人しか食べられない味で、売ってない味です。
手作りするしかありませんが、作っただけの価値はありますよ。

美味しく作るコツは、加熱しすぎるとアルコールが飛ぶので、加熱は80℃くらいまでで、少し控え目に行うといいでしょう。

梅酒でこんにゃくゼリーを作った記事はこちら↓
2013年から2014年にかけて、1年間の梅仕事に関する事がつらつらと書かれています。
梅干、梅酒、梅料理を作る (2013年梅仕事)

最後に

今回は、果汁100%のジュースを使用しましたが、「Qoo」とか「なっちゃん」とか果汁の割合が少ないジュースを使用しても逆にもっと美味しくなるかも知れません。

また、梅酒を使った物は美味しかったです。
ワインを使ってもきっと美味しいでしょう。

更に、この配合を料理に応用したら、煮凝りのこんにゃくとか、テリーヌ風こんにゃくとか、新たなる可能性が広がりそうですね。
今回は、アイデアを提案するだけにしておきますが、いずれまた作るかも知れませんのでお楽しみに。

続き こんにゃく芋からこんにゃくを作る

イワシのなれずし

その他の漬物・発酵

2020/9/15

イワシのなれずしを作る イワシと塩とご飯を真夏のベランダに1ヶ月放置して作る

イワシのなれずしを作るイワシと塩とご飯を真夏のベランダに1ヶ月放置して作る 滋賀県の名物で鮒寿司という発酵食品があります。鮒寿司は、琵琶湖のニゴロブナと塩とご飯を真夏の熱い時期に漬け込んで熟成発酵させて作ります。 発酵食品が大好きな私も鮒寿司を作ってみたいと思いましたが、ニゴロブナが入手困難なので、代わりにどこでも売っているイワシで作る事にしました。 動画もあります。 動画は、オトコ中村自らが語り、視覚的に分かりやすいので併せてご覧ください。 けど動画は、長ったらしくならないように細かい説明を省略してます ...

ReadMore

自家製カマンベールチーズ

チーズ作り

2020/9/1

カマンベールチーズの作り方 自宅で材料3つで出来る方法

カマンベールチーズの作り方自宅で材料3つで出来る方法 カマンベールチーズを、自宅で材料3つで作る方法をご紹介します。特別な道具とか必要ありません。普通のご家庭にある調理道具があれば作れます。もし道具がなくても100均で揃えることもできます。 この方法を守れば、白カビ菌を失敗せずに育てることができます。 工場で作られる製法とは違います。私が何年もかけて試行錯誤を繰り返し、普通のご家庭で作れる方法にアレンジしました。 ブログの方がより論理的に詳しく書いてあるので、詳しく知りたい方は、このブログをじっくり読んで ...

ReadMore

美味しいビール

ビール

2020/8/26

家で缶ビールを美味しく飲む方法 簡単にきめ細やかな泡を持続させる方法もご紹介します!

家で缶ビールを美味しく飲む方法簡単にきめ細やかな泡を持続させる方法もご紹介します! 厳しい残暑が続きますが、皆様は健やかにお過ごしでしょうか。2020年の夏、私の住む京都は、7月は梅雨が長引き、あまり暑くなかったですが、梅雨が明け、8月に入り本格的な暑さが到来しました。京都は、8月下旬でも連日体温を超える猛暑が続いております。 そんな時はビールがうまいですね。 家で、普通の缶ビールを美味しく飲む為の予備知識をご説明するとともに、美味しく飲むためのとっておきの方法をお伝えします。 動画もあります。併せてご覧 ...

ReadMore

ミックスベリーのゼリー

その他のスイーツ その他の料理

2020/8/18

たこ焼き器を100倍活用する13種のアレンジレシピを紹介!

関西の家庭ならどこにでもあるたこ焼き器、アレンジ次第でものすごく多様な働きをしてくれます。 たこ焼き器を100倍活用する13種のレシピをご紹介します。 【目次】 1.たこ焼き器で焼売(シュウマイ) 2.たこ焼き器でレアチーズケーキ 3.たこ焼き器でプチケーキ 4.たこ焼き器で爽やかグレープフルーツゼリー 5.たこ焼き器でミックスベリーのゼリー 6.たこ焼き器でホットケーキ 7.たこ焼き器であんこ入りホットケーキ 8.たこ焼き器でベーコン&チーズ焼きおにぎり 9.たこ焼き器でシンプルに醤油焼きおにぎり 10 ...

ReadMore

国産豚方ロース塊

低温調理 肉料理

2020/8/11

豚肉の低温調理が美味い!ローストポーク・トンテキ・スペアリブ煮込み・角煮・コンフィ(2020最新版)

以前お伝えした 低温調理が美味しい理由を化学的に考察する の理論を踏まえて豚肉を調理してみます。 その記事を、お読みでない方に結論だけお伝えします。 【前回の結論】60~66℃の範囲で24時間くらい低温調理すれば、だいたいどんな肉でも柔らかく美味しく調理できる。 詳しく知りたい方は オトコ中村の楽しい毎日  1 user低温調理が美味しい理由を化学的に考察するhttps://otokonakamura.com/lowtemper02/前回、ローストビーフと厚切りステーキを低温調理で作り ...

ReadMore

-その他の料理

© 2020 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5