キノコ

アミタケと思って食べたキノコで腹下し

2012年10月5日

2012年9月20日朝、京都御苑を散策。

アミタケ1お!

美しいキノコ。
アミタケ2何個も引っ付いて生えているのもあります。
ウンコみたいですが違いますよ。

アミタケ32個だけ採取しました。
乱獲はいけませんよ。
これは、アミタケ(イグチ科)だと思います。

※後日注
〔ご指摘いただいたのですが、これはアミタケではなく、チチアワタケではないかと、思います。
以下、チチアワタケだと思って読んでください。〕

表面にぬめりがあります。
最近、キノコの勉強をして知りましたが、ヒダがスポンジ状(管孔と言う)のキノコは、たいていイグチ科で、イグチ科のキノコは、ほとんどが無毒で安全です。
キノコ初心者は、イグチ科から攻めてみると良いのではないでしょうか。

ちなみに、私が初めて食べた野生のキノコは、猛毒のキノコが多いテングタケ科の、ツルタケというキノコでした。

dai08その時のキノコです。
多分ツルタケではないかと思います。

dai11そのツルタケと思われるキノコをオリーブオイルで炒めて、塩コショウで味付けしました。

うまかったです。

市販のキノコより断然うまかったです。

シメジとエリンギのうまみと風味を濃くしたような味でした。

今思えば、なかなか冒険をしたものだと思います。

さて、話をアミタケに戻します。

アミタケ4裏返して撮影。

アミタケ5切った断面を撮影。

アミタケの味噌汁味噌汁に入れました。
味噌は自家製です。
クセは全くありません。
ナメコみたいにツルッとしていて、ふわっとして、普通に食べられました。

そしてまた2012年10月4日朝、京都御苑を散策。

アミタケ1お!?

アミタケ発見。

※後日注
〔たぶんチチアワタケの間違い〕

チラホラと発生しています。

アミタケ2ん!?

あちらこちらに、結構生えています。

アミタケ3おお!!
よく見ると、足の踏み場も無いくらい、たくさん生えています!

 

豊作じゃ!

豊作じゃー!

 

テンション上がりました!

これ、もし全部採ったら、風呂の浴槽をアミタケで一杯にすることも出来そうです。
もちろんやらないですよ。
例えですよ。
先日の台風による雨の影響で、多く発生したのかもしれないですね。
形の良いものや、きれいなものだけ、ごく一部採取しました。

乱獲はいけませんよ。

アミタケ4全体からすれば、ほんのわずかの量ですが、これだけ採れました。

早速料理してみます。
アミタケの料理は、ナメコと同様の料理法だと、間違いないと思います。

例えば、味噌汁の具にする。
又は、ゆでて大根おろしとポン酢でいただくなど。
けど、たくさんあるから、少し実験で炒めてみます。

アミタケのソテー豪快に切って熱したフライパンに放り込む。

ジューっという音。

アミタケのソテー2すぐ、しんなりとなって、これだけボリュームが減りました。

キノコってそんなものですよね。
料理する前は、こんなに大量に?って思うくらいが、ちょうどよかったりします。

アミタケのソテーアミタケのソテーが完成。

お味は?

 

うーむ…

つるっとしていて、ふわっとしています。

 

で、お味は?

 

ん~

やわらかいです。

 

で、お味は?

 

え~っと…

黄色い汁がいっぱい出ました。

まるでターメリックで炒めたみたいです。

 

で、味はどないやねん!?

 

いや、あの~

 

その~

 

美味しくないです。

 

どうやら、炒め物にはあまり向いてないみたいです。
炒め物に使うなら脇役で使いましょう。

アミタケの味噌汁というわけで、我が家では、残りのアミタケは味噌汁に使用しました。

味噌汁に入れると色が悪くなりますが、やっぱアミタケは味噌汁が一番。
ですが、味噌汁に使用しても、特別美味しいというわけでもないですね。
実を言うと、香りがあまり良くないのです。
アミタケは、少しだけなら、自然の恵みと思ってありがたくいただく事ができるのですが、あまり大量に採取したら、処理に困るので、気をつけましょう。

その後(ここからが重要)

コレを食べたのは朝8時頃でしたが、その3時間後、午前11時頃に、お腹を下しました。
この時は、たまたまお腹を下した程度に思っていました。

また、その夜、このキノコを味噌汁に入れて食べました。
それを食べたのは、午後6時頃。
そして、約3時間後の、午後9時頃に、お腹を下しました。

この時点でやっと、あのキノコが原因じゃないか?
と気付きました。

私の家族も、同じ物を食べたのですが、あまり美味しくなく、食べたのが少量だったために、何もありませんでした。
私は、採ってきた責任から、たくさん食べました。
このキノコ、少量なら問題ないが、大量に食べるとお腹を下すという事ですね。

食べて3時間後に、突然お腹の中にグワーっと何かが催してきます。
そして、トイレで全てを発散したら、あとくされなしでスッキリ!
何の後遺症もありません。

アミタケを調べてみると

アミタケはゆでると紫色になるみたいです。
だから、味噌汁に入れると紫色になるはず。
けれど、今回紹介したキノコは、味噌汁に入れても、紫色にはなってませんでした。
今回のキノコは、アミタケでは無く、チチアワタケではないだろうか?
と思います。
たぶんチチアワタケでしょう。
キノコの同定は難しいですね。

ウィキペディアによると、青森では、このキノコ、ハラクダシと呼ばれているらしい。

まさにその通りの名前!

一応、食用キノコとして通ってはいるものの、中毒を起こす種類もあるとか。
もしかして、私はそれを食べたのかな?

私なりの見解を述べさせていただくと。
食用キノコと思っても差し支えないと思いますが、多食は禁物。
そもそも、あまり美味しくないので、たくさん食べる気は起こらないと思うが、食べるなら2個まで。
それ以上食べると、3時間後にトイレへ直行することになります。

逆に、便秘の人にはお勧めです。

2年熟成白たまりの表面

その他の漬物・発酵

2023/1/21

2年間熟成発酵させた白たまりを味わう

2年間熟成発酵させた白たまりを味わう 小麦麹を塩水に漬けて熟成発酵させた調味料を白たまりと言います。白たまりの熟成期間は2〜3ヶ月程度で済むのですが、我が家には2年も熟成させた白たまりがあり、熟成が進みすぎて真っ黒になっています。果たして、どんな味になってるのでしょうか。今回はそれを搾って味わってみようと思います。 【目次】1.白たまりとは2.白たまりの作り方3.工程1:小麦麹を作る3–1.小麦麹を作らずに買っても良い4.工程2:小麦麹を塩水に漬ける5.工程3:熟成発酵6.実は白たまりを仕込むつもりでは無 ...

ReadMore

白菜漬け

その他の漬物・発酵

2023/1/10

放っておくだけ!乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方

放っておくだけ!乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方 乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方をご紹介します。発酵による何とも言えない美味しさがあって、しかも身体に良いのです。 乳酸発酵と言っても何も難しくありません。基本的に放っておくだけです。 これを読めば作れるようになりますよ。 ズボラな人でも作れるように、ジッパー付きの保存袋でできる簡単な作り方をご紹介します。 【目次】1.白菜漬けの材料2.白菜を漬ける3.乳酸発酵させる方法4.乳酸発酵させる時の温度5.8日間放置6.試食7.さらに5日放置8.まとめ9.動画で説明 ...

ReadMore

コーヒーをオーブンで焙煎する

コーヒー

2022/12/24

コーヒー生豆をご家庭のオーブンで焙煎することができる!どのようなオーブンでも均一に焼く方法

コーヒー生豆をご家庭のオーブンで焙煎することができる!どのようなオーブンでも均一に焼く方法 コーヒー豆を、ご家庭にあるオーブンで焙煎することができます。難しくないです。オーブンに入れておくだけでできます。 そして、オーブンで焙煎すると、均一に火が通ります。均一に焼く方法は難しくありません。この記事を読んだら出来るようになりますよ。 自家焙煎はコーヒーを最高に美味しく飲める方法です。是非とも挑戦してみてください。 【目次】1.オーブン焙煎に必要なもの2.オーブンで均一に焙煎する方法3.オーブンによって焼き加 ...

ReadMore

フライパンでコーヒを焙煎する

コーヒー

2022/12/24

誰でもできるコーヒーのフライパン焙煎を詳しく解説します

誰でもできるコーヒーのフライパン焙煎を詳しく解説します コーヒーのフライパン焙煎とは、文字通りフライパンでコーヒーを焙煎する事です。これが簡単で、驚くほど美味しく焙煎できるのです。その方法をご説明します。 【目次】1.コーヒーのフライパン焙煎に必要なもの2.焙煎開始3.フライパン焙煎するとチャフが飛び散る4.焙煎前の生豆と焙煎後の豆を比較5.焙煎したての豆でコーヒーを淹れる6.フライパン焙煎のメリットとデメリット7.コーヒーをブレンドするともっと楽しめる8.均一に焼くには9.まとめ10.動画で説明 コーヒ ...

ReadMore

年間ランキング2022

未分類

2022/12/3

年間ランキング2022 最も多く読まれた記事と、最も長時間読まれた記事

年間ランキング2022最も多く読まれた記事と、最も長時間読まれた記事 2022年もあっという間に12月になりました。昨年から始めて、今回が2回目となる年間ランキングを発表したいと思います。 当ブログは2012年に始まって、コツコツと記事を書いてきました。おかげさまでもうすぐ11年です。 トータルで1000記事以上書きましたが、内容の薄いものや、全く読まれてない記事を統廃合して、ブログ内も新陳代謝しております。そして2022年12月2日時点で433記事あります。 その中で、2022年に最も読まれた記事のベス ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-キノコ