マテバシイをペーストにしてパンやケーキを焼く (ドングリ2013 その1)

      2016/08/05

今年もまた、子ども達と一緒に京都御苑にてドングリを拾って来ました。
子ども達も、ドングリ拾いが大好きで、たくさん拾って来ました。

シイの実これはマテバシイの実。
食べる事が出来ます。
アクが少ないので、生でも食べる事が出来ます。

昨年の記事 ドングリでパンとクッキーを焼く(ドングリ2012)でも紹介しました。

クヌギの実これはクヌギの実
これも食べる事が出来ますが、少しアクがあるので、ゆでこぼすなどしたほうが食べやすいです。

アラカシ・シラカシの実これは、シラカシやアラカシの実
台風の影響で、未熟な実が落ちていました。
これは、アクが強すぎて、とても人間の食べられるものではありません。
食べられないけど、子どものおもちゃにはなります。

炒るでは、マテバシイの実を料理しましょう。

まずは炒ります。

割る炒った物をペンチなどでパキッと割って殻をむきます。

割りました殻をむきました。
このままでも食べられるのだけど、あまり美味しくないので、これを料理します。
上手く料理すると、何故だか美味しく化けるのです。
昨年は、これを粉末にしましたが、冷めたら硬くなるために、粉末にするのは重労働でした。

なので今年は…

ゆでるゆでます。

ペーストになる1時間くらいゆでたらペースト状になりました。
これを料理に使います。

スポンサーリンク

シイの実パンマテバシイの実食パン。
ペーストをパンに混ぜて焼きました。

これが美味しい!

味を例えて言うならクルミパンのようです。

シイの実カップケーキマテバシイの実カップケーキ。

ペーストを甘く味付けして、プレーン生地とマーブルにして焼きました。

これも美味い!

例えて言うならマロンケーキです。
マテバシイの実は、そのままでは特別美味しいものではないですが、調理することによって美味しく化けました。
拾う楽しみと、調理する楽しみと、食べる楽しみ、色々楽しめますね。

続き スダジイを炒る そしてクヌギのパンを焼く(ドングリ2013 その2)

スポンサーリンク




 - ドングリ・栗