梅の仁で梅仁豆腐を作る 2015年梅仕事

2015年6月16日

梅干を漬ける毎年恒例の梅干作りですが、今年は2kgの梅を漬けました。
今年も例年通り塩分18%で、配合は、以下の通りです。

【梅干の配合】
梅 2kg
塩 360g
砂糖 40g

梅酒を漬けるまた、梅酒も漬けました。
配合は、以下の通りです。

【梅酒の配合】
梅 1kg
甜菜糖 500g
ホワイトリカー 1800ml

1年以上熟成させて、来年(2016年)の6月に解禁する事にします。
昨年(2014年)に漬けた梅酒は、1年経ったので美味しく飲んでるのですが、美味しいと言っても、1年熟成させた味噌のような、感動的な美味しさではありません。
1年熟成では、チョーヤの梅酒と同レベルの美味しさです。
市販の物を越えるような感動的な美味しさにするためには、3年以上熟成させる必要があると思いますが、妻が梅酒の完成を楽しみにしているので「3年も待て」とは、なかなか言えないですね~。

梅酒の梅そして、昨年漬けた梅酒の梅をジャムにします。
少し水を足して、砂糖と一緒に煮込みます。

梅酒の梅ジャム梅酒の梅ジャム。
梅酒の梅は、酸味が抜けてるのですが、熟成による深みがあり、これはこれで美味しいです。

梅の種そして、梅の種が残りました。
いつもは、これを捨てるのですが、今回は捨てずに、これで梅仁豆腐を作ってみようと思います。

「えっ!? 梅仁豆腐って何?」と思いますよね。

そう思わせようと思って書きました。
その通りに思ってくださった方ありがとうございます。

さて、梅仁豆腐の説明をする前に、杏仁豆腐の説明からしなければいけません。
杏仁豆腐とは、杏(アンズ)の仁が入った豆腐のようなデザートです。
アンズの果実の中にある種を割ると、その中にあるのが仁です。
杏仁には、薬効成分があり、昔の中国ではこれを粉末にしたもの服用していたのですが、これを甘くして食べやすくしたものが杏仁豆腐の始まりみたいです。
日本では、デザートとして広まってますね。

そして日本の杏仁豆腐は、アンズの仁ではなく、アーモンドエッセンスで代用する作り方が広まっています。
アーモンドは、アンズと同じバラ科の近親種で、桜のような可憐な花を咲かせ、アンズを小さくしたような実がなります。
果実は、薄っぺらくて美味しくないので食用にはされません。
種を割ると出てくる仁が、いわゆるアーモンドです。
アーモンドと杏仁の香りが似ているので代用できるのです。

日本では、ほとんどがアーモンドエッセンスを使い、杏仁を使っていないのですが、杏仁豆腐という名で売られています。
本当はアーモンド豆腐という名で売らなければいけないのですが、そうしなければいけない法律は無いのです。
ちょっと前に、ホテルがメニュー表記と違う食材を出していた事が問題になりました。

ホテルは、法律には違反していなかったはずなんですが、消費者保護の観点からでしょうか、マスコミが取り上げたからでしょうか、とにかく食品偽装等と言って問題になりました。
細かい事を言えば、杏仁豆腐も問題になって然るべきだったのですが、杏仁豆腐に関しては、問題にならなかった模様です。
美味しければそれで良いですもんね。

という事で、もう梅仁豆腐の説明をしなくても分かっていただけると思います。
アンズと同じバラ科の近親種である梅の仁で梅仁豆腐を作ってみます。

梅仁豆腐を作る

梅の種を割る梅の種をバキッと割ります。

割った梅の種割ると、中から出てくるのが梅仁です。

梅仁1kgの梅から、これだけの仁を取り出す事が出来ました。

結構な重労働でしたよ。
腕がしびれました。

薄皮を剥いた梅仁薄皮を剥きます。
薄皮はツルっと簡単に剥けました。
重さを計ると23gでした。
1年間梅酒の中に漬けた1kgの梅の中から取り出した23gですから貴重な23gです。

すり潰すこれをすり鉢ですり潰します。

すり潰した梅仁すり潰しました。
梅酒の香りと、アーモンドのような香りがします。

牛乳を加えて練る牛乳を少しずつ加え、練ります。

加熱する火を通し、砂糖とアガーを加えます。
ちなみに加えた材料は、以下の通りです。

【梅仁豆腐の材料】
梅仁 23g
牛乳 230g
砂糖 30g
アガー 8g

適当な容器に入れて冷やす適当な容器に入れて冷やします。

梅仁豆腐梅仁豆腐。
さて、味はと言いますと…

確かに杏仁豆腐のような味がします。
さすが近親種という事ですね。
梅仁で、杏仁の代用となることが分かりました。

美味しさと言う点では、私の作り方がいけなかったのか、もう一つでした。
けど、子どもたちは、喜んで食べてくれたみたいです。
そして「また作ってね。」と言ってくれました。
そう言ってくれるのは嬉しいのですが、こんなに貴重な素材を使って、さらに重労働が必要な梅仁豆腐は、もう二度と作りたくないです。
もしまた作るなら、アーモンドエッセンスで代用しようと思います。
ああ、とうとう私も食品偽装に手を染める事になるのか…

いや、杏仁豆腐と言わずにアーモンド豆腐と言って出せば大丈夫。
逆に、アーモンド豆腐が新たなスイーツとして注目されたり…

せんやろな…

セイタカアワダチソウ

鴨川の野草

2021/7/24

セイタカアワダチソウの美味しい食べ方

あの力強い野草のセイタカアワダチソウは、美味しく食べる事ができます。セイタカアワダチソウの美味しい食べ方を3種類ご紹介します。ホンマに美味しいですからね。これを読めばセイタカアワダチソウを見る目が変わりますよ。 【目次】1.セイタカアワダチソウについて2.セイタカアワダチソウの効能3.セイタカアワダチソウの採取4.セイタカアワダチソウの味5.セイタカアワダチソウのアク抜き6.セイタカアワダチソウの料理法を考える7.セイタカアワダチソウの白和え8.セイタカアワダチソウのケーキ9.セイタカアワダチソウパン10 ...

ReadMore

中村家の長期熟成発酵食品

その他の漬物・発酵

2021/7/17

長期熟成発酵食品の勧め 中村家秘蔵の発酵食品5種を紹介 7年熟成○○の味に驚愕!

長期熟成発酵食品は微生物の力と時間をかける事によって、食品が思いもよらない変化を遂げるので、面白いです。今回は中村家秘蔵の長期熟成発酵食品5種をご紹介します。 【目次】1.魚醤2.3年味噌3.7年梅干し4.4年酒粕5.4年奈良漬6.まとめ7.動画で説明 魚醤 これは魚醤です。魚醤は魚を原料に作る醤油の事です。 イワシと塩を瓶に漬けて、1年以上放置しておいたら魚醤になります。 これは2021年4月19日に仕込みました。この画像を撮影したのは2021年7月10日なので、仕込んでから、もうすぐ3ヶ月です。 【魚 ...

ReadMore

ワインビネガーのボトル詰め

2021/7/10

材料3つ!超簡単ワインビネガーの手作り

市販の酸化防止剤不使用のワインと、あと2つの材料を容器に入れて放置するだけで、美味しいワインビネガーを作る事ができます。 お酢は、お酒を発酵させて作る発酵食品です。だからお酢を手作りすることができます。 また、完成したワインビネガーを使ったドレッシングの作り方もご紹介します。 これを読めば、ワインを買ってきて、そこからワインビネガーを作る事ができるようになりますよ。 【目次】1.ワインビネガーの材料2.ワインビネガーを仕込む2−1.仕込んでから2日後2−2.さらに1日後(仕込んでから3日後)2−3.さらに ...

ReadMore

自家製柴漬け

その他の漬物・発酵

2021/7/22

京都人が教える柴漬けをお家で漬けるレシピ 乳酸発酵で美味しくできます

京都の伝統的な漬物である柴漬けを、ご家庭で簡単に漬ける方法をご紹介します。乳酸発酵させるから、美味しいだけでなく、腸内環境にも良いですよ。 【目次】1.6月〜8月は柴漬けの季節2.柴漬けの材料3.柴漬けの仕込み4.赤紫蘇漬けを仕込む5.柴漬けを漬けてから4時間後6.漬け始めて1日後7.漬け始めから3日後8.本漬け9.柴漬けの完成10.まとめ11.動画で説明 6月〜8月は柴漬けの季節 柴漬けの柴というのは、赤紫蘇の意味です。ナスとかキュウリとかを赤紫蘇と一緒に漬けて乳酸発酵させた、京都の伝統的なお漬物です。 ...

ReadMore

ワインビネガーを仕込む

2021/6/23

お家で出来るブドウジュースからワインビネガーを作る方法

ワインビネガーを、お家でブドウジュースを発酵させて作る事ができます。赤ワインビネガーと白ワインビネガー両方の作る方法をご紹介します。 【目次】1.ブドウジュースからワインビネガーを作る流れ2.ブドウジュースからワインを作る3.ワインの完成4.ワインビネガーを仕込む4−1.仕込んでから6日経過4−2.仕込んでから8日経過4−3.仕込んでから10日経過4−4.仕込んでから21日経過4−5.仕込んでから31日経過4−6.仕込んでから45日経過5.ワインビネガーの味6.ワインビネガーを作って思った事7.動画で説明 ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-