3年熟成させた梅干

2017年8月22日

2014年に仕込んだ梅干これは、見ての通り2014年(3年前)に漬けた梅干です。
2017年8月まで熟成させると書いてあります。
今が2017年8月なので、3年の時を経て、とうとう解禁です。

梅干を3年以上熟成させたら、まろやかになって美味しいとの情報を自然食の本か何かで得て、実際に仕込んでみようと思ったのでしょう。
3年も前の記憶なので忘れましたが、忘れないために「2014年に仕込んだ梅干 2017年8月まで熟成させる」と紙に書いて貼ったのでしょう。

仕込んだ時の様子は以下の記事をご覧ください。
梅干と梅酒を漬けて、梅酒の梅でジャムを作る (2014年梅仕事)

 

さて、梅干を3年熟成させたことにより、どのような変化があるのでしょうか?

ちなみに、3年間熟成させた梅干でなく、3年熟成「梅酒」は、期待通り濃厚で芳醇な香りで、めちゃくちゃ美味しかったです。
3年間熟成させた梅酒について詳しくは以下の記事をご覧ください。
3年熟成梅酒と40年前の密閉保存瓶

3年熟成梅干ご開帳

3年熟成させた梅干見た目は普通の梅干です。

3年前の様子これは、3年前に仕込んだ時の画像です。
ちょと色が変わったように見えますが、撮影時の光の加減やホワイトバランスの調整で色は変わりますので、あまり参考になりません。
まあ、それを差し引いて考えても、紫蘇の色が3年かけて薄くなったように見えます。
見た目よりも、実際に食べてみましょう。

3年熟成させた梅干大粒の梅です。
2014年は梅の生育が良かったのでしょうか。

ではいただきます。

 

パク…

 

酸っぱ~。

 

ものすごく酸っぱいです。
塩辛さがまろやかになったような気がしますが、気のせいかもしれません。
これだけを食べても、3年熟成させた変化がよく分かりません。

2017年の梅干と比較

2017年の梅干これは今年(2017年)作った梅干です。
作りたては、やはり紫蘇の色が濃いですね。

2017年の梅干今年(2017年)は、梅が不作だったため、あまり大粒ではありません。
私は、梅干は大粒が好きなのですが、大粒の梅はとんでもなく高かったので、手が出ませんでした。

ではいただきます。

 

パク…

 

そんなに酸っぱくない。
そして、新鮮な紫蘇の香りがします。

やっぱり3年熟成物とは違います。

酸味の違いは素材となる梅の違いもあるでしょうけど、紫蘇の香りは時間の経過と共に抜けていくように思いました。
あと、塩辛さは時間の経過と共にまろやかになってるような気はしますが、ほとんど変わりません。
3年熟成させたら美味しくなるかと言うと、そうでもないようです。

出来たての梅干には、新鮮な紫蘇の香りがするという良さがあります。

3年熟成させた梅干は、まろやかさがあります。
その他にも、味では言い表せない、時間という価値もありますね。

これは好みの問題ではないでしょうか。

見識を広めるために、他の梅干も食べてみましょう。

2017年の小梅干

2017年の小梅干これは、今年(2017年)作った小梅干です。
干してないので、梅干でなく梅漬けというのが正しいです。
なぜ干さなかったかと言うと、小梅は数が多いので干すのが面倒だからです。

2017年の小梅干ではいただきます。

 

パク…

 

これも、そんなに酸っぱくないです。
そして、同じく新鮮な紫蘇の香りがします

2017年の梅干は、小梅も普通の梅も、似たような味でした。

2016年の梅干

1年熟成梅干これは昨年(2016年)に作った梅干です。
昨年は2kgの梅干を作って、1年間かけて食べて、あと3粒ほど残っていたものの1つです。
一応、1年熟成梅干という事になると思います。

ではいただきます。

 

パク…

 

酸っぱ~い。

酸っぱくて、紫蘇の香りが弱まっています。
3年熟成梅干に近い味です。

これも酸っぱいのですが、熟成させると酸味が強くなる。

…なんて事は無いですよね。

梅の酸味に関しては、梅の成熟度合いによっても変わりますし、梅の木が違えば変わるでしょうし、収穫年度によっても変わるでしょうから、梅干の熟成期間による変化は無いと思います。
けど、もしかしたらって事もあるかもしれないので、今年の梅干と来年の梅干をまた食べ比べてみようと思います。

まとめ

新鮮な梅干は、紫蘇の香りがして美味しい。
熟成させた梅干は、紫蘇の香りは弱いが、まろやかで美味しい。
特にどちらが美味しいという訳ではないです。

また、梅干の熟成による酸味の変化に関しては、熟成させたら酸味が増すなんて有り得ないと思います。
普通に考えると酸味は熟成と共にまろやかになるはずですが、念のため来年に再調査をしようと思います。

後から調べて分かった事

3年熟成させた梅干は、「3年梅干」と呼ばれ、価値のある梅干として売られています。

このように売られているという事は、3年梅干の価値は、昔から社会的に認められているという事ですね。
見直しました。

セイタカアワダチソウ

鴨川の野草

2021/7/24

セイタカアワダチソウの美味しい食べ方

あの力強い野草のセイタカアワダチソウは、美味しく食べる事ができます。セイタカアワダチソウの美味しい食べ方を3種類ご紹介します。ホンマに美味しいですからね。これを読めばセイタカアワダチソウを見る目が変わりますよ。 【目次】1.セイタカアワダチソウについて2.セイタカアワダチソウの効能3.セイタカアワダチソウの採取4.セイタカアワダチソウの味5.セイタカアワダチソウのアク抜き6.セイタカアワダチソウの料理法を考える7.セイタカアワダチソウの白和え8.セイタカアワダチソウのケーキ9.セイタカアワダチソウパン10 ...

ReadMore

中村家の長期熟成発酵食品

その他の漬物・発酵

2021/7/17

長期熟成発酵食品の勧め 中村家秘蔵の発酵食品5種を紹介 7年熟成○○の味に驚愕!

長期熟成発酵食品は微生物の力と時間をかける事によって、食品が思いもよらない変化を遂げるので、面白いです。今回は中村家秘蔵の長期熟成発酵食品5種をご紹介します。 【目次】1.魚醤2.3年味噌3.7年梅干し4.4年酒粕5.4年奈良漬6.まとめ7.動画で説明 魚醤 これは魚醤です。魚醤は魚を原料に作る醤油の事です。 イワシと塩を瓶に漬けて、1年以上放置しておいたら魚醤になります。 これは2021年4月19日に仕込みました。この画像を撮影したのは2021年7月10日なので、仕込んでから、もうすぐ3ヶ月です。 【魚 ...

ReadMore

ワインビネガーのボトル詰め

2021/7/10

材料3つ!超簡単ワインビネガーの手作り

市販の酸化防止剤不使用のワインと、あと2つの材料を容器に入れて放置するだけで、美味しいワインビネガーを作る事ができます。 お酢は、お酒を発酵させて作る発酵食品です。だからお酢を手作りすることができます。 また、完成したワインビネガーを使ったドレッシングの作り方もご紹介します。 これを読めば、ワインを買ってきて、そこからワインビネガーを作る事ができるようになりますよ。 【目次】1.ワインビネガーの材料2.ワインビネガーを仕込む2−1.仕込んでから2日後2−2.さらに1日後(仕込んでから3日後)2−3.さらに ...

ReadMore

自家製柴漬け

その他の漬物・発酵

2021/7/22

京都人が教える柴漬けをお家で漬けるレシピ 乳酸発酵で美味しくできます

京都の伝統的な漬物である柴漬けを、ご家庭で簡単に漬ける方法をご紹介します。乳酸発酵させるから、美味しいだけでなく、腸内環境にも良いですよ。 【目次】1.6月〜8月は柴漬けの季節2.柴漬けの材料3.柴漬けの仕込み4.赤紫蘇漬けを仕込む5.柴漬けを漬けてから4時間後6.漬け始めて1日後7.漬け始めから3日後8.本漬け9.柴漬けの完成10.まとめ11.動画で説明 6月〜8月は柴漬けの季節 柴漬けの柴というのは、赤紫蘇の意味です。ナスとかキュウリとかを赤紫蘇と一緒に漬けて乳酸発酵させた、京都の伝統的なお漬物です。 ...

ReadMore

ワインビネガーを仕込む

2021/6/23

お家で出来るブドウジュースからワインビネガーを作る方法

ワインビネガーを、お家でブドウジュースを発酵させて作る事ができます。赤ワインビネガーと白ワインビネガー両方の作る方法をご紹介します。 【目次】1.ブドウジュースからワインビネガーを作る流れ2.ブドウジュースからワインを作る3.ワインの完成4.ワインビネガーを仕込む4−1.仕込んでから6日経過4−2.仕込んでから8日経過4−3.仕込んでから10日経過4−4.仕込んでから21日経過4−5.仕込んでから31日経過4−6.仕込んでから45日経過5.ワインビネガーの味6.ワインビネガーを作って思った事7.動画で説明 ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-