3年熟成させた梅干

2017年8月22日

2014年に仕込んだ梅干これは、見ての通り2014年(3年前)に漬けた梅干です。
2017年8月まで熟成させると書いてあります。
今が2017年8月なので、3年の時を経て、とうとう解禁です。

梅干を3年以上熟成させたら、まろやかになって美味しいとの情報を自然食の本か何かで得て、実際に仕込んでみようと思ったのでしょう。
3年も前の記憶なので忘れましたが、忘れないために「2014年に仕込んだ梅干 2017年8月まで熟成させる」と紙に書いて貼ったのでしょう。

仕込んだ時の様子は以下の記事をご覧ください。
梅干と梅酒を漬けて、梅酒の梅でジャムを作る (2014年梅仕事)

 

さて、梅干を3年熟成させたことにより、どのような変化があるのでしょうか?

ちなみに、3年間熟成させた梅干でなく、3年熟成「梅酒」は、期待通り濃厚で芳醇な香りで、めちゃくちゃ美味しかったです。
3年間熟成させた梅酒について詳しくは以下の記事をご覧ください。
3年熟成梅酒と40年前の密閉保存瓶

3年熟成梅干ご開帳

3年熟成させた梅干見た目は普通の梅干です。

3年前の様子これは、3年前に仕込んだ時の画像です。
ちょと色が変わったように見えますが、撮影時の光の加減やホワイトバランスの調整で色は変わりますので、あまり参考になりません。
まあ、それを差し引いて考えても、紫蘇の色が3年かけて薄くなったように見えます。
見た目よりも、実際に食べてみましょう。

3年熟成させた梅干大粒の梅です。
2014年は梅の生育が良かったのでしょうか。

ではいただきます。

 

パク…

 

酸っぱ~。

 

ものすごく酸っぱいです。
塩辛さがまろやかになったような気がしますが、気のせいかもしれません。
これだけを食べても、3年熟成させた変化がよく分かりません。

2017年の梅干と比較

2017年の梅干これは今年(2017年)作った梅干です。
作りたては、やはり紫蘇の色が濃いですね。

2017年の梅干今年(2017年)は、梅が不作だったため、あまり大粒ではありません。
私は、梅干は大粒が好きなのですが、大粒の梅はとんでもなく高かったので、手が出ませんでした。

ではいただきます。

 

パク…

 

そんなに酸っぱくない。
そして、新鮮な紫蘇の香りがします。

やっぱり3年熟成物とは違います。

酸味の違いは素材となる梅の違いもあるでしょうけど、紫蘇の香りは時間の経過と共に抜けていくように思いました。
あと、塩辛さは時間の経過と共にまろやかになってるような気はしますが、ほとんど変わりません。
3年熟成させたら美味しくなるかと言うと、そうでもないようです。

出来たての梅干には、新鮮な紫蘇の香りがするという良さがあります。

3年熟成させた梅干は、まろやかさがあります。
その他にも、味では言い表せない、時間という価値もありますね。

これは好みの問題ではないでしょうか。

見識を広めるために、他の梅干も食べてみましょう。

2017年の小梅干

2017年の小梅干これは、今年(2017年)作った小梅干です。
干してないので、梅干でなく梅漬けというのが正しいです。
なぜ干さなかったかと言うと、小梅は数が多いので干すのが面倒だからです。

2017年の小梅干ではいただきます。

 

パク…

 

これも、そんなに酸っぱくないです。
そして、同じく新鮮な紫蘇の香りがします

2017年の梅干は、小梅も普通の梅も、似たような味でした。

2016年の梅干

1年熟成梅干これは昨年(2016年)に作った梅干です。
昨年は2kgの梅干を作って、1年間かけて食べて、あと3粒ほど残っていたものの1つです。
一応、1年熟成梅干という事になると思います。

ではいただきます。

 

パク…

 

酸っぱ~い。

酸っぱくて、紫蘇の香りが弱まっています。
3年熟成梅干に近い味です。

これも酸っぱいのですが、熟成させると酸味が強くなる。

…なんて事は無いですよね。

梅の酸味に関しては、梅の成熟度合いによっても変わりますし、梅の木が違えば変わるでしょうし、収穫年度によっても変わるでしょうから、梅干の熟成期間による変化は無いと思います。
けど、もしかしたらって事もあるかもしれないので、今年の梅干と来年の梅干をまた食べ比べてみようと思います。

まとめ

新鮮な梅干は、紫蘇の香りがして美味しい。
熟成させた梅干は、紫蘇の香りは弱いが、まろやかで美味しい。
特にどちらが美味しいという訳ではないです。

また、梅干の熟成による酸味の変化に関しては、熟成させたら酸味が増すなんて有り得ないと思います。
普通に考えると酸味は熟成と共にまろやかになるはずですが、念のため来年に再調査をしようと思います。

後から調べて分かった事

3年熟成させた梅干は、「3年梅干」と呼ばれ、価値のある梅干として売られています。

このように売られているという事は、3年梅干の価値は、昔から社会的に認められているという事ですね。
見直しました。

りんご酢を仕込んでるところ

2021/4/15

シードルを酢酸発酵させてりんご酢を作る【りんご酢後編】

シードルを酢酸発酵させてりんご酢を作る【りんご酢後編】 りんご酢の作り方【後編】です。 前編では、りんご酢を作る流れ、それからリンゴジュースをアルコール発酵させてシードルを作る所までご説明しました。前編をご覧でない方は、まず前編からご覧ください。 オトコ中村の楽しい毎日りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】https://otokonakamura.com/applevinegarりんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】りんご酢は、りんご果汁を発酵させて作る発酵食品です。ここでは、りんご果汁をうま ...

ReadMore

手作りしたりんご酢

2021/4/15

りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】

りんご果汁から作るりんご酢の作り方【前編】 りんご酢は、りんご果汁を発酵させて作る発酵食品です。ここでは、りんご果汁をうまく醗酵させてりんご酢を作る方法をご紹介します。 【目次】1.りんご酢を作る流れ2.シードルを作る2ー1.シードルの材料2ー2.シードルを仕込む2ー3.アルコール発酵について2ー4.発酵期間について2ー5.シードルのアルコール度数について2ー6.シードルの完成3.前編のまとめ4.動画で説明 ↓以下は後編をお楽しみに5.りんご酢を仕込む6.りんご酢の完成7.りんご酢の味 お酢のできる原理な ...

ReadMore

フルーツサンド

スイーツ パン系

2021/3/22

フルーツサンドの作り方と美味しく作る5つのコツ

フルーツサンドの作り方と美味しく作る5つのコツ 最近流行りのフルーツサンドを作ってみようと思います。フルーツサンドは、断面にフルーツがドカって見えてあれがとても美味しそうに見えますね。手作りする際は、断面が綺麗に見えるように作るのはもちろんですが、さらに踏み込んで、もっと美味しく作る5つのコツをお伝えします。 そして今回は、フルーツサンドの進化系であるキューブ型のフルーツサンドを作ってみようと思います。 【目次】1.フルーツサンドの材料2.パンの耳を切り落としておく3.フルーツの下拵えをする4.生クリーム ...

ReadMore

モンティクリスト

パン系

2021/3/15

モンティクリストを作ってみた

モンティクリストを作ってみた カナダ生まれのサンドイッチ、モンティクリストを作ってみます。 モンティクリストとは、フレンチトーストに、ハムとチーズを挟んで焼いたものです。 カナダ生まれの料理ですから、そこにメープルシロップをかけて食べるのですが、それが甘じょっぱくて、たまらないとの評判を聞きまして、早速作って食べてみようと思います。 【目次】1.モンティクリストの材料2.モンティクリストの作り方3.モンティクリストの完成!その味は?4.まとめ5.動画で説明 モンティクリストの材料 【モンティクリストの材料 ...

ReadMore

自家製ブラータチーズをプチトマトと共に

チーズ作り

2021/3/2

ブラータチーズの作り方 幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるが、お家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました!

ブラータチーズの作り方幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるがお家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました! ブラータというのは、イタリア語で「バターのような」という意味で、細かく割いたモッツァレラチーズと生クリームを合わせて、さらにそれをモッツァレラチーズの皮で包んだ物です。作るのに手間がかかる事と、その製造の難易度の高さから、幻のチーズと呼ばれています。その幻のチーズを手作りすることができました。これを読めばブラータチーズの作り方が分かります。 【目次】1.ブラータチーズとは2.【余談】ブ ...

ReadMore

-

© 2021 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5