3年熟成させた梅干

2017年8月22日

2014年に仕込んだ梅干これは、見ての通り2014年(3年前)に漬けた梅干です。
2017年8月まで熟成させると書いてあります。
今が2017年8月なので、3年の時を経て、とうとう解禁です。

梅干を3年以上熟成させたら、まろやかになって美味しいとの情報を自然食の本か何かで得て、実際に仕込んでみようと思ったのでしょう。
3年も前の記憶なので忘れましたが、忘れないために「2014年に仕込んだ梅干 2017年8月まで熟成させる」と紙に書いて貼ったのでしょう。

仕込んだ時の様子は以下の記事をご覧ください。
梅干と梅酒を漬けて、梅酒の梅でジャムを作る (2014年梅仕事)

 

さて、梅干を3年熟成させたことにより、どのような変化があるのでしょうか?

ちなみに、3年間熟成させた梅干でなく、3年熟成「梅酒」は、期待通り濃厚で芳醇な香りで、めちゃくちゃ美味しかったです。
3年間熟成させた梅酒について詳しくは以下の記事をご覧ください。
3年熟成梅酒と40年前の密閉保存瓶

3年熟成梅干ご開帳

3年熟成させた梅干見た目は普通の梅干です。

3年前の様子これは、3年前に仕込んだ時の画像です。
ちょと色が変わったように見えますが、撮影時の光の加減やホワイトバランスの調整で色は変わりますので、あまり参考になりません。
まあ、それを差し引いて考えても、紫蘇の色が3年かけて薄くなったように見えます。
見た目よりも、実際に食べてみましょう。

3年熟成させた梅干大粒の梅です。
2014年は梅の生育が良かったのでしょうか。

ではいただきます。

 

パク…

 

酸っぱ~。

 

ものすごく酸っぱいです。
塩辛さがまろやかになったような気がしますが、気のせいかもしれません。
これだけを食べても、3年熟成させた変化がよく分かりません。

2017年の梅干と比較

2017年の梅干これは今年(2017年)作った梅干です。
作りたては、やはり紫蘇の色が濃いですね。

2017年の梅干今年(2017年)は、梅が不作だったため、あまり大粒ではありません。
私は、梅干は大粒が好きなのですが、大粒の梅はとんでもなく高かったので、手が出ませんでした。

ではいただきます。

 

パク…

 

そんなに酸っぱくない。
そして、新鮮な紫蘇の香りがします。

やっぱり3年熟成物とは違います。

酸味の違いは素材となる梅の違いもあるでしょうけど、紫蘇の香りは時間の経過と共に抜けていくように思いました。
あと、塩辛さは時間の経過と共にまろやかになってるような気はしますが、ほとんど変わりません。
3年熟成させたら美味しくなるかと言うと、そうでもないようです。

出来たての梅干には、新鮮な紫蘇の香りがするという良さがあります。

3年熟成させた梅干は、まろやかさがあります。
その他にも、味では言い表せない、時間という価値もありますね。

これは好みの問題ではないでしょうか。

見識を広めるために、他の梅干も食べてみましょう。

2017年の小梅干

2017年の小梅干これは、今年(2017年)作った小梅干です。
干してないので、梅干でなく梅漬けというのが正しいです。
なぜ干さなかったかと言うと、小梅は数が多いので干すのが面倒だからです。

2017年の小梅干ではいただきます。

 

パク…

 

これも、そんなに酸っぱくないです。
そして、同じく新鮮な紫蘇の香りがします

2017年の梅干は、小梅も普通の梅も、似たような味でした。

2016年の梅干

1年熟成梅干これは昨年(2016年)に作った梅干です。
昨年は2kgの梅干を作って、1年間かけて食べて、あと3粒ほど残っていたものの1つです。
一応、1年熟成梅干という事になると思います。

ではいただきます。

 

パク…

 

酸っぱ~い。

酸っぱくて、紫蘇の香りが弱まっています。
3年熟成梅干に近い味です。

これも酸っぱいのですが、熟成させると酸味が強くなる。

…なんて事は無いですよね。

梅の酸味に関しては、梅の成熟度合いによっても変わりますし、梅の木が違えば変わるでしょうし、収穫年度によっても変わるでしょうから、梅干の熟成期間による変化は無いと思います。
けど、もしかしたらって事もあるかもしれないので、今年の梅干と来年の梅干をまた食べ比べてみようと思います。

まとめ

新鮮な梅干は、紫蘇の香りがして美味しい。
熟成させた梅干は、紫蘇の香りは弱いが、まろやかで美味しい。
特にどちらが美味しいという訳ではないです。

また、梅干の熟成による酸味の変化に関しては、熟成させたら酸味が増すなんて有り得ないと思います。
普通に考えると酸味は熟成と共にまろやかになるはずですが、念のため来年に再調査をしようと思います。

後から調べて分かった事

3年熟成させた梅干は、「3年梅干」と呼ばれ、価値のある梅干として売られています。

このように売られているという事は、3年梅干の価値は、昔から社会的に認められているという事ですね。
見直しました。

ウクレレ

DIY

2022/1/12

ウクレレのブリッジ故障をゼラチンで修理する方法

ウクレレのブリッジ故障をゼラチンで修理する方法 趣味でやってるウクレレのブリッジが剥がれてしまいました。修理は、単純にブリッジを接着すれば済むのですが、接着剤に、あのゼリーを作るゼラチンを使う方法をご紹介します。これは5000年以上昔から行われてきた木工技術を応用した物です。そして、無事に修理できましたが、最後に衝撃の事実が発覚しました。 【目次】1.ブリッジが剥がれる2.楽器に木工用ボンドは使いません3.楽器用の接着剤4.今回使用する接着剤は?5.修理開始6.ゼラチンで接着する6−1.1日経過7.弦を張 ...

ReadMore

舞茸で肉を溶かす

その他の漬物・発酵

2021/12/29

舞茸のタンパク質分解酵素で肉を溶かして出来たものは…?

舞茸のタンパク質分解酵素で肉を溶かして出来たものは…? 舞茸にはタンパク質を分解する(プロテアーゼ)という酵素が含まれています。だから舞茸で肉を溶かす事ができます。実験の結果、予想外の事が起こりました。 【目次】1.舞茸のタンパク質分解能力は凄い2.舞茸で肉醤を作れるのでは?3.腐らないようにするには?4.実験開始5.思い切って方向転換6.お味は?7.今回の実験で分かった事8.動画で説明 舞茸のタンパク質分解能力は凄い 以前から、舞茸にタンパク質分解酵素が含まれているという事は、知識としては知ってました。 ...

ReadMore

自家製タコサラダ

たれ・ソース・ドレッシング

2021/12/21

タコサラダの作り方 あのスパイスを使うと激ウマになる!

タコサラダの作り方あのスパイスを使うと激ウマになる! 激ウマのタコサラダをご紹介します。手作りのドレッシングに、後述するスパイスを入れるのが決め手になります。何年もかかって、この味を出せるようになりました。 【目次】1.まずはタコサラダドレッシングを作る1–1.タコサラダドレッシングの材料1–2.スパイスの説明と入手方法1–3.タコサラダドレッシングの作り方2.こんな物をご紹介(これもオススメ)3.タコサラダを作る3–1.タコサラダの材料3–2.タコサラダの作り方4.タコサラダの完成5.まとめ6.動画で説 ...

ReadMore

沸騰した牛乳に卵を注ぐ

チーズ作り

2021/12/13

沸騰したミルクに卵を注いでチーズができるのか?

沸騰したミルクに卵を注いでチーズができるのか? 海外の動画で、沸騰したミルクに卵を注いでチーズを作るという動画があります。 果たして、本当にそんな方法でチーズを作る事ができるのでしょうか?実際に動画にある通りのレシピで試してみようと思います。 【目次】1.こんな動画です2.チーズの材料3.では実践!4.チーズの味と作ってみて分かった事5.再挑戦!6.チーズとホエーの重さを計る7.チーズの味と2回作って分かった事8.まとめ9.動画で説明 こんな動画です https://www.youtube.com/wat ...

ReadMore

年間ランキング2021

その他

2021/12/1

年間ランキング2021「低温調理」と「酢玉ねぎ」が上位に

年間ランキング2021「低温調理」と「酢玉ねぎ」が上位に 12月になりました。2021年も、あとわずか。今回は、初の試みで、年間ランキングを発表したいと思います。 当ブログは2012年に始まって、コツコツと記事を書いてきました。おかげさまでもうすぐ10年です。通算で1000記事は書きましたが、初期の記事は内容が薄いものが多く、そういった記事は統廃合されたりして、2021年12月1日現在で405記事あります。その中で、2021年に最も読まれた記事のベスト10を発表したいと思います。 それと、後半には、平均ペ ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-