3年熟成させた梅干

2017年8月22日

2014年に仕込んだ梅干これは、見ての通り2014年(3年前)に漬けた梅干です。
2017年8月まで熟成させると書いてあります。
今が2017年8月なので、3年の時を経て、とうとう解禁です。

梅干を3年以上熟成させたら、まろやかになって美味しいとの情報を自然食の本か何かで得て、実際に仕込んでみようと思ったのでしょう。
3年も前の記憶なので忘れましたが、忘れないために「2014年に仕込んだ梅干 2017年8月まで熟成させる」と紙に書いて貼ったのでしょう。

仕込んだ時の様子は以下の記事をご覧ください。
梅干と梅酒を漬けて、梅酒の梅でジャムを作る (2014年梅仕事)

 

さて、梅干を3年熟成させたことにより、どのような変化があるのでしょうか?

ちなみに、3年間熟成させた梅干でなく、3年熟成「梅酒」は、期待通り濃厚で芳醇な香りで、めちゃくちゃ美味しかったです。
3年間熟成させた梅酒について詳しくは以下の記事をご覧ください。
3年熟成梅酒と40年前の密閉保存瓶

3年熟成梅干ご開帳

3年熟成させた梅干見た目は普通の梅干です。

3年前の様子これは、3年前に仕込んだ時の画像です。
ちょと色が変わったように見えますが、撮影時の光の加減やホワイトバランスの調整で色は変わりますので、あまり参考になりません。
まあ、それを差し引いて考えても、紫蘇の色が3年かけて薄くなったように見えます。
見た目よりも、実際に食べてみましょう。

3年熟成させた梅干大粒の梅です。
2014年は梅の生育が良かったのでしょうか。

ではいただきます。

 

パク…

 

酸っぱ~。

 

ものすごく酸っぱいです。
塩辛さがまろやかになったような気がしますが、気のせいかもしれません。
これだけを食べても、3年熟成させた変化がよく分かりません。

2017年の梅干と比較

2017年の梅干これは今年(2017年)作った梅干です。
作りたては、やはり紫蘇の色が濃いですね。

2017年の梅干今年(2017年)は、梅が不作だったため、あまり大粒ではありません。
私は、梅干は大粒が好きなのですが、大粒の梅はとんでもなく高かったので、手が出ませんでした。

ではいただきます。

 

パク…

 

そんなに酸っぱくない。
そして、新鮮な紫蘇の香りがします。

やっぱり3年熟成物とは違います。

酸味の違いは素材となる梅の違いもあるでしょうけど、紫蘇の香りは時間の経過と共に抜けていくように思いました。
あと、塩辛さは時間の経過と共にまろやかになってるような気はしますが、ほとんど変わりません。
3年熟成させたら美味しくなるかと言うと、そうでもないようです。

出来たての梅干には、新鮮な紫蘇の香りがするという良さがあります。

3年熟成させた梅干は、まろやかさがあります。
その他にも、味では言い表せない、時間という価値もありますね。

これは好みの問題ではないでしょうか。

見識を広めるために、他の梅干も食べてみましょう。

2017年の小梅干

2017年の小梅干これは、今年(2017年)作った小梅干です。
干してないので、梅干でなく梅漬けというのが正しいです。
なぜ干さなかったかと言うと、小梅は数が多いので干すのが面倒だからです。

2017年の小梅干ではいただきます。

 

パク…

 

これも、そんなに酸っぱくないです。
そして、同じく新鮮な紫蘇の香りがします

2017年の梅干は、小梅も普通の梅も、似たような味でした。

2016年の梅干

1年熟成梅干これは昨年(2016年)に作った梅干です。
昨年は2kgの梅干を作って、1年間かけて食べて、あと3粒ほど残っていたものの1つです。
一応、1年熟成梅干という事になると思います。

ではいただきます。

 

パク…

 

酸っぱ~い。

酸っぱくて、紫蘇の香りが弱まっています。
3年熟成梅干に近い味です。

これも酸っぱいのですが、熟成させると酸味が強くなる。

…なんて事は無いですよね。

梅の酸味に関しては、梅の成熟度合いによっても変わりますし、梅の木が違えば変わるでしょうし、収穫年度によっても変わるでしょうから、梅干の熟成期間による変化は無いと思います。
けど、もしかしたらって事もあるかもしれないので、今年の梅干と来年の梅干をまた食べ比べてみようと思います。

まとめ

新鮮な梅干は、紫蘇の香りがして美味しい。
熟成させた梅干は、紫蘇の香りは弱いが、まろやかで美味しい。
特にどちらが美味しいという訳ではないです。

また、梅干の熟成による酸味の変化に関しては、熟成させたら酸味が増すなんて有り得ないと思います。
普通に考えると酸味は熟成と共にまろやかになるはずですが、念のため来年に再調査をしようと思います。

後から調べて分かった事

3年熟成させた梅干は、「3年梅干」と呼ばれ、価値のある梅干として売られています。

このように売られているという事は、3年梅干の価値は、昔から社会的に認められているという事ですね。
見直しました。

ドングリコーヒー

コーヒー ドングリ・栗

2022/11/19

ドングリコーヒーの美味しい作り方

ドングリコーヒーの美味しい作り方 ドングリでコーヒーを作る事ができます。ドングリをフライパンで焼いたら出来ますよ。では、詳しく解説していきます。 【目次】1.まずはドングリを拾う2.ドングリを炒ってコーヒーにする3.ドングリコーヒーの豆を挽く4.ドングリコーヒーを淹れる5.ドングリコーヒーの味6.まとめ7.動画で説明 ドングリは、スダジイやマテバシイなどのアクの少ないドングリを使ってください。スダジイとマテバシイが分からない方は前回の記事に詳しく書いてありますので、そちらをご覧ください。 まずはドングリを ...

ReadMore

ドングリパン

ドングリ・栗

2022/11/17

生でも食べられるドングリをご存知ですか?ドングリの最も美味しい食べ方を紹介します。

生でも食べられるドングリをご存知ですか?ドングリの最も美味しい食べ方を紹介します。 ドングリはアクが強くて食べられないイメージがあるかもしれませんが、アクが少なく生でも食べられるドングリもあります。ドングリ料理を何年も研究してきた私が、生でも食べられるドングリを2種ご紹介すると共に、それらの最も美味しい食べ方をご紹介します。 【目次】1.生でも食べられるドングリその1(マテバシイ)2.生でも食べられるドングリその2(スダジイ)3.フライパンで炒って食べるのが手軽4.スダジイのお勧めの食べ方5.ドングリの最 ...

ReadMore

セイタカアワダチソウコーヒー

コーヒー 野草料理

2022/10/27

セイタカアワダチソウの根でコーヒーを作ってみた

セイタカアワダチソウの根でコーヒーを作ってみた セイタカアワダチソウの根でコーヒーを作る事ができるかどうか、実験してみました。何故セイタカアワダチソウの根をコーヒーにしようと思ったのか、そしてどのように作ったのか、出来たコーヒーはどのような味だったのかをレポートします。 【目次】1.セイタカアワダチソウコーヒーを作るまでの話2.セイタカアワダチソウの根を収穫3.セイタカアワダチソウの根をコーヒーにする4.アレロパシーの物質について5.セイタカアワダチソウコーヒーを淹れる6.セイタカアワダチソウラテ7.セイ ...

ReadMore

はも皮ときゅうりの酢の物

その他の料理

2022/10/21

京都の老舗で入手するはも皮で作る酢の物が美味しい(京のおばんざい)

京都の老舗で入手するはも皮で作る酢の物が美味しい(京のおばんざい) 京都に1803年創業のキクカ老舗という蒲鉾屋さんがあります。そこの蒲鉾が絶品であることはもちろん、そこには蒲鉾の副産物である鱧(はも)の皮も売ってます。今回は、鱧の皮で作る酢の物を京都のおばんざいとしてご紹介します。 【目次】1.キク嘉老舗で買い物2.鱧皮ときゅうりの酢の物を作る3.鱧皮ときゅうりの酢の物をいただく4.まとめ5.動画で説明 キク嘉老舗で買い物 ここは京都の鴨川にかかる三条大橋です。 三条大橋から歩いてすぐのところに、蒲鉾屋 ...

ReadMore

台湾産甜麺醤

その他の漬物・発酵

2022/9/28

甜麺醤第2の謎

甜麺醤第2の謎 中国の甜麺醤という調味料は、謎の多い調味料です。甜麺醤を手作りしようと思った事がキッカケで、作り方を調べて行くうちに、いくつもの謎にぶち当たってしまいました。 それらの謎を何年もかかって、とうとう解き明かしました。 今回は甜麺醤の第2の謎についてお話したいと思います。 【目次】1.甜麺醤第1の謎2.甜麺醤第2の謎3.第2の謎の解明4.大麦粉で甜麺醤を作る4–1.はったい粉で試作4–2.はったい粉の甜麺醤を試食4–3.大麦粉で試作4–4.大麦粉の甜麺醤を試食5.まとめ6.動画で説明 甜麺醤第 ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-