ダッチオーブン・スキレット 麺料理

スキレットで美味しい餃子を焼く方法を「味の素の冷凍餃子」と「手作り餃子」の2方向から詳しく説明

スキレットで美味しい餃子を焼く方法を「味の素の冷凍餃子」と「手作り餃子」の2方向から詳しく説明

スキレットで餃子を焼くと、とんでもなく美味しく焼けます。

外はカリッと香ばしく、中はふっくら焼けるのです。

テフロン加工のフライパンで焼く断然美味しいですが、スキレットに慣れない人が焼くとこびり付く恐れがあります。

ここでは、スキレットに慣れない方でも上手に焼く方法を、味の素の冷凍餃子と手作り餃子の2パターンの餃子を焼いてご説明します。

【目次】
1.スキレットについて
2.いきなり話は脱線しますが
3.話は戻ります
4.スキレットで味の素の冷凍餃子を焼く
4−1.焼いている間に餃子のタレを作る
4−2.味の素冷凍パリッとふわっと美味しく仕上げる方法
4−3.焼けた味の素冷凍餃子
5.手作り餃子をスキレットで焼く
5−1.皮から作る餃子のレシピ 約30個分
5−2.まずは空焼き
5−3.手作り餃子を焼き始める
5−4.スキレットで焼いた手作り餃子
6.まとめ
7.動画で説明

スキレットについて

スキレットの事をご存じない方のために説明しますが、スキレットとは、鉄の分厚いフライパンで、近ごろ人気急上昇中の調理器具です。

ユニフレーム10インチスキレット

ユニフレーム10インチスキレット
これは我が家で愛用しているUNIFLAME(ユニフレーム) の10インチスキレットです。

スキレットは、分厚く重たい鉄で出来ているために、蓄熱効果があり、また熱の伝わり方など様々な要因により、料理を美味しくしてくれます。
その料理の美味しさは、テフロン加工のフライパンで作ったものとは比べ物になりません。
またスキレットは、正しい使い方をしていれば、半永久的に使い続ける事ができます。
料理の味と共に、スキレットとその使い方を、子や孫に伝えていければ素晴らしいですね。

一方、テフロン加工のフライパンは、使っているうちに表面のコーティングがはがれるので、買い換える必要があります。
子や孫に伝えるものは何もありません。
おまけに、はがれたコーティングは料理に混ざり、それを食べていることになります。
コーティングの味は感じませんが、また健康への影響も気にしたこともありませんが、あまり積極的に食べたいとは思いません。

スキレットは、鉄で出来ているので、料理に鉄分を補給してくれます。
鉄分が補給されるなら、むしろ歓迎です。

いきなり話は脱線しますが

2015年12月25日に、食品の栄養性分をまとめた食品成分表が15年ぶりに改訂され、文部科学省が公表しました。
それまで、ひじき100gあたりに含まれる鉄分は55ミリグラムだったのが、今回の公表では6.2グラムに激減しました。

ひじきを鉄釜で煮た場合、鉄分が100グラム当たり58.2ミリグラム含まれていたが、ステンレス鍋で煮ると6.2ミリグラムになる事が判明したそうです。
今では、ステンレス鍋で煮たひじきが流通しているから、そうなったらしいです。

私は、今までひじきは鉄分が豊富だと思ってましたよ。
一杯食わされてしまいました。

食品成分表の是非は別として、このように鉄の鍋で調理すると鉄分が含まれるのです。
だからスキレットで調理したものを食べると、鉄分補給になるという事が言いたかったのです。

大事な事なので繰り返します。
スキレットで調理したものを食べると鉄分補給になります。

話は戻ります

以上、スキレットの良い事ばかり説明しました。

しかし、使いやすさの面ではテフロン加工のフライパンには及びません。

重くて扱い難い事や、手入れを怠ると錆びる事や、使い方を誤ると焦げ付いたり等と、手軽には扱えません。

使い難いですが、それを使いこなすのが、男の美学なのです。

確かに、スキレットや鉄のフライパンで餃子を焦げ付かせずに焼くのは、少しコツがいります。

コツを掴めば何とも思わなくなりますよ。
けど、今までテフロン加工のフライパンしか使ったことがない人にとってみればけっこう難易度高いかも知れないです。

今回は、まず、難易度の易しい「味の素の冷凍餃子」をスキレットで焼いてみて、その次に、手作りの餃子をスキレットで焼いてみましょう。

「味の素の冷凍餃子」は、美味しさだけでなく、作りやすさなども計算されて作られているのでしょう。
だから、こびり付きにくいのです。

スキレットで味の素の冷凍餃子を焼く

これをスキレットで焼くと、まるでプロの味ですよ。

スキレットにラードを溶かす

スキレットを強火で熱してから炒め油を入れます。

強火で熱する時間は1分程度です。

油は最低でも大さじ1、できれば大さじ2くらいは必要です。
油が少ないと餃子がくっ付きます。

油が少ない方が健康に良いとかそんな事は考えてはいけません。
そんな事を考えて油を減らすと、餃子がこびり付いて、それを剥がそうとしてボロボロになりますから。

油はラードがおすすめです。

スキレットに油を回す

油を全体に広げます。

スキレットに味の素冷凍餃子を並べる

中火にして餃子を並べていきます。

スキレットの蓋を閉めて蒸し焼きにする

蓋を閉めて中火で5分程度蒸し焼きにします。

これは袋に書いてある通りの焼き方です。

焼いている間に餃子のタレを作る

【餃子のタレの材料】1〜2人分
醤油 大さじ1
酢 大さじ1

醤油と酢を1対1の割合で混ぜるだけです。
要するに酢醤油ですが、これが最高の餃子のタレだと思います。

また、醤油や酢にこだわるとタレの美味しさがさらにアップします。

醤油大さじ1を入れる

醤油大さじ1。

酢大さじ1を入れる

酢大さじ1。

ちなみに酢は自家製です。

酢の作り方はこちらをご覧ください。↓

手作り餃子のタレ

これで美味しい餃子のタレが出来ました。

味の素冷凍餃子をパリッとふわっと美味しく仕上げる方法

スキレットの蓋を開け餃子の様子を見る

5分蒸し焼きにしたので蓋を開けてみます。

水分が残ってパリッと焼けていない部分を赤丸で囲っている図

赤丸で囲ったところが、まだパリッとこんがり焼けていません。
まだ水分が残っています。

これは、このガスコンロの火力にムラがあって、赤丸で囲った部分の火力が少し弱いためです。

スキレットを180度回転させた図

フライパンを180度回転させて、火力の弱い部分と強い部分を交代させました。
蓋を開けたまま、このまましばらく焼いて全体がバランスよくこんがり焼けるまで焼きます。

ガスコンロによって火力のムラが違いますから、新品のガスコンロならムラは無いかもしれませんが、もしムラがある場合は、焼いてる途中に180度回転させると上手くいきますよ。

餃子を食べる前にビールを注ぐ

そろそろ焼ける頃なので、ビールを飲み始めます。

餃子にはビールですからね。

餃子を食べる前にビールを飲む

か〜っ!

ウマイ。

こうやって餃子を食べる前に喉を潤しておきます。
これも美味しく餃子を食べるために必要な事です。

焼けた味の素冷凍餃子

焼けた味の素冷凍餃子

全体がこんがりパリッと焼けたので火を止めます。

焼けた餃子をヘラで剥がす

ヘラではがします。

きれいにはがれました。

バラバラになった餃子

こんがりした焦げ目を見せるために裏返そうとしたのですが、バラバラになってしまいました。

餃子をお箸できれいに並べる

お箸を使ってきれいに並べました。

スキレットで焼いた味の素冷凍餃子

これがスキレットで焼いた味の素餃子です。

美味しそうでしょ。

はい、美味しいです。

パリッとこんがり焼けて、中はふっくらしてます。

そして、画像では分かりませんが、めちゃくちゃ熱いです。
スキレットは、分厚い鉄ですから、熱を蓄えて、餃子の熱さをキープするので、熱々の食べ頃が長持ちするのです。

あと、焼き色ですが全体的に大体同じ焼き色になってますよね。
焼いてる途中にスキレットを180度回転させたのもありますが、スキレットの熱伝導により、全体にムラなく火が通ったのです。
これが普通のフライパンなら、火のあたる部分と当たらない部分で焼き色に差ができているでしょう。

これがスキレットで焼いた餃子の美味しさです。

手作り餃子をスキレットで焼く

味の素の冷凍餃子でこれだけ美味しく焼けるなら、餃子を手作りして焼いたらどれだけ美味しいでしょうか。
そりゃもうとんでもない美味しさですよ。

という事で、皮から手作りする餃子を焼いてみましょう。

ただし、皮から手作りした餃子は、こびり付く可能性が高くなります。
けど味の素の餃子をパリッと焼けるようになれば、手作り餃子でも大丈夫でしょう。

皮から作る餃子のレシピ 約30個分

【皮の分量】
薄力粉 200g
熱湯 130ml
片栗粉 打ち粉に使います。

【具の分量】
鶏ミンチか豚ミンチ 200g
ショウガおろし 10g
醤油 大さじ1
ごま油 大さじ1
キャベツ 200g(細かく刻む)
ニラ 50g(5ミリくらいに刻む)

手作り餃子

これが皮から手作りした餃子です.
餃子の作り方について詳しくは、以下の記事をご覧ください。

まずは空焼き

スキレットを空焼き

餃子を焼く前に、一度空焼きして油を馴染ませます。

スキレットに油がしっかり馴染んでいて、良い状態だったら、この工程は省略してください。

自身のない方は、一度空焼きするといいでしょう。

スキレットを加熱して、油をひき.油を馴染ませて、煙が出るくらいまで加熱して火を止めます。

煙が出るまで加熱した油は、酸化しているので、軽く拭き取ります。

そして、冷まします。

スキレットの手入れが万全なら、調理前の空焼きは必要ありません。

手作り餃子を焼き始める

空焼き後、スキレットがある程度冷めたら再び加熱します。

ここから本番です。

炒め油は、大さじ1〜2杯くらい必要です。

繰り返しますが、鉄のフライパンは、テフロン加工と違って、炒め油が無いと焦げ付きます。
色気を出して油の量を控え目にしたりすると、焦げ付く可能性が大きくなるのでお勧めできません。
まして、手作り餃子は焦げ付きやすいですから、大さじ1杯でも少ないかもしれません。
大さじ2杯かそれ以上は入れた方がいいと思います。

スキレットに手作り餃子を並べる

強火で1分くらい加熱したら、中火にして餃子を並べます。
強火で1分というのは、スキレットの温度が室温と同程度の状態から加熱した場合の事です。

空焼き後に、ちょっと冷めた状態から強火で1分加熱すると、加熱しすぎになるでしょう。
その場合は、強火で30秒程度加熱してから、中火にして餃子を並べてください。

餃子をたくさん詰め込むと焦げ付く恐れがあるので、自身のない方は、まずはこの程度にしておきましょう。

スキレットの蓋をして蒸し焼きにする

餃子を並べたら、水100mlに、片栗粉小さじ1杯くらいを溶いたものを流し入れて、蓋をして中火で水分が飛ぶまで蒸し焼きにします。

目安として、蒸し焼きする時間は10分くらいです。

水分が飛んだかどうかは、音で判断します。
音はだいたい3段階で変化します。

第1段階:水分が多いとグツグツ。
第2段階:次第に水分が減ってきてジュウジュウに変わります。
第3段階:ほとんど水分がなくなってチリチリに変わります。

2段階〜3段階のジュウジュウとチリチリの中間くらいのタイミングで蓋を開けます。

蓋を開ける

蓋を開けました。
まだ水分が残ってますので、もう少し中火で水分を飛ばします。

完全に水分が飛んで、チリチリという音になりました。
これで完成です。

そして、スキレットを動かすと、餃子がスルッとすべりました。
焦げ付いてない証拠です。

スキレットで焼いた手作り餃子

スキレットで焼いた手作り餃子

上手に焼けました。

これが絶叫するほどの美味しさ!!

焦げ目がサクッとパリパリして美味しいのですが、そのパリパリが、高品質なパリパリなのです。
そして、中はふんわりと焼けていて、理想的な焼き加減で焼く事が出来ました。
これはスキレットだからこそ出来た賜物です。

スキレットで手作り餃子を10個焼く

もう一度焼いてみます。
先ほどは6個だったのを、今度は10個焼くことにします。

スキレットで焼いた手作り餃子

ところで、焦げ色を見ていただくと分かると思うのですが、全体が同じ色で焼けています。
スキレットが分厚い鉄で出来ている為に、熱が全体にじんわりと伝わるからです。
その結果、ふんわりと美味しく焼けるのです。

そして、鉄分も補給。

まさに、男の美学!

テフロン加工のフライパンだと、火の近くだけがこんがり焼けて、周りの色は薄くなるはずです。
そして、こんなにふんわり美味しく焼けません。
その代わり、焦げ付きません。

スキレットで上手に焼くコツは、事前に空焼きなどをして油を馴染ませておく事と、炒め油を少し多目に使う事です。

まとめ

  • スキレットで餃子を焼くと外はカリッと香ばしく中はふっくら美味しく焼ける。
  • スキレットは鉄で出来ているので料理に鉄分を補給してくれる。
  • 慣れない人が使うのは難易度が高いかもしれないが、慣れたらどうって事ない。
  • 美味しい餃子のタレは、醤油と酢を1対1の割合で混ぜるだけ。
  • ガスコンロに火力のムラがあれば焼いてる途中に180度回転させると上手くいく。
  • 餃子を食べる前にビールで喉を潤しておく。
  • スキレットの油の馴染みがイマイチでこびり付いやすい状態なら焼く前に空焼きして油を馴染ませておく。

ユニフレーム スキレット 10 661062

Amazonで購入 楽天で購入

オトコ中村が使用しているのは10インチです。
アマゾンの商品リンクは同じ10インチ。
楽天の商品リンクはサイズが7インチになってます。なぜか楽天には7インチしか売ってませんでした。
楽天で購入される方はサイズが違うのでご注意ください。

私がいつも使っているスキレットはこれです。
我が家の台所でも、アウトドアでも大活躍しております。

動画で説明

動画では、味の素の冷凍餃子のみの説明ですが、オトコ中村が自ら出演して語っております。
併せてご覧ください。

自家製ブラータチーズをプチトマトと共に

チーズ作り

2021/3/2

ブラータチーズの作り方 幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるが、お家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました!

ブラータチーズの作り方幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるがお家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました! ブラータというのは、イタリア語で「バターのような」という意味で、細かく割いたモッツァレラチーズと生クリームを合わせて、さらにそれをモッツァレラチーズの皮で包んだ物です。作るのに手間がかかる事と、その製造の難易度の高さから、幻のチーズと呼ばれています。その幻のチーズを手作りすることができました。これを読めばブラータチーズの作り方が分かります。 【目次】1.ブラータチーズとは2.【余談】ブ ...

ReadMore

鉄鍋棒餃子

ダッチオーブン・スキレット 麺料理

2021/2/19

スキレットで鉄鍋棒餃子を焼く|鉄鍋棒餃子のルーツについても考える

スキレットで鉄鍋棒餃子を焼きます。スキレットは鉄で出来ているので、スキレットで棒餃子を焼けば鉄鍋棒餃子になります。鉄鍋棒餃子のルーツを探り、ご家庭で本場中華の味を簡単に楽しめるレシピをご紹介します。 【目次】1.鉄鍋棒餃子は中華料理では無い!?2.中国にある細長い餃子3.日本での鉄鍋棒餃子の始まり4.ターリャンフォシャオが鉄鍋棒餃子のルーツで無いと考える根拠5.本当の鉄鍋棒餃子のルーツ6.3種類の皮で鉄鍋棒餃子を焼く7.餡の材料7−1.餡の作り方8.棒餃子を包む8−1.餃子の皮で包む8−2.春巻きの皮で包 ...

ReadMore

スキレットで焼いた味の素餃子

ダッチオーブン・スキレット 麺料理

2021/2/11

スキレットで美味しい餃子を焼く方法を「味の素の冷凍餃子」と「手作り餃子」の2方向から詳しく説明

スキレットで美味しい餃子を焼く方法を「味の素の冷凍餃子」と「手作り餃子」の2方向から詳しく説明 スキレットで餃子を焼くと、とんでもなく美味しく焼けます。 外はカリッと香ばしく、中はふっくら焼けるのです。 テフロン加工のフライパンで焼く断然美味しいですが、スキレットに慣れない人が焼くとこびり付く恐れがあります。 ここでは、スキレットに慣れない方でも上手に焼く方法を、味の素の冷凍餃子と手作り餃子の2パターンの餃子を焼いてご説明します。 【目次】1.スキレットについて2.いきなり話は脱線しますが3.話は戻ります ...

ReadMore

自家製穀物酢

2021/2/12

お家で出来る酢の作り方(基本編)【穀物酢】これを読めば誰でも作る事ができます!

お酢は、アルコールが発酵してできた発酵食品です。お酢ができる原理さえ理解すれば酢を作ることができます。お家で簡単に作れる酢の基本編として、穀物酢を作りながら、お酢作りについて詳しく説明していきます。 【目次】1.酢のできる原理2.酢酸菌の入手方法3.穀物酢の材料3−1.焼酎について3−2.水について3−3.市販の酢について3−4.りんごについて4.酢を作るのに適した容器5.穀物酢の仕込み方6.酢酸発酵に適した温度7.酢酸発酵が行われているかの見極め7−1.水滴で判断する7−2.蓋の凹みで判断する7−3.匂 ...

ReadMore

男のアップルシナモンロールパン

ダッチオーブン・スキレット パン系

2021/1/23

男のアップルシナモンロールパンの作り方 スキレットで焼く男の味

男のアップルシナモンロールパンの作り方スキレットで焼く男の味 リンゴとシナモンを甘く煮込んだプレザーブがたっぷり入ったアップルシナモンロールパンを作ります。普通は生地をケーキ型などに入れてオーブンで焼くのですが、今回はスキレットを使ってガスの直火で焼きます。分厚い鉄のフライパン、スキレットで焼くので「男のアップルシナモンロールパン」と名付けました。味は、鉄フライパンで焼いた男の味がします。 【目次】1.スキレットとは2.アップルシナモンロールパンの作り方3.アップルシナモンロールパンの材料 8人前4.アッ ...

ReadMore

-ダッチオーブン・スキレット, 麺料理

© 2021 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5