納豆

納豆を作る

2013年2月18日

家に大豆がたくさんあるので納豆を作ってみます。

◆納豆の作り方

〈材料〉
大豆 好きな量
市販の納豆 1パック

大豆は、洗って一晩水に浸けておく。

大豆をゆでる大豆を約1~2時間ゆでます。
市販の納豆と同じくらいの硬さになればOKです。
大豆の水を切り、茹で汁大さじ1杯くらいを、熱いまま市販の納豆のパックに入れる。
納豆のパックに入れた汁を、大豆にかけて混ぜる。
以上の動作は、豆が熱いまま行う。

50℃で12時間保温します。
と言っても、我が家では50℃で保温というのは不可能です。

保温とりあえず、床暖房だから床に置いてブランケットをかぶせておきますが、これだと実際は30℃くらいの保温。
おまけに寝る時と、外出時は、床暖房切ってますから、30度の保温もままならない。
温度が低いけど、そのかわり長時間置いたら発酵が進むだろう。
などと、勝手な解釈でいってみましょう。

納豆11日(24時間)経過。
白い菌糸が広がってきました。
匂いも味も、納豆には違いないですが、温度が低いためか、まだまだ熟成が浅いです。
もうしばらく、このまま置いてみます。

納豆2もう2日経過(計3日)
茶色くなってきました。
匂いも味も、ますます納豆らしくなったきましたが、まだ少し熟成が浅いです。
もうしばらく、このまま置いてみます。

納豆3もう2日経過(計5日)
さらに色が濃くなりました。
色も匂いも味も完全に納豆です。
ただ、ネバネバが弱く、ほとんど糸を引きません。
これ以上30℃で保温してると、腐るかも知れないので、とりあえず、これで完成という事にしておこう。

納豆自家製納豆です。
まあ、それなりに美味しいです。
60点くらいの出来でしょうか?
それにしても、納豆の匂いを強く感じます。
市販の納豆は、匂い控え目に作られているので、それを食べ慣れているせいでしょう。
あと、ネバネバが弱いのは、発酵の状況によって、納豆菌がネバネバを分解する場合もあり、ネバネバの弱い納豆が出来る事もあるみたいです。
しかしながら、60点では満足できません。

納豆の完成度を上げるには、50℃で保温という課題をクリアしなければいけないです。

調べてみると、発泡スチロールのケースで、かなり保温ができるみたいですね。
50℃のお湯を入れたペットボトルを発泡スチロールのケースに入れると、12時間くらいなら保温が出来るみたいで、冷めてきたら、お湯を取り替えたら良いだけなので、手軽にできそう。
実際、私が大好きな発酵食品を作るためには、様々な温度での保温が必要になります。

30℃の保温は、夏なら適当に置いておけば30℃です。
冬なら床暖房や、ホットカーペットを利用すると、ほとんどの家庭で出来ると思います。

40℃での保温は、我が家のオーブンに、パン発酵用の40℃コースがあるのでそれを利用しています。

50℃以上になってくると、もうお手上げ。
それで、発泡スチロールのケースが必要になってくるのです。

という訳で発泡スチロールのケースを購入

発泡スチロールケースとうとう買いました。
家族でキャンプに行くため、クーラーボックスとして買ったのがキッカケですが、クーラーボックスというのは仮の姿。
本当は、発酵食品製造用の保温ケースとして買ったのです。

納豆作るこの発泡スチロールのケースに、保温用に50℃のお湯をたっぷり入れた容器を入れて、ゆでた大豆に納豆菌を付けたものを入れる。
そして蓋をすると50℃での保温ができるという訳です。

12時間後さて、12時間経過。
温かいです。
体温と同じくらいだと思います。
12時間置いて、この温度なら、まずまず保温できていると言って良いでしょう。
大豆は、確かに納豆っぽくなってきましたが、まだ、発酵が足りないように見えます。
お湯を再び50℃に温めて、また蓋をします。

さらに12時間後さらに12時間経過。
お、納豆らしくなってきた。
これで一応完成です。

すぐに食べてもいいのですが、納豆菌がたんぱく質を分解したためにアンモニア臭がするので、冷蔵庫で2日くらい置いておくとアンモニア臭も消えて美味しくなります。

自家製納豆自家製納豆です。
やはり市販の納豆は匂い控えめに作られているために、自家製納豆は匂いを強く感じます。
しっかりと、豆の味・納豆の味が楽しめますが、発酵が少し浅いような気がします。

市販の物に比べて、80点くらいの出来でしょうか。
また、改善・改良を加えて、挑戦すると思います。

続き ススキに付いてる納豆菌で納豆を作る

2年熟成白たまりの表面

その他の漬物・発酵

2023/1/21

2年間熟成発酵させた白たまりを味わう

2年間熟成発酵させた白たまりを味わう 小麦麹を塩水に漬けて熟成発酵させた調味料を白たまりと言います。白たまりの熟成期間は2〜3ヶ月程度で済むのですが、我が家には2年も熟成させた白たまりがあり、熟成が進みすぎて真っ黒になっています。果たして、どんな味になってるのでしょうか。今回はそれを搾って味わってみようと思います。 【目次】1.白たまりとは2.白たまりの作り方3.工程1:小麦麹を作る3–1.小麦麹を作らずに買っても良い4.工程2:小麦麹を塩水に漬ける5.工程3:熟成発酵6.実は白たまりを仕込むつもりでは無 ...

ReadMore

白菜漬け

その他の漬物・発酵

2023/1/10

放っておくだけ!乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方

放っておくだけ!乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方 乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方をご紹介します。発酵による何とも言えない美味しさがあって、しかも身体に良いのです。 乳酸発酵と言っても何も難しくありません。基本的に放っておくだけです。 これを読めば作れるようになりますよ。 ズボラな人でも作れるように、ジッパー付きの保存袋でできる簡単な作り方をご紹介します。 【目次】1.白菜漬けの材料2.白菜を漬ける3.乳酸発酵させる方法4.乳酸発酵させる時の温度5.8日間放置6.試食7.さらに5日放置8.まとめ9.動画で説明 ...

ReadMore

コーヒーをオーブンで焙煎する

コーヒー

2022/12/24

コーヒー生豆をご家庭のオーブンで焙煎することができる!どのようなオーブンでも均一に焼く方法

コーヒー生豆をご家庭のオーブンで焙煎することができる!どのようなオーブンでも均一に焼く方法 コーヒー豆を、ご家庭にあるオーブンで焙煎することができます。難しくないです。オーブンに入れておくだけでできます。 そして、オーブンで焙煎すると、均一に火が通ります。均一に焼く方法は難しくありません。この記事を読んだら出来るようになりますよ。 自家焙煎はコーヒーを最高に美味しく飲める方法です。是非とも挑戦してみてください。 【目次】1.オーブン焙煎に必要なもの2.オーブンで均一に焙煎する方法3.オーブンによって焼き加 ...

ReadMore

フライパンでコーヒを焙煎する

コーヒー

2022/12/24

誰でもできるコーヒーのフライパン焙煎を詳しく解説します

誰でもできるコーヒーのフライパン焙煎を詳しく解説します コーヒーのフライパン焙煎とは、文字通りフライパンでコーヒーを焙煎する事です。これが簡単で、驚くほど美味しく焙煎できるのです。その方法をご説明します。 【目次】1.コーヒーのフライパン焙煎に必要なもの2.焙煎開始3.フライパン焙煎するとチャフが飛び散る4.焙煎前の生豆と焙煎後の豆を比較5.焙煎したての豆でコーヒーを淹れる6.フライパン焙煎のメリットとデメリット7.コーヒーをブレンドするともっと楽しめる8.均一に焼くには9.まとめ10.動画で説明 コーヒ ...

ReadMore

年間ランキング2022

未分類

2022/12/3

年間ランキング2022 最も多く読まれた記事と、最も長時間読まれた記事

年間ランキング2022最も多く読まれた記事と、最も長時間読まれた記事 2022年もあっという間に12月になりました。昨年から始めて、今回が2回目となる年間ランキングを発表したいと思います。 当ブログは2012年に始まって、コツコツと記事を書いてきました。おかげさまでもうすぐ11年です。 トータルで1000記事以上書きましたが、内容の薄いものや、全く読まれてない記事を統廃合して、ブログ内も新陳代謝しております。そして2022年12月2日時点で433記事あります。 その中で、2022年に最も読まれた記事のベス ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-納豆