松ぼっくりの美味しい食べ方 ジャム・スイーツ編

      2019/06/02

松ぼっくりの美味しい食べ方

ジャム・スイーツ編

未知なる料理が大好きな読者の皆様、お待たせしました。
今回のテーマ食材は、未知なる食材、松ぼっくりでございます。

松ぼっくり

松ぼっくりの美味しい食べ方を紹介します。

え!?

松ぼっくりって?

え!?

松ぼっくりって食べられるの?

あの硬い松ぼっくりですよ。

マジで!?

はい、そうです。

食べられますよ。

食べられるのは、画像のような成熟したものでなく、まだ若くて小さい松ぼっくりですけどね。
ロシアでは、松ぼっくりをジャムにして食べるのです。

本当ですよ。

【目次】
1.松ぼっくりジャム
1-2.松ぼっくりジャムをパンに塗ってみた
1-3.松ぼっくりジャムをカップケーキに混ぜてみた
1-4.松ぼっくりジャムをクッキーに混ぜてみた
1-5.松ぼっくりのレアチーズタルトを作ってみた
2.松ぼっくりジャムは自分で作れる
3.松ぼっくりの収穫方法と時期
4.松ぼっくりに関して予備知識
5.松ぼっくりの下ごしらえ
6.松ぼっくりジャムを作る
7.松ぼっくりティー
8.松ぼっくり果肉入りクッキー
9.松ぼっくりと紅茶のシフォンケーキ
10.松ぼっくりチョコレート
11.まとめ

スポンサーリンク




松ぼっくりジャム

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ロシア】松ぼっくりジャム
価格:983円(税込、送料別) (2019/5/14時点)


松ぼっくりが食べられる証拠として、松ぼっくりジャムというものが、このように売られているのです。

売られている事は、確かなのですが、日本では非常~に珍しい商品です。

私がネット通販で探した限りでは、アマゾンでは売ってませんでした。
また、いろんな輸入食品店の実店舗を探しましたが、売ってませんでした。
唯一、見つかったのが楽天のこの商品でした。

これはとても珍しい。
こういった珍しい食品って惹かれるんですよ。

松ぼっくりジャム

という訳で、購入しました。

本体価格910円
税73円
送料918円
合計1901円

1901円で購入。
えらい高い買い物ですが、こうでもしないと手に入らないのです。

松ぼっくりジャム背面

名称:松ぼっくりジャム
原材料名:砂糖、水、松ぼっくり、レモン果汁

間違いなく松ぼっくりのジャムですね。

松ぼっくりジャムの中身

蓋を開けて中を見てみると、直径1cmくらいの松ぼっくりが入っています。
そして、松の匂いがプーンと漂います。

松ぼっくりジャム試食

ちょっと試食してみましょう。

パクッ

モグモグ…

ん?

松の香りがするシロップという味です。
松ぼっくり本体は、食物繊維が口の中に残り、木の葉を食べてるような感覚ですが、そんなに不愉快ではありません。

少し渋味と言うか、松ヤニのクセというか、エグ味がありますが、それよりも甘すぎて甘すぎて、甘すぎます。
そのまま食べるものではないのでしょう。

松ぼっくりジャムをパンに塗ってみた

松ぼっくりジャムトースト

ジャムといえばトーストですよね。
松ぼっくりジャムをパンに塗って食べてみました。

いや~

マズイ!!

松の香りがパンの味と合いません。
ただ、パンと一緒に食べると、松ぼっくり本体の食物繊維の葉っぱを食べているような感覚は、ほとんど気にならなかったです。
けど、口の中はマズさでいっぱいになりました。

子供たちは、この松ぼっくりトーストだけで、松ぼっくりジャムの評価をマズイ物と決め付けてしまいました。

松ぼっくりジャムをカップケーキに混ぜてみた

松ぼっくりカップケーキ

カップケーキに混ぜて焼いてみました。
真ん中の赤黒い粒が松ぼっくり果肉です。

果肉という表現が正しいかどうか分かりませんが、今後は、松ぼっくり本体の事を果肉と呼ぶ事にします。

カップケーキは、パンに比べると美味しく感じましたが、それでもこんな物、わざわざ作って食べたいとは思いません。

子供たちは、せっかくのケーキなのに、松ぼっくりが入っているという理由で、一口も食べませんでした。

松ぼっくりジャムをクッキーに混ぜてみた

松ぼっくりクッキー

砂糖の代わりに松ぼっくりジャムを練り込んだクッキーです。
果肉は入ってません。

クッキーを焼いた香ばしさと、松の香りがマッチして、これは美味しいです。
香ばしい何かわからないけどハーブのような香りのするクッキーといった感じで、初めての味です。

子供達も、これはいけると言って、食べました。

このように、使い様によっては美味しく食べられるという事が分かりました。

そして、松ぼっくりジャムは、クリームチーズと相性がいいのではないかと、ふと思いました。

松ぼっくりのレアチーズタルトを作ってみた

松ぼっくりのレアチーズタルト

松ぼっくりのレアチーズタルトです。
ちゃんとしたレアチーズケーキのレシピで、砂糖の代わりに松ぼっくりジャムを混ぜて、松ぼっくり果肉を乗せました。
直径10cmくらいの小さいタルト型で2個作りました。

松の香りがアクセントとなって美味しかったです。

これを作るついでに、普通のレアチーズタルトも作りましたが、普通のよりも松ぼっくり入りの方が、美味しかったです。

本当ですよ。

妻と、妻の友人にも食べてもらいましたが、二人とも松ぼっくり入りが美味しいと評価してくれました。
子供たちは、松ぼっくりを敬遠して普通のレアチーズタルトだけを食べたので、評価なしです。

松ぼっくりジャムは自分で作れる

このように、松ぼっくりジャムは、使い方によっては美味しくいただけるのです。

いや、私の場合は使い方によりけりですが、世の中には、松ぼっくりジャムを好きな人も居て、そんな人は、どうのように食べても好きみたいです。

意外にも、日本でもロシアのように松ぼっくりジャムと親しむ事ができます。
わざわざ高いお金を払って買わなくても、自分で松ぼっくりを収穫して作れるのです。

松ぼっくりの収穫方法と時期

京都御苑

京都御苑です。

京都御苑の松の木

京都御苑には松の木がたくさん生えています。

日本ならどこでも松の木が生えているでしょうから、松の木が沢山生えているような場所に収穫に行くと良いですよ。

収穫に適した大きさの松ぼっくり

収穫の時期は、私の住む京都ではでは5月中頃が良いです。
その他の地域の松を観察した事が無いので、よくわかりませんが、梅雨入りよりも前の時期が良いでしょう。

梅雨前線と同じように、松ぼっくり前線は南から北へと北上するでしょうから、それぞれの地域で梅雨前に松ぼっくりの大きさが2cmを超えないくらいの頃合を見て収穫してください。

収穫するときは、手で引きちぎるのは困難なので、ハサミで切り取ります。

松ぼっくりに関して予備知識

松の雄花と雌花

茎の先端に付いている赤い松ぼっくりの赤ちゃんのようなものが、雌花です。
茎の根元に付いている茶色いエビフライみたいなものが、雄花です。

松は、春に花が咲き、雌花は受粉してゆっくりと松ぼっくりへと生長していきます。
雄花は、春に花粉を飛ばせば枯れて落ちてしまいます。

そして、雌花は、開花してから1年経って、やっと収穫できる松ぼっくりになるのです。

いわゆる茶色くてかさが開いた松ぼっくりになるのは、開花から1年半かかるのです。

松ぼっくりの下ごしらえ

収穫した松ぼっくり

収穫した松ぼっくりです。

収穫した松ぼっくりを水に浸ける

とりあえず洗って水に浸けます。
そうすると虫食いがある場合、虫が出てきます。

虫食いの松ぼっくり

虫も一緒に煮込んでしまえば、どうって事ありませんが、私は虫ちゃんを食べる事が好きでないので、虫は取り除きます。

今回収穫した中で、3個虫食いがありました。

松ぼっくりのヘタを切り落とす

ヘタを包丁で切り落としておきます。

以上で下ごしらえは完了です。

松ぼっくりジャムを作る

【松ぼっくりジャムの材料】今回作った量
松ぼっくり 160g
砂糖 190g
水 160ml
レモン汁 1/2個分

およそ以下の割合で配合しました。

松ぼっくり:砂糖:水:レモン汁 = 1:1.2:1:0.1

レモン汁は、おまけなので、あっても無くてもいいと思います。

松ぼっくりジャムを煮込む

ずべての材料を鍋に入れてグツグツ煮込みます。
後から気付いたのですが、煮込む前に15分ぐらい茹でて、茹でこぼしてアクを抜いてから、材料を入れて煮込む方が良いです。

1時間煮込んだ松ぼっくりジャム

1時間くらい煮込むと、不思議な事に色が赤くなり、松ぼっくり自体も柔らかくなります。
これで完成です。

鍋には松ヤニが付きますので、ゴシゴシ洗わなければいけなくなります。
けど、ゴシゴシ洗えば済む事です。

瓶に詰めた松ぼっくりジャム

瓶に詰めました。
これで長期保存も可能です。

ちなみに、楽天で買った松ぼっくりジャムとほとんど同じ味になりました。

松ぼっくりジャムのを作るにあたって下記のサイトで勉強させていただきました。

松ぼっくりジャムを作ってみた | ざざむし。

【梅雨のお供に】今が旬!松ぼっくりジャムの作り方 - 毎日なんか作ってます

このように、すでに松ぼっくりジャムの作り方を紹介してくださっている方がいらっしゃるので、私はその次の段階として、松ぼっくりジャムを使って新たな味を創造していきたいと思います。

松ぼっくりティー

紅茶に松ぼっくりジャムを入れる

紅茶に松ぼっくりジャムを入れてみます。

これは新たな味でも何でもなく、ロシアでは普通の楽しみ方のようです。

松ぼっくりティー

松ぼっくりティー。

松の香りと渋味がします。
私の作った松ぼっくりジャムは、アク抜きしてない為に、ちょっと渋いですが、紅茶というものは最初から渋いものなので、渋味も違和感なく、松の香りを楽しめました。

松ぼっくり果肉入りクッキー

【松ぼっくり果肉入りクッキーの材料】
バター 30g
米粉 60g
松ぼっくりジャム 30g(果肉ごと)
砂糖15g

松ぼっくりクッキーを作る

松ぼっくり果肉をクッキー生地に練り込みます。
そして、生地を細長く丸めて冷凍してスライスしたものを焼きます。

オーブンで焼いた松ぼっくりクッキー

170℃のオーブンで20分くらい焼きました。

松ぼっくり果肉入りクッキー

松ぼっくり果肉入りクッキー

まるで、松ぼっくり果肉が、ドライフルーツのように感じられます。
一瞬、ドライフルーツ入りのクッキーを食べたような気になりますが、後から松の香りと渋味がじわじわと攻めてきます。

松ぼっくりとドライフルーツと、全く関係が無いように思いますよね。
けど、松の渋味と爽やかさが、例えばオレンジピールの渋みと爽やかさのように、どこか共通する部分があるのです。
だから本当にドライフルーツっぽいですよ。

私の作った松ぼっくりジャムは、アク抜きしてない為に、渋いです。
おまけに調子に乗って果肉を入れる割合が多すぎたのでしょう。

そんな訳で、渋味が強いクッキーになってます。

けど、紅茶と一緒にいただくと悪くないです。
渋味が強いので、一度に2枚くらい食べると満足というか、それ以上食べられません。
ジャムをアク抜きしてから作り、果肉の割合を減らすと美味しいクッキーになるでしょう。

レシピを改善すれば、世の中に十分に通用すると思います。

ちなみに、コーヒーとは相性悪いです。

松ぼっくりと紅茶のシフォンケーキ

紅茶と相性が良いので、最初から紅茶と混ぜてシフォンケーキを作ってみます。

【材料】
卵 2個
米粉 35g
砂糖 15g
松ぼっくりジャム(果肉ごと) 30g
紅茶(ティーバッグ) 1袋
熱湯 30ml
溶かしバター 15g

材料は、弱気の少量です。

紅茶と松ぼっくりのシフォンケーキを作る

紅茶は、セブンイレブンのアールグレイを使いました。
紅茶のシフォンケーキの作り方を、クックパッドで調べ、それをちょっと変更して、松ぼっくりジャムを果肉ごと入れて作りました。
果肉は細かく潰して混ぜました。

シフォンケーキ型がないので、普通のスポンジ型で焼きました。

松ぼっくりと紅茶のシフォンケーキ

松ぼっくりと紅茶のシフォンケーキ。

センセーショナルな味です!!

アールグレイの香りに加え、松ぼっくりの爽やかな香りとアクセントが効いて、美味しいです。
こんな味は、未だかつて食べた事がありません。

妻も、子供たちも、美味しいと評価してくれました。

妻は、本当に美味しいと評価してくれましたが、子供たちは、半分お世辞だったような気がします。
子供たちは、私の料理に対してお世辞を言ってくれる事もあるので、美味しいという言葉をそのまま受け取るのではなく、表情や挙動を見て、言葉の裏まで読まなければなりません。

きっと大人の味だったのでしょう。
けど、妻と私は本当に美味しいと思いました。

松ぼっくりチョコレート

妻が、松ぼっくりチョコレートを作ってみては?と、提案してきました。

おお、その手があったか!と、早速作る事にしました。

【松ぼっくりチョコレートの材料】
好きなチョコレート 50g
松ぼっくりジャムの果肉 3個

松ぼっくりチョコレートを作る

松ぼっくりジャムの果肉部分だけを潰してチョコレートに混ぜます。

ちなみに、チョコレートに水分を混ぜるのは禁物です。
松ぼっくり果肉を混ぜる事によって、それに含まれている水分で、チョコレートのなめらかさが無くなり、ボテボテのチョコレートになりました。

けど、幸いにも水分が少なかったおかげで、冷やし固めると、何とか普通に固まりました。

松ぼっくりチョコレート試食

松ぼっくりチョコレートいただきます。

これもセンセーショナルな味です。

口に入れて一瞬、ドライフルーツでも入っているかのように感じるのですが、次に松の香りとアクセントと渋味が来ます。
チョコの甘味とビターな感じと、松の香りと爽やかな刺激が口の中で調和して、これはまるで新時代の幕開けの味です。

ほんの一口だけ試食して、残りは冷蔵庫に置いてたのですが、仕事から帰ると無くなってました。
妻と子供で食べたのでしょう。

という事は、美味しかったのでしょう。

そこで、子供に聞きました。
「松ぼっくりのチョコレートどんな味だった?」と。

そしたら…

「食べてない」との答え。

え?どういう事だ!?

妻に聞くと、「一人で全部食べた」との事。

あまりにも美味しくて止まらなかったようです。

松ぼっくりチョコは、それくらい美味しいのです。

まとめ

  • ロシアでは、若くて小さい松ぼっくりをジャムにして食べる。
  • 日本の松ぼっくりでもジャムを作れる。
  • 松ぼっくりの収穫は、梅雨前に大きさが2cmを超えないくらいの頃合に行うと良い。
  • 松ぼっくりジャムは、使い方によっては美味しくいただける。
  • 松ぼっくりジャムは、レアチースケーキ、紅茶のシフォンケーキ、チョコレートに混ぜると特に美味しかった。

松ぼっくり、こんなに凄い食材を今まで見過ごしていたなんて、不覚です。
けど、食べられるなんて思いもよらないですよね。

松ぼっくりの、食材としての可能性は果てしないです。
今回作ってみたスイーツなども、ほんの一例でしょう。
さらに、スイーツ以外にも、料理にも使えそうです。

次回は、松ぼっくりを使った料理を紹介します。

続き:松ぼっくりの健康効果と美味しい料理法を考える

スポンサーリンク




 - 京都御苑の野草, その他のスイーツ