低温調理 肉料理

低温調理で肉料理の次元が変わる!まずはローストビーフと厚切りステーキ

2018年7月29日

前回紹介したサラダチキンの成功で肉の低温調理に興味が沸いてきました。

肉の低温調理とは、50~80℃あたりの温度でじっくりと調理する事です。
肉という食物は、火を通しすぎると硬くパサパサになってしまいますが、低温調理した肉は、柔らかくしっとり仕上がります。

例えば鶏ムネ肉なんて、火を通しすぎたら硬くてパサパサになって、美味しくなくなる食材の典型ですが、低温調理する事によって柔らかいサラダチキンになるのです。

サラダチキンの記事:超簡単で驚きの柔らかさ!サラダチキンの作り方

サラダチキンが柔らかく調理できたのと同じように、牛肉も豚肉も柔らかくなるのです。
それでは、硬くなってしまいがちの肉を柔らかく仕上げる低温調理という方法を探求してみます。

低温調理と言えばローストビーフ

霜降り肉のような、サシの入った牛肉の場合は、最初から柔らかいので低温調理してもあまり意味がありません。
しかし、脂身の少ない肉で低温調理はその威力を発揮します。

米国産牛肩ロース米国産牛肩ロース約300gです。

肉の重さに対して1%くらいの塩と、ブラックペッパーを適当に表面にまぶし、赤ワイン少々と一緒にビニール袋に入れます。
赤ワインの量は、量ってませんが大さじ2~3杯くらいだったかな、肉の重さの1割くらいでしょうか。

安いポリエチレンの袋を使っていますが、ジッパー付きの袋でも、もちろんOKです。

袋ごとお湯の中に沈める鍋にお湯を入れて、60℃まで加熱します。
60℃になってから、ビニール袋ごとお肉を入れます。
肉を沈めて、水圧で袋の中の空気を抜いて真空のような状態にします。

ジッパー付き袋の場合は、真空のような状態にしてからジッパーを閉じると良いでしょう。
私の場合、袋の口は閉じずにそのままにしています。
後で鍋の蓋を閉めるときに、鍋の蓋で袋の口を押さえて、閉じたような状態にしてます。

61.2℃で火を止めた温度は61.2℃まで上がりました。
ここで火を止めます。

一応、理想は、58℃くらいの温度を保ち、2時間調理です。
低温調理器というアイテムを使えば、58℃に設定して2時間待てば完成ですが、低温調理器という物は、最近かなりお手ごろ価格になってきてますが、それでも結構な値段がするので簡単に買える物ではありません。
だから私は、今のところ低温調理器を買わないつもりです。
頑張って低温調理器を使わない方法で低温調理を実践します。

ですが、将来的に低温調理器を買うかも知れません。

 

さて、61.2℃で火を止めました。
火を止めたら当然、温度が下がります。
温度が下がればまた火を点けます。
それを繰り返すわけです。

実際は火を止めてから30分おきくらいに温度を点検しました。
火を止めて30分後には55℃くらいまで温度が下がっていたので、また火を入れて61℃くらいまで加熱して火を止め、また30分後に同じ事を繰り返しました。

調理開始から2時間後

調理開始から2時間後こんな状態になりました。

色が変わって火が通った色になりました。

ローストビーフのたれを作る

袋の中に溜まった水分袋の中は、肉汁と赤ワインが混ざった水分がたまっています。

ローストビーフのたれ袋にたまった水分に、醤油大さじ1を加えて煮詰め、ローストビーフのたれを作ります。

ローストビーフの仕上げ

肉の表面を焼くフライパンでサッと焼いてお肉の表面に焦げ目を付けます。
焼かなくても食べられますが、これをしないと焼いた香ばしさが無く、味が物足りません。
焼いてから10分以上置いて、肉を休ませたら完成です。

牛肉の食中毒リスクについて

食中毒のリスクを回避する為にも表面を焼いておく必要があります。
牛肉は表面に菌が付いても内部に菌が入り込む可能性は少ないので、表面を焼いておけば普通の人は食中毒になる心配はありません。
仮に内部に菌が入り込んだとしても58℃で2時間加熱しているのですから、菌は、ほぼ死滅しているでしょう。
一応、厚生労働省の基準では肉の中心部分が63℃で30分維持できれば食中毒を予防できるとされています。
心配な方は63℃で30分調理してください。

ローストビーフの完成

低温調理ローストビーフ低温調理のローストビーフ。
ピンク色の理想的な色になっています。

美味しそう。

低温調理ローストビーフをいただくたれをかけて、わさびと酢玉ネギを添えていただきます。

 

めちゃくちゃ美味しいです!!

 

柔らかくて、しっとり瑞々しく、肉の旨味と香りが活きています。

これは絶品!!

米国産の安い牛肉がこんなにも美味しくなるなんて!!

子供達も気に入ってモリモリ食べました。

これは大成功でした!

 

※ローストビーフをもっと知りたい方は
↓こちらをご覧ください↓

低温調理で厚切りステーキ

厚切りステーキ肉米国産肩ロース厚切りを買ってきました。

デカイです。
600g以上あります。

肉を袋に入れ下味を付ける肉の重さに対して1%くらいの塩と、ブラックペッパー・ナツメグ少々・山椒少々を表面にまぶしてビニール袋に入れます。

このブラックペッパー・ナツメグ少々・山椒少々というスパイスの配合は、ステーキのスパイスとして使えるので覚えておくと良いでしょう。

ステーキ肉を低温調理する袋ごとお湯に沈めて真空のような状態にします。

お湯の温度は、58℃くらいで1時間調理します。

実際は60℃まで上がってから火を止めて、30分後に点検すると55℃くらいまで下がっていたので、また60℃くらいまで加熱して、さらに30分放置しました。

1時間後には、袋の中に肉汁が溜まります。
それに醤油を加えて煮詰めるとステーキソースになりますが、今回はそれをやらず、その肉を冷蔵庫で冷やし、バーベキューで炭火焼にしました。
低温調理でおまけに炭火焼のステーキです。

炭火でステーキを焼く炭火で表面を焼きます。

低温調理をしたので、もうすでに中まで火は通っています。
だから表面に焦げ目を付けるだけでいいです。
けど、肉を冷蔵庫で冷やしていたため、中が冷たいと美味しくないので、中がある程度温かくなるようにじっくり焼きます。

まな板の上でステーキを休ませるまな板に取り出して、10分以上休ませます。

ステーキを一口大に切る休ませた肉を一口大に切りました。

低温調理ステーキをいただくいただきます。

確かに、肉をそのまま炭火で焼いたよりは、低温調理したおかげで、柔らかくなっています。
特に、脂身の柔らかさが目立ちます。

厚切りステーキの場合、肉はレアでもちろん美味しいのですが、脂身がレアだと美味しくないです。
低温調理したおかげで、脂身までしっかりと火が通って柔らかくとろけました。

ただし、低温調理した後に冷蔵庫で冷やしてしまったために、それを温めるために炭火で焼く時間が長くなってしまいました。

家で低温調理してから、バーベキュー会場まで移動するまでの間、家から真っ直ぐバーベキューに向かったわけでなく、車で一日色々と移動した後でバーベキューだったので冷やしてクーラーボックスに入れるしか方法が無かったのです。
真夏の炎天下の中の車ですからね。
どれだけ暑い事か。

逆に生の肉をそのまま車の中に置いておけば低温調理ができたかも知れませんね。
太陽光による低温調理、省エネで理想的ですね。
ちょと試すのは怖いですが…

さて、焼く時間が長くなったおかげで肉がちょっと硬くなってしまいました。
生の肉をそのまま焼くよりは、低温調理したおかげで柔らかく仕上がりましたが、低温調理ローストビーフを食べた時ほどの感動はありませんでした。
肉が温かい状態のまま表面だけを炭火でジュッと焼けば、きっと驚きのステーキになったと思います。
素材が安いお肉なだけに、調理法を間違うと美味しくいただく事は期待できません。

しかし、正しい調理法を守ると感動的な美味しさになります。

 

※低温調理ステーキについてもっと詳しく知りたい方は
↓こちらをご覧ください↓

まとめ

【低温調理ローストビーフの作り方】
・肉の重さに対して1%くらいの塩と、ブラックペッパーを適当に表面にまぶす。

 

 

・肉の重さに対して1割くらいの赤ワインと一緒にビニール袋に入れる。

・58℃のお湯に袋ごと沈めて、真空のような状態にし、2時間調理する。

・袋にたまった水分に醤油大さじ1を加え煮詰め、ローストビーフのたれを作る。

・肉の表面をフライパンでサッと焼いて焦げ目を付け、10分以上休ませる。

・スライスしていただく。

【低温調理ステーキの作り方】
・肉の重さに対して1%くらいの塩と、ブラックペッパー・ナツメグ少々・山椒少々を適当に表面にまぶし、ビニール袋に入れる。

 

 

・58℃のお湯に袋ごと沈めて、真空のような状態にし、1時間調理する。

・袋にたまった水分に醤油加え煮詰めるとステーキソースになる。

・肉の表面をサッと焼いて焦げ目を付け、10分以上休ませていただく。

という訳で、低温調理はちょっと手がかかりますが、ローストビーフなんて、オーブンで調理する場合でも手がかかりますから、私に言わせればどちらも同じです。
おまけにオーブンでローストビーフを作る場合、肉の大きさによって温度や焼き時間などを調節しなければいけないので経験値が必要です。
私には、その経験値がありません。

それに比べて、低温調理は、温度をある程度守るだけで上手くいきます。
経験値の無い私でも1回目から上手くできました。
はっきり言って簡単ですよ。

では次回は、なぜ低温調理でこのように感動的な美味しさになるのかを説明します。
それを理解する事によって、より低温調理を極める事が出来るでしょう。

続き:低温調理が美味しい理由を化学的に考察する

セイタカアワダチソウ

鴨川の野草

2021/7/24

セイタカアワダチソウの美味しい食べ方

あの力強い野草のセイタカアワダチソウは、美味しく食べる事ができます。セイタカアワダチソウの美味しい食べ方を3種類ご紹介します。ホンマに美味しいですからね。これを読めばセイタカアワダチソウを見る目が変わりますよ。 【目次】1.セイタカアワダチソウについて2.セイタカアワダチソウの効能3.セイタカアワダチソウの採取4.セイタカアワダチソウの味5.セイタカアワダチソウのアク抜き6.セイタカアワダチソウの料理法を考える7.セイタカアワダチソウの白和え8.セイタカアワダチソウのケーキ9.セイタカアワダチソウパン10 ...

ReadMore

中村家の長期熟成発酵食品

その他の漬物・発酵

2021/7/17

長期熟成発酵食品の勧め 中村家秘蔵の発酵食品5種を紹介 7年熟成○○の味に驚愕!

長期熟成発酵食品は微生物の力と時間をかける事によって、食品が思いもよらない変化を遂げるので、面白いです。今回は中村家秘蔵の長期熟成発酵食品5種をご紹介します。 【目次】1.魚醤2.3年味噌3.7年梅干し4.4年酒粕5.4年奈良漬6.まとめ7.動画で説明 魚醤 これは魚醤です。魚醤は魚を原料に作る醤油の事です。 イワシと塩を瓶に漬けて、1年以上放置しておいたら魚醤になります。 これは2021年4月19日に仕込みました。この画像を撮影したのは2021年7月10日なので、仕込んでから、もうすぐ3ヶ月です。 【魚 ...

ReadMore

ワインビネガーのボトル詰め

2021/7/10

材料3つ!超簡単ワインビネガーの手作り

市販の酸化防止剤不使用のワインと、あと2つの材料を容器に入れて放置するだけで、美味しいワインビネガーを作る事ができます。 お酢は、お酒を発酵させて作る発酵食品です。だからお酢を手作りすることができます。 また、完成したワインビネガーを使ったドレッシングの作り方もご紹介します。 これを読めば、ワインを買ってきて、そこからワインビネガーを作る事ができるようになりますよ。 【目次】1.ワインビネガーの材料2.ワインビネガーを仕込む2−1.仕込んでから2日後2−2.さらに1日後(仕込んでから3日後)2−3.さらに ...

ReadMore

自家製柴漬け

その他の漬物・発酵

2021/7/22

京都人が教える柴漬けをお家で漬けるレシピ 乳酸発酵で美味しくできます

京都の伝統的な漬物である柴漬けを、ご家庭で簡単に漬ける方法をご紹介します。乳酸発酵させるから、美味しいだけでなく、腸内環境にも良いですよ。 【目次】1.6月〜8月は柴漬けの季節2.柴漬けの材料3.柴漬けの仕込み4.赤紫蘇漬けを仕込む5.柴漬けを漬けてから4時間後6.漬け始めて1日後7.漬け始めから3日後8.本漬け9.柴漬けの完成10.まとめ11.動画で説明 6月〜8月は柴漬けの季節 柴漬けの柴というのは、赤紫蘇の意味です。ナスとかキュウリとかを赤紫蘇と一緒に漬けて乳酸発酵させた、京都の伝統的なお漬物です。 ...

ReadMore

ワインビネガーを仕込む

2021/6/23

お家で出来るブドウジュースからワインビネガーを作る方法

ワインビネガーを、お家でブドウジュースを発酵させて作る事ができます。赤ワインビネガーと白ワインビネガー両方の作る方法をご紹介します。 【目次】1.ブドウジュースからワインビネガーを作る流れ2.ブドウジュースからワインを作る3.ワインの完成4.ワインビネガーを仕込む4−1.仕込んでから6日経過4−2.仕込んでから8日経過4−3.仕込んでから10日経過4−4.仕込んでから21日経過4−5.仕込んでから31日経過4−6.仕込んでから45日経過5.ワインビネガーの味6.ワインビネガーを作って思った事7.動画で説明 ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-低温調理, 肉料理