その他の漬物・発酵

2年以上放置した糠床を復活させることはできるのか

2021年6月2日

2年以上放置した糠床を復活させることはできるのか

糠漬けを食べると腸内環境を改善させることが期待できます。
ところが、我が家では糠床を毎日かき混ぜるのが面倒で、2年間も放置してしまいました。
2年間も放置した糠床はどのような状態になっているのでしょうか。
そして、糠床は復活できるのでしょうか?

【目次】
1.糠漬けを放置した理由
2.家で糠漬けを漬ける事の意義
3.2年以上放置した糠床
4.糠床を復活させる
4−1.2日後
4−2.また2日後(復旧開始から4日後)
4−3.さらに4日後(復旧開始から8日後)
4−4.さらに2日後(復旧開始から10日後)
4−5.さらに7日後(復旧開始から17日後)
4−6.さらに6日後(復旧開始から23日後)
5.まとめ
6.動画で説明

糠漬けを放置した理由

我が家では、10年以上前から糠漬けを漬けています.
糠漬けは健康に良いですからね。

ところが、糠漬けは、毎日かき混ぜてやらないといけません。
夏なら毎日かき混ぜたほうがいいですが、冬なら毎日じゃなくても3日に一回とかでも大丈夫ですよ。
毎日だろうが3日おきだろうが、いずれにせよ、糠漬けは手がかかります。
それが面倒に感じることもあるでしょう。


それから、糠漬けといえば、キュウリですけど、キュウリって、値段の変動が激しいですよね。

2021年6月1日のニュースで、こんなニュースがありました。

今回のキュウリ高騰は、梅雨の影響で日照時間が短くなったためのようです。

そして、今から2年前の話ですが、毎日かき混ぜるのが面倒になり、さらにキュウリの高騰が重なって、いつの間にか糠床を放置してしまいました。

糠床は放置すると状態が悪くなりますから、そこから復活させるのがまた面倒で、そのために余計に手入れするのが億劫になりました。
そして、ズルズルと手入れしないまま月日が流れました。

正確に何年の何月何日から放置したという記録は残ってませんが、確実に2年以上放置しました。

家で糠漬けを漬ける事の意義

糠漬けには乳酸菌などの善玉菌が生きています。
そのことは多くの方がご存知だと思います。

さらに糠漬けは、乳酸菌だけでなく、酪酸菌も生きています。
酪酸菌は、酪酸という短鎖脂肪酸を作り出します。
酪酸はそのまま直接大腸の粘膜上皮のエネルギーになりますから、腸の運動を促します。

難しい話は置いといて、早い話がですね、腸内環境が良くなるって事ですよ。

また、酪酸菌によって乳酸菌などの善玉菌の働きを強めることも期待できます。

乳酸菌と酪酸菌の両方があると、相乗効果が期待できるのです。

だから、酪酸菌も積極的に摂取したいと思うところです。
酪酸菌が摂取できる食品は、調べてみると、糠漬けと臭豆腐だけなのです。

臭豆腐はなかなか食べられませんよ。
珍しいからという理由もありますけど、そもそも味がね…

臭豆腐が好きな方はどうぞ積極的に食べてくださいね。

私は、糠漬けを積極的に食べて酪酸菌を摂取したいと思います。

しかし、糠床を2年も放置しちゃいました。

2年以上放置した糠床


これが2年以上放置した糠床です。


側面は、まだら模様になってます。
普通の糠床の側面は、まだら模様ではありません。

中がどうなっているのか気になりますが、同時に、怖いから開けたくないという気持ちも沸き起こります。


それでは、少し勇気を出して、蓋を開けて中を見てみましょう。


ん?

なんやこれ?

ボコボコになってるぞ。

色は、全体的に黒っぽく変色して、所々にオレンジ色の部分があって、わずかですが白い粉が吹いているようなところもあります。


匂いは特に臭いって事はないです。
糠床が乾いたような匂いです。

想像してたよりもマイルドな印象でした。

糠床を復活させる

さて、どのように復活させましょう。
蓋を開けて中を見てから対策を考えるつもりしてましたから、それまでは何も考えてませんでした。
変な手は使わずに、正攻法で攻略しようと思います。


まずは、表面の変色してボコボコになっている部分を削り取ってそこだけを捨てます。

表面を削り取ったら中には普通の糠床が存在してました。


底の方をちょっと掘り返して見てみると、変色していない普通の糠床が現れました。

匂いも普通の糠床の匂いです。

このぬか床は生きてます。
ちょっと眠ってるだけです。
起こしてやれば、復活できそうです。


新鮮なぬかを少し入れ、塩も少し入れ、かき混ぜます。

水分が蒸発してちょっと乾燥気味ですが、キュウリを入れたらきゅうりの水分でしっとりしてくるでしょう。


表面を平らにならします。


周りについてる糠は、古くて固まったものなので、拭き取ります。


蓋を閉めました。

2日後


蓋を開けてみると、もう普通の糠床にしか見えませんね。


キュウリを取り出し、またかき混ぜ、新たなキュウリを入れ、表面を平らにして蓋を閉めました。


さて、完成した糠漬けに醤油をかけて、いただきます。

味は一応、糠漬けになってます。

まだ乳酸菌や酪酸菌が元気に活動してないので、酸味はほとんどありませんが、糠の香りと塩味のついた糠漬けになってます。

また2日後(復旧開始から4日後)


キュウリを取り出して、塩を入れて、混ぜて、また新たなキュウリを漬けます。


少しずつ美味しくなってきました。

このままの調子で漬け続けたら美味しくなってくるでしょう。

さらに4日後(復旧開始から8日後)


キュウリから出た水分で糠もしっとりしてきました。

さらに2日後(復旧開始から10日後)


見た目には全く問題無い糠床になってます。
糠と塩を足し、新たなキュウリを入れて漬けます。

さらに7日後(復旧開始から17日後)


またキュウリを交換します。


もうほとんど美味しい糠漬けになってますが、もう一歩ってところでしょうか。

さらに6日後(復旧開始から23日後)


いつものようにキュウリを交換します。


完成した糠漬けは、美味しく漬かってます。

もうこれで、糠床は完全復活しました。
復旧開始から23日目にして完全復活したことを宣言します。

まとめ

そんな訳で、2年以上放置した糠床は、23日で完全復活しました。

2年放置した糠床は、表面がボコボコで変な状態になってましたが、その部分だけを削り取ったら、中の糠は生きていてので、ただ普通に毎日かき混ぜてキュウリを漬けるだけで復活できました。

これなら、今後も安心して放置できますね。

いや、そうじゃなくて、これからは、糠漬けを毎日食べて腸内環境の改善に努めようと思います。

糠漬けは酪酸菌が摂取できる優れた食品です。

皆様も、腸内環境の改善にぜひ糠漬けをどうぞ!

動画で説明

動画ではオトコ中村が自ら出演して糠漬けについて語って試食しております。
おかげさまで1万回以上再生していただいております。
併せてご覧ください。

年間ランキング2022

未分類

2022/12/3

年間ランキング2022 最も多く読まれた記事と、最も長時間読まれた記事

年間ランキング2022最も多く読まれた記事と、最も長時間読まれた記事 2022年もあっという間に12月になりました。昨年から始めて、今回が2回目となる年間ランキングを発表したいと思います。 当ブログは2012年に始まって、コツコツと記事を書いてきました。おかげさまでもうすぐ11年です。 トータルで1000記事以上書きましたが、内容の薄いものや、全く読まれてない記事を統廃合して、ブログ内も新陳代謝しております。そして2022年12月2日時点で433記事あります。 その中で、2022年に最も読まれた記事のベス ...

ReadMore

ドングリコーヒー

コーヒー ドングリ・栗

2022/11/19

ドングリコーヒーの美味しい作り方

ドングリコーヒーの美味しい作り方 ドングリでコーヒーを作る事ができます。ドングリをフライパンで焼いたら出来ますよ。では、詳しく解説していきます。 【目次】1.まずはドングリを拾う2.ドングリを炒ってコーヒーにする3.ドングリコーヒーの豆を挽く4.ドングリコーヒーを淹れる5.ドングリコーヒーの味6.まとめ7.動画で説明 ドングリは、スダジイやマテバシイなどのアクの少ないドングリを使ってください。スダジイとマテバシイが分からない方は前回の記事に詳しく書いてありますので、そちらをご覧ください。 まずはドングリを ...

ReadMore

ドングリパン

ドングリ・栗

2022/11/17

生でも食べられるドングリをご存知ですか?ドングリの最も美味しい食べ方を紹介します。

生でも食べられるドングリをご存知ですか?ドングリの最も美味しい食べ方を紹介します。 ドングリはアクが強くて食べられないイメージがあるかもしれませんが、アクが少なく生でも食べられるドングリもあります。ドングリ料理を何年も研究してきた私が、生でも食べられるドングリを2種ご紹介すると共に、それらの最も美味しい食べ方をご紹介します。 【目次】1.生でも食べられるドングリその1(マテバシイ)2.生でも食べられるドングリその2(スダジイ)3.フライパンで炒って食べるのが手軽4.スダジイのお勧めの食べ方5.ドングリの最 ...

ReadMore

セイタカアワダチソウコーヒー

コーヒー 野草料理

2022/10/27

セイタカアワダチソウの根でコーヒーを作ってみた

セイタカアワダチソウの根でコーヒーを作ってみた セイタカアワダチソウの根でコーヒーを作る事ができるかどうか、実験してみました。何故セイタカアワダチソウの根をコーヒーにしようと思ったのか、そしてどのように作ったのか、出来たコーヒーはどのような味だったのかをレポートします。 【目次】1.セイタカアワダチソウコーヒーを作るまでの話2.セイタカアワダチソウの根を収穫3.セイタカアワダチソウの根をコーヒーにする4.アレロパシーの物質について5.セイタカアワダチソウコーヒーを淹れる6.セイタカアワダチソウラテ7.セイ ...

ReadMore

はも皮ときゅうりの酢の物

その他の料理

2022/10/21

京都の老舗で入手するはも皮で作る酢の物が美味しい(京のおばんざい)

京都の老舗で入手するはも皮で作る酢の物が美味しい(京のおばんざい) 京都に1803年創業のキクカ老舗という蒲鉾屋さんがあります。そこの蒲鉾が絶品であることはもちろん、そこには蒲鉾の副産物である鱧(はも)の皮も売ってます。今回は、鱧の皮で作る酢の物を京都のおばんざいとしてご紹介します。 【目次】1.キク嘉老舗で買い物2.鱧皮ときゅうりの酢の物を作る3.鱧皮ときゅうりの酢の物をいただく4.まとめ5.動画で説明 キク嘉老舗で買い物 ここは京都の鴨川にかかる三条大橋です。 三条大橋から歩いてすぐのところに、蒲鉾屋 ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-その他の漬物・発酵