その他の漬物・発酵

豆麹作りに挑戦!

2014年1月29日

今回は、豆麹作りに挑戦します。

豆麹とは、大豆に麹菌を植えつけたもので、醤油や八丁味噌の原料となります。
最近流行の「麹」は、お米に麹菌を植えつけた「米麹」の事で、今回作る「豆麹」とは違います。

米麹の作り方は、昨年の記事 米麴作りに挑戦!をご覧ください。

◆豆麹の作り方

〈材料〉
大豆 1kg
はったい粉 100g
豆麹用の麹菌 5gくらい

大豆をゆでるまず、大豆を1日水に漬けて、3時間くらいゆでます。


こちらが豆麹用の麹菌です。
スーパーなどには売ってないので、通販にてお求めください。

種麹このような緑がかった粉です。

はったい粉これは、はったい粉です。
はったい粉とは、麦を炒って焦がして粉末にしたものです。
たいていのスーパーには売ってます。

麹菌をまぜる大豆をゆでている間に、はったい粉と麹菌を混ぜておきます。

種切り

  1. ゆで上がった大豆の水を切る。
  2. 人肌程度まで冷ます。
  3. はったい粉と麹菌を混ぜたものをぶちまける。
  4. 混ぜる。

麹菌を付ける事を、種切りと言います。
はったい粉を使うことで菌が均一に付いているかが分かりやすくなります。

培養するその後、24時間培養します。
とりあえず、大豆の温度が30℃を超えないようにします。
鍋に入れて蓋をして暖かい部屋に置いておきました。

24時間後種切りから24時間経ちました。
これをかき混ぜます。

ここからは、菌の発酵熱により、温度が上昇するので、温度が上がり過ぎないように管理する必要があります。
温度は28℃~30℃の範囲内で調整します。
温度が上がりすぎると、納豆菌が繁殖してしまいます。

豆麹作りにおいて納豆菌は、雑菌なのです。
納豆菌が繁殖しても、美味しい納豆になってくれれば、それはそれで良いのですが、そうはならないでしょう。
納豆とも豆麹ともいえない中途半端なものになると困ります。

だから温度が上昇しすぎないように、注意が必要です。

床に置くとりあえず、まだ大豆が冷たいので、蓋をして、床暖房の床に置きます。

ブランケットをかぶせるブランケットをかぶせる。

これで少し温めます。
床暖房がない家庭では、ホットカーペットや、こたつ等を駆使してください。

白くなってきた6時間後(種切りから30時間)
表面が白くなってきました。

そして、ぽわ~んと麹の香り。

順調に育っています。

手で触ると、生温かいです。

31℃温度は、31℃。

28℃~30℃の範囲内に調整する為に、暖房の効いていない涼しい部屋に移動させました。

32℃30分後(種切りから30時間30分)

32℃。

まだ温度が上昇しています。
もう少し様子を見てみましょう。

33℃さらに30分後(種切りから31時間)

温度は、33℃。

まだまだ温度が上昇しています。
今度は、温度を下げるため、寒い室外に移動させました。

34℃さらに30分後(種切りから31時間30分)

温度は、34℃。

温度上昇が止まりません。
このままでは納豆菌が繁殖する恐れがあるので、放熱させる必要があります。

2つに分ける半量をタッパーに移して、表面積を大きくして放熱させます。

29℃29℃。

うん、良い感じ。

32.5℃1時間後(種切りから32時間30分)

32.5℃。

また温度が上昇してきました。

3つに分けるさらにもう一つのタッパーにも移し、表面積を大きくして放熱させます。

29℃29℃。

よし。
このまま、このまま。

48時間後そして、種切りから48時間後。

白くなりました。
本来なら、最初の麹菌のように緑がかった色になるはずなのですが…

もう少し置いておいたら緑色になるかな?

完成?種切りから60時間後。

緑色になってませんが、大豆がバラバラになってます。
食べてみると、ぽわ~んと麹の香りと、ほのかに納豆のような香りがするかも…

納豆の香りは気のせいかな?
いや、気のせいじゃないか?もしかしたら、ちょっと失敗かも?

よく分からないですが、これで完成という事にしておきます。
これで醤油や八丁味噌を仕込む事ができます。
その事については、また改めて報告しますね。

関連記事

セイタカアワダチソウ

鴨川の野草

2021/7/24

セイタカアワダチソウの美味しい食べ方

あの力強い野草のセイタカアワダチソウは、美味しく食べる事ができます。セイタカアワダチソウの美味しい食べ方を3種類ご紹介します。ホンマに美味しいですからね。これを読めばセイタカアワダチソウを見る目が変わりますよ。 【目次】1.セイタカアワダチソウについて2.セイタカアワダチソウの効能3.セイタカアワダチソウの採取4.セイタカアワダチソウの味5.セイタカアワダチソウのアク抜き6.セイタカアワダチソウの料理法を考える7.セイタカアワダチソウの白和え8.セイタカアワダチソウのケーキ9.セイタカアワダチソウパン10 ...

ReadMore

中村家の長期熟成発酵食品

その他の漬物・発酵

2021/7/17

長期熟成発酵食品の勧め 中村家秘蔵の発酵食品5種を紹介 7年熟成○○の味に驚愕!

長期熟成発酵食品は微生物の力と時間をかける事によって、食品が思いもよらない変化を遂げるので、面白いです。今回は中村家秘蔵の長期熟成発酵食品5種をご紹介します。 【目次】1.魚醤2.3年味噌3.7年梅干し4.4年酒粕5.4年奈良漬6.まとめ7.動画で説明 魚醤 これは魚醤です。魚醤は魚を原料に作る醤油の事です。 イワシと塩を瓶に漬けて、1年以上放置しておいたら魚醤になります。 これは2021年4月19日に仕込みました。この画像を撮影したのは2021年7月10日なので、仕込んでから、もうすぐ3ヶ月です。 【魚 ...

ReadMore

ワインビネガーのボトル詰め

2021/7/10

材料3つ!超簡単ワインビネガーの手作り

市販の酸化防止剤不使用のワインと、あと2つの材料を容器に入れて放置するだけで、美味しいワインビネガーを作る事ができます。 お酢は、お酒を発酵させて作る発酵食品です。だからお酢を手作りすることができます。 また、完成したワインビネガーを使ったドレッシングの作り方もご紹介します。 これを読めば、ワインを買ってきて、そこからワインビネガーを作る事ができるようになりますよ。 【目次】1.ワインビネガーの材料2.ワインビネガーを仕込む2−1.仕込んでから2日後2−2.さらに1日後(仕込んでから3日後)2−3.さらに ...

ReadMore

自家製柴漬け

その他の漬物・発酵

2021/7/22

京都人が教える柴漬けをお家で漬けるレシピ 乳酸発酵で美味しくできます

京都の伝統的な漬物である柴漬けを、ご家庭で簡単に漬ける方法をご紹介します。乳酸発酵させるから、美味しいだけでなく、腸内環境にも良いですよ。 【目次】1.6月〜8月は柴漬けの季節2.柴漬けの材料3.柴漬けの仕込み4.赤紫蘇漬けを仕込む5.柴漬けを漬けてから4時間後6.漬け始めて1日後7.漬け始めから3日後8.本漬け9.柴漬けの完成10.まとめ11.動画で説明 6月〜8月は柴漬けの季節 柴漬けの柴というのは、赤紫蘇の意味です。ナスとかキュウリとかを赤紫蘇と一緒に漬けて乳酸発酵させた、京都の伝統的なお漬物です。 ...

ReadMore

ワインビネガーを仕込む

2021/6/23

お家で出来るブドウジュースからワインビネガーを作る方法

ワインビネガーを、お家でブドウジュースを発酵させて作る事ができます。赤ワインビネガーと白ワインビネガー両方の作る方法をご紹介します。 【目次】1.ブドウジュースからワインビネガーを作る流れ2.ブドウジュースからワインを作る3.ワインの完成4.ワインビネガーを仕込む4−1.仕込んでから6日経過4−2.仕込んでから8日経過4−3.仕込んでから10日経過4−4.仕込んでから21日経過4−5.仕込んでから31日経過4−6.仕込んでから45日経過5.ワインビネガーの味6.ワインビネガーを作って思った事7.動画で説明 ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-その他の漬物・発酵