京都御苑の野草

春の野草カキドオシを美味しく食べる方法とお茶にして飲む方法 これで健康生活

カキドオシ

春の野草カキドオシを美味しく食べる方法とお茶にして飲む方法 これで健康生活

シソ科のカキドオシは、食べれらる野草です。
カキドオシの摘み方と美味しい料理法からお茶にする方法までカキドオシの楽しみ方をご紹介します。

【目次】
1.カキドオシを採取する
2.カキドオシの味
3.カキドオシのサラダ
4.カキドオシのペペロンチーノ
5.カキドオシのサラダとカキドオシのペペロンチーノの味
5–1.他の人の感想
6.カキドオシを絶対に美味しく食べられる調理法を考える
6–1.パン生地に練り込んで焼く
6–2.乾燥させてお茶にする
6–3.天ぷらにする
7.カキドオシのパン
8.カキドオシ茶
9.まとめ
10.動画で説明

カキドオシを採取する


ここは京都の、我が家の近くにある公園です。
季節は5月上旬です。

腰を下ろして、野草を観察すると…


このような、ギザギザのハート型の葉の植物があります。
これがカキドオシです。

これを刈り取っていきます。
カキドオシは、地面に這うように伸びるので、それを刈り取っていきます。


京都では5月上旬にカキドオシの花は咲いてませんが、もうしばらくしたら、こんな花を咲かせます。
花が咲いても食べられますが、まだ花が咲く前の若い段階の方が柔らかく食べやすいですよ。

花が終わってからも、地面を這うように伸びます。
垣根を通り越して伸びるから垣通しと呼ばれるそうです。


これだけ収穫しました。

カキドオシの味


最初にカキドオシを洗います。

そして葉を1枚食べてみました。
ミントのような爽やかな香りと青臭さと、微かに泥臭さも感じます。

香りはよくハーブのタイムに似ていると言われています。
確かにタイムに似た香りがします。

カキドオシはシソ科の植物です。
ミントもシソ科なので、シソやミントと共通する爽やかな香りがあるのでしょう。

この爽やかさを活かして、サラダとペペロンチーノを作ってみようと思います。

カキドオシのサラダ


洗ってちぎったレタスの上に細かく刻んだカキドオシをばら撒いて、その上にフライドオニオンとドレッシングをかけたシンプルなサラダです。


カキドオシのサラダの完成です。

これの味については、また後ほどご説明します。

カキドオシのペペロンチーノ


茹で上がったスパゲティにペペロンチーノの素・刻んだカキドオシ・ペペロンチーノのスパイスを入れて混ぜます。


カキドオシのペペロンチーノ。
お皿に盛り付けたら完成です。

それでは、サラダとペペロンチーノをいただきます。

カキドオシのサラダとカキドオシのペペロンチーノの味


では、カキドオシのサラダをいただきます。

レタスなどの野菜に比べてカキドオシは香りが強いですから、ハーブが混ざったサラダをイメージしていただくと良いでしょう。

カキドオシというハーブのサラダという味です。

サラダにカキドオシが入った事によって…

マズくなってます。

気を取り直してペペロンチーノも食べてみます。


ペペロンチーノは、ガーリックなどの香りが強いですから、カキドオシの香りはマイルドに感じられました。
また、オイルに絡まったカキドオシは、野草独特の舌触りのザラザラ感などもマイルドになってました。
だから、カキドオシの不味さがマイルドになって食べやすくなってます。

私の評価はこのように不味いという評価でした。

他の人の感想

しかし、カメラマンのbobさんと、私の妻にも食べてもらったのですが、二人とも美味しいと言ってました。

私はカキドオシの香りが不快でしたが、二人とも香りが良いと感じたのです。

パスタの方はカキドオシの茎の歯触りが悪いけど、茎を取り除いて葉だけ入れたらもっと美味しいだろうとの事です。
確かにシソ科のカキドオシ、本家のシソも茎は食べずに葉だけを食べますから、茎を取り除くのが正解かも知れません。

サラダの方は、レタスのシャキシャキとした歯応えがあるから、カキドオシの茎も同じ感覚でシャキシャキと食べる事ができるので、全く違和感が無かったという事でした。

という事でカキドオシは、私が個人的にこの味が嫌いなのかもしれません。
例えば、私はパセリが嫌いですが、もしサラダにパセリが混ざってたら、レタスの食感の中にパセリの硬い繊維と香りを嫌な感じと捉えます。
それと同じようにカキドオシの香りと食感を嫌に感じたのでしょう。

カキドオシを絶対に美味しく食べられる調理法を考える

私はカキドオシはマズイから、奥の手で調理するしかないと思ってました。

不味い野草を美味しくする奥の手は3つあります。

1.パン生地に練り込んで焼く
2.乾燥させてお茶にする
3.天ぷらにする

1.パン生地に練り込んで焼く

要するに、カキドオシのパンを焼くという事です。
野草の料理で奥の手と言えば、私がこのブログを10年以上やってきて、いつも野草の調理法に行き詰まった時に、この方法で美味しく調理する事が出来ました。

2.乾燥させてお茶にする

カキドオシは、昔から癇の虫に効く生薬として取り扱われていました。
そのために癇取り草とも呼ばれています。

だから、カキドオシはお茶として売られています。

3.天ぷらにする

天ぷらは、どんなにアクが強くてエグくてマズイ野草でも美味しく食べられる魔法の調理法です。
ただし、固くて食べられないような野草は、天ぷらでも無理ですよ。

噛み砕く事のできる植物なら、どんな植物でも天ぷらにすれば美味しく食べられます。

天ぷらにするのは、例えていうなら、少年野球のチームにプロ野球のチームが挑むみたいなもので、絶対に勝つから面白くありません。
だから私は野草を天ぷらにはしません。

という訳で、カキドオシのパンを焼いてみます。

カキドオシのパン


すり鉢に、刻んだカキドオシを入れて、すりつぶしておきます。
そして、ホームベーカリーにパンの材料を入れ、すりつぶしたカキドオシも入れます。
これでホームベーカリーのパン生地コースをセットします。


できたパン生地は、ちょっと水分が多かったです。
カキドオシだけでなく、野菜をすりつぶして入れる場合、野菜はほとんどが水分ですから、その事を踏まえて配合しなければいけません。
パン生地を適当に9等分にして丸めます。

パン生地ができたので、これを焼きます。


焼けました。
これがカキドオシのパンです。

食べる前からカキドオシの香りが広がってます。

カキドオシパンを食べる

そして食べると、ふわふわもちもちのパンですが、見事にカキドオシの香りのするパンになってます。
私は、カキドオシの香りをあまり好ましく思ってないので、このパンの味も、あまり好ましいものではありませんでした。

ちなみに、カメラマンbob氏の感想はこちら↓

ヨモギかと思った。
美味しい。
すごく美味しい。

私の家族も普通に美味しいと言って食べました。
bob氏の家族も美味しいと言ってくれました。
5歳の息子さんは、少し苦いと感じたそうです。
大人も少し苦味を感じなくは無いですが、苦味を意識するほどではありません。
小さいお子さんは少し苦味を感じるようです。

私以外の、ほとんどの人が美味しいと感じました。
私が個人的にカキドオシが苦手なようですね。

カキドオシ茶

カキドオシ茶は、カキドオシを乾燥させたものを茶葉として使うのが一般的です。
今回は、乾燥させたカキドオシ茶だけでなく、生のカキドオシをそのまま熱湯で淹れるフレッシュカキドオシティーも作ってみます。

茶にすれば、カキドオシが苦手な私でも飲めるのではないでしょうか。


これが乾燥させたカキドオシです。


乾燥させたカキドオシを急須で淹れました。

確かに茶になってます。
カキドオシの爽やかさが感じられます。
私はミントティーに似てると思いました。

ミントも同じシソ科なので、似ていてもおかしくありません。
もしかしたら、そういった先入観があってミントティーに似てると感じたのかも知れませんが、確かに似てると感じました。

これを家族にも飲んでもらいました。
家族の感想は以下の通りです。

高1の息子:ジャスミンティーみたい。
中1の娘:まあ美味しい。
妻:まさしくハーブティー、苦味は無い、美味しい。


こちらは、生のカキドオシをそのまま茶にしたフレッシュカキドオシティーです。

飲む前に注いでる段階でモロに生のカキドオシの香りがガツンと来ます。
私は、この香りが苦手です。

そして、飲めばさらに強烈なカキドオシのエグ味と香りがガツンと来ました。
これは飲めないなぁ。

家族の感想は以下の通りです。

高1の息子:これは不味くてエグくて飲めない。
中1の娘:苦くて飲めない。
妻:水がまろやかになっている。青みがある。

と言う訳で、フレッシュカキドオシティーは非常に飲みにくいです。
飲むならやはり一般的な乾燥カキドオシ茶がいいですね。

まとめ

  • カキドオシはシソ科の植物、ミントのような爽やかさがありハーブのタイムに似た香り。
  • 地面に這うように伸びる。京都では5月中に採取するのが良い。
  • カキドオシのサラダとペペロンチーノは爽やかなハーブの香りがアクセントとなって美味しいと思う人が多い。
  • カキドオシのパンも美味しいと思う人が多い。
  • 乾燥カキドオシ茶は、まあ美味しい。
  • フレッシュカキドオシティーは飲みにくい。

動画で説明

こちらは、カキドオシのサラダとペペロンチーノ、そしてパンを作る動画です。
料理の作り方は、動画の方がよりわかりやすいですので、併せてご覧ください。

こちらは、カキドオシ茶についての動画です。
家族の反応など、動画でしかお伝えできない事もあるので、併せてご覧ください。

シロザの料理

その他の野草

2022/8/8

シロザは野草にしておくにはもったいない。栽培して八百屋さんで売ってほしい

シロザは野草にしておくにはもったいない。栽培して八百屋さんで売ってほしい シロザという野草は、栽培して八百屋さんで売ってほしいくらいに美味しいです。今回は、シロザを収穫して3品の料理を作ります。 【目次】1.シロザを収穫する2.シロザの下ごしらえ3.シロザの菜飯4.シロザのおひたし5.シロザとお揚げの味噌汁6.シロザの料理をいただく7.まとめ8.動画で説明 シロザを収穫する 我が家の近くの公園に生えてました。 これがシロザです。 ちょっと葉の部分に白い粉のようなものが付いてるのでシロザと言います。シロザの ...

ReadMore

イノコヅチ

京都御苑の野草

2022/8/1

イノコヅチ(ひっつき虫)の美味しい料理法

イノコヅチ(ひっつき虫)の美味しい料理法 服に種が付く「ひっつき虫」の一種である「イノコヅチ」という野草は、食べることができます。イノコヅチの美味しい食べ方をご紹介します。 【目次】1.イノコヅチを収穫する2.イノコヅチを下処理して胡麻和えを作る3.イノコヅチ茶を作る4.イノコヅチの胡麻和えとイノコヅチ茶の味5.まとめ6.動画で説明 イノコヅチを収穫する 我が家の近所に、このように、イノコヅチが生えている所があります。 調べると、イノコヅチには「ヒカゲイノコヅチ」と「ヒナタイノコヅチ」があるようです。文字 ...

ReadMore

自家製バルサミコ

2022/7/26

バルサミコ酢を葡萄ジュースから作る方法

バルサミコ酢を葡萄ジュースから作る方法 お家で、葡萄ジュースから本格的なバルサミコ酢を作る事ができます。バルサミコは、イタリアのモデナ地方に伝わる、葡萄果汁を醗酵させて作るお酢であり、醗酵食品です。今回は、バルサミコ酢の作り方を発酵初心者の方でも分かるように丁寧にお伝えします。 【目次】1.バルサミコとは2.今回作るバルサミコは3.バルサミコの作り方の流れ4.バルサミコの材料5.工程1.葡萄果汁を煮詰める6.工程2.アルコール発酵させる6–1.アルコール醗酵開始から1日経過6–2.アルコール醗酵開始から5 ...

ReadMore

セイタカアワダチソウあんぱん

パン系 鴨川の野草

2022/7/20

セイタカアワダチソウあんぱんの作り方

セイタカアワダチソウあんぱんの作り方 皆様は、セイタカアワダチソウをただの雑草だと思ってませんか?セイタカアワダチソウは食べる事ができるのですよ。しかも、美味しいのです。さらに、驚くことに、薬効も期待できます。 セイタカアワダチソウについては、過去記事で詳しく述べました。 オトコ中村の楽しい毎日  4 Pocketsセイタカアワダチソウの美味しい食べ方https://otokonakamura.com/seitakaセイタカアワダチソウの美味しい食べ方あの力強い野草のセイタカアワダチソウは、美味 ...

ReadMore

らっきょう漬け

その他の漬物・発酵

2022/7/9

らっきょう漬け 酢を使わずに発酵によって酸味を出す方法 放置するだけで出来ます

らっきょう漬け酢を使わずに発酵によって酸味を出す方法放置するだけで出来ます 酢を使わず発酵によって酸味を出すらっきょう漬けの作り方をご紹介します。水・砂糖・塩を混ぜた漬け汁にらっきょうを漬けて放置するだけです。こんなに簡単なのに発酵による旨味と深い味わいがあり、めちゃくちゃ美味しく漬かります。 【目次】1.らっきょうの下ごしらえ2.漬ける3.漬ける際の注意点4.らっきょうの経過観察4–1.漬けてから5日経過4–2.漬けてから8日経過4–3.漬けてから19日経過4–4.漬けてから33日経過5.1ヶ月熟成発酵 ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-京都御苑の野草