ビール

激苦スタウトまたの名を黒IPA(手作りビール第4-2弾)

前回の 黒ビールを作ってみた(手作りビール第4弾) で紹介した通り、普通の黒ビール(スタウト)は、とても美味しくできました。

実は、これを仕込む際に、別途アレンジした黒ビールを仕込んでました。

それについて説明します。

IPA(インディア・ペール・エール)について

私は、ホップを大量に使用したIPAなどの苦い系のビールが大好きです。
IPAというのは18世紀末ごろに、イギリスから植民地であるインドにビールを輸送する際に、ホップを大量に使用して、防腐処理をして輸送したのが始まりと言われています。

それでインディア・ペール・エールと呼ばれているのです。

由来には諸説ありますが、要するにIPAはホップを大量に使用した苦いビールであります。

また苦いだけでなく、香りも豊かで非常に個性豊かであります。
この苦味と香りが私のようなビール愛好家には、たまらないんですね。

現在の醸造技術や輸送技術では、イギリスから世界中にビールを輸送しても腐る恐れは無いので、IPAは防腐処理の目的ではなく、その苦味や香りを楽しむために作られています。

アメリカや、日本のクラフトビールでもよく作られています。

黒IPAをご存知でしょうか?

黒ビールは、最初からモルトを焦がした苦味を持っているためか、わざわざホップを増やしてまで苦味を強化する事を、誰もあまり考えないのかも知れません。

黒IPAみたいな、そんな激苦スタイルのビールを見た事がありません。
普通のスタウトでも十分にパンチ力ありますからね。

けれど、黒IPAがあれば飲んでみたいと思っていました。

無いなら作ってみましょう

実は、前回の 黒ビールを作ってみた(手作りビール第4弾) で紹介した黒ビールを仕込む際に、一緒に少量の黒IPAを仕込んでいたのです。

タンクで発酵中の黒ビールこれは、タンクに仕込んだ1次発酵途中の黒ビール原液です。

これに濃いホップ抽出液を混ぜます。

<黒IPAの原材料> 500mlのペットボトル3本分
黒ビール原液 1400ml
濃いホップ抽出液 100ml

ペットボトルに移し替える
黒ビール原液1400mlをきれいなペットボトルに取り出します。

急須にホップを入れる150mlくらい入る急須にホップをぎっしり詰め込みます。
詰め込んだホップの重さは12gでした。

熱湯を満タン注ぐここに熱湯を満タン入れます。

蓋を閉めて抽出蓋を閉めて一晩置いておきました。
そして、100mlの抽出液を取り出します。

黒IPAを発酵させる黒ビール原液とホップ抽出液をペットボトルに混ぜます。
黒ビール原液は、1次発酵の途中だったので、再び1次発酵を続けます。
発酵途中は炭酸ガスが発生するので、ペットボトルの蓋は乗せておくだけにして、発生した炭酸ガスが抜けるようにしておきます。

激苦スタウト4日くらいで1次発酵が完了したので、500mlのペットボトル1本につき3gのプライミングシュガーを入れ、ボトル詰めします。
この時、ほんの少しだけ、試飲してみましたが、あまりにも苦すぎて、ホップ入れ過ぎかとちょっと不安になりましたが、これも面白いと前向きに受け止める事にして、ラベルには「激苦」と書きました。

このまま1ヶ月間我が家の押入れで2次発酵および熟成させます。
熟成で、苦味が美味しく変化する事を期待します。

そして…

そして1ヵ月経ちました。

完成した激苦スタウト1ヶ月の熟成で、どのような味に変化したでしょうか。
飲んでみましょう。

この、仕込んだビールを飲む瞬間のワクワク感は、なんと表現すれば良いのやら…

追い求めていた異性をゲット出来るか、出来ないかという感覚でしょうか…

愛しいビールちゃん。

今から飲むぜ!

激苦スタウト又の名を黒IPAダークな輝き。

きめ細やかな泡。

グビッと飲むと…

期待通り苦い~!

しかし旨い。

舌に苦味が残り、喉に苦味が残るのですが、それが心地良い。
この心地良い苦味の余韻と香り。

私好みの強烈なパンチの効いたビールです!

激苦黒ビールまたの名を黒IPAは、美味しいです!

大満足なので、ビール醸造免許を取って売り出す事を考えてしまいます。

考えてるだけですよ。

この記事を書きながら調べてみたら、スコットランドのブリュードックという醸造所の作るアーケイドネイション・ブラックIPAというビールがある事が分かりました。

ブラックIPAすなわち黒IPAです。

世界を調べてみればあるものですね。
世界は広いですね。

2019年4月26日注
今は、アーケイドネイション・ブラックIPAは、売ってないみたいです。

ブリュードックのビールはとても美味しくて、私も非常に高く評価しています。
私は、まだこれを飲んでませんが、ブリュードックが作るなら美味しい事は間違いないでしょう。

次回は、また違う超個性的な黒ビールを紹介します。

続き:コーヒースタウト(手作りビール第4-3弾)

ブドウのタルト

キャンプスイーツ ダッチオーブン・スキレット

2020/9/25

キャンプでブドウのタルトとカレーを作る in 花背山の家

キャンプでブドウのタルトとカレーを作る in 花背山の家 京都市左京区にある花背山の家にやってきました。 私の娘が通う小学校では、5年生は毎年秋に、ここ花背山の家で3泊4日の野外学習があるのですが、今年はコロナの影響で野外学習は中止になりました。 5年生の娘は、中止になってガッカリしておりました。 可哀想なので、娘と娘の友達3人を連れて独自で1泊2日の野外学習にやってきたのです。 という訳で、メンバーは中村家4人と娘の友達3人の計7人でやってきました。 1日目の夜は焚き火でカレーライスを作り、ブドウのタル ...

ReadMore

自家製ガリガリ君

その他のスイーツ

2020/9/21

ガリガリ君を手作りする 意外と簡単にできたのでレシピ紹介します

ガリガリ君を手作りする意外と簡単にできたのでレシピ紹介します 年間4億本も売れている国民的アイス「ガリガリ君」の手作りに挑戦したら意外にも簡単に、本物に匹敵するものができました。その手作りレシピが完成するまでの過程と、完成したレシピをご紹介します。 【目次】1.まずは本物のガリガリ君から学ぶ2.ガリガリ君試作第1弾3.ガリガリ君試作第2弾4.ガリガリ君を手作りするレシピ5.まとめ6.動画で説明 まずは本物のガリガリ君から学ぶ 手作りするのは定番のソーダ味です。 ガリガリ君って、外側のシャーベットみたいな層 ...

ReadMore

イワシのなれずし

その他の漬物・発酵

2020/9/15

イワシのなれずしを作る イワシと塩とご飯を真夏のベランダに1ヶ月放置して作る

イワシのなれずしを作るイワシと塩とご飯を真夏のベランダに1ヶ月放置して作る 滋賀県の名物で鮒寿司という発酵食品があります。鮒寿司は、琵琶湖のニゴロブナと塩とご飯を真夏の熱い時期に漬け込んで熟成発酵させて作ります。 発酵食品が大好きな私も鮒寿司を作ってみたいと思いましたが、ニゴロブナが入手困難なので、代わりにどこでも売っているイワシで作る事にしました。 動画もあります。 動画は、オトコ中村自らが語り、視覚的に分かりやすいので併せてご覧ください。 けど動画は、長ったらしくならないように細かい説明を省略してます ...

ReadMore

自家製カマンベールチーズ

チーズ作り

2020/9/1

カマンベールチーズの作り方 自宅で材料3つで出来る方法

カマンベールチーズの作り方自宅で材料3つで出来る方法 カマンベールチーズを、自宅で材料3つで作る方法をご紹介します。特別な道具とか必要ありません。普通のご家庭にある調理道具があれば作れます。もし道具がなくても100均で揃えることもできます。 この方法を守れば、白カビ菌を失敗せずに育てることができます。 工場で作られる製法とは違います。私が何年もかけて試行錯誤を繰り返し、普通のご家庭で作れる方法にアレンジしました。 ブログの方がより論理的に詳しく書いてあるので、詳しく知りたい方は、このブログをじっくり読んで ...

ReadMore

美味しいビール

ビール

2020/8/26

家で缶ビールを美味しく飲む方法 簡単にきめ細やかな泡を持続させる方法もご紹介します!

家で缶ビールを美味しく飲む方法簡単にきめ細やかな泡を持続させる方法もご紹介します! 厳しい残暑が続きますが、皆様は健やかにお過ごしでしょうか。2020年の夏、私の住む京都は、7月は梅雨が長引き、あまり暑くなかったですが、梅雨が明け、8月に入り本格的な暑さが到来しました。京都は、8月下旬でも連日体温を超える猛暑が続いております。 そんな時はビールがうまいですね。 家で、普通の缶ビールを美味しく飲む為の予備知識をご説明するとともに、美味しく飲むためのとっておきの方法をお伝えします。 動画もあります。併せてご覧 ...

ReadMore

-ビール

© 2020 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5