郵便ポストを手作りする

      2016/11/20

我が家の郵便ポストなんですが、10年程前にベニヤ板で適当に作ったものだったのですが、老朽化のために、破損寸前となりまして、買い換えることになりました。

手ごろな価格のポストを買おうと探しましたが、やはり手ごろな価格だと、見た目に安物臭さが漂い、玄関から家の格が下がるような気がします。

かといって、オシャレで高級感漂うポストは、当然ながら高価で手が届きません。
ならば、いっそのこと自分で作ってしまおう。

「自分で作ってしまおう」というのは、このブログでは、当然の流れですね。
という事で、自分なりに図面を書いて、デザインしてみました。

スポンサーリンク




◆郵便ポストの作り方

〈材料〉
SPF材1×6 6フィート  2本
ネジ25㎜くらいの物  50個くらい
木工用ボンド

材料を切る40cmの長さのものを2本、26㎝を3本、24㎝を4本切る。
切ったら、ヤスリできれいに磨いておきます。

穴をあけるネジを差し込むところは穴を開けておきます。
電動のドリルがあれば穴開けは簡単なのですが、そんな便利な物は家にありません。
キリで手作業でやったら、これが結構な重労働。

翌日は手が痛くなりました。

デザイン的に考えてネジにしたのですが、釘ならば穴あけ作業不要なので、釘にしたほうが楽ですね。
本当なら、この段階でニスを塗ると、完成度がアップしますが、省略しました。

組み立てるネジと木工用ボンドを併用して組み立てる。

これで形は完成。

スポンサーリンク

我が家のポスト完成アクリル絵の具で「POST」と書く(フォントは丸ゴシックにしました)

マスキングテープを貼り、カッターで文字の部分を切り抜き、そこに色を塗ります。
絵の具が乾けばテープを剥がします。

「POST」でなく「MAIL」と書いてもオシャレかも。

そして、超強力両面テープで壁に固定。

これで世界で唯一のポストが出来上がり。
かかった費用は1000円未満ですが、家の格は下がらずに済みそうです。

スポンサーリンク




 - DIY