チーズ作り

白カビクリームチーズの作り方

白カビクリームチーズの作り方

今回は、クリームチーズに白カビを生やした白カビクリームチーズを作ってみようと思います。

スーパーに売ってるクリームチーズと、同じくスーパーに売ってる白カビチーズを、一緒の容器に入れて放っておくだけで出来てしまうので、めちゃくちゃ簡単です。

【目次】
1.白カビクリームチーズの材料と必要な道具
2.白カビクリームチーズを仕込む(2021年1月6日)
3.25日経過(2021年1月31日)
4.という訳で再挑戦(2021年2月5日)
5.64日経過(2021年4月10日)
6.さらに27日経過 トータル91日熟成(2021年5月7日)
7.白カビクリームチーズの完成
8.白カビクリームチーズ総括
9.まとめ
10.動画で説明

白カビクリームチーズの材料と必要な道具

【白カビクリームチーズの材料】
クリームチーズ 1個(200g程度)
白カビが生きているチーズ 1かけら(10g程度)

【必要な道具】
大きめのタッパー 1個

たったこれだけです。
白カビチーズは、加熱殺菌されてカビが死滅してるものと、そうでなく白カビが生きているものがあります。
白カビが生きているチーズの見分け方について詳しくは以下の記事をご覧ください。

白カビクリームチーズを仕込む(2021年1月6日)


大きめのタッパーに底網を敷きます。
その上にクリームチーズを置き、白カビが生きているチーズを置きます。
そして、蓋を閉めて置いておきます。

熟成させる温度は
最高気温が15度以下の季節だったら暖房の効いてない部屋に置いておきます。
最高気温が15度を超える季節だったら冷蔵庫の中に入れておきます。

これを仕込んだのは1月6日でした。
最高気温が15度を超えることは滅多にないので、暖房の効いてない部屋に置いておきました。

大体1ヶ月くらいでカビに覆われるはずです。

25日経過(2021年1月31日)


蓋を開けて様子を見てみましょう。


あ!

これはいけないカビが生えてしまいました。
ブルーチーズの青カビじゃありませんね
一眼見ただけでダメだと分かりますよ。


裏もいけないカビが生えています。
おまけに底網が錆びてチーズに錆がついてます。

これはいけません。

というわけで、残念ながらこのチーズは廃棄処分となってしまいました。


失敗の原因は、この白カビが生きてるチーズです。
これは賞味期限を何ヶ月も過ぎた物だったのです。

もうすでに白カビチーズらしからぬ色をしてますが、これは日数が経って変色したためです。

だから白カビの元気がなくなってたんですね。

また、底網もちゃんとしたステンレス製の網じゃなければけませんね。
この網は、100均で買った物なので、どんなステンレスが使われてるのか分からないので、ちょっと錆びました。

金属じゃなくて、木とか自然素材でできたスノコのようなものを底に敷くと、木まで白カビが覆われてチーズと一体化してしまうので、あまりおすすめできません。

という訳で再挑戦(2021年2月5日)


クリームチーズの包みをめくり、包みを広げた状態でタッパーに入れます。

こうするとチーズの下側が包みに触れてるから、そこはカビが育ちにくいです
だから、本当はチーズの下に網を敷いた方がいいんですけど、適当な底網がなかったので、こうしました。


そして、これは新品の白カビが元気に生きているチーズです。


フィルムをめくって
一かけらだけ切り取ります。


クリームチーズの横に置きます。


タッパーの蓋を閉めます。

これを仕込んだのは2月5日で、まだ寒かったので、暖房の効いてない部屋に置いておきました。

64日経過(2021年4月10日)


1ヶ月程度でカビに覆われる予定だったのですが、全体がカビに覆われるまで2ヶ月以上もかかりました。

タッパーの蓋を開けてみます。


おおー!

見事に白カビに覆われましたね。

この時点で完成としてもいいですが


チーズを裏返してみると、裏は全く白カビが生えてないので、裏面にも白カビを生やしたいと思います。

裏向けに置いて、蓋をして冷蔵庫の中に入れておきます。

さらに27日経過 トータル91日熟成(2021年5月7日)


蓋を開けてみると、ちゃんと白カビに覆われてますね。

これで完成とします。

それでは取り出してみます。

白カビクリームチーズの完成


これが白カビクリームチーズです。


切って中を見てみましょう。
外側に白カビの層があって中はクリーミーな部分になってます。

赤ワインと共に、白カビクリームチーズをかじります。
クリームチーズなんだけど、カマンベールみたいな白カビ特有の香りがします。
赤ワインとの相性はバッチリです。

あと、白カビの部分が少しエグ味が出てます。
熟成期間がちょっと長かったみたいです。
食べ頃を少し過ぎてしまいました。


白カビの部分にエグ味が出てるので、そこを取り除いて、中のクリーミーな部分だけをクラッカーに乗せました。


さらにレーズンを乗せて、メープルシロップを少しかけていただきます。

ウマイ〜。

ただのクリームチーズじゃなくて、白カビの香りとコクのあるチーズになってます。

白カビクリームチーズ総括

美味しくできました。
トータル91日熟成させましたが、ちょっと熟成期間が長かったみたいなので、熟成は2ヶ月程度にしておくといいでしょう。
熟成2ヶ月で全体が白カビに覆われるようにするためには、チーズの下に底網を敷いて、全体に白カビが育つような環境を作る方がいいと思います。
また、全体が白カビに覆われる事にこだわらず、2ヶ月程度熟成させて半分以上白カビに覆われたら完成としてもいいと思います。

いずれにせよ、このように白カビクリームチーズは、放っておくだけで作ることができます。
もし、得体のしれないカビが生えたり、変な味がすると思ったら食べないようにしてくださいね。

まとめ

  • 白カビクリームチーズは、クリームチーズと白カビチーズを同じ容器に入れて放っておくだけで出来る。
  • 白カビチーズは白カビが生きているものと加熱殺菌されて白カビが死滅しているものがある。
  • 91日熟成させた白カビクリームチーズは少し食べ頃を過ぎた味だった。
  • 2ヶ月程度の熟成が理想的だと思う。
  • 2ヶ月程度の熟成で完成させるには底網があった方がいい。

動画で説明

動画ではオトコ中村が自ら出演して白カビクリームチーズについて熱く語っています。
併せてご覧ください。

家庭でのチーズ作りまとめ

2年熟成白たまりの表面

その他の漬物・発酵

2023/1/21

2年間熟成発酵させた白たまりを味わう

2年間熟成発酵させた白たまりを味わう 小麦麹を塩水に漬けて熟成発酵させた調味料を白たまりと言います。白たまりの熟成期間は2〜3ヶ月程度で済むのですが、我が家には2年も熟成させた白たまりがあり、熟成が進みすぎて真っ黒になっています。果たして、どんな味になってるのでしょうか。今回はそれを搾って味わってみようと思います。 【目次】1.白たまりとは2.白たまりの作り方3.工程1:小麦麹を作る3–1.小麦麹を作らずに買っても良い4.工程2:小麦麹を塩水に漬ける5.工程3:熟成発酵6.実は白たまりを仕込むつもりでは無 ...

ReadMore

白菜漬け

その他の漬物・発酵

2023/1/10

放っておくだけ!乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方

放っておくだけ!乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方 乳酸発酵させる白菜漬けの漬け方をご紹介します。発酵による何とも言えない美味しさがあって、しかも身体に良いのです。 乳酸発酵と言っても何も難しくありません。基本的に放っておくだけです。 これを読めば作れるようになりますよ。 ズボラな人でも作れるように、ジッパー付きの保存袋でできる簡単な作り方をご紹介します。 【目次】1.白菜漬けの材料2.白菜を漬ける3.乳酸発酵させる方法4.乳酸発酵させる時の温度5.8日間放置6.試食7.さらに5日放置8.まとめ9.動画で説明 ...

ReadMore

コーヒーをオーブンで焙煎する

コーヒー

2022/12/24

コーヒー生豆をご家庭のオーブンで焙煎することができる!どのようなオーブンでも均一に焼く方法

コーヒー生豆をご家庭のオーブンで焙煎することができる!どのようなオーブンでも均一に焼く方法 コーヒー豆を、ご家庭にあるオーブンで焙煎することができます。難しくないです。オーブンに入れておくだけでできます。 そして、オーブンで焙煎すると、均一に火が通ります。均一に焼く方法は難しくありません。この記事を読んだら出来るようになりますよ。 自家焙煎はコーヒーを最高に美味しく飲める方法です。是非とも挑戦してみてください。 【目次】1.オーブン焙煎に必要なもの2.オーブンで均一に焙煎する方法3.オーブンによって焼き加 ...

ReadMore

フライパンでコーヒを焙煎する

コーヒー

2022/12/24

誰でもできるコーヒーのフライパン焙煎を詳しく解説します

誰でもできるコーヒーのフライパン焙煎を詳しく解説します コーヒーのフライパン焙煎とは、文字通りフライパンでコーヒーを焙煎する事です。これが簡単で、驚くほど美味しく焙煎できるのです。その方法をご説明します。 【目次】1.コーヒーのフライパン焙煎に必要なもの2.焙煎開始3.フライパン焙煎するとチャフが飛び散る4.焙煎前の生豆と焙煎後の豆を比較5.焙煎したての豆でコーヒーを淹れる6.フライパン焙煎のメリットとデメリット7.コーヒーをブレンドするともっと楽しめる8.均一に焼くには9.まとめ10.動画で説明 コーヒ ...

ReadMore

年間ランキング2022

未分類

2022/12/3

年間ランキング2022 最も多く読まれた記事と、最も長時間読まれた記事

年間ランキング2022最も多く読まれた記事と、最も長時間読まれた記事 2022年もあっという間に12月になりました。昨年から始めて、今回が2回目となる年間ランキングを発表したいと思います。 当ブログは2012年に始まって、コツコツと記事を書いてきました。おかげさまでもうすぐ11年です。 トータルで1000記事以上書きましたが、内容の薄いものや、全く読まれてない記事を統廃合して、ブログ内も新陳代謝しております。そして2022年12月2日時点で433記事あります。 その中で、2022年に最も読まれた記事のベス ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-チーズ作り