こんにゃく粉でこんにゃくを作る

      2018/04/20

記念すべき、通算200号の記事です。
だからと言って特別な内容ではありません。

今回は、こんにゃくを手づくりします。

こんにゃく材料まず、こんにゃく粉と水酸化カルシウム(凝固材)を用意します。
これらは、スーパーやコンビにには売ってませんが、通販なら簡単に入手できます。

私は、楽天でこういうものを購入しました。
水酸化カルシウムも付いてます。
これさえ買えば家でこんにゃくを作る事ができます。

こんにゃく素材の入手に関しては、こちらのショップがお勧めです↓
下仁田 ぜいたく庵 楽天市場店

スポンサーリンク




こんにゃくの作り方

〈材料〉
こんにゃく粉 50g
水酸化カルシウム 3g
ぬるま湯 1600ml
ぬるま湯 200ml

こんにゃく粉と水を混ぜるボールで1600mlのぬるま湯と、こんにゃく粉をよ~く混ぜ、1時間ほど放置します。

水酸化カルシウムと水を混ぜる別の容器に200mlのぬるま湯と水酸化カルシウムをよ~く混ぜて、溶かしておきます。

1時間後1時間経過。
少し固まりました。
固まったと言うより、こんにゃく粉が水を吸った状態です。

練るこれを十分に練ります。

全部混ぜる水酸化カルシウム水溶液を入れて混ぜます。

スポンサーリンク

こんにゃく粉と水を混ぜた状態では、特に匂いを感じませんでしたが、こんにゃく粉を水酸化カルシウムを混ぜた瞬間、いきなり、こんにゃくの匂いがしてきました。

思いっきり混ぜる泡立て器で、腕の力をフルに使って思いっきり混ぜます。

型に入れるタッパーなどの型に入れ、しっかりと押さえつけて空気が入らないようにします。
このまま30分くらい置いておきます。

切る30分後、包丁で適当な大きさに切り分けます。

ゆでる切り分けたものを、鍋で20分ほど茹でます。

こんにゃく完成完成。

全部で、この手に持っている物10個ぐらいあります。
単純計算で、約1.8kgのこんにゃくが出来ました。

形を整える端を切り落として、形を整えます。

切れ端は、煮物にしました。
切れ端と言えど、ちぎりこんにゃくみたいなので、それなりに利用価値があります。

刺身こんにゃく刺身こんにゃく。

美味しいなぁ~。

こんにゃくそのモノの味を楽しむには良い食べ方です。
味は、めちゃくちゃ美味しいです!
既製品の最上級品と同じくらいの美味しさです。
決して上手に作ったような実感は無かったので、きっと素材が良い粉だったのでしょう。

大量にこんにゃくが出来て、食べきるまでに腐らせてしまわないかと心配しましたが、子ども達がこんにゃくを好きだったうえに美味しかったので、煮物・鍋の具・カレーの具等、1週間以内に食べきりました。

続き こんにゃくゼリーを作る

スポンサーリンク




 - こんにゃく