その他のスイーツ

シガールがバームロールに

2013年4月15日

シガール
これは、ヨックモックのシガールです。
画像はヨックモックのサイトから拝借しました。
ヨックモックのシガールは、実に美味しいですね。
私は、これが大好物でございます。

さて、このお菓子の作り方は、生地を薄く平べったく焼いてから、熱いうちに丸めます。
決して、生地を丸い棒に巻きつけて焼いているわけではありません。
それは、焦げ目を見ていただいたら分かると思います。

以前、と言ってもこのブログを始める前ですが、このお菓子を家で再現しようと挑戦したことがありました。
その時、味はそこそこの物ができたのですが、焼いた生地を丸める段階で、指を火傷する、ボロボロに割れる、割れないようにやさしく巻くと丸め方がゆるくて、太~いものができる。オーブン天板に、一度に4枚しか焼けないために、作業効率が極めて悪い。
などなどの問題がありまして、それ以上の研究は断念しておりました。

ところが最近読んだ「天然酵母でつくるお菓子―だから、自然の甘みがあって、体にやさしい。」増沢恵子著という本に、生地を丸い棒に巻きつけて焼く方法が載っていまして、私の中で、お蔵入りしていた研究課題に火が点きました。

これを自分流にアレンジして作ってみよう。

丸棒作る前に、ホームセンターで直径10ミリくらいの丸棒を買いましょう。
これは、長さ90cmの物です。
値段は数十円です。

15㎝に切る長さ15cmずつに切りました。
これで準備完了。

天然酵母シガールの作り方

〈材料〉
薄力粉 200g
強力粉 20g
バター 150g
グラニュー糖 100g
アーモンドパウダー 80g
酒種 60g
卵 1個

※酒種の作り方は甘酒作りに失敗 しかしそれを元に酒種を起こしパンを焼く
家に天然酵母が無い場合は、酒種60gの代わりに(強力粉30g・水30ml・ドライイースト1gを混ぜた物)を入れても良いです。

※バターは柔らかくしておく
※卵は常温にしておく

生地材料を全て混ぜる。
生地がまとまったら、このまま冷蔵庫で1日発酵させます。

1日後1日経過。
少し膨らんだような気がします。
これで、生地は完成。

なれない作業生地を伸ばして、丸棒に巻きつけます。
画像は、慣れない作業を一生懸命やっている様子。

棒に巻いたものを200℃のオーブンで約10分焼きます。

シガール第1弾完成。

はっきり言ってボロボロの出来です。
まあ、慣れない作業だったから仕方ないですね。
味は、天然酵母を使用して、ヨックモックとは異なるコンセプトで作ってますので、比べられません。
しかし、大半の人がヨックモックの方が美味しいと言うでしょうが、こちらは、しっとりふんわり柔らかく優しい味で、これはこれで美味しいです。
ですが、形が悪いので、気を取り直してもう一度挑戦!

天然酵母シガール第2弾

シガール第2弾第2弾の完成。

まあ、きれいに出来たかな?
もっときれいに出来るはずだ。

もう一度挑戦!

天然酵母シガール第3弾

シガール第3弾第3弾の完成。

まあ、きれいなんだけど、生地が分厚いので、今度はもっと薄く焼いてみよう。

天然酵母シガール第4弾

シガール第4弾第4弾の完成。

無理して生地を薄くしたら、形も悪くなりました。

生地が、しっとりふんわり柔らかいので、薄く焼くよりも、厚く焼いたほうがもっと美味しいです。

「いっその事、倍くらいの厚さで焼いたほうがもっと美味しいはずだなぁ。」と考えているときに、ふと、ブルボンのバームロールを思い出しました。
この方法をアレンジしたら、バームロールを作れるのではないか。

バームロール画像は、どこかのブログより拝借。
バームロールは、しっとりふんわり柔らかい生地を、白いクリームでコーティングしてあります。
これは、バームロールの生地に最適だ。
という事でバームロールを作ってみます。

天然酵母バームロールの作り方

今までの焼き方から方向転換して、生地を分厚く焼きます。

第5弾第5弾の完成。

そして、これをレモンチョコレートでコーティングしてみましょう。

コーティング用レモンチョコの作り方

〈材料〉
ホワイトチョコ 50g
バター 5g
レモン汁 5ml
レモンの皮すりおろし 少々

材料を全て電子レンジなどで温めて溶かし混ぜて、コーティングします。

バームロール完成完成!
めちゃくちゃ美味しい物が出来ました!!

バームロールを濃厚にして上品にして崇高にした味です。
言わば、プレミアム天然酵母バームロールです。

あえて難癖を付けるならば、コーティングチョコが溶けて指に付くと言ったところでしょうか。

あ、もうひとつ難点がありました。
これを食べる事を楽しみに、仕事から帰ると、美味しかったために家族が残らず食べていたという点です。

トホホ…

最後に

時間のかかる天然酵母を使わなくても、生地にベーキングパウダーを混ぜると発酵させる時間を省略できます。
それでバームロールを作ってみると意外と簡単でいいですよ。

自家製ブラータチーズをプチトマトと共に

チーズ作り

2021/3/2

ブラータチーズの作り方 幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるが、お家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました!

ブラータチーズの作り方幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるがお家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました! ブラータというのは、イタリア語で「バターのような」という意味で、細かく割いたモッツァレラチーズと生クリームを合わせて、さらにそれをモッツァレラチーズの皮で包んだ物です。作るのに手間がかかる事と、その製造の難易度の高さから、幻のチーズと呼ばれています。その幻のチーズを手作りすることができました。これを読めばブラータチーズの作り方が分かります。 【目次】1.ブラータチーズとは2.【余談】ブ ...

ReadMore

鉄鍋棒餃子

ダッチオーブン・スキレット 麺料理

2021/2/19

スキレットで鉄鍋棒餃子を焼く|鉄鍋棒餃子のルーツについても考える

スキレットで鉄鍋棒餃子を焼きます。スキレットは鉄で出来ているので、スキレットで棒餃子を焼けば鉄鍋棒餃子になります。鉄鍋棒餃子のルーツを探り、ご家庭で本場中華の味を簡単に楽しめるレシピをご紹介します。 【目次】1.鉄鍋棒餃子は中華料理では無い!?2.中国にある細長い餃子3.日本での鉄鍋棒餃子の始まり4.ターリャンフォシャオが鉄鍋棒餃子のルーツで無いと考える根拠5.本当の鉄鍋棒餃子のルーツ6.3種類の皮で鉄鍋棒餃子を焼く7.餡の材料7−1.餡の作り方8.棒餃子を包む8−1.餃子の皮で包む8−2.春巻きの皮で包 ...

ReadMore

スキレットで焼いた味の素餃子

ダッチオーブン・スキレット 麺料理

2021/2/11

スキレットで美味しい餃子を焼く方法を「味の素の冷凍餃子」と「手作り餃子」の2方向から詳しく説明

スキレットで美味しい餃子を焼く方法を「味の素の冷凍餃子」と「手作り餃子」の2方向から詳しく説明 スキレットで餃子を焼くと、とんでもなく美味しく焼けます。 外はカリッと香ばしく、中はふっくら焼けるのです。 テフロン加工のフライパンで焼く断然美味しいですが、スキレットに慣れない人が焼くとこびり付く恐れがあります。 ここでは、スキレットに慣れない方でも上手に焼く方法を、味の素の冷凍餃子と手作り餃子の2パターンの餃子を焼いてご説明します。 【目次】1.スキレットについて2.いきなり話は脱線しますが3.話は戻ります ...

ReadMore

自家製穀物酢

2021/2/12

お家で出来る酢の作り方(基本編)【穀物酢】これを読めば誰でも作る事ができます!

お酢は、アルコールが発酵してできた発酵食品です。お酢ができる原理さえ理解すれば酢を作ることができます。お家で簡単に作れる酢の基本編として、穀物酢を作りながら、お酢作りについて詳しく説明していきます。 【目次】1.酢のできる原理2.酢酸菌の入手方法3.穀物酢の材料3−1.焼酎について3−2.水について3−3.市販の酢について3−4.りんごについて4.酢を作るのに適した容器5.穀物酢の仕込み方6.酢酸発酵に適した温度7.酢酸発酵が行われているかの見極め7−1.水滴で判断する7−2.蓋の凹みで判断する7−3.匂 ...

ReadMore

男のアップルシナモンロールパン

ダッチオーブン・スキレット パン系

2021/1/23

男のアップルシナモンロールパンの作り方 スキレットで焼く男の味

男のアップルシナモンロールパンの作り方スキレットで焼く男の味 リンゴとシナモンを甘く煮込んだプレザーブがたっぷり入ったアップルシナモンロールパンを作ります。普通は生地をケーキ型などに入れてオーブンで焼くのですが、今回はスキレットを使ってガスの直火で焼きます。分厚い鉄のフライパン、スキレットで焼くので「男のアップルシナモンロールパン」と名付けました。味は、鉄フライパンで焼いた男の味がします。 【目次】1.スキレットとは2.アップルシナモンロールパンの作り方3.アップルシナモンロールパンの材料 8人前4.アッ ...

ReadMore

-その他のスイーツ

© 2021 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5