ダッチオーブン・スキレット パン系

男のアップルシナモンロールパンの作り方 スキレットで焼く男の味

男のアップルシナモンロールパンの作り方
スキレットで焼く男の味

リンゴとシナモンを甘く煮込んだプレザーブがたっぷり入ったアップルシナモンロールパンを作ります。
普通は生地をケーキ型などに入れてオーブンで焼くのですが、今回はスキレットを使ってガスの直火で焼きます。
分厚い鉄のフライパン、スキレットで焼くので「男のアップルシナモンロールパン」と名付けました。
味は、鉄フライパンで焼いた男の味がします。

【目次】
1.スキレットとは
2.アップルシナモンロールパンの作り方
3.アップルシナモンロールパンの材料 8人前
4.アップルシナモンプレザーブを作る
5.ホームベーカリーにパン生地をこねてもらう
6.生地を整形する
7.2次発酵
8.焼成
8−1.さらに20分焼きました(焼き始めから40分)
9.アイシングを作りパンにかける
10.アップルシナモンロールパンの完成
11.作る時の注意点
12.まとめ
13.動画で説明

スキレットとは

スキレットとは分厚い鉄のフライパンです。

今回使用するのは、ユニフレームの10インチスキレットです。
本体は1.8kg、蓋が0.9kg、合計で2.7kgあります。
スキレットの中に食材を入れて蓋を閉めた状態では3kgを超えるので、これを片手で持つのは、男の私でもキツいですから女性なら尚更でしょう。
また、鉄製なので、扱いを間違うと焦げ付いたり、錆びたりします。
そのように扱いにくいですが、これで料理をすると、熱がまろやかに伝わり、美味しく調理できるのです。

また、アウトドアなどの環境では、炭火や焚き火にそのまま放り込んでも調理できるタフな設計となってます。
だから、私はこのスキレットを愛用していて、これを使ったレシピがよく登場します。

今回は、これでパンを焼きますが、もちろんステーキを焼いても美味しいですし、ケーキだって焼く事もできますよ。

これを使いこなせたら、モテ度がアップするでしょう。

ユニフレーム スキレット 10 661062

Amazonで購入 楽天で購入

オトコ中村が使用しているのは10インチです。
アマゾンの商品リンクは同じ10インチ。
楽天の商品リンクはサイズが7インチになってます。なぜか楽天には7インチしか売ってませんでした。
楽天で購入される方はサイズが違うのでご注意ください。

アップルシナモンロールパンの作り方

まず、全体の流れを説明します。

1.最初にアップルシナモンプレザーブを作る → 20分
2.ホームベーカリーにパン生地をこねてもらう → 60分
3.生地を整形する → 5分
4.2次発酵 → 40分
5.焼成 → 40分
6.アイシングを作りパンにかける → 3分

全工程の所要時間は2時間半〜3時間程度です。

アップルシナモンロールパンの材料 8人前

アップルシナモンプレザーブの材料

【アップルシナモンプレザーブの材料】
りんご2個
砂糖60g
シナモン3g

※プレザーブとは形の残ったジャムの事です。

【パン生地の材料】
国産強力粉 250g
砂糖 20g
塩 4g
バター 40g
水 150ml

※輸入の強力粉を使う場合水を160mlにする。

【アイシングの材料】
アイシング
粉糖 30g
水 小さじ1

アップルシナモンプレザーブを作る

いちょう切りしたりんご

りんごは、皮を剥いて、種を取り除いて、切り方には指定はありませんが、櫛形に切ってからそれを8ミリ厚くらいに切るといいと思います。
要するに、いちょう切りです。

りんごと砂糖シナモンを入れる

フライパンに(鍋でも可)りんごと砂糖とシナモンを入れて、最初は中火でかき混ぜながら煮込みます。

りんごを煮込む

しばらくしたら、りんごから水分が出てきます。
最初は中火でいいですが、煮詰まって水分が少なくなるにつれて火を弱めていきます。

焦がしそうで心配なら最初から弱火でいいです。
火力が弱いと時間は少しかかるかもしれませんが焦げ付くよりずっとマシです。

りんごをフライパンで煮詰める

20分くらい煮込んだら水分がほとんど無くなりました。
このくらいでOKです。

冷ましておきます。

ホームベーカリーにパン生地をこねてもらう

ホームベーカリーでパン生地を仕込む

ホームベーカリーの容器にイースト以外の材料を入れ、本体にセットして、イースト容器にイーストを入れ、パン生地コースをスタート。
1時間でパン生地をこねて1次発酵まで完了してくれます。

生地を整形する

パン生地をめん棒でのばす

パン生地ができたら、台に打ち粉を打って、生地を取り出し、丸めて、めん棒を使って伸ばしていきます。

伸ばしたパン生地にアップルシナモンプレザーブを乗せる

パン生地を5ミリくらいの厚さの長方形にして、アップルシナモンプレザーブを広げていきます。
端っこに、2センチくらいのりしろを残しておいてください。

パン生地を巻いていく

のりしろの反対側から丸めていきます。

のりしろをくっ付ける

のりしろの部分を押さえてくっ付けます。

パン生地を8糖分にカットする

生地を8当分にします。

スキレットにクッキングシートを敷く

スキレットにクッキングシートを敷きます。

スキレットにパン生地を並べる


スキレットの中に並べていきます。

2次発酵

スキレットを弱火で温める

スキレットの蓋を閉めて2次発酵させます。

夏なら常温で置いておけばいいですが、今は1月なので、寒いですから常温ではあまりに時間がかかってしまいます。
そんな時は、スキレットを弱火で1分くらい温めて火を消すといいですよ。
スキレットを手で触って、温かいと感じる温度まで温めてやると、発酵を早めることができます。

2次発酵が完了したアップルシナモンロールパン

40分後、蓋を開けて様子を見れば、このように膨らんでいたので、2次発酵完了です。
2次発酵の時間は、温度によって変わりますので、何分で完了するという答えはありません。
膨らんだら完了です。

焼成

それでは、パンを焼き始めます。

スキレットを強火で加熱する


蓋を閉めて、まずは強火で1分加熱します。

スキレットを弱火で加熱する

その後、弱火にして20分焼きます。

アップルシナモンロールパンをひっくり返す準備

20分焼いたら裏返します。

蓋を開け、クッキングシートの部分をを持ってパンをお皿に取り出します。
空いたスキレットに別のクッキングシートを敷き、スキレットをお皿の上に被せてひっくり返します。

アップルシナモンロールパンをひっくり返す

説明がわかりにくいと思うのでアニメーション作りました。
ひっくり返す瞬間はカメラの枠から外れてるけど、分かっていただけると思います。

蓋をしてさらに20分焼く

お皿、クッキングシートを取り除き、蓋を閉めて、また弱火で20分焼きます。

このまま20分焼けば、完成するのですが、表面をもっとこんがり焼きたいと思いました。
表面がこんがり焼けてる方が美味しそうでしょ。

スキレットの蓋をガンガンに加熱する

蓋を外し、強火でガンガンに加熱します。
どのくらい加熱するかと言うと、最低でも、ガスコンロの天ぷら火災防止用のセンサーが働いて自動的に火が消えるくらいまで加熱します。

スキレットの蓋が熱いのでリフターで引っ掛ける

ガンガンに加熱した蓋は、当然ながら恐ろしく熱いので、ミトンとかでも持たない方がいいです。

リフターという取っ手を引っ掛ける道具を使うといいです。
我が家にはリフターが無いので、お玉の柄で引っ掛けてます。

スキレットの蓋を閉める

熱い蓋を乗せました。これで表面にこんがり焦げ目を付けるのです。

この方法は、決して安全ではないので、自身のない方は真似しないでくださいね。

さらに20分焼きました(焼き始めから40分)

一応焼けたアップルシナモンロールパン

こんな感じになりました。
パンは焼けてますが、もう少し表面をこんがり焼きたいなあ。

スキレットの蓋を強火で加熱する

もう一度、蓋を加熱して乗せます。

スキレットの蓋を閉める

またガンガンに加熱した蓋を乗せ、2分くらい表面を焼きます。

いい色に焼けたアップルシナモンロールパン

いい色になったので、これで焼成も完了です。

アップルシナモンロールパンを取り出して冷ます

クッキングシートを引っ張って、パンをスキレットから取り出して冷ましておきます。

アイシングを作りパンにかける

アイシングを作る

粉砂糖に水を入れ、混ぜてアイシングを作ります。

アップルシナモンロールパンにアイシングをかける

アイシングをパンに細く全体にかけます。

これで完成です。

アップルシナモンロールパンの完成

男のアップルシナモンロールパン

それでは、いただきます。

男のアップルシナモンロールパンをちぎる

手でちぎって取り出します。

アップルシナモンロールパンの中身

国産小麦のモチモチ感と、たっぷりりんごの贅沢感とシナモンの香りが心地良いです。

私は、この時とりあえず、ほんの一口試食しただけでした。
次の日に、ユーチューブ動画用に食べるシーンを撮る予定でいました。

そして、次の日に仕事から帰ってきたら、このアップルシナモンロールパンが跡形も無くなっていました。

あれ?

あのパンはどこいったの?

…と妻に聞いたら、

どうなったと思いますか?

妻と子供2人の3人で全部食べてしまったみたいです。

ガーン!!

うちではね。よくあるんですよ。こんなことが。

まあ、それだけ美味しかったと言うことで。

妻は、美味しかったというだけでなく「確かにスキレットで焼いた男の味がした」といってました。

作る時の注意点

フライパンでりんごを煮詰める

アップルシナモンプレザーブの水分は切っておく方がいいです。
グツグツ煮込んで、水分が少なくなって完成、と思っても、火を止めてからしばらく置いておくと、じんわりと水分が出てきます。
また煮詰めても、火を止めたらまた水分が出てきます。
完全に煮詰めようと思えば、1時間くらい煮込んだら水分が出ないレベルまで煮ることはできます。
今回は、少しでも手軽にしようと思い20分程度の煮込み時間で作ったので、このようになりました。
20分程度の煮込み時間なら、水分を切っておく方がいいです。
あの水分も、シナモンの香りがするりんごのシロップですから、残しておいて紅茶とかに混ぜたらいいと思います。

スキレットの蓋をガンガンに加熱するところは、十分に注意してください。

わざわざスキレットで焼かなくても、生地をケーキ型に入れてオーブンで40分くらい焼いても、もちろん大丈夫です。
けど、あえてスキレットで焼くのが男の美学なのです。

まとめ

  • スキレットでの料理はまろやかに火が通り美味しい。
  • プレザーブとは形の残ったジャムの事。
  • ホームベーカリーを使うとパン生地をこねて1次発酵完了まで1時間でやってくれる。
  • 2次発酵は夏なら常温、冬ならスキレットを弱火で1分程度温めて発酵を促す。
  • 焼成は強火1分→弱火20分→裏返して弱火20分で完成。
  • 表面にこんがり焦げ目を付けたい時は、蓋をガンガンに加熱して乗せる。
  • スキレットで焼いたアップルシナモンロールパンは男の味がした。

動画で説明

動画ではオトコ中村自ら出演して説明しています。
併せてご覧ください。

自家製ブラータチーズをプチトマトと共に

チーズ作り

2021/3/2

ブラータチーズの作り方 幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるが、お家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました!

ブラータチーズの作り方幻のチーズと呼ばれ、高度な製造技術が必要とされるがお家で手作りする方法を試行錯誤して見つけました! ブラータというのは、イタリア語で「バターのような」という意味で、細かく割いたモッツァレラチーズと生クリームを合わせて、さらにそれをモッツァレラチーズの皮で包んだ物です。作るのに手間がかかる事と、その製造の難易度の高さから、幻のチーズと呼ばれています。その幻のチーズを手作りすることができました。これを読めばブラータチーズの作り方が分かります。 【目次】1.ブラータチーズとは2.【余談】ブ ...

ReadMore

鉄鍋棒餃子

ダッチオーブン・スキレット 麺料理

2021/2/19

スキレットで鉄鍋棒餃子を焼く|鉄鍋棒餃子のルーツについても考える

スキレットで鉄鍋棒餃子を焼きます。スキレットは鉄で出来ているので、スキレットで棒餃子を焼けば鉄鍋棒餃子になります。鉄鍋棒餃子のルーツを探り、ご家庭で本場中華の味を簡単に楽しめるレシピをご紹介します。 【目次】1.鉄鍋棒餃子は中華料理では無い!?2.中国にある細長い餃子3.日本での鉄鍋棒餃子の始まり4.ターリャンフォシャオが鉄鍋棒餃子のルーツで無いと考える根拠5.本当の鉄鍋棒餃子のルーツ6.3種類の皮で鉄鍋棒餃子を焼く7.餡の材料7−1.餡の作り方8.棒餃子を包む8−1.餃子の皮で包む8−2.春巻きの皮で包 ...

ReadMore

スキレットで焼いた味の素餃子

ダッチオーブン・スキレット 麺料理

2021/2/11

スキレットで美味しい餃子を焼く方法を「味の素の冷凍餃子」と「手作り餃子」の2方向から詳しく説明

スキレットで美味しい餃子を焼く方法を「味の素の冷凍餃子」と「手作り餃子」の2方向から詳しく説明 スキレットで餃子を焼くと、とんでもなく美味しく焼けます。 外はカリッと香ばしく、中はふっくら焼けるのです。 テフロン加工のフライパンで焼く断然美味しいですが、スキレットに慣れない人が焼くとこびり付く恐れがあります。 ここでは、スキレットに慣れない方でも上手に焼く方法を、味の素の冷凍餃子と手作り餃子の2パターンの餃子を焼いてご説明します。 【目次】1.スキレットについて2.いきなり話は脱線しますが3.話は戻ります ...

ReadMore

自家製穀物酢

2021/2/12

お家で出来る酢の作り方(基本編)【穀物酢】これを読めば誰でも作る事ができます!

お酢は、アルコールが発酵してできた発酵食品です。お酢ができる原理さえ理解すれば酢を作ることができます。お家で簡単に作れる酢の基本編として、穀物酢を作りながら、お酢作りについて詳しく説明していきます。 【目次】1.酢のできる原理2.酢酸菌の入手方法3.穀物酢の材料3−1.焼酎について3−2.水について3−3.市販の酢について3−4.りんごについて4.酢を作るのに適した容器5.穀物酢の仕込み方6.酢酸発酵に適した温度7.酢酸発酵が行われているかの見極め7−1.水滴で判断する7−2.蓋の凹みで判断する7−3.匂 ...

ReadMore

男のアップルシナモンロールパン

ダッチオーブン・スキレット パン系

2021/1/23

男のアップルシナモンロールパンの作り方 スキレットで焼く男の味

男のアップルシナモンロールパンの作り方スキレットで焼く男の味 リンゴとシナモンを甘く煮込んだプレザーブがたっぷり入ったアップルシナモンロールパンを作ります。普通は生地をケーキ型などに入れてオーブンで焼くのですが、今回はスキレットを使ってガスの直火で焼きます。分厚い鉄のフライパン、スキレットで焼くので「男のアップルシナモンロールパン」と名付けました。味は、鉄フライパンで焼いた男の味がします。 【目次】1.スキレットとは2.アップルシナモンロールパンの作り方3.アップルシナモンロールパンの材料 8人前4.アッ ...

ReadMore

-ダッチオーブン・スキレット, パン系

© 2021 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5