焼きパオズ

      2016/08/04

パオズ(包子)は、中華まんの事です。

すでに パオズをとことん研究する で紹介しました。

包子は、蒸して調理するものですが、今回は、一風変わった、焼くタイプの包子を紹介します。
今回作るのは、「鶏とカボチャの焼き包子」と「切り干し大根と人参の焼き包子」の2種類。

まずは包子生地の作り方

〈生地の材料 12個分〉
薄力粉 250g
強力粉 50g
水 150ml
砂糖 15g
ごま油 15g
塩 2g
イースト 3g

こねるのは、ホームベーカリーのパン生地コースに任せます。
ホームベーカリーをお持ちでない方は、手でこねて1次発酵までさせてください。
手でこねると言っても、パンみたいに一生懸命こねなくても、少しこねるだけで大丈夫です。

鶏とカボチャの焼き包子の具生地を仕込んでいる間に、具の用意をします。

〈材料:鶏とカボチャの焼き包子6個分〉
鶏ミンチ 150g
人参 20g(細かく切って火を通しておく)
ショウガおろし 少々
醤油 大さじ1
黒ゴマ 大さじ1
塩 少々
コショウ 少々
カボチャ (チロルチョコくらいの大きさに切り、火を通しておく)

カボチャ以外の材料を混ぜておきます。

生地に鶏ミンチとカボチャを乗せる生地に鶏ミンチとカボチャを乗せる。

包む包む。

切り干し大根と人参の焼き包子の具もう1種の具はこちら。

〈材料:切り干し大根と人参の包子6個分〉
切り干し大根 20g(洗っておく)
人参 30g(細かく刻んでおく)
鶏ミンチ 50g
醤油 大さじ1
ゴマ 大さじ1
塩 少々
コショウ 少々

材料は炒めておきます。

生地に具をのせる生地に具を乗せる。

包む包む。

ホットプレートに並べるホットプレート又は、フライパンに油をひいて、包子を並べます。
そのまま30分くらい2次発酵させます。

スポンサーリンク

焼く強火で焦げ目を付けてから、弱火にして、水200mlを注ぎ、蓋をして10分くらい蒸し焼きにします。

焼き上がり最後に蓋を外して水分を飛ばしたら出来上がり。

鶏とカボチャの焼き包子鶏とカボチャの焼き包子。

うまい!!
美味すぎる!!

切り干し大根と人参の焼き包子切り干し大根と人参の焼き包子。

これもうまい!!
これも美味すぎる~!!

焼き包子は、底はパリッとまわりはモチッとしていて今までに無い食感。
売ってませんので、手作りするからこそ楽しめる味ですね。
瞬く間に完食しました。
おもてなしに良いですね。

スポンサーリンク




 - 麺料理