ホワイトデー2013 イチゴのタルト

      2016/08/05

最近は、地味な発酵食品ばかりが続いています。
発酵食品が大好きな私は、それでも満足しているのですが、ホワイトデーという事もあり、たまには華やかスイーツを作ってみよう。

昨年のホワイトデーは、アンテノールのアソートで済ませたけど、今年はちょっと頑張って手作りのイチゴのタルトを作ってみようと思いました。

え?アンテノールの方が嬉しい!?

何を仰いますやら!!
オトコ中村の前職は、タルト専門店だったのですよ。
と言っても、私がタルトを作っていた訳じゃないですが…

それでも、今まで数え切れないほどたくさんのタルトを見たり食べたりしたので、目や舌は肥えています。

その私が作るのだから、たぶん美味しいはず。
まあ、とりあえず作ってみましょう。

スポンサーリンク




◆イチゴのタルトの作り方

〈材料:タルト生地〉
小麦粉 170g
バター 100g
粉砂糖 40g
卵 1/2個
〈材料:カスタードクリーム〉
小麦粉 35g
砂糖  70g
バター 10g
卵 1個
牛乳 200ml
バニラ 適量
ブランデー 小さじ1 (家では子供が食べるので少なくしています。本当は、大さじ1)
生クリーム 100ml
〈材料:他〉
いちご 2パック
杏ジャム 適量(つや出し用)

◆まずタルト生地の作り方

①バターをあたためて柔らかくする
②バターと粉砂糖を混ぜる
③溶いた卵を混ぜる
④小麦粉を入れて混ぜる → 少しこねる → 生地がまとまったら冷蔵庫で30分以上寝かせる

タルト生地⑤台の上で伸ばし、型にはめる

フォークで数箇所穴を開ける
余った生地は、天板の隅っこで焼いて、つまみ食い用とする。

タルト焼けた⑥180℃のオーブンで25分焼く

焼けたら、完全に冷ます

◆カスタードクリームの作り方

カスタードクリーム①卵と砂糖を混ぜる
②小麦粉を入れ、混ぜる
③牛乳を少しずつ混ぜながら、弱火で温める
④温まってドロッとしてきたらバターを溶かし、バニラ・ブランデーを入れる
⑤冷ます
⑥生クリームをあわ立ててから混ぜる

スポンサーリンク

◆仕上げ

いちごイチゴを洗い、ヘタを取る
キッチンペーパーなどで水分をふき取る

クリームを詰める①タルト台にカスタードクリームを流し込む
②イチゴをぎっしり詰め込む
③杏ジャムを温めて柔らかくして、刷毛でイチゴに塗る
④冷蔵庫で冷やす

イチゴのタルト完成!!

これを妻にプレゼントしました。
喜んでもらえましたよ~。
ホッとしました。
味は、意外にも?めちゃくちゃ美味しくて、大好評でした。
私も一切れ頂きましたが、美味しかったです。
イチゴたっぷりで軽やかで上品な味で、いくらでも食べられそう。

味は最高だったのですが、クリームが柔らかすぎたので、カスタードクリームのレシピは、実際よりも小麦粉の分量を10g多くしています。
ケーキ作りも楽しい物ですね。
今度作るなら発酵ケーキかな?

スポンサーリンク




 - その他のスイーツ