野菜が高騰してるので、カラシナスプラウトを栽培して野菜不足を解消

      2017/01/25

最近は野菜が高いですね。

私はキャベツの千切りが大好です。
キャベツの千切りを、いつでも好きな時にモリモリ食べたいので、家の冷蔵庫にキャベツが無いと不安になるのですが、一玉400円を超えると買うのをためらってしまいます。

最近は、冷蔵庫のキャベツが無くなる事もしばしば…

そして、たまに安く売っていても、スカスカの軽いキャベツだったりします。

まあ、値段相応という訳ですな。

野菜を自家栽培すれば…?

野菜を自家栽培すれば安く食べられるのではないか…?
と思う事もあるのですが、家に野菜を栽培できるような環境はありません。

スプラウトなら、台所で簡単にできるのではないでしょうか。
おまけにスプラウトは栄養豊富らしいですよ。

スプラウトとは、野菜の新芽の事です。
かいわれ大根とか、ブロッコリーのスプラウトが代表的ですね。
あと、もやしもスプラウトです。
と言うより、もやしとスプラウトは同義語です。

スポンサーリンク




鴨川のカラシナスプラウトを栽培してみました。

我が家には、粒マスタードを作るために、鴨川で収穫したカラシナの種があるのです。
それで、スプラウトを栽培してみます。

カラシナの種について詳しくは 鴨川のカラシナの種収穫2016 をご覧ください。

栽培開始

カラシナの種を蒔くプラスチックトレーにキッチンペーパーを敷いて、鴨川のカラシナの種をばら蒔き、水を入れました。

1日経過

1日経過種が水を吸って少し大きくなりました。

さらに1日経過(蒔いてから2日)

蒔いてから2日少しだけ芽が出た模様。

さらに1日経過(蒔いてから3日)

蒔いてから3日芽が少し増えました。

拡大拡大しました。

さらに1日経過(蒔いてから4日)

蒔いてから4日芽が少し大きくなりました。

さらに1日経過(蒔いてから5日)

蒔いてから5日芽が緑色になりました。

さらに1日経過(蒔いてから6日)

蒔いてから6日ちょっと芽らしくなってきました。

さらに1日経過(蒔いてから7日)

蒔いてから7日芽が伸びました。

さらに1日経過(蒔いてから8日)

蒔いてから8日さらに伸びてきました。

さらに1日経過(蒔いてから9日)

蒔いてから9日順調に伸びてきました。
家族は、可愛くて食べられないと言い始めました。

さらに1日経過(蒔いてから10日)

蒔いてから10日1日の変化が少なくなってきたかな。

さらに3日経過(蒔いてから13日)

蒔いてから13日3日経つと少し伸びたように見えます。

さらに3日経過(蒔いてから16日)

蒔いてから16日3日経っても変化が少なくなってきました。
そろそろ収穫かな。

さらに3日経過(蒔いてから19日)

蒔いてから19日もう少し伸ばしてから収穫したいので、もう少し様子を見てみます。

さらに3日経過(蒔いてから22日)

蒔いてから22日伸びるよりも、葉を作る段階に突入したように見えます。

スポンサーリンク

さらに6日経過(蒔いてから28日)

蒔いてから28日葉が生長してきました。

さらに8日経過(蒔いてから36日)

蒔いてから36日この環境では生長が止まってきたように見えます。
そろそろ収穫かな。

どんな料理に使おうかな。

さらに11日経過(蒔いてから47日)

蒔いてから47日水やりを忘れてカラカラになった事があり、少し枯れちゃいました。
早く食べてあげないといけません。
けど何の料理に使うのか決まってないので、ズルズルとこの状態が続いてます。

さらに5日経過(蒔いてから52日)

蒔いてから52日まだ料理法が決まってません。

さらに6日経過(蒔いてから58日)

蒔いてから58日もう、下手に料理するよりも、そのまま食べてしまおうと決心しました。

という訳で収穫

収穫したカラシナスプラウトハサミで切って、洗いました。
このまま食べてみたら、かいわれ大根のようなピリリとした辛味だけでなく、葉っぱの苦味も少し感じました。
野草の種ですから、スプラウトでも野生的な味です。

キャベツの千切りにカラシナスプラウトをトッピングカラシナスプラウトだけでは、あまりにも量が少ないので、キャベツの千切りにアクセントとして乗せました。
ドレッシングをかけたら、カラシナスプラウトの味は、ほとんど感じませんでした。

こでれ、野菜不足は解消されたかな?

これじゃぁ、少ないですね。

そして

後から調べてみると、この栽培方法はあまりいい方法ではなかったようです。
収穫まで52日かかりましたが、遅すぎます。
おまけに収量も少なかったので、これでは割に合いません。
種は野草なのでタダですが…

上手に栽培すれば肥料を使わなくても10日程度で収穫できるみたいです。

ならば、もう一度、正しい方法で栽培してみようと思います。

続き カラシナスプラウトを正しく育ててみた

スポンサーリンク




 - 鴨川のカラシナ