2015年大晦日の年越しそば

      2016/07/31

1年前の話ですが、2014年の大晦日に、始めて年越しそばを手作りしました。
念のために説明しますが、手作りと言うのは、出汁を取って、そば粉から打って作ったという事です。

私の住む京都で年越しそばと言えば、にしんそばです。
ですからもちろん、にしんそばを作ったのですが、子ども達は、にしんの甘露煮が苦手だったみたいで、家族には不評でした。

その時の記事は、 年越しそば2014 をご覧ください。

かき揚げそばだから、2015年の大晦日は、子ども達に、かき揚げそばを作りました。
かき揚げは、手作りではなく買ってきたお惣菜です。

そして、これは好評でした。
ちなみに、そば粉の割合は5割です。
先日、うどんにタピオカ澱粉を1割程度配合するとモチモチして美味しくなるという事を知ったので

※参照 手打ちうどん(邪道編)

今回のそばにもタピオカ澱粉を5%配合してみました。

◆今回打ったそばの分量(4人前)
そば粉 190g
強力粉 190g
タピオカ澱粉 20g
水 172ml

食べてみた結果、そばにはタピオカ澱粉は必要ありません。
そばにはモチモチ食感よりも、そば自体の香りが重要だと感じました。

にしんそば私と妻は、にしんそばにしました。
にしんの甘露煮は既製品です。

今まで知らなかったのですが、どうやら妻も、あまりにしんの甘露煮が好きでなかったみたいです。
私は好きなんですけどね、にしんの甘露煮も手作りしようかと思ってるくらいなのですが、家族が嫌いなら、作る気も起こりません。
次回は全員でかき揚げそばにしようかな。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 - 麺料理