みかんで酵母を起こしパンを焼く

      2016/06/15

みかん今年は、みかんが豊作みたいですね。
小粒のみかんが、ものすごく安く売ってます。
うれしいですね~。
みかんは、そのままで食べるのが一番美味しいのですが、また一風変わった食べ方を紹介しましょう。
私がよくやるパターンです。
まずは、みかんで酵母を起こしてみます。

みかん酵母1日目ビンにみかんの実を入れて水で満たす。
砂糖を小さじ1杯くらい溶かす。
蓋をして常温で放置します。
1日1回は、蓋を開けて軽く混ぜてやります。
みかん酵母2日目1日経過。
特に変化は無いかな。
みかん酵母3日目2日経過。
白く濁って、みかんが浮いてきました。
泡もポコポコ出てきました。
みかん酵母4日目3日経過。
完全にみかんが浮かびました。
泡がもっと出てきました。
みかん酵母5日目4日経過。
蓋を開けると、シュワーっと泡が出てきました。
これでみかん酵母は完成です。

みかん酵母種みかん酵母液と小麦粉をつないで、みかん酵母種を作ります。
これを使用して、パンを焼きます。

みかんジャムを作るみかん酵母を起こした後の、残った果肉は、ジャムにします。
みかん果肉と砂糖を煮ます。

スポンサーリンク

みかんジャム完成みかんジャム完成。
甜菜糖を使用したために、茶色くなってます。
酸味があまり無く、甘~いジャムです。

みかんジャムトーストみかん酵母パンにみかんジャムを付けていただきます。
これは、私にとって定番の食べ方。
パンもジャムもとっても美味しいです。
このように、ほとんどの果物で同様に酵母を起こし、その酵母でパンを焼き、残った果肉をジャムにして食べることが出来ます。
また、ほとんどの野菜でも、酵母を起こし、パンを焼くことが出来ます。
野菜の場合、ジャムにはあまり向かないので、パン生地に練りこむと美味しくいただけます。
また機会があれば紹介しますね。

スポンサーリンク




 - その他の果実